So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
9946.鹿児島県の焼酎 ブログトップ
前の10件 | -

《焼酎》96.白金乃露(しらかねのつゆ) 360ml【追記あり】 [9946.鹿児島県の焼酎]

7261.JPG7262.JPG
白金酒造株式会社E
鹿児島県姶良市脇元1933

本格焼酎
焼酎乙類
原材料 さつまいも・米こうじ(国産米)
アルコール分 25%
容量 360ml
(以上、ラベルより転記)




今日はね、鹿児島県の中部、錦江湾岸に蔵を構える白金酒造さんの芋焼酎をいただきますよ。
7263.JPG




それにしても、南九州へ行くと、二合のペットボトルに詰めて販売されている焼酎を少なからず見かけますね。
7264.JPG

しかもそのキャップはお猪口のようになっていて、そのまま飲めちゃったりするのですよ。
7265.JPG

かつて一度触れたことがありましたが、これってもしかしたら携帯用で、出かけた先で気軽に飲めるようにするための商品なのでしょうか?
しかし、出かけた先で25度の焼酎をストレートで二合も飲んでしまったら、無事に帰ってくることが難しくなってしまいそうですよね。
それとも九州にお住まいの皆様は、この程度の量では決して酔っぱらったりなさらないのでしょうか?


品質表示を見ると、“本格焼酎”と“焼酎乙類”とが併記されておりますね。
焼酎乙類の定義は本格焼酎のそれを包摂することから、こういう表示もありなのでしょう。
7266.JPG7267.JPG


ところで、この焼酎の蔵元さんである白金酒造さんについて、手元にあった文献に以下のような記述がありました。

白金酒造は、桜島北側の錦江湾に面する姶良町にある。創業は130年前の明治2(1869)年。明治10(1877)年の西南戦争以前に酒造りを始めていた。だから西郷(隆盛)さんがまだ健在で、白金酒造の焼酎を愛飲していたという。」(※1)
なんでも、「昭和30年ころまでは、焼酎といえば「白金乃露」がつとに有名であった。」(※1)のだとか。

その焼酎の味わいですが、蔵元さんの言葉によれば「「飲み安さばかり追求して、どこの焼酎かわからないものを造っても価値がない。もっと芋のよさを生かし、いろんな香味が混ざり合ってまろやかな味わいがある焼酎を造っていきます」」とのことでした。

今日いただくこの白金乃露はおそらく白金酒造さんのレギュラー商品でしょうが、その味わいには上記の考え方が果たして反映されているのでしょうか。
それを確かめるべく、いただいてみたいと思います。

なお、25度で二合(360ml)詰めですからね、あたしゃこれを一日で飲み切ることができるほどのアルコール分解能力を持ち合わせてはおりませんよ。
昼酒を我慢していたら飲めたのにな。
そこで今日は半量の一合(180ml)だけをいただいて、残りは明日、別の飲み方で試してみたいと思います。



まずは生(き)、すなわちストレートでちょっとだけ。
7268.JPG

これは深いね!
芋のふっくら感はそれほど感じないものの、風味自体が深くて複雑ですわ。
かといって重さはそれほど感じず、むしろ後味がスッキリしているのですよ。
ただ、生だとっピリピリがちょっと気になるようです。
それに、酸味を少し感じますよ。

一方で苦みや雑味はなく、甘みもひかえめです。



次に、お湯割りでいただきます。
7269.JPG

深みが若干和らぐものの、それでもかなりはっきりしています。
むしろピリピリ感が引くことで、深みがわかりやすくなったようです。
香ばしさというか、焦げ臭さもちょっとだけ感じますよ。

酸味もやっぱりありますね。
生でも感じたことから、これはきっと割り水に由来するものではないでしょうよ。

また、お湯割りにしたことで、苦みをほんのりと感じるようになりました。



そしてさらにはロックでいただきますよ。
7270.JPG

深みはお湯割りよりもはっきりしています。
それにロックだと苦みが前に出てきて、かなりはっきりと感じますよ。
またアルコールのスースー感もよくわかるようになりました。

これはロックだと“深・苦・スースー”だなこりゃ。
でも、氷が溶けるにつれて、スースーは引いていきました。



翌日。
水割りを、にんじんサラダとつるむらさきのおひたし、そして宇和島のじゃこ天とともにいただきましたよ。
7272.JPG

やや薄まるものの、深みはちゃんと残っておりますね。
苦みも薄まるものの、その存在はわかりますよ。
一方で、甘みが弱めながらにわかるようになりました。

水割りだと、さっぱりしていて口当たりがよいものの、深みや苦みが残っていて飲みごたえを感じるようになりました。
特にこの深みは口の中でふんわりと広がって鼻へと抜けていくので、なかなかいい感じでしたよ。



最後は、これも水割りで?
7273.JPG

実はこれ、前日の夜に水割りにして、冷蔵庫の中で保管しておいたのです。
いわゆる一つの(←長島さんより)“前割り”ってやつですね。
使用した水は、今日水割りで用いたものともちろん同じものですよ。
7274.JPG

前割りは、「名前のとおり、あらかじめ焼酎を水で割り、しばらく寝かせてから飲む方法」(※3)で、「その場で割る水割りに比べ、焼酎と水がじっくりとなじむため、焼酎の口あたりがまろやかになり、芋焼酎の本当のよさが味わえる」(※3)のだとか。

これは単なる感覚の問題だけではなく、「焼酎に含まれるアルコール(エタノール分子)と、水の分子の混ざり方に関係します。数日寝かせる間に、水分子がエタノール分子の周りを取り囲み、このことが飲み手に「アルコールの刺激が弱く、まろやかだ」と感じさせる要因になるようです。」(※3)とのこと。


あたしゃ実はね、たかが前日に水割りにしておいただけで焼酎の味わいが変わるなんてことは、到底信じ難かったのですよ。
だってさ、同じ水で割っているのに、割ってすぐに飲むものと時間を置いたものとで味わいにちがいが生じるだなんて想像できないじゃないですか。
そこで今回は、本当に味わいにちがいが生じるのかどうか、実際に実験してみようと思ったのでした。


ありゃ!
たしかにこれはちがうぞ!!

前割りのほうが、角がとれた味わいになっておりますよ。
苦みの存在はわかりますが、水割りよりも確実に和らいでいていますよこれは。
それに深みも穏やかになっていて、かなりまろやかですよ。

へー!
これは面白いね!!
割ってから時間を置いただけで、こんなに変わるのですね!!!



《まとめ》
深みを感じるもののすっきりしている、おいしい芋焼酎でした。
“深み”と簡単に表現しましたが、芋のふっくらさや華やかさ、それに香ばしさや重さといった単一の表現では言い表せない複雑な香味なのでした。
しかもそれが鼻へと抜けていったあとは、口の中はいたってさっぱりしていたのでした。

私としては、その深みがわかりやすくなったお湯割りと、そしてびっくりするほどまろやかになった前割りの水割りとが好みでした。

この二合ボトルに出会うまで”白金乃露”なんて銘柄はあたしゃまったく知りませんでしたが、こういう出会いがあるからこそ、この趣味はすこぶる楽しいのですよ!
きっと九州には、まだまだ未知のおいしい焼酎がたくさん存在するのでしょうね。
あー、また九州に行きてぇ~なぁ~!


(※1)株式会社フード・ビジネス発行『薩摩焼酎・奄美黒糖焼酎』p.20(2001.5 柴田書店MOOK)
(※2)(※1)p.21
(※3)鮫島吉廣監修 メディアファクトリー編集『ゼロから始める焼酎入門』p.24(2014.4 株式会社KADOKAWA)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

買っちゃった買っちゃった!
7271.JPG

どこへ行くかは、決して言いませんよ。
だって、行く場所を公表すると、そこで雨を降らせて嫌がらせをする輩がいるからね。
出かけると言った時点で雨確定だろ。
nice!(40)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》95.利右衛門 そのまま 200ml [9946.鹿児島県の焼酎]

7249.JPG
指宿酒造株式会社
鹿児島県指宿市池田6173番地1

本格焼酎
原材料/さつま芋(国産)・米こうじ
アルコール分/16度
200ml
(以上、ラベルより転記)




指宿酒造さんの芋焼酎は、これまでに甘藷翁 利右衛門(カライモおんじょ りえもん) 200mlと、赤利右衛門 200ml、そして黒利右衛門 200mlとをいただいております。
今日いただくこの芋焼酎は、アルコール度数16度でそのまま飲めるという、いわゆる前割り焼酎でした。
7250.JPG


“ストレート、又はロックでどうぞ。”とありましたので、冷蔵庫で冷やしたものをストレートでいただきます。
7251.JPG


前割りですが、水っぽさはそれほど感じませんね。
芋のふっくらした風味を感じます。
でもね、お湯割りのような酸味がありますよ。
華やかさはなく、重さもありません。
苦みや雑味もなく、後味はスッキリしています。


穏やかであるものの風味豊かな、おいしい前割り芋焼酎でした。
クセがなくて飲みやすいと思います。
ただ、酸味が少し鋭いかもしれません。
でもそれも、食事の脂っぽさや魚臭さをサッと流してくれそうですよ。
nice!(31)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》94.田苑 芋 黒麹仕込み12度ボトル [9946.鹿児島県の焼酎]

7241.JPG
田苑酒造株式会社 鹿児島工場
鹿児島県薩摩川内市樋脇町塔之原11356番地1

本格焼酎
原材料/さつまいも(鹿児島県産)・米麹(国産米)
内容量/300ml
アルコール分/12度
(以上、ラベルより転記)




田苑酒造さんの焼酎は、これまでに以下のものをいただいております。
田苑 金ラベル 12度
田苑 金ラベル 20度 200ml
田苑 芋 200ml
田苑 芋 黒麹仕込み 200ml
今日いただくこの芋焼酎は、黒麹仕込み前割り焼酎でした。
7242.JPG7243.JPG


“コールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。”とありました。
7244.JPG

しかし9月も半ばだというのにまだまだ30度超えの暑さですからね、冷蔵庫で冷やしたものをいただきますよ。
7245.JPG


前割りですからね、水割りのように口当たりはさらっとしています。
それに甘みがじんわりと効いているようです。

芋のふっくら感とともに、黒麹の香ばしさを感じます。
香ばしさには重さを少し感じるものの、角がなくて穏やかです。
苦みはかすかに感じる程度です。


口当たりがよいものの飲み応えのある、おいしい前割り芋焼酎でした。
重さが少しあるためか、味わいはどっしりとしています。
それでいて口当たりが軽いので、スイスイと行けてしまいます。

前割りですからね、割らずにいだたけるところがお手軽でよいところだと思います。
もし近所のコンビニで販売されていたら、仕事の帰りに弁当といっしょに買って帰っていただけば、お手軽なダレヤメになるのではないでしょうか。
nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》93.黒島美人 100ml [9946.鹿児島県の焼酎]

7228.JPG7229.JPG
長島研醸有限会社
鹿児島県出水郡長島町平尾387番地

本格焼酎
原材料 さつまいも・米こうじ(国産米)
アルコール分25度
容量100ml
(以上、ラベルより転記)




長島研醸さんの焼酎は、かつてさつま島美人200mlと、麦麹が使われていた島乙女100mlとをいただいております。
今日いただくこの芋焼酎は、黒麹仕込なのだとか。
7230.JPG7231.JPG


今日はなぜか不思議なことに、朝からずっと、頭の中では「芋焼酎の水割りを飲みたい!」ということだけを考えておりましたよ。
アル中だからだろ。
ですからね、今日は水割りでいただきますよ。
7232.JPG


芋のふっくら感は、存在することはわかります。
でもね、重さと苦みとが、強くはないもののしっかりしていて、それが前に出てくるようです。
黒麹の香ばしさはありますが、それほど強くはないみたいです。
甘味はひかえめです。


さっぱりしてはいるものの、重さと苦みとがやや突出した芋焼酎でした。
さっぱりしているのは水割りにしたせいかもしれません。
ただ、さつま島美人をいただいたときに感じたバランスのよさはなく、重さと苦みとが目立つように感じました。

もしかしたら、お湯割りでいただいたほうがよかったのかも。
nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》92.千鶴(ちづる) 100ml [9946.鹿児島県の焼酎]

7215.JPG7216.JPG
神酒造株式会社
鹿児島県出水市高尾野町大久保239番地

本格焼酎
原材料/さつまいも・米こうじ(タイ産米)
アルコール分/25%
内容量/100ml
(以上、ラベルより転記)




“千鶴(ちづる)”という名前の焼酎です
7217.JPG

そういえば、かつて金子信雄が東ちづるさんを「ちじゅる!」って呼んでいたっけ。
関係ないだろ。


話を焼酎へ戻しましょう。
“千鶴”という銘について、文献には以下のような記述がありました。
 明治五年創業の神酒造は、県内酒造所でも老舗中の老舗と言えよう。昭和三三年、主要銘柄名を「神焼酎」から蔵所在地、高尾野町が鶴の飛来地であることにちなんで「千鶴」と変更した。北薩の焼酎には鶴由来の銘柄名やラベルが多く、農閑期に訪れる稀少で優雅なこの鳥が、この地域の人々のアイデンティティーに大いに影響を与えていることが窺える。」(※1)
ちなみに明治五年(1872年)といえば、日本で最初の鉄道である新橋-横浜間が正式開業した年ですぞ。

麹米には、タイ米が使用されているようでした。
焼酎の麹造りにはタイ米が適していることは、かつてこちらで触れております。
7218.JPG

肝腎の味わいについては、同じ文献で「この焼酎は、ふくよかな甘味と引き締まった辛味が前面に出た伝統的な味わいを持っている。地元の焼酎飲んごろがお湯割りでダイヤメすることを念頭に仕込んだ製品と推察するが、燗付けのみならず、生でもまたロックにしても濃醇な芋本来の旨味が遺憾なく引き立ち、焼酎を愛でる喜びを再認識させる。(以下略)」(※1)と紹介されておりましたよ。

はたしてこの評価はそのとおりなのでしょうか?
それをたしかめるべく、いただいてみたいと思います。
地元の焼酎飲んごろがお湯割りでダイヤメすることを念頭に仕込んだ製品」(※1)ですからね、お湯割りでいただいてみましょう。
7219.JPG


お湯割りにすると、芋の重い香りがフワッと漂ってまいりましたよ。

一口含むと、芋の風味がしっかりしていることがわかります。
ふっくら感とともに、重さもしっかりと感じます。
甘味は穏やかに効いているようです。
また酸味が少し強めに出ているようですが、これはお湯割りにしたからでしょうか?
でも、それでいて苦みや雑味はまったくありませんよ。


ふっくらどっしりのおいしい芋焼酎でした。
たしかにこれは飲みやすさを追求したものとはまったく異なった、いたって伝統的な味わいの焼酎でしょう。
しかしその伝統的な味わいがどっしりと構えていて、何もかも包み込んでくれるような味わいでしたよ。
それでいてクセがなく、後味はすっきりしておりました。

これさ、かなりうまいんじゃないの!
これはあくまでも私の勝手な想像ですが、どっしりと構えてなにもかも包み込んでくれそうなこの焼酎の味わいってのは、あたかも薩摩の人々の心にあるお母さんの姿に通じるところがあるのではないでしょうか。
それ故に、まさしくダイヤメ(ダレヤメとも。「ダイヤメとは鹿児島の方言で晩酌のことである。一日の締めくくりにダレ(疲れ)を癒す・ヤメ(止める)ことに由来する。」(※2))に最適な焼酎だと思いましたよ。

機会があれば大きい瓶を入手して、いろいろな飲み方で試してみたいところでした。


(※1)『庶民価格でうまい! 芋焼酎はこれで決まり』p.37(2005.5 洋泉社ムック045)
(※2)鹿児島県本格焼酎技術研究会『かごしま文庫(62) 鹿児島の本格焼酎』p.148(2000.6 春苑堂出版)
nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》91.田苑 芋 黒麹仕込み 200ml【追記あり】 [9946.鹿児島県の焼酎]

7210.JPG
田苑酒造株式会社 鹿児島工場
鹿児島県薩摩川内市樋脇町塔之原11356番地1

本格焼酎
原材料/さつまいも・米麹(国産米)
アルコール分/25度
容量/200ml
(以上、ラベルより転記)




田苑酒造さんの焼酎は、麦焼酎の田苑 金ラベル 12度と、同じく麦焼酎の田苑 金ラベル 20度 200ml、そして芋焼酎の田苑 芋 200mlとをいただいております。
今日いただくこの田苑も芋焼酎ですが、こちらは黒麹仕込みなのだとか。
7211.JPG7212.JPG



25度の芋焼酎ですからね、今日は半分だけいただきます。
残りの半分は明日、別の飲み方で試してみて、その感想はこの記事に追記します。

いつもならば“まずは生(き)で”とはじめるところですけれども、今日はどうか勘弁して下さいな。
だってこう暑いとね、冷たいやつをキュッとやりたいじゃあ~りませんか!

ということで、今日は最初から水割りでいただいちゃいますよ。
7213.JPG


最初に重さが来ますね。
でも、けっしてクセのない重さですよ。
その次に、黒麹らしい香ばしさをふわっと感じます。
軽い苦みもちょっとあるかな。
甘みも少し感じます。



翌日。
ロックでいただきます。
7214.JPG


ロックだと、トロッとした口当たりがありますね。
それに香ばしさが先に来て、その後で重さがじんわりと来るみたいです。
ロックでありがちな苦みも少し感じます。
甘みもありますね。


水割りでさっぱりと、そしてロックで味わい深く楽しめるおいしい芋焼酎でした。
黒麹仕込にしてはクセがなくて飲みやすいのではないかと思いました。

ロックだとちょっと味わいに角が出るかもしれませんが、水割りだとそれがなく、かつ風味豊かにいただくことができました。
鹿児島の焼酎ってのは、やはりお湯や水で割っていただくことを前提として造られているのでしょうか?



そういえば、薩摩の蔵元さんである田苑酒造さんは、かつて鹿児島県から遠く離れた福島県の会津若松市にも蔵を持っていて、そこで“会津藩”という銘の清酒を造っていたことがあったそうですね。
今はもう撤退してしまったみたいですが、このことについて文献には以下のような記述がありました。

 市内日新町には末廣酒造嘉永蔵と並んで、もうひとつの酒蔵が立ち並ぶ。
 昭和六十一年までは。「会陽」の酒名で知られる老舗の酒造メーカー松本本店のものだった。
 翌六十二年二月に、田苑酒造の前身である会津松栄酒造という聞きなれない看板が掲げられた。
 鹿児島の焼酎メーカー薩摩酒造が松本本店を買収して、会津松栄酒造という名前で新たな会津の酒造メーカーとして乗り出したのだ。」(※1)
 市内日新町にある田苑酒造会津工場は平成三年当時、会津松栄酒造と名のっていた。
 鹿児島にある薩摩酒造が親会社だった。」(※2)

それにしても、戊辰戦争では官軍の要として会津藩を攻めた薩摩に蔵を置く蔵元さんが、その戊辰戦争から120年も経ったのちに萩市(長州)から姉妹友好都市の打診を受けたにもかかわらず「時期尚早」として断ったと言われているほど人々の心に薩長に対する嫌悪感が根強く残っていたと思われる会津若松市に蔵を置いていたなんて、いったいどんな思惑があったのでしょうね。
その思惑については今回はわかりませんでしたが、調査は継続する予定ですので、わかり次第この記事に追記したいと思います。

あーあ、会津のことに触れたら、会津へ行きたくなってきましたよ。
でもどうせ、また雨なんだろうな。
あたしゃ会津へは少なからず足を運んでいるのですが、雨が降らなかった試しが一度もないものでね。
というか、会津以外でも、ここのところ出かけるたびに必ず雨が降りやがるものでね。

(※1)石原信一『会津地酒紀行』p.262(2004.7 歴史春秋出版)
(※2)(※1)p.270
nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》90.おやっとさあ 黒麹造り 12% 220ml [9946.鹿児島県の焼酎]

7201.JPG
岩川醸造株式会社+Ⅰ
鹿児島県曽於市大隅町岩川6557-6

品目:本格焼酎
原材料:さつまいも・米こうじ
アルコール分:12%
内容量:220ml
(以上、ラベルより転記)




岩川醸造さんの芋焼酎は、先週におやっとさあ 12% 220mlをいただいております。
今日いただくこのおやっとさあも12度の“前割り”の芋焼酎ですが、こちらは“黒麹造り”なのだとか。
7202.JPG
7203.JPG



それではいただいてみたいと思います。
まずは半分だけ。
冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。
7204.JPG

黒麹らしい香ばしさがありますが、穏やかです。
芋のふっくら感と重さとをちょっとだけ感じます。
甘みはかすかかな。
苦みや雑味はありません。



次に、残りの半分を燗にしてみましたよ。
7205.JPG

お湯割り(前割りですから、燗にすればお湯割りと同じことでしょう)で出がちな酸味はあるものの、それほど強くはないみたいです。
一方で黒麹の香ばしさとともに、芋のふっくら感も少しふわっと広がってきましたね。



さっぱりしていて風味が穏やかな、おいしい前割り芋焼酎でした。
さっぱりしているので、暑いときに冷やしていただけけば暑気払いにピッタリだと思います。
ただ燗にしたほうが、風味は映えるのではないでしょうか。
nice!(27)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》89.さつま国分 15度 200ml [9946.鹿児島県の焼酎]

7197.JPG
国分酒造株式会社
鹿児島県霧島市国分川原1750

本格焼酎
原材料:さつまいも 米麹(国産米)
アルコール分:15度
容量:200ml詰
(以上、ラベルより転記)




70年、鹿児島県国分市と姶良郡の焼酎メーカー10社が加治木酒造協業組合を設立し、共同ビン詰め工場を建設。この時点で一部協業化事業だったが、86年、製造免許の一本化に賛同した6社により、国分酒造協業組合が設立。」(※1)という国分酒造さん。
株式会社化されたのは、平成27年と最近のことなのだとか。
7198.JPG

今日いただくのは、アルコール度数15度の芋焼酎でした。
ということは、きっとこれも“前割り”なのでしょうね。
7199.JPG



前割りでしょうからね、そのままいただきますよ。
まずは半分だけ、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。
不覚にも、写真を撮ることを忘れてしまいました。

これは穏やかだね。

まず最初に水の味が来ますよ。
その後、芋のふっくら感がふわっと広がります。
甘みはかすかに感じる程度です。
それでいて重さはゼロ、華やかさもなく、苦みや雑味もありませんよ。



次に、残り半分を燗にしてみました。
7200.JPG

ああ!
これは酸味が出るね。
しかもけっこう鋭いよ。

そのほかの味わいは冷やしたものと同じです。
ふっくら感が穏やかで、重さはなく、華やかさも雑味もありません。


芋のふっくら感が穏やかに効いていて軽快な、飲みやすい芋焼酎でした。
かなり軽めの芋焼酎でした。
それでいて芋のふっくら感が穏やかに効いておりました。

ただ、燗にすると酸味の鋭さが出たことから、私としては冷やしていただいたほうがおいしいのではないかと感じましたとさ。



(※1)株式会社フード・ビジネス発行『薩摩焼酎・奄美黒糖焼酎』p.17(2001.5 柴田書店MOOK)
nice!(29)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》88.おやっとさあ 12% 220ml [9946.鹿児島県の焼酎]

7177.JPG
岩川醸造株式会社+Ⅰ
鹿児島県曽於市大隅町岩川6557-6

品目:本格焼酎
原材料:さつまいも・米こうじ
アルコール分:12%
内容量:220ml
(以上、ラベルより転記)




鹿児島市内を徘徊した際に、とあるコンビニで入手した芋焼酎をいただきます。
その際にはコンビニを少なからず訪問しましたが、この芋焼酎はその先々で頻繁に見かけましたよ。

この芋焼酎は、アルコール度数12%のいわゆる“前割り”ってやつでした。
7178.JPG

12%ですからね、割らずにそのまま飲めるってわけですよ。
7179.JPG

コンビニで販売されている商品ですからね、割らずにサッといただけるお手軽さが一つの“売り”になるのでしょうね。
というか、カップ酒やビール、缶チューハイなどに対抗するためには、いちいち割らなければ飲めないような焼酎では太刀打ちできないのでしょうよ。



では、まずは半分だけ。
びんちょうまぐろのづけをつまみにして、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。
7180.JPG

ピリピリ感はありませんよ。

芋のふっくら感が穏やかに効いていますね。
重さや華やかさもわずかにあることがわかります。
また、軽い苦みもかすかにありますよ。
一方で、甘みはそれほど感じません。



次に、残りの半分を燗にしていただきます。
7181.JPG

おお!
これはふっくら感が際立ちますね!
口に含むとふわっと広がって、鼻へと抜けて行きますよ。
それに、甘みも少しはっきりしてくるようですわ。

一方で、苦みや重さは引きますね。
お湯割りで出がちな酸味はそれほどでもないみたいです。



冷やしてスッキリ、燗でふっくらのおいしい芋焼酎でした。
私としては断然、軽いのに風味豊かな燗のほうが好みでした。

それにしても、鹿児島の皆さまはこんなにお手軽でおいしい芋焼酎をコンビニで入手できちゃうなんて、うらやましいじゃあ~りませんか!

あ、しまった!
冷やしたり温めたりせずに、“そのまま”いただいてこそ本当の味がわかったのかも。
今度鹿児島へ行った際にはこの芋焼酎を再度コンビニで入手して、今度こそ“そのまま”でいただいてみようと固く心に決めましたとさ。
nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》87.田苑 芋 200ml [9946.鹿児島県の焼酎]

7142.JPG
田苑酒造株式会社 鹿児島工場
鹿児島県薩摩川内市樋脇町塔之原11356番地1

本格焼酎
原材料/さつまいも・米麹(国産米)
アルコール分/25度
内容量/200ml
(以上、ラベルより転記)




田苑酒造さんの焼酎は、田苑 金ラベル 12度と、田苑 金ラベル 20度 200mlとをいただいております。
いずれも麦焼酎でしたが、今日いただくこの焼酎は芋焼酎です。
7143.JPG



まずは生(き)、すなわちストレートでちょっとだけ。
7144.JPG

けっこうピリッときますね。
でも、芋のふっくら感がしっかりしていて、厚みを感じます。
重さはなく、華やかさもありません。
苦みや雑味もないみたいです。



次に、お湯割りで。
7145.JPG

ピリピリ感は消えました。
芋のふっくら感がふんわりと立ちますね。
一方で、酸味が出てきて、すっぱさに鋭さを感じますよ。
また、香ばしさや重さ、それに苦みも出てくるようですわ。
甘みは弱めではあるものの、じんわりと感じます。



最後は、水割り(水:焼酎=3:7)でいただきます。
7146.JPG

あ、酸味は引きますね。
香ばしさや重さ、それに苦みも残りますが、それらが芋のふっくら感とバランスよくまとまっているようです。
甘みは引くものの、わずかに感じます。



生だとピリピリ感がきびしく、またお湯割りや水割りだと香ばしさや重さ、それに苦みが出ることから、けっして飲みやすい焼酎ではないと思います。
でもね、私としては、水割りがもっとも味わいのバランスがよく、かつ飲み応えがあっておいしくいただくことができたと思いましたとさ。

nice!(31)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 9946.鹿児島県の焼酎 ブログトップ