So-net無料ブログ作成
28.兵庫県の酒 ブログトップ
前の10件 | -

【お酒】1550.竹泉醇辛(ちくせんじゅんから) 芳醇辛口 純米酒 カップ [28.兵庫県の酒]

8106.JPG
田治米合名会社
兵庫県朝来市山東町矢名瀬町545

原材料名 米(日本産)・米麹(日本産米)
精米歩合60%
アルコール分15度
180ml詰
(以上、フタより転記)




全量純米蔵である田治米さんの竹泉(ちくせん)。
8107.JPG

手元に山積みされている書籍や雑誌をひっくり返せば気の利いたネタも見つかることかと察しますが、今日はそれをしている暇がございません。
それ故、さっそくいただいてみたいと思います。

純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は少し茶色がかっておりましたが、透き通っておりました。
8108.JPG


ナヌ~!

これさ、うまみないよ。
米のうまみも酒臭さも感じません。
でもね、熟成感がはっきりしていて、少し重めです。
それに香ばしさがはっきりしておりますよ。
苦みも少しあって、冷めるにつれて目立ってくるようです。
キレはとてもよく、アル添酒みたいな透明感を感じます。

酸味はひかえめです。
すっぱさはほとんど感じません。
スースーもゼロ。
ピリピリ感もありません。

甘みもゼロですわ。
全く感じません。


淡麗焦香ちょい苦辛口のお酒でした。
熟成感と香ばしさとがはっきりしておりましたよ。
熟成感が重めで苦みも感じましたが、キレがよいのでそれほどしつこくはないみたいでした。
それに酸味と甘みとがほぼゼロで、かなりドライな口当たりでした。

これはあくまでも私の感想ですが、あたかも常圧蒸留の米焼酎のような風味ではないでしょうか。
純米でこういう味わいを出すことができるなんて、お酒ってのは本当に面白いね。








それにしても、そろそろ筍がおいしい季節ですよね。
8109.JPG

今年もおいしいタケノコを食べたいな!
それにおいしい山菜も食べたいな!

はたしてその結末やいかに?
お楽しみは、来週の更新まで。
かんらからから!
nice!(38)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1525.大関 純米大吟醸 150ml [28.兵庫県の酒]

7912.JPG7913.JPG
大関株式会社
兵庫県西宮市今津出在家町4-9

原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)
精米歩合:50%
アルコール分:15度以上16度未満
150ml
(以上、ラベルより転記)




灘五郷は今津郷に蔵を置く大関さんのお酒は、これまでに以下のものをいただいております。
266.オダキュー 天下の険 上撰 カップ
386.大関 超特撰 大坂屋長兵衛 大吟醸 180ml
695.本醸造 上撰 辛丹波 300ml
1000.ワンカップ大関 上撰
1013.Vセレクト 淡麗辛口 灘の鬼ころし カップ
1303.上撰 ワンカップ大関 千葉仕立て
1336.ワンカップ大関 上撰 新米新酒
1342.大関 上撰 お燗瓶 180ml
1368.上撰ワンカップ大関 期間限定 せごどん
1401.ワンカップ大関 純米にごり酒
1439.上撰 ワンカップ大関 瀬戸内仕立て

今日いただくこのお酒は、精米歩合50%の純米大吟醸なんだってさ。
7914.JPG

この瓶は、かつていただいた大関 上撰 お燗瓶のそれに似ていました。
でもそれが180ml詰であったのに対して、こちらは150ml詰とやや少なめの容量でした。
7916.JPG

両者を比較してみると、高さは同じで、こちらのほうが肩がやや高く、かつ腰が少しだけ細めのようでした。
7915.JPG


純米大吟醸ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、ごくかすかに着いていることがわかる程度でした。
7917.JPG


吟醸香はあるものの、上立ち香はほとんど感じませんよ。
一口含むと、フルーティーな風味が口の中にかすかに広がります。

うまみは濃くはないものの、しっかりしています。
やわらかいうまみがふんわりと広がって、厚みも少し感じます。
吟醸酒にありがちな苦みもあって、ごくかすかではあるものの弱いなりに重さを感じます。
また純米ですが、キレがよいですね。

酸味はひかえめです。
すっぱさはごくかすかに感じる程度です。
スースー感はゼロで、ピリもありません。

甘みはややはっきりかな。
強くはないみたいですが、幅のある甘みを穏やかに感じます。


やわらかいうまみと穏やかな甘味とが広がって、ごくかすかな苦みが引き締める、旨やや甘口のおいしいお酒でした。
雑味を感じないところは、大吟醸であるが故でしょうか、それとも大手蔵の得意とするところでしょうか?
ごくかすかな苦みを感じるものの、それが味わいをうまくまとめてくれているように感じましたよ。
また吟醸香も弱めで、ちょうどよい具合でした。

バランスがよくておいしいお酒だと思いましたよ。
ただね、個性や特徴は感じることができませんでしたとさ。






(=^・^=)
(=^・^=)
(=^・^=)

今日2月22日は、猫の日なんだってさ!

どうせなら祝日にしてもらったほうが猫と一日中触れあうことができて、あたしゃとってもうれしいんだけれどな。
7911.jpg
(友情出演)
nice!(31)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1499.白鶴 特撰 特別純米酒 山田錦 180ml [28.兵庫県の酒]

7730.JPG7731.JPG
白鶴酒造株式会社
神戸市東灘区住吉南町四丁目5番5号

アルコール分 14度以上15度未満
原材料名 米(国産)、米こうじ(国産米)
兵庫県産山田錦100%使用
精米歩合 70%
180ml
(以上、ラベルより転記)




白鶴酒造さんのお酒は、これまでに白鶴 上撰 淡麗純米 お燗瓶と、白鶴 上撰 金冠 200ml カップとをいただいております。
今日いただくこのお酒は、特撰の小印が付けられた特別純米酒でした。
7733.JPG

あたしゃこのお酒を岡山駅の新幹線改札内にあった駅弁販売店で入手したのです。
その際、店員のお姉さんに「その白鶴を下さい。」と告げたところ、

「これ、白鶴じゃなくて山田錦ですよ!」

って思いっきし言われましたよ。
まぁそんなこと、どうでもいいんですけれどね。(←みつまJAPANより)


これまでの経験からして特別純米酒には香りを特徴とするものもございましたので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
7734.JPG


香りはないですね。

うまみは淡めです。
淡めではあるものの、やわらかいうまみがじんわりと広がって、淡めなりに厚みを感じます。
ただね、苦みが強くはないものの少しはっきりしていて、鋭さを感じますよ。
キレはよく、透明感を少し感じます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさは弱めで、鋭さはそれほどでもないみたいです。
ただ、ちょいピリですわ。

甘みはややひかえめです。
ゼロではないものの、かなり弱めです。


淡麗ちょい苦ちょいピリやや辛口のお酒でした。
淡めではあるものの、うまみはしっかりしておりました。
ただ、淡めであるが故かもしれませんが、苦みが目立ちました。
これはあくまでも私の予想ですが、燗にするとこの苦みが強くなってしまうのかもしれませんね。
nice!(33)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1498.純米吟醸 瑞兆 山田錦 180ml [28.兵庫県の酒]

7725.JPG7726.JPG7727.JPG
沢の鶴株式会社
神戸市灘区新在家南町五丁目一番二号

兵庫県産「山田錦」100%使用
名水百選「灘の宮水」仕込み
原材料名/米(日本産)・米麹(日本産米)
精米歩合/57%
アルコール分/13.5度
180ml
(以上、ラベルより転記)




灘五郷の最も西側の地域である“西郷”に蔵を置く沢の鶴さんのお酒は、かつて以下のものをいただいております。
沢の鶴 特撰 吟醸 瑞兆 180ml
沢の鶴 樽酒(酒道粋人)300ml(普通酒)
沢の鶴 本醸造 上撰 お燗瓶
沢の鶴 本醸造 上撰 生酒 300ml
沢の鶴 山田錦 特別純米酒 生酛造り 生貯蔵酒
沢の鶴 純米樽酒 180ml
沢の鶴 生酛造り 純米 カップ 200ml

今日いただくこの酒は、兵庫県産の山田錦を100%使用し、宮水を用いて仕込まれたという純米吟醸酒でした。
7728.JPG

なお、酒銘に用いられている“瑞兆”という言葉には、「めでたい前兆。」(広辞苑 第五版 電子辞書)という意味があるのだそうですよ。
正月のお酒としてふさわしい名のこのお酒ををいただくことが今年一年の酒集めがうまくいくめでたい前兆となることを祈念していただいてみたいと思います。
どうせ今年も毎回毎回雨ばっかりだろ。


純米吟醸酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、無色透明でした。
7729.JPG


吟醸香はありますが、強くはないですね。
フルーティーな香りをかすかに感じる程度です。

うまみは淡めです。
淡めではあるものの、やわらかいうまみに幅がありますね。
苦みや雑味はまったくなく、透明感を感じます。
純米ですが、キレはよいですね。

酸味はややひかえめです。
すっぱさは弱めですが、弱めなりに鋭さを少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはどちらかというとややひかえめでしょうか。
かなりさらっとした甘みを少し感じる程度ですが、その存在はよくわかります。


淡麗旨口のおいしいお酒でした。
度数が低めであることも影響しているのかもしれませんが、スッキリしていて雑味がなく、軽い口当たりでした。
でもうまみに幅があり、それでいて透明感すら感じるのは、山田錦を使用したお酒らしさでしょうか。
この透明感は、アル添で感じるものとはちがうようですね。
nice!(33)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1495.白鹿 しぼりたて 200ml [28.兵庫県の酒]

7704.JPG7705.JPG
辰馬本家酒造株式会社
兵庫県西宮市建石町2番10号
(フタより転記)

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分 14度以上15ど未満
200ml
(以上、ラベルより転記)




灘の名門、辰馬本家酒造さんのお酒は、これまでに以下のものをいただいております。
特撰 黒松白鹿 黒松 純米 もち四段仕込 300ml
上撰 黒松白鹿 クラシックス 本醸造生酒 300ml
超特撰 黒松白鹿 特別純米 山田錦 180ml
上撰 白鹿 アルミカン(普通酒)(二回目はこちら
上撰 黒松白鹿 本醸造 ペットカップ
超特撰 黒松白鹿 豪華千年壽 純米大吟醸 300ml

今日いただくこのお酒は普通酒ですが、“しぼりたて”と銘打たれておりました。
7706.JPG7708.JPG

“しぼりたて”の意味について解説している文献は、私の手元にはありませんでした。
察するに、しぼりたてを詰めているということ、すなわち、火入れはしているものの貯蔵による熟成の過程を経ていないお酒であるということではないでしょうか。
もしそうであれば、生酒や生貯蔵酒のようなフレッシュな風味を楽しむことができるのでしょう。

ただね、このカップ酒は製造されてから3か月を経過していたことから、カップの中で熟成されてしまっているかもしれませんね。
7707.JPG


生酒のような風味があることを予想して、普通酒ですが冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、薄い金色でした。
7709.JPG


あー、フレッシュな風味ありますね。
でも、風味に角やしつこさはありませんよ。

うまみはやや淡めでしょう。
やわらかいうまみを淡めながらに感じます。
また、吟醸酒のような軽めの苦みをかすかに感じます。
キレはよいものの、透明感は感じません。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、鋭さを少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
べとついた感じはないものの、厚みを少し感じます。


フレッシュで口当たりがよいものの、酸味が引き締める、やや淡麗でちょいすっぱ旨やや甘口のおいしいお酒でした。
フレッシュさはあったものの、生貯蔵酒でありがちなクドさがなくていい感じでした。
やや淡めでしたが、やわらかいうまみが効いていて物足りなくはありませんでした。
また酸味がいい感じに引き締めてくれていて、しかも甘みがコクを添えてくれておりましたよ。
さらにキレはよいものの、アル添多めのお酒にありがちな透明感を感じることはありませんでした。

これさ、なかなかうまいんじゃないの!
さすが灘の名門たる辰馬本家さん、安価な普通酒でもおいしく仕上げてくるとは、恐れ入りました。
nice!(32)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1458.鳳鳴 ぐっと!デカンショ カップ [28.兵庫県の酒]

7353.JPG7354.JPG
鳳鳴酒造株式会社2
兵庫県篠山市呉服町73

アルコール分15.0度以上16.0度未満
原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
(以上、フタより転記)




鳳鳴酒造さんのお酒は、これまでに鳳鳴(ほうめい) 田舎酒 純米 直汲無濾過生原酒 180mlと、鳳鳴 お燗瓶(普通酒)、そして鳳鳴 本醸造 からくち 300mlとをいただいております。
今日いただくこのお酒も糖添なしの普通酒ですから、おそらく鳳鳴 お燗瓶と同じ中身ではないかと推察いたします。
7357.JPG

カップには、デカンショ祭やらデカンショ節やらの記載がありましたよ。
7355.JPG7356.JPG

“デカンショ”の意味については、デカンショ祭の公式サイトに解説がありましたので、そちらをご参照下さいな。
なんだよ今日は手抜きかよ。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色はかすかに着いていて、透明感がありました。
7358.JPG


ああ、これは覚えがあるわ!

酸味がはっきりしていますね。
うまみは淡めですが、熟成感が少しありますね。
甘みはほとんど感じません。


淡麗すっぱ辛口のお酒でした。
これはおそらく、お燗瓶と同じ中身でしょう。
nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1457.白鶴 上撰 金冠 200ml カップ [28.兵庫県の酒]

7349.JPG7351.JPG
白鶴酒造株式会社
神戸市東灘区住吉南町四丁目5番5号

アルコール分 15度以上16度未満
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
200ml詰
(以上、ラベルより転記)




白鶴酒造さんのお酒は、かつて白鶴 上撰 淡麗純米 お燗瓶をいただいております。
今日いただくこのお酒には上撰とともに金冠の小印が併記されておりましたが、どうやら普通酒のようでした。
7350.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
7352.JPG


うまみはやや淡めです。
でも淡いなりに醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをほんのりと感じます。
それに苦みがちょっとあって、強くはないものの少し重めです。
キレはよく、スッと引きます。

酸味はひかえめです。
酸っぱさはほとんど感じません。
ただ、ちょっとピリッときますね。

意外にも、甘みはややはっきりしていますよ。
けっしてべとつかず、それに厚みもありませんが、その存在はよくわかります。


やや淡麗でちょい苦ちょいピリ旨やや甘口のお酒でした。
淡めであったものの、酒臭さ(←あくまでもほめ言葉です)があって飲みごたえを感じました。
また灘酒にしては、甘みを感じたところが意外でした。

これはあくまでも私の感想ですが、大手蔵らしさってのは雑味のなさ、すなわち苦みやピリピリ感を抑えた味わいにこそあるのではないかと勝手に思っているものの、私はこのお酒からはそれを感じることができませんでした。
もっとも、それも味のうちなのかもしれませんけれどね。
nice!(32)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1454.鳳鳴 本醸造 からくち 300ml [28.兵庫県の酒]

7329.JPG7330.JPG7331.JPG
鳳鳴酒造株式会社
兵庫県篠山市呉服町73

アルコール分15.0度以上16.0度未満
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
精米歩合 麹米60%・掛米70%
内容量 300ml
(以上、ラベルより転記)




鳳鳴酒造さんのお酒は、これまでに鳳鳴 田舎酒 純米 直汲無濾過生原酒 180mlと、普通酒の鳳鳴 お燗瓶とをいただいております。
今日いただくこのお酒は、”からくち”と銘打たれた本醸造です。
7332.JPG


本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、透明でした。
7333.JPG


燗を付けると、香りが少し漂ってまいりましたよ。
フルーティーさが少し、そして酒臭い(←ほめ言葉です)香りがちょっとだけといった感じです。

うまみは淡めです。
米のうまみが舌をピンと突いて、その後うっすらとひろがります。
また、軽い苦みをほんのかすかに感じます。
キレはとてもよく、スッと引いていきます。

酸味ははっきりしています。
酸っぱさがやや強めで、鋭さを感じます。
しかもけっこうピリっと来ますね。

甘みはひかえめです。
かなり弱めですが、その存在はわかります。


淡麗ピリ辛口のお酒でした。
うまみは淡めでしたが、それでも淡めなりに広がることから、物足りなさはありませんでした。
ただかなりピリッときたことから、飲みやすくはないと思いました。
これは地元の食べ物と合わせると映えるのでしょうか?
nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1448.鳳鳴 お燗瓶 [28.兵庫県の酒]

7257.JPG7258.JPG
鳳鳴酒造株式会社2
兵庫県篠山市呉服町73
(瓶の印刷事項より転記)

アルコール分15.0度以上16.0度未満
原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米)醸造アルコール
(王冠より転記)

正180ml
(瓶の刻印より転記)




鳳鳴酒造さんのお酒は、かつて鳳鳴(ほうめい) 田舎酒 純米 直汲無濾過生原酒 180mlをいただいております。
今日いただくこのお酒は、どうやら普通酒のようでした。
7259.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ごくかすかに着いていることがわかる程度でした。
7260.JPG


最初に酸味が来ますね。
やや強めで鋭い酸味が舌を突いてくるようです。
でも、刺激やピリピリ感はありません。

うまみは淡めです。
酒臭さ(←ほめ言葉です)が少しあって、熟成感がかすかにあるみたいです。
苦みや雑味はなく、キレがよくて透明感を少し感じます。

甘みはひかえめです。
ややドライかな。


キリッと引き締まっている、淡麗すっぱ辛口のお酒でした。
甘みが少なくて酸味が鋭いことから、かなり引き締まった感じがいたしました。
これは完全に食中酒でしょうよ。
肉や魚と合わせることで、脂っぽさや魚臭さをサッと流してくれますよ。
nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1446.白雪 淡麗辛口 ストロング カップ [28.兵庫県の酒]

7246.JPG
小西酒造株式会社
兵庫県伊丹市東有岡二丁目13番地

原材料名/米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール
アルコール分/16度以上17度未満
180ml詰
(以上、カップの印刷事項より転記)




今日における伊丹の酒、すなわち“丹醸”の代表格と言っても過言ではない“白雪”。
その白雪を造る小西酒造さんのお酒は、これまでに白雪の樽酒カップと、白雪上撰パルカップ、それに白雪上撰ブルーカップをいただいております。

今日いただくこのお酒ですが、蔵元さんのWebsiteによれば今年の6月から発売開始された、「アルコール分を16度台に設計、アルコール度数を1.2倍(当社比)にすることで、美味しく飲みごたえ十分な、満足度の高い酒質に仕上げました。」というお酒なのだとか。

品質表示から判断するに、どうやら普通酒のようでした。
7247.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
7248.JPG


香りがちょっとだけありますね。
酒臭い(←ほめ言葉です)香りがかすかにあって、口に含むと鼻へと抜けていきますよ。

うまみはやや淡めですが、淡めなりにしっかりしています。
やわらかいうまみとともに、醸し出された酒臭い(←あくまでもほめ言葉です)うまみが淡めなりによくわかりますよ。
熟成感もごくかすかにあるみたいです。
それでいてキレがとてもよく、透明感もちょっとあるみたいです。

酸味ははっきりしています。
すっぱさは少しで、鋭さも少し感じます。
それにこのお酒、ピリピリ感がややはっきりしていますね。
アルコール由来と思われるさわやかさ、スースー感もちょっとだけ感じます。

甘みは、あれ!
これややはっきりでしょ?
べとついた感じはまったくないものの、自然な甘味に厚みを感じますよ。


淡めなりにしっかりしていてキレのよい、やや淡麗で旨やや甘ピリ辛口のおいしいお酒でした。
察するに、醸造アルコールの添加量が多めなのかも?
それでいて薄まった感じがまったくないのは、造りがしっかりしているからでしょうか。
それに“淡麗辛口”と銘打たれてはいたものの、甘みの存在ははよくわかりましたよ。

ただね、ピリピリがちょっと気になることから、けっして飲みやすくはないでしょうね。
それでもこういうしっかりしていてスッと引くお酒、あたしゃ好きですわ。
また雑味がないのは、大手蔵の真骨頂でしょうか。


ところで、お酒の“辛口”って、いったいどう定義すればいいのでしょうね。

あたしゃ“辛口=甘くない”という意味だと勝手にそう思っていたのですが、辛口を名乗るお酒にも甘みがあるものが少なからずあるようですし。
たとえ甘みがあってもアルコールの影響などで“ピリ辛”に仕上がっているならば、辛口と称しても問題ないのでしょうか?
nice!(35)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 28.兵庫県の酒 ブログトップ