So-net無料ブログ作成
20.長野県の酒 ブログトップ
前の10件 | -

【お酒】1531.明峰 喜久盛 カップ [20.長野県の酒]

7961.JPG7962.JPG
信州銘醸株式会社
長野県上田市長瀬2999-1

アルコール分15度以上16度未満
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
180ml
(以上、フタより転記)




“明峰 喜久盛”という銘のお酒をいただきます。
7963.JPG

この酒銘の由来と信州銘醸さんの成り立ちとについて、(順序は逆になりますが)文献には以下のような記述がありました。
 昭和33年、旧丸子町内の滝沢酒造、升屋酒造、上田酒造、生田酒造の四つの蔵が販売の統一を図った。さらに48年、四社は企業の近代化と一層の品質向上を目指して製造合併を行った。
 「喜久盛」は、ともに仲良く、幾久しく栄えようという思いと、信州の美しく険しい山並みを表す「秀峰」「明峰」の文字を冠し、銘柄とした。」(※1)

“信州の美しく険しい山並み”とありましたが、なんでも「新蔵からは美ヶ原高原、菅平高原、浅間山が一望。」(※2)なのだとか。
このカップの側面には山並みがぐるりとプリントされておりましたが、もしかしたらこれが蔵から一望できる景観なのでしょうか?
7964.JPG
7965.JPG
7966.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
7967.JPG


燗をつけると、酒臭い(←ほめ言葉です)香りがふんわりと立ってまいりましたよ。

うまみはやや淡めですが、淡めなりにしっかりしています。
やわらかさとともに酒臭さ(←あくまでもほめ言葉です)を少し感じて、淡めなりに厚みを感じます。
苦みがあって、弱めで鋭さもないものの、重さを感じますね。
キレはよくてスッと引きますが、透明感はそれほどでもないみたいです。

酸味はややひかえめです。
すっぱさは弱めです。
でもアルコール由来と思われるスースー感をはっきりと感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
べとついた感じはしないものの、幅のある甘みであることがわかります。


淡めではあるものの軽くはない、やや淡麗でちょい重旨やや甘口のおいしいお酒でした。

このうまみはいいね!
飲み応えを感じるものの、淡めでかつ雑味を感じません。
甘みもあるものの、これもしつこくない程度で効いておりましたよ。
それでいて重さを適度に感じる苦みが引き締めて、かつアル添が爽快感とキレの良さを添えてくれているようでした。

これはあくまでも私の好みですが、味の要素のバランスが絶妙ではないかと感じました。
けっして飲みやすくはないものの、私の好みにぴったりでした。
アル添普通酒こそかくあるべけれ!(←かかり結びで主観を誇張してみました。)
これだからさ、この趣味はやめられないのですよ。

(※1)川崎史郎:文・小林敬一:写真『酒蔵で訪ねる信州』p.118(2008.5 信濃毎日新聞社)
(※2)『ようこそ日本酒の國へ』p.039(2014.5改訂 合同会社デザインファームアンドリゾート)
nice!(34)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1528.純米吟醸 猿庫の泉(さるくらのいずみ) カップ [20.長野県の酒]

7939.JPG7940.JPG
喜久水酒造株式会社
長野県飯田市鼎切石4293

内容量 200ml
原材料名 米(国産)・米麹(国産米)
アルコール分 15度
精米歩合 55%
原料米 長野県産米100%
醸造地 長野県飯田市
採水地 長野県飯田市
(以上、ラベルより転記)




昭和19年に戦時統合で設立された喜久水酒造さんのお酒は、かつて銀泉 喜久水 パーソナルカップ 200mlと、喜久水 本醸造 にごり酒 白貴天龍 カップとをいただいております。

今日いただくこのお酒は、純米吟醸酒でした。
酒銘の“猿庫の泉(さるくらのいずみ)”ってのは、どうやら蔵元さんが蔵を置く長野県飯田市にある名水に由来するようですね。
7941.JPG
(これはフタとキャップとのあいだに入っていた紙でした。)


ラベルには、品質表示が細かく記されておりました。
7942.JPG

ちなみにこれは、“長野県PRキャラクター「アルクマ」なんだってさ”
7943.JPG


純米吟醸ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、うっすらとした金色でした。
7944.JPG


吟醸香ありますね。
上立ちはほんのりですが、口に含むとフルーティーな香りが鼻へ抜けて行きます。

うまみは濃くはないものの、しっかりしています。
米のうまみが舌をピンと突いてくるようです。
吟醸酒らしい苦みがあって、それが鋭くてやや重めです。
熟成感もなく、他に雑味もなく、しかもキレもよいですね。

酸味はややはっきりでしょうか。
すっぱさは弱めですが、弱めなりに鋭いですね。
それにこれはちょいピリですわ。

甘みはひかえめです。
存在はわかるものの、かなり弱めです。


香りはあるものの味わいもしっかりの、ちょい苦ちょいピリ旨辛口のおいしいお酒でした。
香りはしつこくはなくてちょうどよい感じでした。
苦みとピリとがありましたが、それらがいい感じに味わいを引き締めてくれていて、食事と合うように感じました。
しかもワタクシといたしましては、辛口なところがうれしいかぎりでした。

喜久水は普通酒もおいしいお酒でしたが、純米吟醸もいけますね。
しかもともに200mlって量がうれしいじゃありませんか!
nice!(34)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1523.松尾 カップ [20.長野県の酒]

7902.JPG7903.JPG
(株)髙橋助作酒造店
長野県上水内郡信濃町古間856-1
(フタより転記)

アルコール分15度以上16度未満
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
180ml詰
(ラベルより転記)




新潟県と接する長野県北部の“信濃町(しなのまち)”。
(と言っても、新宿区内にある某宗教団体の城下町とは無関係のようです。)
今日はその信濃町に蔵を置く蔵元さんのお酒をいただきます。

代表銘柄の「松尾」は、酒造りの神を祀った京都の松尾大社にちなんで名付けられた。」(※1)とありましたが、これは言わずもがなでしょうね。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
7904.JPG

お酒の色はごくわずかに着いていることがわかる程度で、しかも透き通った感じがありました。
7905.JPG


燗をつけると、酒臭い(←ほめ言葉です)香りがフワッと漂ってまいりましたよ。

うまみはやや淡めでしょうか。
口に含むと酒臭い(←あくまでもほめ言葉です)風味が口の中にパッとと広がって、それがすぐにスッと引いて行きます。
やわらかい香ばしさも少しあるみたいです。
キレはとてもよく、透明感もありますね。
苦みや雑味は感じませんでした。

酸味はひかえめです。
すっぱさはまったく感じません。
スースー感は少しはっきりしています。
また、かすかにピリッとくるみたいです。

甘みはややひかえめでしょうか。
弱めかつゼロではなくてさらっとしているものの、幅を感じます。


風味が広がってキレのよい、やや淡麗でやや辛口のお酒でした。
これはあくまでも私の予想ですが、キレがよく、かつ透明感とスースー感があったことから、おそらく多めのアル添が施されているのではないかと推察いたします。
味には薄っぺらさを少し感じましたが、風味はバッチリでしたよ。
しかもその風味がしつこくなくてちょうどいい感じでした。

私の感想としてはおいしいかどうかは微妙かと思いますし、それに純米至上主義の諸兄には到底認めがたい味わいかもしれません。
でも、こういう風味豊かなアル添酒ってのも、なかなか面白いのではないでしょうか。

(※1)川崎史郎:文・小林敬一:写真『酒蔵で訪ねる信州』p.10-11(2008.5 信濃毎日新聞社)
nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1522.笑亀(しょうき) カップ [20.長野県の酒]

7889.JPG7900.JPG
笑亀酒造株式会社
長野県塩尻市塩尻町140

原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分 15度
内容量 180ml
(以上、ラベルより転記)




『笑亀』という名前の由来は、幸福な人生を楽しもうという意味の「笑」という言葉と、長寿を意味する「亀」で、「このお酒を飲んで笑って長生きしましょうね」という意味。」(※1)という笑亀酒造さんの“笑亀(しょうき)”をいただきます。

かといっても、あたしゃあんまり長生きはしたくはないんですけれどね。
あと2,3年でおしまいって具合がちょうどいいんじゃないかと思っている次第ですわ。
ムダに歳をとっても笑って長生きとは到底行かず、どうせ生き恥をさらすだけですから。


どうでもいいことで話のネタがないことをごまかしたところで、そろそろいただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに茶色がかっていて、しかも透き通っておりました。
7901.JPG


ああ、やっぱり。

うまみは淡めです。
ウィスキーみたいな風味がじんわりと広がりますね。
苦みはあるものの、弱めです。
ですがやっぱり透明感はバッチリでしたよ。

酸味はひかえめです。
すっぱさはほとんど感じません。
スースー感は少しわかる程度です。
かすかにピリッとくるかも。

甘みはややはっきりでしょうか。
弱めではあるものの、少しべとつくように思います。


独特な風味の、淡麗ちょいクドやや甘口のお酒でした。
ウィスキーのような風味があって、しかも苦みを少し感じました。
それでいて透明感がバッチリでした。
これは私の予想ですが、アル添多なのでしょうか。
また私としては、甘みのべとつきが気になりました。

以上です、編集長!


(※1)『ようこそ日本酒の國へ』p.097(2014.5改訂 合同会社デザインファームアンドリゾート)
nice!(33)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1519.亀齢 カップ [20.長野県の酒]

7869.JPG7870.JPG
岡崎酒造株式会社
長野県上田市中央4-7-33

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分 15度
容量 180ml
(以上、フタより転記)




“亀齢”の手印(てじるし:メーカーの所有する商標(メーカー・ブランド)(※1))は広島にもありましたが、こちらは長野県は上田のお酒でした。
その岡崎酒造さんのお酒は、かつて普通酒の真田幸丸カップをいただいております。
今日いただくこのお酒も同じく普通酒ですから、もしかしたら同じ中身でしょうか?
7871.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
7872.JPG


うまみは、どちらかというとやや淡めでしょうか。
熟成感がかすかながらにあって、それが最初に来ます。
次に苦みが来て、強くはないものの少し重めです。
でもとてもキレがよく、透明感を感じます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさはほとんど感じません。
スースー感ははっきりしています。
ピリピリ感はありません。

甘みは、どちらかというとややはっきりかな。
かなり弱めではあるものの、べとつきを少し感じます。


重めではあるもののキレのよい、ちょい苦ちょい重やや甘口のお酒でした。
これは私の感想ですが、うまみに厚みがないためか、苦みや重さが目立つようでした。
察するに、アル添多めなのでしょうか?

でも角は感じなかったことから、飲みにくさはありませんでした。

(※1)灘酒研究会編『改訂 灘の酒 用語集』p.261(1997.10 灘酒研究会)
nice!(33)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1517.オバステ正宗 信州の純米酒 カップ [20.長野県の酒]

7853.JPG
長野銘醸株式会社
長野県千曲市八幡275


アルコール分15度
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)
精米歩合 70%
内容量 180ミリリットル
(以上、カップの印刷事項より転記)




“オバステ”の酒銘は、蔵元さんが蔵を置く場所に由来するみたいでした。
このことについて、文献では以下のように紹介されておりました。
 千曲市八幡にある長野銘醸の造り蔵は、ひっそりとした集落の中に「ヲバステ正宗」と記したひときわ高い煙突をみせる。歴史をにじませた蔵の壁の色、松の木に囲まれた重厚な事務所の構えが元禄2(1689)年創業の暖簾を印象づける。田毎の月で知られる姨捨の山麓にあるこの蔵の酒は、それより20.年ほど前の寛文年間からすでに造られており、元禄2年の石高は九十二石だったという記録も残っている。」(※1)

このカップに描かれている絵こそが、もしかしたら姨捨の山麓に出る“田毎の月”なのでしょうか?
7857.JPG


ところでこのカップ酒ですが、純米酒でした。
7854.JPG
7855.JPG

代表銘柄『姨捨正宗』は「普段呑みこそ、純米酒を飲んで欲しい」との想いから、2007年にすべて純米化され、地元では飲食店や贈答はもちろん、家庭での晩酌酒としても親しまれている。」(※2)とあるとおり、長野銘醸さんは全量純米蔵になられたみたいでした。

けっしてこのお酒にけちをつけるわけではございませんが、アル添酒の持つ軽快さが好きなワタクシといたしましては、大手蔵をも巻き込んだ妄信的とも思われるような昨今の純米回帰の傾向には、いささか疑問を持たざるを得ませんよ。
純米回帰の傾向ってのは、おそらく“余計なもの=醸造アルコールを混ぜずにお米だけで造った純粋なお酒”であることをアピールしたいが故のことなのでしょう。
でも醸造アルコールの添加がダメならば、速醸酛でなされる乳酸の添加だってダメでしょうし、それに蔵付き酵母を使わずに培養酵母を用いることだって問題にすべきでしょうよ。
それらを容認しつつも、(特定名称酒に限って言えばもはや増量策ではなくて)酒造りの一技法として確立しつつある醸造アルコールの添加だけを忌み嫌う傾向ってのは、なんかおかしいように思いますよ。
お酒は飲み物ですからね、大事なのは純米かどうかではなくて、実際に飲んでみておいしいかどうかじゃないのかな。
十分にけちをつけているじゃないか。


昨今の傾向に文句を言うのはこのくらいにして、このお酒をいただいてみたいと思います。
純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ごくかすかに茶色がかっているようでした。
7856.JPG


うまみは濃くはないですね、むしろちょっとだけ淡めでしょうか?
酒臭い(←ほめ言葉です)うまみが穏やかに効いていますね。
熟成感もかすかにあって、軽い苦みもちょっとだけ感じます。
純米ですがキレはよく、スッと引きます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、鋭さを感じます。
刺激やピリピリ感はないものの、スースー感が少しあるみたいです。

甘みはややひかえめでしょうか。
弱めではあるものの、幅を感じる甘みがありますね。


しっかりしているもののまとまっていてキレのよい、スッキリちょいすっぱ旨口のおいしいお酒でした。
酸味は少し目立ちましたが、苦みや熟成感は穏やかで、また刺激を感じませんでした。
甘みもわずかに感じましたが、どうやらそれが味わい全体を穏やかにまとめてくれているように感じました。
またキレがよくてスッキリしており、飲みやすさを感じました。

こういうスッキリしているものの酸味の鋭さを少し感じる純米酒って、昨今では大手蔵の純米酒にもありますね。
こういう味わいが、最近の“流行り”なのでしょうか?


(※1)川崎史郎:文・小林敬一:写真『酒蔵で訪ねる信州』p.66(2008.5 信濃毎日新聞社)
(※2)『ようこそ日本酒の國へ』p.185(2014.5改訂 合同会社デザインファームアンドリゾート)
nice!(38)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1379.真澄 辛口ゴールド 180ml [20.長野県の酒]

6592.JPG
宮坂醸造株式会社
長野県諏訪市元町1-16

原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15度
180ml
(以上、瓶の印刷事項と栓とより転記)




宮坂醸造さんのお酒は、これまでに以下のものをいただいております。
158.真澄 本醸造 特撰真澄 300ml
186.真澄 純米酒 奥伝寒造り 300ml
351.真澄 辛口ゴールド 300ml
382.真澄 純米吟醸 辛口生一本 300ml
583.真澄 生 純米吟醸 辛口生一本 300ml
701.702.真澄 銀撰パールライトカップ&山雅カップ 飲み比べ
902.真澄 純米生酒 300ml

今日いただくこのお酒は“辛口ゴールド”として販売されておりましたので、かつていただいた真澄辛口ゴールド300mlと同じ中身でしょう。

それにしても、特徴的な色の瓶ですね。
それに形はシュッとしつつも、どっしりした感じがありますね。
6594.JPG6595.JPG

その瓶には、能書きが書かれておりましたよ。
6596.JPG


普通酒でしょうからいつもならばぬる燗でいただくところですけれど、辛口ゴールドは一度ぬる燗でいただいておりますので、今日は冷や(常温)でいただきます。
6593.JPG

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
6597.JPG


うまみは濃くはないものの、しっかりしています。
やわらかいうまみが強くはないものの、うまみに厚みがありますね。
熟成感がかすかにあるかな?
また、苦みがちょっとだけあるみたいです。
キレはよく、スッと引きます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさは弱めですが、少し鋭いみたいです。
アルコール由来と思われるさわやかさも少しありますね。
またかすかにピリッと感じますが、気にはなりません。

甘みはややひかえめです。
でも、弱めではあるものの、その存在はわかります。


しっかりしているもののキレよく鋭い、旨やや辛口のおいしいお酒でした。
うまみが濃くはないもののしっかりしていて、甘みの存在もよくわかりました。
でもそれでいてキレがよく、さらに弱めのすっぱさとかすかなピリとによって引き締められているようでした。

真澄シリーズは、どれをいただいても本当においしいですね。
でもこの味わいは、きっと燗映えするのではないかと感じましたよ。
次にこのお酒に出会った際には、是非とも燗でいただいてみたいと思います。

というか、かつて300ml瓶をいただいた際には燗だったんですけれどね。
すっかり忘れてしまいましたよ。
nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1359.横笛 カップ [20.長野県の酒]

6467.JPG
伊東酒造株式会社
長野県諏訪市諏訪2-3-6

原材料名 米(国産)米麹(国産米)醸造アルコール
アルコール分 15度以上16度未満
180ml詰
(以上、カップの印刷事項より転記)




伊東酒造さんのお酒は、これまでに横笛の本醸造カップと、同じく横笛の純米酒カップとをいただいております。
今日いただくこの横笛カップは、普通酒です。
6468.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに茶色がかっていて、透明感がありました。
6469.JPG


うまみは濃くはないですね。
と言っても、酒臭さや米のうまみは感じません。
というか、最初にやや強めの苦みが来ます。
熟成感もあるようですが、それとともにクドさがやって来るようです。
アル添に起因すると思われる透明感は感じますが、キレはよくないですね。

酸味はひかえめです。
すっぱさはほとんどなく、アルコール由来と思われるさわやかさを少し感じる程度です。
ですが、少しピリッと感じます。

甘みはややはっきりしています。
べとついた感じはしないものの、とろみのような舌触りを感じます。


苦ちょいピリやや甘口のお酒でした。
クドさと苦みと甘みとがはっきりしているものの、添加されたアルコールがそれらを和らげてくれているようでした。
これはあくまでも私の感想ですが、まるで糖類酸味料フル添加の三増酒を思わせるような味わいだと感じました。
あるいは、もしかしたら粗めの醪に多めのアル添を施して多めの加水をすると、こういう味わいになるのでしょうか?
nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1356.大雪渓 お燗瓶 180ml [20.長野県の酒]

6449.JPG6450.JPG
大雪渓酒造株式会社
長野県北安曇郡池田町大字会染9642-2

アルコール分 15度
原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)醸造アルコール
180ml詰
(以上、瓶の印刷事項より転記)




“山の酒”大雪渓は、これまでに以下のものをいただいております。
大雪渓 蔵出しカップ(普通酒)
大雪渓 上撰カップ(普通酒)
大雪渓 蔵出し紙カップ(普通酒)
大雪渓 純米にごり酒 300ml
大雪渓 本醸造 御神酒 180ml
大雪渓 本醸造 御神酒 金箔入 180ml

今日いただくこのお酒は、お燗瓶に詰められた普通酒です。
6451.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
6452.JPG


うまみはやや淡めですが、淡いなりにしっかりしています。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみは弱めですが、弱いなりにわかります。
熟成感もかすかに感じます。
苦みはごくかすかにわかるものの、キレがよいのでまったく気にはなりません。

酸味はややひかえめです。
すっぱさはほとんど感じませんが、さわやかさが少しはっきりしています。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはひかえめです。
弱めではあるものの、でもゼロではないみたいです。


やや淡麗で爽快旨やや辛口のおいしいお酒でした。
淡めではあるものの淡いなりにしっかりしているので、物足りなさはありません。
それにさわやかさが効いていて、しかも角がないので飲みやすく感じました。

やっぱり大雪渓は本醸造よりも普通酒のほうがおいしいと、私はそう思います。
nice!(39)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1351.大雪渓 本醸造 御神酒 金箔入 180ml [20.長野県の酒]

6418.JPG6419.JPG
大雪渓酒造株式会社
長野県北安曇郡池田町会染9642-2

アルコール分/15度
精米歩合/65%
原材料名/米(長野県産)米麹(長野県産米)醸造アルコール・純金箔
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




“山の酒”大雪渓は、これまでに以下のものをいただいております。
大雪渓 蔵出しカップ(普通酒)
大雪渓 上撰カップ(普通酒)
大雪渓 蔵出し紙カップ(普通酒)
大雪渓 純米にごり酒 300ml
大雪渓 本醸造 御神酒 180ml
6420.JPG


今日いただくこのお酒は、金箔が使用されている本醸造です。
6421.JPG

かつて一度書いたことがあったのですが、あたしゃ金箔入りと表示されているお酒をいただく際にいつも思うことがあるのですよ。

特定名称酒の原材料として認められているものは白米、米こうじ及び水、そして醸造アルコール(純米酒をのぞく)だけで、これら以外の原材料は使ってはいけないことになっております(※1)。
それに、そもそも法的に認められた普通酒を含む清酒の原材料には、金箔は含まれてはおりません(※2)。

ということは、金箔を原材料として使用すると、できたお酒は大吟醸を名乗ることができないどころか、清酒=日本酒の範疇からも外れてしまうのではないでしょうか。

もっとも、金箔はお酒が完成したあとで瓶詰めする際に入れたのでしょう。
もしそうならば、金箔は完成したお酒に混ぜてあるだけで、お酒の原材料ではないわけです。
それならば、原材料に含めて表示することなく、別途、品質表示から離れた位置にかっこ書きで“(金箔入り)”とでも表示したほうが正確ですし、ルールにも適合するのではないでしょうか。


文句をたれるのはこのくらいにしておいて、そろそろいただいてみたいと思います。
本醸造ですが、金箔入りであることを考慮して、まずは冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、かすかに茶色がかっているようでした。
6422.JPG


うまみは淡めです。
米のうまみをほんのかすかに感じる程度です。
軽い苦みが少しあって、強くはないものの鋭さを少し感じます。
というかこのお酒、金箔に由来するのかもしれませんが、金気を少し感じますよ。
キレはよく、スッと引きます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、鋭さがありますね。
それに少しピリッと感じます。

甘みはひかえめです。
ほとんど感じないくらいです。


淡麗ちょい苦ちょいすっぱちょい金気で辛口のお酒でした。
淡めではあるものの、薄さは感じませんでした。
甘みがほとんどなく、軽い苦みや酸味も効いていて、かなり引き締まった味わいでした。
でも、金気は要らないね。


ここで、燗にしてみましたよ。
(写真を撮ることを忘れてしまいました。)

燗にすると苦みと酸味とが少し引いて、角が取れますね。
そのせいか、冷やしたものよりもうまみがはっきりしてきて、しかもまろやかに感じます。
一方で、熟成感らしきものがかすかに出るみたいです。
燗にするとやや淡麗で辛口のお酒になりました。


このお酒は、ひやでキリッと引き締まり、燗でまろやかさが出てきたようでした。
でもね、くどいようですが、私には金気が気になりました。
それに大雪渓は、普通酒のバランスの取れた味わいのほうがおいしいのではないかと思いましたとさ。

(※1)清酒の製法品質表示基準(平成元年国税庁告示第8号)1
(※2)酒税法3条7号イロハ、酒税法施行令2条、酒税法施行規則1条の2
nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 20.長野県の酒 ブログトップ