So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
15.新潟県の酒 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

【お酒】1224.鶴の友 上白 300ml [15.新潟県の酒]

5264.JPG5265.JPG5266.JPG
樋木酒造株式会社
新潟県西区内野町582

アルコール分15度以上16度未満
原材料名 米(国産)米こうじ(国産米)醸造アルコール
300ML
(以上、ラベルより転記)




この鶴の友は、私のあこがれのお酒でした。
だって、これはおいしいとの評判を少なからず聞くものですから。

中でもとある居酒屋探訪家の方はこの鶴の友がお好きのようで、著書では以下のように紹介しておりました。
飲んでいる燗酒は大好きな「鶴の友」。主人は「新潟酒は安いものがレベルが高い。高級酒はそうでもないが、安い酒で勝負したら県外のどこにも負けない」と言う。その代表が鶴の友で、新潟古町芸者にうまい酒をきくと例外なくこれを挙げる。
(中略)
昔ながらの手法からさらりとした端正な味わい。含み香ほのか、あとくちに余分な味が残らないキレの良さ。おかんをつけたらピカイチ〉は、じつに全くその通りで、無駄なく正確な表現は私などには到底書けない。」(※1)


ところがこの鶴の友は、そう簡単には手に入らないのです。
なぜならば、「地元を意識した酒造りに徹してい」て、「新潟市内以外では、ほとんど見ることのない酒」(※2)だからなのです。

その理由について、とある新潟のお酒を紹介した冊子では以下のように書かれておりました。
同蔵の日本酒は地元・新潟地域以外での購入は非常に難しい。地元での販売にこだわっているからだ。「新潟の日本酒は、全国で買えるようになってしまった。それでは地酒ではない。やはり地で飲まれ、販売されてこそ地酒。自分たちの造った酒がどう飲まれているのか。どう扱われているのか。それを知り、その上で飲み方を飲み手に教える。これを行うためにはやはり地元での販売ではないと・・・」。だからこそ、時として厳しい口調で酒そのものを説くこともあるという。」(※3)

おいおい、聞いたかよ!。
東京やら海外やらへの進出しか考えていない、どこかの蔵元さんよ!
(どこかはあえて指摘いたしません。)


そんなレアものですからね、あたしゃ到底お目にかかることはできないだろうと、ずっと思っていたのです。
それに地元販売のみの地酒であれば持ち運びにお手軽なカップ酒や少量瓶なんか出す必要もないでしょうから、きっと私の守備範囲には入らないだろうと諦めておりましたよ。

ところがところが、尊敬すべき酒ブログの大先輩であらせられます丹醸様が、この鶴の友上白の300ML瓶を紹介なさっていらっしゃったのです。
その記事を拝読してから、あたしゃもう、寝ても冷めても鶴の友に恋焦がれるばかり。
  鶴の友
   嗚呼!、鶴の友
    鶴の友

これはぜひとも入手せねばならぬと思い、新潟まで行って買ってきた次第でした。


“上白”という小印が付されております。
どうやらこれは蔵元さんが独自に定めた小印で、佳撰クラス(かつての級別制度下における二級酒相当か?)のお酒を示すもののようですね。
5267.JPG

佳撰相当の普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ごくかすかに着いている程度でした。
5268.JPG


うまみは濃くはないですが、しっかりしています。
お米のうまみに厚みを感じますね。
舌の上にズシリと乗っかってくるようです。
一方で、苦みや雑味はまったくありません。
それにキレがよく、スッと引いていきます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが少し強めで、ちょっと鋭いかもしれません。
でも、すっぱさには深みを少し感じます。
アルコール由来と思われるさわやかさもちょっとありますね。
また、かすかにピリッと来るようです。

甘みはややはっきりしています。
弱めでかなりさらっとしていますが、その存在はわかります。


厚みのある米のうまみを酸味がキリッと引き締める、旨口そのもののおいしいお酒でした。
米のうまみが厚くて、甘みもちょっと感じますが、酸味がいい具合に引き締めています。
また、このキレのよさはアル添の効果のようにも思いますが、それでいてアルコール臭さはまったくありません。
それに苦みや雑味がまったくなく、しつこさやクドさとは無縁の味わいでした。
お燗にすると際立つと思われるちょいピリさえも、心地よく感じました。
この味わいは、五味やその他の味わいの絶妙なバランスの下に成り立っているのではないでしょうか。
佳撰クラスでこの味わいなのですから、もっと上級のお酒もぜひとも味わってみたくなってまいりましたよ。

(※1)太田和彦『居酒屋百名山』p.85-86(2013.5 新潮文庫 原典は2010.2刊行)
(※2)『にいがた地酒王国』p.52(1998.10 新潟日報事業社)
(※3)『にいがた日本酒手帖』p.33(2014.11 株式会社ニューズ・ライン)

【お酒】1218.日本海 辛口 300ml [15.新潟県の酒]

5231.JPG5232.JPG5233.JPG
塩川酒造株式会社
新潟県西区内野町662

アルコール分:15度
原材料名:米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




20世紀に発行された新潟のお酒を紹介している書籍によれば、この“日本海”はもともと伊藤酒造という蔵元さんの銘柄だったようです。
一方、新潟県酒造組合のWebsiteを見てみたところ、蔵元の一覧には伊藤酒造の名前はありませんでした。
ということは、今日いただくこのお酒を造った塩川酒造さんは、伊藤酒造さんが廃業した際に、日本海の銘柄を継承なさったということでしょうか?


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
5234.JPG

お酒の色は、ほぼ無色透明でした。
5235.JPG


うまみはやや淡めですが、淡いなりにしっかりしています。
やわらかいうまみが穏やかに効いていますが、そのうまみに厚みを感じます。
一方、苦みや雑味はありません。
またキレよく、スッと引きます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、鋭さを少し感じます。
また、酸味自体に深みも感じます。
ですがこのお酒、けっこうピリッと感じます。

“辛口”と銘打たれてはおりましたが、甘みは意外にもややはっきりしています。
かなりさらっとした甘みが効いています。


ピリ辛ではあるものの厚みのあるうまみと甘みが効いている、やや淡麗で旨ピリ辛口のおいしいお酒でした。
“辛口≒甘くない”というよりも、むしろ甘みは効いておりました。
ピリ辛で、それを甘みが和らげるような感じでした。
しかもそのピリ辛が、食べ物の臭みや脂っぽさをサッと流してくれましたよ。
これは完全に食中酒でしょう。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


カップ酒・一合瓶の在庫が心許なくなってまいりましたので、今日は都内の店をいくつか回って入手してまいりました。
ネタが切れ掛かった際の保険を、いくつか切り崩したわけです。

やってきたのは、有楽町駅。
5236.JPG

東京交通会館の中にある和歌山県のアンテナショップで、これらを入手。
5237.JPG
5238.JPG
5239.JPG

また、まちからむらから館では、これを入手。
5240.JPG
5241.JPG

東京交通会館を出て、山形県のアンテナショップで玉こんを食べて、
5242.JPG
5243.JPG

福井県のアンテナショップでこれらを入手して、帰ったとさ。
5244.JPG
5245.JPG

【お酒】1214.〆張鶴 つるカップ [15.新潟県の酒]

5208.JPG5209.JPG
宮尾酒造株式会社S
新潟県村上市上片町5-15

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15度
容量180ml詰
(以上、ラベルとフタとより転記)




宮尾酒造さんのお酒は、おととい〆張鶴の花(普通酒)のお燗瓶をいただきました。
今日いただくこのお酒も普通酒ですが、フタにもラベルにも“花”の小印は付けられておりませんでした。
5210.JPG

でも、購入時に発行されたレシートには“花カップ”と表示されておりましたので、おそらく中身はおとといいただいたお燗瓶と同じ“花”なのでしょう。
5211.JPG
〆張鶴じゃなくて“メ張鶴”っていったい・・・、
なんて野暮なことは言いませんよ。
言ってんじゃねぇか!


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
5212.JPG


ああ、やっぱりそうね。
淡麗ちょいピリちょいすっぱやや辛口のおいしいお酒ですわ。


お燗瓶と同じお酒とわかったからには、同じように味見をしていたのでは芸がありません。

ところで、おとといの記事では、私は「次にいただく際には、必ず刺身と合わせるつもりです。」と書きました。
だったら今日は、刺身と合わせてみたいと思います。

入手したのは、かつおのたたき。
かつおはこのお酒の蔵元さんが蔵を置く日本海側の村上とはあまり関係がなさそうですが、そろそろ初鰹の旬ですし、それに一人前にちょうどよい大きさの切り身を見つけたので、入手してしまいました。
5213.JPG


ああ、やっぱりこれは合いますね!

お酒の酸味が、かつおの臭みをサッと流してくれて、かつおのうまみだけを残してくれるようでした。
そのせいか、後味がとてもさっぱりしておりました。
この働きは、きっとビールやサワーでは感じ得ないのではないでしょうか。

しかも不思議なことに、かつおと一緒にいただくことで、お酒の甘みが際立ってくるようでした。
おとといいただいたときは甘みをこれほどは感じなかったのに、今日は甘みの存在をはっきりと感じ取ることができたのです。
もしかしたら、お燗瓶とは別の中身だったのでしょうか?
それとも、かつおの脂が甘みを引き出すように働いたのでしょうか?

いずれにせよ、メ張鶴、じゃなくて〆張鶴は、刺身と合うおいしいお酒でした。
くどいな!

【お酒】1213.大洋盛 お燗瓶 [15.新潟県の酒]

5204.JPG5205.JPG
大洋酒造株式会社
新潟県村上市飯野1-4-31

アルコール分 15度
原材料名 米(新潟県産)・米こうじ(新潟県産米)・醸造アルコール
180ml
(以上、瓶の印刷事項より転記)




大洋酒造さんのお酒は、かなり前に大洋盛の金乃穂カップと、大洋盛の特別本醸造300mlとをいただいております。
今日いただくこのお酒は普通酒ですので、おそらく金乃穂カップと同じ中身でしょう。
5206.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
5207.JPG


うまみはかなり淡めです。
かすかに感じる程度です。
苦みや雑味もありません。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが強くはないものの、鋭さを感じます。
しかもちょっとピリッとくるようです。

甘みはややひかえめです。
ゼロではないものの、かなり弱めです。


淡麗ちょいピリちょいすっぱやや辛口のお酒でした。
淡い味わいの中で酸味が効いているものの、深みはないみたいでした。
私としてはもう少しうまみか、あるいは酸味の深みがほしいところでした。
でも、淡いが故に、いろいろな食事とあわせやすいかもしれません。

【お酒】1212.〆張鶴 花 お燗瓶 [15.新潟県の酒]

5200.JPG5201.JPG
宮尾酒造株式会社S
新潟県村上市上片町5-15

原材料名 米(国産)米こうじ(国産米)醸造アルコール
アルコール分15度
正180ml詰
(以上、ラベルと瓶の印刷事項とより転記)




新潟県の最北の街、山形県鶴岡市と境を接する村上市。
今日はその村上で文政2年(1819)に創業したという宮尾酒造さんが造った、村上の銘酒“〆張鶴(しめはりつる)”をいただきます。


瓶の肩に貼られたラベルには、“花”と表示されておりました。
5202.JPG
どうやらこの“花”は、宮尾酒造さんが独自に定めた小印のようでした。
そして普通酒には、この“花”が付されるみたいでした。


ところで、宮尾酒造さんのお酒について、手元にあった文献では以下のように紹介されておりました。
 江戸時代に酒造りを始めた当時と変わらず、現在もサケが遡上(そじょう)することで知られる三面川の支流・門前川沿いに蔵がある。仕込み水は、敷地内の井戸水。この三面川と同じ水脈の伏流水は、口当たりが滑らかな軟水だ。
 「目指すのは、キレイな中にもうま味がある酒。仕込み水の軟水がウチの味わいの元です」とは、代表取締役・宮尾佳明氏の言葉。」(※1)

今日いただくこのお酒は〆張鶴シリーズの中でも最廉価版と思われる普通酒ですが、このお酒も「キレイな中にもうま味がある酒。」なのでしょうか?
それを確かめるべく、そろそろいただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
5203.JPG


うまみは淡めです。
淡い中に、米のうま味がピンと効いています。
それでいて、苦みや雑味はまったく感じません。
またキレがよく、スッと引きます。

酸味はややはっきりしています。
強くはないものの、すっぱさに少し鋭さがあるようです。
しかし同時に、酸味自体に深みを感じます。
また、ちょっとピリッと感じます。

甘みはややひかえめです。
かなりさらっとした甘みをほんのりと感じます。


淡いうまみに酸味の深みがうまく効いている、淡麗ちょいピリちょいすっぱやや辛口のおいしいお酒でした。
酸味がいい感じですね。
うまく効いていて、しかも深みもあって飲み応えにも作用しているようです。
それでいて苦みや雑味がまったくなくてキレイな味わいでした。
ちょいピリではあるものの、たしかにこの普通酒も「キレイな中にもうま味がある酒。」でした。

これはね、まちがいなく刺身に合うと思いますよ。
次にいただく際には、必ず刺身と合わせるつもりです。

(※1)『にいがた日本酒手帖』p.16(2014.11 株式会社ニューズ・ライン)

【お酒】1153.真野鶴の鬼ころし 手造り超辛口 300ml [15.新潟県の酒]

4907.JPG4908.JPG4909.JPG
尾畑酒造株式会社
新潟県佐渡市真野新町449

原材料/米・米こうじ・醸造アルコール
(新潟県産米100%使用)
精米歩合/60%
アルコール分/15.0度以上16.0度未満
NET 300ml詰
(以上、ラベルより転記)




尾畑酒造さんのお酒は、かつて真野鶴の辛口本醸造カップと、佐渡 千年の杉 純米吟醸200mlとをいただいております。
今日いただくこのお酒は、御徒町にある吉池の酒コーナーでみつけた、“鬼ころし”と銘打たれた普通酒です。
その鬼ころしの意味については、かつてこちらでまとめておりますので、適宜ご参照下さい。


精米歩合は60%でしたが、ラベルには特定名称の表示はありませんでした。
ということは普通酒でしょうから、今日もぬる燗でいただきます。
(蔵元さんのWebsiteでは本醸造とされておりましたが、特定名称を名乗るためにはその旨を表示しなければなりません。)
4910.JPG

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
4911.JPG


うまみはやや淡めですが、淡いなりにしっかりしています。
米のうまみがしっかりしていて、徐々に酒臭さ(←ほめ言葉です)も出てきました。
軽い苦みが少しはっきりしているようです。

酸味ははっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、けっこう鋭いみたいです。
それにちょいピリです。
でも、酸味自体に深みを感じます。

甘みはひかえめです。
かなり弱めです。


鋭いものの深みのある酸味に、淡めながらもしっかりしたうまみを感じる、やや淡麗で旨辛口のおいしいお酒でした。
ちょいピリで甘みが少ないことから、かなりキリッと引き締まった味わいでした。
でも、うまみや酸味の深みのおかげで、物足りなさは感じませんでした。
私はきゅうりの酢の物と合わせましたが、このお酒は野菜よりも、むしろ魚と合わせるべきだったと思います。
キリッとした味わいが、魚の臭みをサッと流してくれそうです。
佐渡のお酒ですから、さもありなんといったところでしょう。

【お酒】1106.越後 杜氏の里 磨き65% カップ [15.新潟県の酒]

4689.JPG4690.JPG
総発売元
株式会社イズミック
名古屋市中区栄一丁目7番34号

製造元
頚城酒造株式会社
新潟県上越市柿崎区柿崎5765番地

●アルコール分/15度
●精米歩合/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
●精米歩合/65%
内容量180ml




このお酒のカップには、“磨き65%”である旨が表示されておりました。
4691.JPG
4692.JPG

一方で、このお酒には醸造アルコールが添加されてはいるものの、糖類や酸味料が添加されている旨の表示はありませんでした。
4693.JPG

これらのことにだけを見れば、本醸造の規格に該当するようにも思えます。
ですが、このお酒のカップには、どこにも本醸造の特定名称は表示されておりませんでした。

本醸造を名乗るために満たすべき条件は、上記の事項だけではありません。
それに、たとえ条件を満たしていたとしても、本醸造の特定名称を名乗るかどうかはあくまでも蔵元さんの任意です。


ところで、このお酒は新潟県上越市に蔵を置く蔵元さんが造り、名古屋の会社が販売しているのだとか。
4694.JPG
ネット上でちょっと検索して取得しただけの情報による判断ではありますが、この蔵元さんも総発売元の会社も、いずれも盛田さんと関係があるようでした。
とくに総発売元のほうは、所在地が盛田さんと同じ場所でした。


盛田さんと言えば、江戸時代には灘酒に続いて江戸でのシェア第2位を誇った中国酒(隣国製いう意味ではありません。)の流れを汲む蔵元さんですよ。


どうやらこのお酒が世に出されるまでには、いろいろな人たちが関与しているようですね。
“船頭多くして・・・”
あ、いや、なんでもありません。
なんでもなけりゃ書かなければいいじゃないか!


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほぼ透明でした。
4695.JPG


うまみは淡めですが、淡いなりにしっかりしています。
なんかね、これは醸されたというよりも、画一的で、ちょっとクドさを感じます。
しかし、キレはよいみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、鋭さを少し感じます。
それに、かすかにピリッと感じます。

甘みはややはっきりしています。
かすかではあるものの、とろみのような舌触りを感じます。


やや淡麗でやや甘口のお酒でした。

【おことわり】
これ以下の記述は、あくまでも客観的根拠のない、単なる私の感想です。
これまでの私の経験から判断するに、このうまみは醸し出されたものというよりも、むしろ添加された味に近いのではないかと感じました。
また、かすかではあるものの、甘みにとろみのような舌触りも感じました。
それでいてキレがよく、かつ淡めの味わいでした。
けっして断定するわけではありませんが、糖類や酸味料を添加して造った醪にアルコールを多めに添加して度数を上げ、かつ搾ったあとで加水量を増やすと、こういう味わいになるような気がします。

でもこのお酒には、糖類や酸味料を添加している旨の表示はありませんでしたので、きっと私の邪推でしょう。

【お酒】1050.宝山 カップ [15.新潟県の酒]

4443.JPG4444.JPG
宝山酒造株式会社
新潟県新潟市西蒲区石瀬1380番地

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分 15.0度以上16.0度未満
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




“宝山"という酒銘を聞くと、鹿児島県で造られている芋焼酎を思い浮かべる御仁も少なからずいらっしゃることでしょう。
でも、あちらは“ほうざん”で、新潟県で造られたこちらのお酒は“たからやま”でした。

その宝山の由来について、文献には以下のように紹介されておりました。
 店の前にそびえるのは弥彦山と北峰を連ねる霊峰多宝山。清き水が湧きいづるこの宝の山に由来して、銘酒「宝山」の名が付けられたという。」(※1)
たしかに多宝山がありますね。




ネタが尽きたところで、そろそろいただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
4445.JPG


うまみは淡めです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをかすかに感じる程度です。
軽い苦みもちょっとだけあるみたいです。
キレはよいですね。

酸味はややひかえめです。
すっぱさはありますが、やや弱めで角のないすっぱさです。
ですが、ちょっとだけピリッと感じます。

甘みはややはっきりしています。
でも、べとついた感じはないですね。


淡麗ちょいピリちょい苦やや甘口のおいしいお酒でした。
ちょいピリとちょい苦とがいい塩梅で、甘ったるさや物足りなさを補ってくれているように感じました。
ピリピリ感も苦みも、バランスさえよければ味の調整にうまく作用することがわかりました。

(※1)『にいがた地酒王国』p.52(1998.10 新潟日報事業社)

【お酒】1049.越乃白雁 黒松 ハクガンカップ [15.新潟県の酒]

4440.JPG4441.JPG
中川酒造株式会社
新潟県長岡市脇野町2011

新潟県産米100%使用
原材料名:米(国産)米麹(国産米)醸造アルコール
アルコール分 15.0度以上16.0度未満
180ml詰
(以上、ラベルとフタとより転記)




きょうは話のネタをまったく持ち合わせておりませんので、さっさといただいてみたいと思います。
普通酒ですので、きょうもぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
4442.JPG


うまみは淡めです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをほんのかすかに感じる程度です。
苦みや雑味はなくて、キレもよいみたいです。

酸味ははっきりしています。
すっぱさがやや強めで、しかも鋭さを感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
それほど重みはないものの、ちょっとべとつくみたいです。


淡くてきれいな味わいではあるものの酸味の効いた、淡麗すっぱやや甘口のお酒でした。
これは完全に食中酒でしょう。
この酸味が、魚臭さや脂っぽさを流してくれそうです。
でも、私のようにあっさりしたものばかり好んで食べているような輩には、このお酒の良さはわかりにくいと思います。

【お酒】1044.想天坊 純米酒 カップ [15.新潟県の酒]

4420.JPG
河忠酒造株式会社
新潟県長岡市脇野町1677

原料米 新潟県産米100%
原材料名 米・米こうじ
精米歩合 60%
アルコール分 15度
内容量 180ml
(以上、ラベルより転記)




 長岡市(旧三島町)に伝わる昔話に登場する山・想天坊。その名に「天の恵み(天候や自然環境)を常に思いながら酒を造る人でありたい」という蔵の願いを重ね、看板銘柄を「想天坊」とした。」(※1)というこのお酒。

ですが、20世紀の頃に出版された文献を見ると、河忠酒造さんのお酒を紹介しているページには、想天坊というお酒は一切掲載されていないのですよ。
それどころか、「酒銘は「福扇」。」(※2)という一文さえ出てくるのです。

これは私の予想ですが、想天坊は、21世紀に入ってから設定された新しい酒銘なのではないでしょうか?。


そんなことばかり詮索していても、お酒の味はわかりません。
おいしいお酒であることを願いつつ、そろそろいただいてみたいと思います。
純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
4421.JPG

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
4422.JPG


純米酒ですが、うまみは意外にもやや淡めです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみが淡いなりにしっかりしています。
それに、軽い苦みがちょっとだけあるみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが強くはないものの、少し鋭さを感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはひかえめです。
ほとんどないですね。


淡めではあるもののしっかりした味わいの、やや淡麗で旨辛口のおいしいお酒でした。
うまみと酸味とがはっきりしているものの、淡めですっきりといただくことができました。
甘みがなくてややドライな感じがありますが、物足りなさはないですね。
アル添なしの純米でこの味わいに仕上げることって、難しいのではないでしょうか?
それに、あっさり味から濃い味まで、いろいろな食べ物に広く合いそうです。

(※1)『にいがた日本酒手帖』p.70(2014.11 株式会社ニューズ・ライン)
(※2)『にいがた地酒王国』p.108(1998.10 新潟日報事業社)
前の10件 | 次の10件 15.新潟県の酒 ブログトップ