So-net無料ブログ作成

【お酒】1579.ほまれ 佳撰 Hana Cup [17.石川県の酒]

9014.JPG9015.JPG
御祖酒造株式会社
石川県羽咋市大町イ8

アルコール分:15度
原材料名:米(国産)・米麹(国産)醸造用アルコール
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




県境石動山の地下水で醸されるその酒は、」(※1)「創業以来、熱心に酒造りに取り組み、地元の人たちから味・香りともに賞賛を受け、わが誉れの酒と人々に愛されたことから「ほまれ」と銘された。」(※2)という御祖(みおや)酒造さんの“ほまれ”をいただきます。

この“Hana Cup”なるカップ酒は佳撰(かつての級別制度下における二級酒相当か?)の小印が付された普通酒でしたが、糖類や酸味料は添加されておりませんでした。
9016.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色はやや茶色がかった金色で、それでも透き通った感じがありました。
9017.JPG


うまみは濃いめです。
酒臭さ(←ほめ言葉です)とともに、熟成感がしっかりしていますね。
枯れていて、ちょっとだけ角を感じる熟成感ですが、重くはないですね。
苦みがあって、強くはないものの鋭さを少し感じます。
キレはとてもよく、スッと引きます。

酸味はひかえめです。
すっぱさはほとんどゼロで、スースーも感じません。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
熱いうちはほぼゼロかと思ったのですが、冷めるにつれて幅のある甘みをかすかに感じるようになりました。


濃醇枯ちょい苦やや辛口のお酒でした。
枯れた感じが強く、角を少し感じるものの、キレがよいためかしつこさは感じませんでした。
また冷めるにつれてわずかな甘味が出て、前には出てこないもののコクを添えているようでした。
察するに、地元の食べ物とあわせてこそのお酒なのでしょう。

(※1)北陸電力企画『北陸酒紀行』p.70(2002.3 橋本確文堂)
(※2)北陸の酒蔵編集委員会編『北陸の酒蔵 銘醸50選』p.177(1996.7 能登印刷出版部)
nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 32

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。