So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【お酒】1402.飛良泉(ひらいづみ) 冷酒 本醸造 300ml [05.秋田県の酒]

6822.JPG6823.JPG6824.JPG
株式会社飛良泉本舗
秋田県にかほ市平沢字中町59

精米歩合 60%
原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分 14度
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




飛良泉本舗さんのお酒は、これまでに以下のものをいただいております。
飛良泉 ヒライヅミカップ二回目はこちら
飛良泉 山廃本醸造 カップ
飛良泉 山廃純米酒 180ml

今日いただくこのお酒は、“冷酒”と銘打たれた本醸造でした。
6825.JPG

冷酒というからには、もしかしたら生貯蔵酒なのかと思ったわけですよ(“要冷蔵”の表示がなかったことから、生酒ではないと思います)。
しかし飛良泉シリーズでは、この冷酒の他に“生貯蔵酒”が別に販売されているのですよ。
ということは、これはあくまでも私の推測ですが、このお酒は生貯蔵酒ではない(=貯蔵前と出荷前と2回火入れをしている)ものの、しぼった後の貯蔵期間を短くすることでフレッシュさを残しているのでしょうか?


そんなことを思いながら、いただいてみたいと思います。
本醸造ですが“冷酒”ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
6826.JPG


一口含むと、フレッシュな風味を感じます。
けっこうはっきりしていますね。

うまみは淡めですが、淡めなりにしっかりしています。
米のうまみをほんのりと感じますが、ほんのりであるものの厚みがありますね。
苦みや雑味はありません。
キレもよく、スッと引きます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさがわずかですが、わずかながらに鋭さがあるようです。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりかな。
けっしてべとつかない、かなりさらっとした甘みをちょっとだけ感じる程度です。


フレッシュさが豊かで米のうまみをほんのりと感じる、淡麗爽快旨口のおいしいお酒でした。
フレッシュさがはっきりしているものの、クドさは感じませんでした。
淡めで軽い口当たりでしたが、それでいて米のうまみをしっかりと感じることができました。

さすが15世紀後半創業の伝統を誇る飛良泉本舗さん!
口当たりのよさを売りにする冷酒でも、うまみをしっかりと感じることができるお酒でしたよ。
nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 32

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。