So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【お酒】1362.千徳 銀雫 300ml [45.宮崎県の酒]

6484.JPG6485.JPG6486.JPG
千徳酒造株式会社
宮崎県延岡市大瀬町二丁目一番地ノ八

原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分14度
内容量300ml
(以上、ラベルより転記)




千徳酒造さんのお酒は、これまでに千徳カップをいただいております。
きょういただくこのお酒には“銀雫”という小印(こじるし)が付されておりますが、これはどうやら佳撰クラス(かつての級別制度下における二級酒相当)のお酒に付される、蔵元さんが独自に定めた小印のようでした。
6487.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
6488.JPG

お酒の色は、わずかに着いていることがわかる程度でした。
6489.JPG


燗をつけると、お酒の甘くて酒臭い(←ほめ言葉です)香りがフワッと立ってまいりましたよ。

うまみはやや濃いめです。
香りとは逆に、酒臭さ(←あくまでもほめ言葉です)は穏やかで、むしろやわらかいうまみがしっかりしていて厚みを感じますよ。
軽い苦みと香ばしさとがかすかにあるみたいです。
キレはよく、スッと引いていきます。

酸味ははっきりしています。
すっぱさはどちらかというと弱めですが、鋭さを少し感じます。
ですがこのお酒、けっこうピリッときますね。

甘みはややはっきりしています。
けっしてべとつかない、さらっとした甘みがあって、甘み自体に幅を感じます。


やわらかいうまみと甘みとを、ピリピリ感が引き締める、やや濃醇でピリ旨やや甘口のおいしいお酒でした。
うまみがしっかりしているのに、普通酒でありがちなクドさやしつこさがまったくありませんでした。
甘みもべとつかずにさらっとしていて、自然な(=添加されていない)感じでした。
ピリピリが気になるかもしれませんが、でもそれによって味わいのバランスは崩されておりませんでした。

これさ、佳撰クラスのお酒なのに、かなりうまいんじゃないの!
これは私の推測ですが、焼酎王国である宮崎県では、焼酎との競争に勝つためにはたとえ佳撰クラスのお酒であっても糖類や酸味料を添加したものでは到底太刀打ちできず、高い品質を維持しなければならないのでしょうか?

★☆★☆★☆★☆★☆

この記事を書きながら、瓶の底に残っていたわずかなお酒を常温で舐めてみました。
するとどうでしょう、ピリピリがまったくありませんでしたよ。
冷や(常温)だと、きっとピリピリ感なくまろやかにいただくことができたことでしょう。
nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 30

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。