So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

【お酒】1582.小雪 生貯蔵酒 300ml [10.群馬県の酒]

9043.JPG
貴娘酒造株式会社
群馬県吾妻郡中之条町大字大塚1768-2

原材料名 米(国産)米こうじ(国産米)醸造アルコール
アルコール分15度
300ml
(以上、瓶の印刷事項より転記)




貴娘酒造さんのお酒は、これまでに普通酒の貴娘カップをいただております。
今日いただくこのお酒も普通酒(特定名称の表示がないお酒)でしたが、生貯蔵酒でした。
9044.JPG
9045.JPG


すりガラスのシュッとした形の瓶には、たった一言“小雪”と書かれておりましたよ。
9046.JPG

♪な~ぜ死~んだ~
ああ~あこ~ゆき~♪
(舟木一夫『絶唱』(作詞:西條八十/作曲:市川昭介)より)
9047.JPG


舟木一夫の歌と、それを主題歌とした映画とを思い起こして買ってしまったこのお酒。
生貯蔵酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
9048.JPG


生貯蔵酒らしいフレッシュな風味はありますが、しつこくないですね。

うまみはやや淡めですが、淡めなりによくわかります。
やわらかいうまみをふんわりと感じますよ。
苦みがあって、弱めですが鋭さを感じます。
キレはそれほどでもないみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが少しはっきりしていて、鋭さを感じます。
スースーはなく、ピリピリ感もありません。

甘みはひかえめです。
ゼロではなくて、かなり弱めですが、弱めなりに幅がありますね。


やや淡麗で爽快ちょい苦ちょいすっぱ旨辛口のおいしいお酒でした。
生貯らしいフレッシュな風味がしつこくなくてちょうどいいですね。
苦みと酸味とに鋭さを感じますが、それが味わいをバランスよく引き締めてくれておりました。

だらけていなくてキリッとしているものの、それでいてやわらかさも感じる味わいのお酒。
気風(きっぷ)のよい味わいだと思いましたよ。
これはもしかして、出征した順吉を待つ小雪の気概を表現したものでしょうか?
たぶんちがうだろうな。

おいしくて、あっちゅう間でございましたとさ。
9049.JPG




今日のおつまみ。

焼かなすのごま酢和え。
9038.JPG

小松菜の煮びたし。
9039.JPG

“草(そう)の八杯豆腐”
八杯汁(だし6:しょうゆ1:酒1)にとろみをつけ、豆腐を入れて温めたもの。
紹介されていたレシピでは大根おろしだけを乗せておりましたが、ワタクシの独断でおろししょうがも乗せてみました。
9040.JPG

“草の八杯豆腐”は、天明二年(1782年)に刊行された江戸時代の料理書『豆腐百珍』に“尋常品”(「どこの家庭でも常に料理するもの」(※1))として掲載されている料理で、「「草の八杯豆腐」も惣菜の中で最も重宝された料理で、江戸後期に盛んに刷られた料理番付で常に最高位を張っている。」(※1)のだとか。
“草(そう)”という言葉には、どうやら「粗末。簡単。」(※2)という意味があるみたいですね。
そのためか、(※1)の文献には、“真の八杯豆腐”なる料理も紹介されておりましたよ。

ただね、豆腐を細切りにしたら崩れてしまったのが残念だったところ。
もっとしっかりした豆腐を使うべきでした。
それでも、おいしくいだだけましたとさ。
9041.JPG

渋茶で〆。
ごちそうさまでした。
9042.JPG


(※1)福田浩・杉本伸子・松藤庄平『豆腐百珍』p.9(2008.1 新潮社とんぼの本)
(※2)広辞苑 第五版 電子辞書
nice!(18)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1581.群馬泉 吟醸 180ml [10.群馬県の酒]

9034.JPG
島岡酒造株式会社
群馬県太田市由良町375の2

アルコール分 15度
原材料名 米(国産)米麹(国産米)醸造アルコール
精米歩合 60%
内容量 180ml
(以上、瓶の印刷事項より転記)




いやー、あついあつい。
ヒューヒューだよ!(ちがうか)

こう暑いとね、冷酒やねん冷酒!
ということで、今日は冷蔵庫で保管してあったこのお酒を選びました。

島岡酒造さんのお酒は、かつて群馬泉 山廃本醸造 300mlをいただいております。
今日いただくこのお酒はアル添吟醸でしたが、これも山廃酛を用いているんだってさ。
9035.JPG9036.JPG

山廃酛を使用したアル添吟醸酒って、どんな味なのでしょうね。
アル添の効果で香りを特徴とするお酒に仕上がっているのでしょうか?
それとも、山廃酛によって作り出された乳酸由来の酸味を特徴とするのでしょうか?
それを確かめるべく、そろそろいただいてみたいと思います。

もちろん冷蔵庫で冷やしたものをそのままいただきますよ。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
9037.JPG


香りはありますね。
フルーティーさを感じますが、かなり弱めです。

味わいは、最初に酸味を感じましたよ。
すっぱさがやや強めで、鋭さを感じます。
深みもわずかに感じるかな。
ピリピリ感はありません。

うまみは濃くはないものの、しっかりしています。
米のうまみに厚みを感じますよ。
苦みがわずかにあって、わずかながらにも重さを感じます。
キレはよいとは思いますが、酸味だけは残るみたいです。

甘みはややひかえめです。
前に出てこない甘みですが、ひかえめながらに幅を感じます。


すっぱちょい重旨やや辛口のおいしいお酒でした。
吟醸酒にしては、すっぱさが強めではないでしょうか。
酸味にはわずかですが深みもありましたが、燗にすれば(雑味はともかく)深みがもっと出たかもしれませんね。
でもうまみがしっかりしており、わずかな甘味がコクを添えて、わずかな苦みが引き締めているようでした。

これは香りではなくて、味で勝負する吟醸酒でしょう。
おいしいお酒でしたけれども、私としては本醸造のほうが好みでした。



明日は今日よりもさらに暑くなるみたいですね。
ということは、明日もまた冷酒だな。
nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ひさしぶりに“杉勇カップ”を飲んでみましたよ~だ! [また飲んでみました]

9030.JPG
合資会社杉勇蕨岡酒造場
山形県飽海郡遊佐町上蕨岡字御備田47-1

原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造用アルコール
アルコール分15度
内容量180ml
(以上、ラベルより転記)




《初回記事はこちら》
【お酒】709.杉勇 カップ


今日は、日本海に面した山形県最北の町“遊佐町(ゆざまち)”に蔵を置く杉勇蕨岡酒造場さんの普通酒カップ酒“杉勇(すぎいさみ)”をおよそ3年半ぶりにいただいてみましたよ。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
9031.JPG

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
9032.JPG9033.JPG


燗をつけると、酒臭い(←ほめ言葉です)香りがかすかに立ってまいりました。

うまみは濃くはないものの、しっかりしています。
酒臭さ(←あくまでもほめ言葉です)とともに、米のうまみがピンと効いています。
苦みが少しあって、弱めなりに鋭さを少し感じます。
熟成感はなく、雑味も感じません。
キレはよく、透明感をちょっとだけ感じます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは少し強めで鋭さも少し感じますが、深みもあるみたいです。
ピリピリもちょっとありますね。

甘みはややひかえめです。
前には出てこないものの、厚みを感じる甘みを少し感じます。
ただ、ちょっとべとつくね。


ちょい苦ちょいすっぱ深旨口のおいしいお酒でした。
弱めの苦みと深みのある酸味とが味わいを引き締めておりました。
それでいて、うまみはしっかりしていて、しかも甘みがコクを添えているように感じました。
ただ、唇にべとついた感じが残るところが気になりました。

これは海のお酒でしょうね。
魚の脂や臭みをサッと流してくれそうですよ。

手元には杉勇の在庫が他に2種類ございますので、次は海のものと合わせてみたいところです。
nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1580.宗玄 本醸造 上撰 お燗瓶 180ml [17.石川県の酒]

9024.JPG9025.JPG9026.JPG
宗玄酒造株式会社
石川県珠洲市宝立町宗玄24-22

内容量 180ml
原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分/15度
精米歩合/65%
(以上、瓶の印刷事項と肩に貼られたラベルとより転記)




今日は能登半島は先端近く、珠洲市の飯田湾に面した“宗玄”なる場所に蔵を置く宗玄酒造さんのお酒をいただきます。
9027.JPG

宗玄酒造の先祖は戦国時代、七尾城主を務めた畠山義春の一族。天正五年(一五七七)、上杉謙信の城攻めに遭い、珠洲に逃れ、宗玄と改姓してこの地に移住した。その後、興した酒蔵が永く繁栄し、地元の人々に親しまれたため、この一帯を宗玄村と呼ぶようになつたという。」(※1)とのこと。
そしてその宗玄さんが酒造りを開始した時期は、「古記録によると明和五年(1768年:ブログ筆者追記)に宗玄家は酒造業を始めており、売り出された酒を里人は宗玄酒と呼んだとある。」(※2)のだとか。

そんな江戸時代中期に酒造業を開始なさった宗玄さんですが、酒造りが発展したのは江戸時代後期になってからなのだとか。
なんでも宗玄さんの四代目であった忠五郎さんが、当時の酒造先進地域であった知多半島(尾張)や伊丹(摂津)で酒造技術を学び、それを持ち帰ってきたのだそうです。
このことについて、以下のような記述がありました。

 見山と号した四代目主人の忠五郎は、当時、珠洲地区で飲まれていた酒がいわゆる「どぶろく」であり、酒の味も香りもあまり問題にされず、ただ酔いを得るだけのために飲酒されているのに飽き足らず、自ら酒蔵に入り苦心研究、数年にわたったが、良酒を得ることができなかった、このため、決然志を立てて、酒造先進地に、その秘法を求めることにし、家郷をあとにしたのは1844(天保15)年の春だった。
 まず、尾張国亀崎に赴き、ついで当時日本一の美酒醸造地として知られていた「清酒発祥の地」摂津国伊丹へ足をのばし、たまたま知った郷土出身の松谷与兵衛方に身を寄せ、心魂を打ち込むひたむきな修行の末、ようやく美酒づくりの秘伝を習得するに至ったのだという。
 1847(弘化4)年春、帰郷した忠五郎は、研究成果を基に、純良の清酒を醸し、「剣山(けんざん)」と名付けて売り出した。この地方では初めての清酒であり、忠五郎の苦心譚も評判となって、近郷近在に名声を博した。」(※3)

そんな能登の清酒発祥蔵とも言うべき宗玄さんのこのお酒ですが、上撰の小印が付された本醸造でした。
9028.JPG


本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほぼ透明でした。
9029.JPG


うまみは淡めですが、淡めなりにしっかりしています。
米のうまみが広がらずに舌の上にピンと乗っかってくるみたいです。
苦みや雑味はまったくありません。
キレはよいですが、透明感はありません。

酸味はややひかえめです。
すっぱさは弱めで、スースー感を少しだけ感じる程度です。
ただ、かすかにピリッとくるみたいです。

甘みはややひかえめです。
弱めですが、その存在はよくわかります。


淡麗旨やや辛口のおいしいお酒でした。
この舌を突くようなうまみから察するに、もしかしたら五百万石を使用しているのでしょうか?
またかすかにピリッとくるようですが、それ以外に雑味は一切感じませんでした。

このうまみとかすかなピリとから予想するに、おそらく魚との相性がバッチリでしょうよ。
手元の在庫には宗玄のカップ酒が3種類あるので、それらをいただく際には魚料理と合わせてみようと思います。


(※1)北陸の酒蔵編集委員会編『北陸の酒蔵 銘醸50選』p.123(1996.7 能登印刷出版部)
(※2)北陸電力企画『北陸酒紀行』p.66(2002.3 橋本確文堂)
(※3)北國新聞社出版局編集『宗玄の挑戦 能登杜氏を生んだ250年酒蔵』p.162-163(2019.2 北國新聞社)
nice!(33)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》135.花咲じじい 米焼酎25度 180ml [9935.山口県の焼酎]

9018.JPG9019.JPG
永山酒造合名会社
山口県山陽小野田市大字厚狭367-1

本格焼酎
原材料 米(国産)
アルコール分 25度
内容量180ml
(以上、ラベルより転記)




永山酒造さんのお酒や焼酎は、これまでに以下のものをいただいております。
【お酒】615.晋作 カップ
【お酒】1175.金銀銅男山 本醸造 カップ
ふく之助 ふぐひれ酒 カップ
《焼酎》133.米焼酎 へのへのもへじ 180ml
《焼酎》134.純米焼酎 寝太郎 黒 180ml

今日いただくこの米焼酎は、“やまぐち桜酵母”なる花酵母を使用しているのだとか。
9020.JPG

花酵母を使用した清酒の場合は、華やかな香りを特徴とするものが少なからずありました。
ということは、焼酎もこれまた然りなのでしょうか?
そのことを念頭に置いていただいてみたいと思います。


まずは生(き)、すなわちストレートで。
香りがあることを考慮して、今日はあらかじめ冷やしておきましたよ。
9021.JPG

ああ、やっぱり香りがありますね。
上立ち香はないものの、口に含むと華やかな香りが鼻へと抜けて行きますよ。
それでいて、けっしてしつこくはない香りです。
米の風味はふんわりで、角のない風味です。
甘みも少しはっきりしていて、厚みすら感じます。
一方で、苦みや焦げ臭さはまったく感じません。


これはお湯割りには向かないでしょう。
ということで、ロックでいただいてみましたよ。(↓露光が足りませんでした)
9022.JPG

米の風味が前に出てきました。
最初はシャープですが、次第に広がってまいりました。
ロックで出がちな苦みは、それほどは出ないみたいです。
香りはほんのりで、少し引きますね。
でも、甘みはしっかりと残っておりますよ。


最後は、ソーダ割りにしてみました。
本当は水割りにするつもりでしたが、水とまちがえて炭酸水を買ってしまったもので。
バカじゃないの!
9023.JPG

シュワシュワ感とともに、苦みが際立ってしまいました。
苦みは強くはないものの、鋭いね。
香りは引いてしまい、米の風味や甘みは薄まってしまいました。
スッカスカで、狐狸庵閑話、
じゃなくて、こりゃあかんわ!(←遠藤周作先生より)


米の風味とともに華やかながらも奥ゆかしい香りを楽しめる、おいしい米焼酎でした。
香りがちょうどよく、米の風味といい感じに相俟っておりました。
それに甘みも効いていて、まろやかさを作出していたようでした。

私としては、断然“生(き)”だね!
香り、米の風味、甘みが一番よくわかる飲み方が生だと思いましたよ。
しかも冷やして正解!、
三好清海入道!(←孤独のグルメより)

チェイサーを用意しておいて、冷やしたやつをちびりちびりといただくのに最適な米焼酎ではないでしょうか。
nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -