So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

【お酒】1617.立山 純米吟醸酒 カップ [16.富山県の酒]

9297.JPG9296.JPG
立山酒造株式会社
砺波市中野220

原材料 米(国産)米麹(国産米)
精米歩合 麹米55% 掛米55%
アルコール分15度以上16度未満
200ml
(以上、ラベルより転記)




立山酒造さんのお酒に関しては、かつて“立山 特別本醸造&普通酒 カップ飲み比べ”と題した記事を公表させていただいております。
今日いただくこのカップ酒は、富山県で見つけた純米吟醸のカップ酒でした。
こんなのがあるなんて、富山へ行くまでまったく知りませんでしたよ。
9298.JPG9299.JPG


純米吟醸ですし、“保冷推奨”の文字がラベルにあったことから、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。
9300.JPG

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
9301.JPG


フルーティーな上立ち香をごくかすかに感じます。
口に含むと、それがかなりかすかではあるものの鼻へ抜けて行きます。

うまみはやや淡めでしょうか。
米のうまみがあって、やや淡めながらにも鋭さを感じますよ。
その鋭さが苦みにも通じていて、ややはっきりしています。
熟成感や重さはなく、また純米ですがキレはよいですね。

酸味はややひかえめでしょうか。
ややひかえめながらもすっぱさがあって、弱めですが弱めなりに鋭さを感じます。
スースーはなく、ピリピリ感もありません。

甘みはひかえめです。
その存在はわかりますが、かなり弱めです。


やや淡麗でちょい苦ちょいすっぱ辛口のお酒でした。
吟醸にしては苦みや酸味が目立ち、鋭さを感じました。
甘みがひかえめであったことも、余計苦みや酸味を際立たせているように感じました。
それでも香りがひかえめであったことから、食事と合わせるには適しているのかもしれません。

ただ私としては、むしろ普通酒や特別本醸造のほうが穏やかで飲みやすいのではないかと思いましたとさ。
nice!(20)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

だめだこりゃ。 [雑感]

7/7(日)より風邪をひいておりましたが、5日目にしてようやく熱が下がりつつあります。

ですが、回復が不完全な状態であることが原因なのか、あるいは薬の副作用に因るのかはわかりませんが、味覚障害が著しいのです。
食べ物の味はもちろんのこと、お酒を飲んでもそのおいしさがまったくわからなくなってしまったのですよ。
回復には、あと2,3日はかかるかもしれません。
それ故、今日と明日とはお酒の記事の更新を断念いたします。

それに実は、今週末の連休には地方での徘徊を計画しているのです。
その場所は、去年であればそろそろ梅雨明けのはずなのですが、今年はどうやら遅れるみたいですよ。
あーあ、また雨かよ。

よって次回の更新は、連休明けの7/16(火)を予定とさせていただきます。
というか、徘徊中に風邪が再発し、それをこじらせて肺炎になって無言の帰宅となるかもよ。
nice!(30) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

もうしばらくお待ちくださいな [雑感]

7/7(日)の昼に発熱してから、今日までずっと37度台を上下しております。
その間、今日までおとなしく禁酒しておりました。

ただね、3日間も酒を飲まないと、そろそろ禁断症状が出てくるのですよ。
そこで今日は、ためしにビールを飲んでみたのですした。

そのビールのまずいことまずいこと!
味覚がいかれているせいか、味なんかまったくわかりゃしない。
あたかも草創期の発泡酒みたいだわこりゃ。

ということで、回復にはもう少し時間がかかりそうです。
それまでは更新をお休みさせていただきます。


ところで、あたしゃ年初にインフルエンザにかかってしまったのですが、今思うと普通の風邪よりもインフルエンザのほうが楽だね。
だって、インフルエンザには特効薬があって、それを一回飲むだけで確実に治るわけですから。
一方で風邪のほうは熱が下がっても頭のふらつきや喉の腫れ、それに味覚障害が残って大変なのですよ。

でもね、いやなことばかりではないのですよ。
あたしゃ今、喉の腫れが引かないせいか、声が枯れてしまっているのです。
それ故、森山周一郎(刑事コジャック)や細川俊之(“いつも僕に本を読ませる”『あまい囁き』より)のモノマネをやらせたら、おそらく今が人生で一番うまくできるのではないかと自負いたしておりますよ。


やれやれ!
虚しさを感じるようになってしまったので、一人モノマネ大会はこの辺りでお開きにして、寝るとするか。
nice!(30) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

しばらくの間更新を休みます。 [雑感]


風邪をひいてしまったもので。


共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1616.唐戸山 純米酒 300ml [17.石川県の酒]

9283.JPG9284.JPG
御祖酒造株式会社
石川県羽咋市大町イ8

アルコール分 16度
原材料名 米・米麹
精米歩合 60%
原料米 石川県産こしひかり100%
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




御祖(みおや)酒造さんのお酒は、かつて普通酒のほまれ 佳撰 Hana Cupをいただいております。
今日いただくこのお酒は、石川県産こしひかりを100%使用したという純米酒でした。
9285.JPG

“唐戸山(からとやま)”という銘は、どうやら羽咋神社の例大祭で奉納される唐戸山相撲神事に由来するみたいですね。
9286.JPG

ところで、このお酒は道の駅のと千里浜(石川県羽咋市)にて入手いたしました。
notonishi132.JPG
notonishi133.JPG

これは私の予想ですが、このお酒はこの道の駅で企画された商品ではないでしょうか。
だって、ラベルが道の駅のパンフレットにそっくりなんだもん。
9287.JPG9288.JPG
9289.JPG

しかもこのお酒、吟醸造りでもないのに、300ml詰でお値段なんと1,000円でしたよ。
道の駅サイドの取り分やいかに。
9290.JPG


冷やして販売されておりましたので、香りがあることを予想して冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
9291.JPG


香りはないですね。
でも、フレッシュな風味を少し感じます。

うまみはやや濃いめでしょうか。
米のうまみがどっしりとしていて、舌の上にベタっと乗っかってくるみたいです。
苦みがすこしはっきりしていて、鋭さも少し感じます。
熟成感はありません。
純米酒ですが、キレはよいですね。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが少し強めで、鋭さを感じます。
スースー感はなく、ピリピリ感もありません。

甘みはややひかえめです。
かなり弱めですが、弱めながらにも厚みがありますよ。


やや濃醇で爽快ちょい苦ちょいすっぱ旨やや辛口のおいしいお酒でした。
フレッシュな風味がしつこくなくてちょうどいい感じでした。
もしかして生貯でしょうか?
そのフレッシュさが酸味とともに爽やかさを作り出してくれているようでした。
米のうまみはどっしりとしていて、苦みもあって荒々しく感じましたよ。
酒造好適米ではなくて飯米で作るとこういう味わいになるのでしょうか?

飲み応えを感じつつも爽やかなお酒でした。
これは冷やしてこその味わいでしょうよ。



安物のひき肉。
9292.JPG

ハンバーグでごじゃりま~すよ~!(ハクション大魔王より)
9293.JPG

ジューシーさはイマイチでしたが、おいしくいただけましたよ。
というか、肉の味がお酒のどっしり感とよく合うことよく合うこと!
9294.JPG

アっちゅう間でございましたとさ。
9295.JPG
nice!(36)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -