So-net無料ブログ作成
検索選択

【お酒】1206.天山 超辛口 300ml [41.佐賀県の酒]

5160.JPG5161.JPG5162.JPG
天山酒造株式会社
佐賀県小城市小城町岩蔵1520

アルコール分16度
精米歩合 65%
原材料名 米・米麹・醸造アルコール
※原料米はすべて国産
内容量 300ml
(以上、ラベルより転記)




天山酒造さんのお酒は、かつて天山の上撰カップ(普通酒:糖類酸味料添加)をいただいております。
今日いただくこのお酒も(特定名称が付されていないことから)普通酒でしょうが、こちらは糖類酸味料が添加されておりませんでした。
5163.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
5164.JPG


燗をつけると、酒臭い(←ほめ言葉です)香りが漂ってまいりました。

うまみは濃くはないものの、しっかりしています。
醸し出された酒臭い(←あくまでもほめ言葉です)うまみとともに、米のうまみを感じます。
それに、うまみ自体に幅がありますね。
また、香ばしさをほのかに感じます。
一方で、苦みや雑味はないみたいです。
キレはよいみたいです。

酸味ははっきりしています。
すっぱさに鋭さが少しありますが、深みも感じます。
それに、ちょっとピリッと感じます。

甘みはやっぱりひかえめです。
でも、ゼロではないみたいです。


酒臭い香り(←くどいようですが、ほめ言葉です)と幅のあるうまみとに、深みのある酸味が効いていて、ほのかな香ばしさとかすかな甘みとが味を整える、旨すっぱちょいピリやや辛口のおいしいお酒でした。
酸味が効いていて少し鋭さがあるものの、無駄に尖らずちょうどよいと思います。
この酸味は、肉や魚の油をサッと流してくれそうです。
それでいてうまみもしっかりしていて、米の風味すら感じます。
かなり酒臭くてすっぱいので、けっして飲みやすくはないものの、飲み応えのあるおいしいお酒でした。

【お酒】1205.モバイル清酒 能登桜 本醸造 カップ [17.石川県の酒]

5157.JPG
櫻田酒造株式会社
石川県珠洲市蛸島町ソ93

アルコール分15度
(原材料名) 米(国産)米麹(国産米)醸造アルコール
精米歩合65%
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




このお酒は、万齢 唐津ひきやま 純米酒カップとともに、浅草にあるまるごとにっぽんで入手したものです。
5032.JPG

なお、“モバイル清酒”という名前には、あたしゃ敢えて触れません。
そんな誰でも飛びつくようなことなんて、どうでもいいですから。
要するに、へそ曲がりってことだろ!


珠洲市蛸島町の櫻田酒造さんは、どうやら能登半島にある蔵元さんの中ではもっとも先端に位置しているようです。
5158.JPG


蛸島町ってのは、かつてののと鉄道能登線(旧国鉄能登線)の終着駅だった蛸島駅があった場所ですね。
私は能登線に乗ったことはありませんでしたが、もし今でも能登半島に能登線や七尾線の末端部分が残っていたら、酒集めをする上でどれほど便利でかつ心強いことだったかと思いますよ。
廃止されてしまったことは残念でなりませんが、今となってはしかたがありませんね。


そんな櫻田酒造さんが造るお酒の味について、文献では以下のように紹介されておりました。
 従って、櫻田酒造の清酒は、どちらかというと「やや甘口の中庸味」とします。味に厚みがあり、獲れたての魚介類を肴に晩酌で味わうのが「蛸島流」なのだそうです。」(※1)

今日いただくこのお酒も、果たして蛸島流の“やや甘口の中庸味”なのでしょうか?
それを確かめるべく、そろそろいただいてみたいと思います。
本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、きれいな金色をしておりました。
5159.JPG


うまみはやや濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみを少し感じます。
また、香ばしさと軽い苦みとを少し感じます。
キレはよく、スッと引きます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさは弱めですが、それよりもアルコール由来と思われるさわやかさがしっかりしています。
刺激やピリピリ感はありません。

あれ?
甘みはひかえめですよ。
かなり弱めです。


やや濃醇で辛口のお酒でした。
しっかりしているもののキレがよいのは、アル添の効果かもしれません。
というか、アルコールの香りがはっきりしておりました。
しかも甘みがひかえめなことも相俟って、ややドライに仕上がっているように思いました。
これはあくまでも私の感想ですが、上記の引用にあった“やや甘口の中庸味”とはちょっとちがうように感じましたよ。

(※1)石川県酒造組合連合会監修 北國新聞社出版局編集『石川の地酒はうまい。』p.18(2016.6 北國新聞社)

【お酒】1204.萬代芳(バンダイホウ) カップ [07.福島県の酒]

5154.JPG
合資会社白井酒造店
福島県大沼郡会津美里町永井野字中町1862

アルコール分/15.0度以上16.0度未満
原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール・糖類・酸味料
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




白井酒造店さんのお酒は、このブログの草創期に辛口本醸造 会津宝の山カップをいただいております。
今日いただくこのお酒について、福島県南酒販さんのWebsiteには、以下のような記述がありました。
銘柄の「萬代芳(ばんだいほう)」は5代目の泰三氏の時に誕生したもので、当初は「よろずよし」と読んでいたが、戦後、「ばんだいほう」という読み方に改めたものだという。」(※1)

そんな萬よしの萬代芳ですが、残念ながら糖類酸味料フル添加の三増酒でした。
5155.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、すこしはっきりしておりました。
5156.JPG


おお!
こりゃ濃いね。

うまみはかなり濃いめです。
酒臭い(←ほめ言葉です)うまみも少しあるものの、添加されたと思われるクドさも感じます。
それに香ばしさ、苦み、渋み、いずれもはっきりしています。
キレはよくなく、残ります。

酸味ははっきりしています。
すっぱさがやや強めで、鋭さを感じます。
また、アルコール由来と思われるさわやかさも強めです。
それに、ちょいピリでした。

甘みもはっきりしています。
とろみのような舌触りがあって、それにけっこうべとつきます。


濃醇苦渋甘口のお酒でした。
こちらひさびさの~!(←パンチDEデートの桂三枝で)、ガツンとくる味わいでした。
この濃さというか、荒っぽさはすごいわ。
もしかしたら、マニアックな愛好家がいるのかもしれませんね。
残念ながら、あたしゃまだその域には達していないみたいでした。

(※1)新・酒蔵探訪 34 【2014年11月】(福島県南酒販株式会社Website中)

【お酒】1203.都初雪 本醸造 SNOW CUP [10.群馬県の酒]

5150.JPG5151.JPG
松屋酒造株式会社
群馬県藤岡市藤岡乙180

精米歩合/70%
アルコール分/15度
原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




松屋酒造さんのお酒は、これまでに南毛三十三観音 観音の夕べ 本醸造 カップと、子王山 二千階段 本醸造 カップとをいただいております。
今日いただくこのお酒も本醸造ですが、上記2種と異なり、こちらは精米歩合が70%とやや低めでした。
5152.JPG


本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、やはりきれいな金色をしておりました。
5153.JPG


うまみはやや濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみを感じます。
それに、香ばしさが少ししっかりしています。
また、軽い苦みもちょっとあるみたいです。
キレはよく、スッと引きます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさはほとんど感じませんが、アルコール由来と思われるさわやかさがはっきりしています。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
かすかに感じるものの、表に出てこない甘みです。


香ばしさとアルコールの風味が効いた、やや濃醇でやや辛口のお酒でした。
かつていただいた2種類の本醸造とは、味の基本は似ているものの、こちらのほうが香ばしさとアルコールの香りとがはっきりしていて、かつ香ばしさがあるように感じました。
でもなぁ、正確なところは、やっぱり飲み比べないとわかんないなぁ。

よろしく千萬あるべし 焼酎ハイボール [変わった酒]

5146.JPG
販売者:八海醸造株式会社
新潟県南魚沼市長森1051
製造場:アシードブリュー株式会社宇都宮飲料工場
栃木県下野市下石橋561

原材料名:米焼酎、レモン果汁、果糖ぶどう糖液糖、はちみつ、ゆず果汁/炭酸、酸味料、香料
アルコール分:12%
内容量:350ml
(以上、缶の印刷事項より転記)




立ち寄ったとあるスーパーで見つけて、入手してしまいました。
それというのも、缶に“八海山”の文字があったものですから。
5147.JPG
ですがこれはお酒(清酒)ではなく、「本格米焼酎「よろしく千萬あるべし」に柑橘果汁と炭酸を加えた、缶入りのチューハイ」(※1)なのだとか。
チューハイということは、もともとはオランダのお酒ですね(←大泉洋の説に依拠した見解です)。

そんなこの酎ハイですが、アルコール度数が12度なのだとか。
12度ってのは、酎ハイにしてはかなり高めですよね。
5148.JPG


なお、八海醸造さんのお酒は、これまでに以下のものをいただいております。
八海山 本醸造&普通酒飲み比べ
八海山 特別純米原酒 生詰 300ml
八海山 しぼりたて生原酒 越後で候 青ラベル 300ml
八海山 雪室瓶貯蔵酒 300ml


この焼酎ハイボールで使われている焼酎「「よろしく千萬あるべし」は日本酒「八海山」の醸造技術を取り入れ、清酒酵母と黄麹を使用した「三段仕込」で製造しております。発酵途中に清酒粕を加え、ほのかに吟醸酒を思わせる香りのあるモロミから減圧蒸留した焼酎です。」(※1)と紹介されておりました。
要するに、清酒の製造工程で用いられている方法(どうやら焼酎では、二段仕込が一般的なのだとか)で醪を仕込み、最後に酒粕を添加して、かつそれを蒸留して製造した焼酎ということでしょう。
ということは、米のうまみや清酒の風味を感じ取ることができるのでしょうか?

なお、“減圧蒸留”の意味については目下別件でまとめている最中でして、それは後日披露させていただきます。
披露いたしました。
要するに減圧蒸留は、蒸留器内を真空にして沸点を下げ、熱に起因する化学変化を抑えることによって、焼酎の臭みやクセをなくして淡麗な味わいに仕上げるための手法なのだそうです。


酎ハイですので、もちろん冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、少し白濁しておりました。
5149.JPG


炭酸は、それほと強くはないみたいです。

一口含むと、レモンの風味が豊かであることがわかります。
それに、レモン由来と思われる苦みも少しあって、それが後味として残るようです。
でも、すっぱさはそれほどでもないみたいです。
一方、米のうまみや吟醸香もちょっとだけあるみたいです。

甘みは少しはっきりしています。
この甘みは、はちみつに由来するものでしょうか。
でも、べとついた感じはないみたいです。


レモンとはちみつの風味が効いていて、苦みが引き締める、爽快ちょい苦やや甘口の酎ハイでした。
おいしいとは思いますが、私としては米のうまみやお酒の風味を期待していただけに、ちょっと拍子抜けでした。

度数が12度と酎ハイにしては高めですので、けっして気軽には飲めないと思います。
これはあくまでも私の感想ですが、この度数を維持するのであれば、レモンやはちみつで飲みやすさを出すよりも、むしろ米のうまみやお酒の風味を前面に出しつつ、かつ辛口に仕上げて“食事と合う酎ハイ”として売り出したほうがよいのではないかと感じた次第でした。

それにしても、12度で350mlってのは、かなり効きますね。
飲み終わって立ち上がろうとしたところ、少しフラつきましたよ。
それはこの前に食事を作りながら缶ビールを1本飲んだからだろ!

(※1)季刊『魚沼へ』2017年春号(vol.54)p.28(2017.3 八海醸造株式会社)

【お酒】1202.繁桝 お燗瓶 [40.福岡県の酒]

5141.JPG5144.JPG
株式会社高橋商店
福岡県八女市本町2-22-1

アルコール分15.0度以上16.0度未満
原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
180ml
(以上、ビンの印刷事項より転記)




高橋商店さんのお酒は、かつて繁桝のカップ酒(糖添三増酒)をいただいております。
今日いただくこのお酒も普通酒ですが、こちらの品質表示には糖類の文字がありませんでした。
5143.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
5145.JPG


うまみは淡めです。
ほとんど感じない程度で、うまみよりも軽い渋みが少しはっきりしています。

酸味ははっきりしています。
やや強めで、鋭さも少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
べとついた感じはしないものの、とろみのような舌触りをかすかに感じます。


淡麗ちょい渋やや甘口のお酒でした。
糖添三増酒だったカップ酒よりも味わいに角がないみたいですが、それでも味の基本的な部分は同じでした。
それにしても、なぜカップ酒は糖添なのに、このお燗瓶はそうではないお酒が詰められているのでしょうか?

【お酒】1201.聚楽第 純米吟醸 300ml [26.京都府の酒]

5137.JPG5138.JPG
佐々木酒造株式会社
京都市上京区日暮通椹木町下ル北伊勢屋町727

原材料名‥米(国産)・米こうじ(国産米)
精米歩合‥60%
アルコール分‥15度
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




浦安の西友で入手したお酒です。
トイレを拝借したついでに酒コーナーを物色して見つけました。

西友については、あたしゃどの店に行っても同じお酒ばかり置いている面白くないスーパーという印象を持っておりました。
それ故に、西友でのこのお酒との出会いは意外でした。
これからは先入観を持たずに酒集めをせねばならないと反省した次第でございます。
西友の関係者のみなさま、申し訳ございませんでした。


酒銘に用いられている“聚楽第”ってのは、言わずと知れた、豊臣秀吉が京都の洛中に築いたと言われている“幻の城”のことでしょう。
この酒銘について、文献では以下のように紹介されておりました。
 佐々木酒造は、豊臣秀吉の私邸「聚楽第」の南端に位置する。この界隈は「出水(でみず)」という地名も残るほど良質の水で知られ、茶道が趣味の秀吉は、水に惹かれてこの地を選んだという。」(※1)




また、この佐々木酒造さんについて、同じ文献に以下のような記述がありました。
5139.JPG
 洛中は二条城の北側にある佐々木酒造。その昔、豊臣秀吉が聚楽第を建てた場所である。「昔はこの界隈にも酒蔵がたくさんあったのですが、今ではウチだけになってしまいました」と話す佐々木晃さんは4代目。俳優・佐々木蔵之介さんの実家として有名だが、洛中の酒蔵としての人気も全国的に高い。」(※2)


今日は、そんな“ハンチョウ”のご実家が造ったこの純米吟醸酒をいただきます。
純米吟醸酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
5140.JPG


一口含むと同時に、生貯蔵酒のようなフレッシュな風味を少し感じました。

うまみはちょっと濃いめです。
米のうまみがしっかりしていて、うまみに幅を感じます。
また、吟醸酒にありがちな軽い苦みが少しはっきりしています。
キレはまあまあよいみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさがあって、鋭さも少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
かなりさらっとしていますが、しっかりした甘みです。


さわやかな風味と米のうまみとを、軽い苦みと酸味とが引き締め、甘みがコクを添える、爽快ちょい濃醇でちょいすっぱやや甘口のお酒でした。
さわやかな風味を感じますが、しつこさはありません。
苦みや酸味もうまく効いているようです。
また、甘みも奥ゆかしい感じがしました。
ただ、それ故に、味が少し複雑なように感じました。

さわやかで、ちょっと苦みばしってすっぱくて、それでいて甘さも感じる。
もしかしてこの味わいは“ハンチョウ”そのものを表現しているのでしょうか?

(※1)らくたび文庫No.046『京都の地酒蔵』p.57(2011.11 株式会社コトコト)
(※2)(※1)p.56

【お酒】1200.喜多屋 本醸造 サケカップ [40.福岡県の酒]

5133.JPG5134.JPG
株式会社喜多屋
福岡県八女市本町374番地

原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分/15度以上16度未満
精米歩合/70%
200ml
(以上、ラベルより転記)




昨日いただいた喜多屋 本醸造 九州 一度火入れビン貯蔵 冷用酒 300mlに引き続き、今日も喜多屋さんのお酒をいただきます。
また、喜多屋さんのお酒は、これまでに寒山水 純米吟醸 55%磨き カップと、喜多屋 特醸 美酒四段仕込 300mlとをいただいております。
今日いただくこのお酒は、本醸造のカップ酒です。
5135.JPG


本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
5136.JPG


うまみは淡めです。
うまみはほとんど感じず、むしろ苦みがはっきりしています。
軽めではあるものの、目立つ苦みです。
また、キレはそれほどでもないみたいです。

さんみはややはっきりしています。
すっぱさが強くはないものの、鋭さを少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはひかえめです。
ほとんど感じません。


淡麗苦辛口のお酒でした。
淡めで淡くないのは、昨日いただいた“九州”と同じでしょう。
ですがこちらはうまみがほとんどわからず、しかも苦みと酸味とが目立っておりました。
同じ本醸造でも、2回火入れのこのお酒と一度瓶火入れの九州とでは、味わいがかなり違うように感じました。

【お酒】1199.喜多屋 本醸造 九州 一度火入れビン貯蔵 冷用酒 300ml [40.福岡県の酒]

5127.JPG5128.JPG5129.JPG
株式会社喜多屋
福岡県八女市本町374番地

原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分 14度以上15度未満
精米歩合 70%
容量 300ml
(以上、ラベルより転記)




今日は木曜日で、明日も賃労働に従事しなければいけないのですが、300ml瓶を開けてしまいます。
平日でも、300ml瓶を開けたくなることもあるのですよ。
というかね、飲まなきゃやってられない日もあるのですよ!


申し訳ございません。
わたくし、取り乱しておりました。


八女の喜多屋さんのお酒は、かつて寒山水 純米吟醸 55%磨き カップと、喜多屋 特醸 美酒四段仕込 300mlとをいただいております。
今日いただくこのお酒は本醸造ですが、“一度火入れビン貯蔵”の冷用酒なのだとか。
5130.JPG
5131.JPG
“一度火入れビン貯蔵”というのは、おそらくかつて紹介したことがあった“瓶火入冷温貯蔵”と同義でしょう。
(ちなみに、“火入れ”ということばの意味については、こちらをご参照ください。


本醸造ですが、冷用酒とのことでしたので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、ほぼ無色でした。
5132.JPG


一口含むと、フレッシュな風味があることがわかります。
でも、風味にクドさはないですね。

うまみは淡めです。
淡いながらも、米のうまみをピンと感じます。
軽い苦みも少しあるみたいです。
キレはよいみたいです。

酸味はひかえめです。
すっぱさがちょっとある程度です。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはひかえめです。
ほとんど感じないくらいです。


フレッシュさとともに米のうまみをピンと感じる、淡麗辛口のおいしいお酒でした。
甘みがほとんどないことから、ドライな口当たりに仕上がっていました。
もしかしてこれは、搾ってすぐに火入れして瓶詰め貯蔵する(あるいは、搾ってすぐに瓶詰めして瓶燗にする、か?)“一度火入れビン貯蔵”であるが故に、貯蔵前に火入れしない生貯蔵酒のような甘ダレが起きないが故の効果でしょうか。
そのドライな口当たりとともに軽い苦みが効いていてキリッと引き締まっているものの、淡いのでスイスイといけてしまいました。

これはね、夏の暑い日に、枝豆や、あるいはおろししょうがをたっぷりと乗せたかつおのたたきなんかをつまみながらいただきたいお酒でしたよ。

飲まなきゃやってられない日でしたが、このお酒に救われました。

【お酒】1198.名倉山 カップ [07.福島県の酒]

5123.JPG5124.JPG
名倉山酒造株式会社
福島県会津若松市千石町2番46号

アルコール分 15度
原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール・糖類・酸味料
内容量 180ml
(以上、カップの印刷事項より転記)




名倉山は大正七年の創業。」(※1)という、比較的新しい蔵元さんのお酒です。
かつてこのブログの草創期に、名倉山 大吟醸 唎(きく) 180mをいただいております。

今日いただくこのお酒ですが、まことに残念ながら糖類酸味料フル添加の三増酒でした。
5125.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
5126.JPG


うまみは淡めです。
やわらかいうまみをちょっと感じる程度ですが、米のうまみもかすかにあるような気がいたします。
苦みや雑味はありません。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさに角がちょっとあって、燗が冷めるにつれてそれが徐々に強くなってくるようです。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
とろみのような舌触りはほとんど感じないくらいです。


淡麗ちょいすっぱやや甘口のお酒でした。
酸味料添加のはずですが、味にクドさを感じませんでした。
とろみのような舌触りも気になりません。
燗が冷めるにつれて酸味が少し目立ってきましたが、それでもバランスよくまとまっていると思いました。
それに苦みや雑味がなくて飲みやすく、食事とも合わせやすいのではないでしょうか。

ただ、私としては、うまみに深みがほしいと感じました。
やはりこれは、添加された味わいの限界なのでしょうか?
もし糖類酸味料の添加を止めたらどのような味わいになるのか、興味深いところでした。

(※1)石原信一『会津地酒紀行』p.153(2004.7 歴史春秋出版)