So-net無料ブログ作成
31.鳥取県の酒 ブログトップ
前の10件 | -

【お酒】1038.冨玲 180ml [31.鳥取県の酒]

4374.JPG4375.JPG
梅津酒造有限会社
鳥取県東伯郡北栄町大谷1350

原材料名 米(日本産)こうじ(日本産米)
アルコール分15度以上16度未満
内容量180ml
(以上、ラベルより転記)




梅津酒造さんのお酒は、かつて冨玲の純米酒カップと、冨玲の原酒一合瓶とをいただいております。
今日いただくこのお酒ですが、ラベルには純米酒の表示がないのみならず、精米歩合や醸造アルコールが添加されている旨の表示もありません。
4376.JPG
たとえ純米酒の基準に合致しているお酒であっても、純米酒の特定名称を名乗るかどうかはあくまでも任意です(※1)。
一方、たとえ醸造アルコールを添加していないお酒であっても、他の基準(精米歩合や使用する米の等級、麹の使用割合など)を満たさないことによって純米酒を名乗ることができない場合もあります。


細かいことをいちいち指摘するのはこのくらいにして、そろそろいただいてみたいと思います。
今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、けっこうはっきりしておりました。
4377.JPG

あれ?
なんかアルコール香がしっかりしているようですよ。

うまみはやや濃いめで、しっかりしています。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみとともに、熟成感を少し感じます。
それでいて、苦みや雑味はありません。
それにキレがよく、スッと引いていきます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないですが、やや鋭さを感じます。
またさわやかさもちょっとだけあるみたいです。
でも、かすかにピリっと感じますね

甘みはひかえめです。
ほとんど感じません。


やや濃醇で旨辛口のおいしいお酒でした。
やや濃いめで、しかも醸造アルコールが添加されていない(はずな)のに、キレがよくてさっぱりしていました。
それなのに、アルコールの香りをちょっと感じました。
その一方で、甘くないことから、ややドライな味わいでした。

今の私の知見では、この味わいがどのようにして造られたのかを予想することはできませんでした。
まだまだ修行が足りないみたいです。

(※1)清酒の製法品質表示基準(平成元年国税庁告示第8号)1

【お酒】1008.瑞泉 上撰カップ [31.鳥取県の酒]

4226.JPG4227.JPG
有限会社高田酒造場
鳥取県岩美郡岩美町浦富1694
180ml
(カップの印刷事項より転記)

アルコール分 15.0度以上16.0度未満
原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
(フタより転記)




今日、鳥取県で大きな地震がありました。

今年の七月末に、私は鳥取県で酒集めをさせていただきました。
その際、今回の地震で被害が出ていると報道されている倉吉へ訪問し、昔ながらの街並みの中を歩かせていただきました。
そのときのことを思い出すと、あの静かで落ち着いた雰囲気の街を地震が襲ったことが信じられません。

余震が一刻も早く終息し、これ以上被害が拡大しないことを、心より祈念いたします。




高田酒造場さんのお酒は、かつて普通酒(糖類添加)の瑞泉お手軽カップをいただいております。
今日いただくこのお酒は、上撰の小印が付けられた、糖類酸味料無添加の普通酒です。
4228.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
4229.JPG


うまみはやや濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみがはっきりしています。
それに、軽い苦みもちょっとありますね。
ですがキレはよいみたいです。

酸味はややひかえめです。
すっぱさはほとんどなく、さわやかさを少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
かなりさらっとした甘みをちょっとだけ感じる程度です。


やや濃醇でちょい苦旨口のおいしいお酒でした。
酒臭さ(←あくまでもほめ言葉です)と軽い苦みとがはっきりしていて、かなり飲み応えがあると思います。
それでもキレがよいせいか、クドさはないですね。
決して飲みやすくはないですが、私としては好きな味でした。

【お酒】1006.パレスカップ東郷 上撰 [31.鳥取県の酒]

4217.JPG
福羅酒造株式会社
鳥取県東伯郡湯梨浜町松崎276

原材料名:米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15度以上16度未満
180ml
(以上、ラベルより転記)




酒銘のうち、“東郷”は、鳥取県湯梨浜町にある東郷湖(東郷池)に由来するのだとか。


このことについて、文献には以下の様な記述がありました。
代表銘柄『山陰東郷』の名が示すとおり、水郷情緒漂う東郷湖畔に、明治二十二年、福羅酒造は創業した。」(※1)


では、“パレスカップ”には、いかなる意味があるのでしょうか?

誠に申し訳ございません。
この点についてはわかりませんでした。

しかし、ラベルをよく見ると、どうやら倉吉駅前にある“ホテルセントパレス倉吉”のものと思われるマークが記載されていることに気づきました。
4218.JPG
パレスカップ東郷の“パレス”は、このホテルの名に由来するのでしょうか?
もしそうであれば、なぜホテルの名を酒銘としたのでしょうか?

ホテルのレストランで出すためってのは、おそらくありえないでしょう。
カップ酒ですし、それに普通酒からね。


そんなホテルの名を酒銘にいただくナゾのカップ酒をいただきます。
上撰クラスの普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
4219.JPG

お酒の色は、ややはっきりしておりました。
4220.JPG


うまみは濃くはないですが、しっかりしています。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみを少し感じます。
それよりも、軽い苦みがはっきりしています。
でも、キレはよいみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさには、強くはないものの鋭さを感じます。
さわやかさもちょっとあるみたいです。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりでしょうか。
さらっとした甘みを感じますが、苦みに抑えられているみたいです。


ちょい苦キレよしのお酒でした。
軽い苦みが目立ちますが、これが魚臭さなどをサッと流してくれました。
それにキレがよいので、しつこさを感じませんでした。
これは完全に食中酒でしょうね。

(※1)米子今井書店企画出版室企画編集『とっとり酒蔵散歩』p.89(1998.7 米子今井書店)

【お酒】1005.八潮 上撰 お燗瓶 [31.鳥取県の酒]

4214.JPG
中井酒造株式会社
鳥取県倉吉市中河原555
(瓶の印刷事項より転記)

アルコール分15.0度以上16.0度未満
〈原材料名〉米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
(王冠より転記)




中井酒造さんのお酒は、これまでに普通酒のナイスカップ八潮上撰と、野添純米吟醸カップとをいただいております。
今日いただくこのお酒も上撰普通酒ですから、きっとナイスカップ八潮と同じ中身でしょう。
4215.JPG
この王冠は、十旭日の上撰お燗瓶や、李白の上撰お燗瓶で使われていたものと同じものですね。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
4216.JPG


ううまみは濃くはないものの、しっかりしています。
酒臭さ(←ほめ言葉です)も少しあるようです。
苦みはわずかにあって、強くはないものの鋭さを感じます。
それでいてキレはよく、スッと引きます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさとさわやかさとを少し感じます。
それに、ちょっとだけピリッと感じます。

甘みはややひかえめです。
べとつかないさらっとした甘みをほんのわずかに感じます。


ちょい苦ちょいピリやや辛口のお酒でした。
あれ?、おかしいな。
同じ上撰普通酒なのに、ナイスカップ八潮上撰のときと感想がちがいますね。
単なる個体差でしょうか?、それとも実際に造りが異なるお酒なのでしょうか?
オマエの舌がいいかげんなだけだろ。

【お酒】1004.野添 純米吟醸 カップ [31.鳥取県の酒]

4211.JPG
中井酒造株式会社
鳥取県倉吉市中河原555

原材料名/米(国産)米麹(国産米)
アルコール分/15度以上16度未満
精米歩合/50%
内容量/180ml
(以上、ラベルより転記)




中井酒造さんのお酒は、かつて普通酒のナイスカップ八潮上撰カップをいただいております。
今日いただくこのお酒は、精米歩合50%の純米吟醸酒です。
4212.JPG


純米吟醸酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、きれいな金色をしておりました。
4213.JPG


吟醸香はほとんど感じませんね。
ほんのかすかにあるみたいです。

うまみはやや濃いめです。
洗練された酒臭さ(どんなだよ!)とともに、熟成感も少しあるみたいです。
苦みや雑味はまったくありません。
それにキレがよく、スッと引いていきます。

酸味はややはっきりしています。
さわやかさがあって、すっぱさも少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはひかえめです。
かなり弱めのようです。


やや濃醇なのにスッキリで辛口のおいしいお酒でした。
アル添なしなのに、雑味がなくてキレよく感じました。
それに酸味がうまみとよく合っているように思います。
吟味して造られたことがよくわかるお酒でした。

【お酒】999.日置桜 純米酒 [31.鳥取県の酒]

4189.JPG
有限会社山根酒造場
鳥取県鳥取市青谷町大坪249

原材料名 米(国産)・米麹(国産米)
精米歩合 65%
アルコール分15度以上16度未満
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




昨日いただいた日置桜 貝がら節カップ(普通酒)に引き続き、今日は山根酒造場さんの純米酒をいただきます。
4190.JPG


純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、これじゃわかるわけねぇか。
4191.JPG

少し着いている程度でした。
4192.JPG


うまみは濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみとともに、熟成感を感じます。
軽い苦みもあるみたいですが、嫌味のない感じです。
キレはそれほどでもないみたいです。

酸味ははっきりしています。
すっぱさが強めですが、鋭さはそれほどでもないみたいです。
というか、この酸味には深みを感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはひかえめです。
かなり弱めですが、ゼロではないみたいです。


しっかりしたうまみに、酸味の深みを感じる、濃醇旨辛口のお酒でした。
熟成感と酸味とで、深みのある味わいに仕上がっているようでした。
キレはそれほどでもないみたいですが、甘くないせいか、クドさはないですね。





☆★☆★☆★☆★【お知らせ】☆★☆★☆★☆★

【お酒】のカウントが999.となりました。
次はいよいよ1000個目です。
(といっても、何を血迷ったか、かつて一度だけ《番外編》なるものを設けておりますので、正確にはこの記事が1000個目ですが。)
よくもまあ1000種類も飲んだなと、自分でも呆れております。

主にカップ酒を紹介しているこのブログですから、記念すべき1000個目には、カップ酒の元祖であるあのお酒にご登場いただくしかありません罠。

それを目前にしていて大変恐縮ではございますが、今週末の連休にこいつを使って徘徊しますので、1000個目の更新は週明けとさせていただきます。
4172.JPG
なお、この徘徊の成果は、来週末に報告する予定です。

【お酒】998.日置桜 貝がら節 カップ [31.鳥取県の酒]

4182.JPG4183.JPG
有限会社山根酒造場
鳥取県鳥取市青谷町大坪249

原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15度以上16度未満
180ml詰
(以上、フタより転記)




“日置桜”の、“貝がら節”なのだとか。

“日置桜”については、「日置郷と称される地に、明治二十年、山根酒造場は創業した。(中略)当地には、二月に開花するという早咲きの桜木があり、代表銘柄『日置桜』の名となった。」(※1)とのこと。

そして“貝がら節”については、カップに記載された歌詞らしきものから推察するに、そういう民謡がこの地にあるのかもしれません。
4185.JPG
4186.JPG
4187.JPG


普通酒ですので今日もぬる燗でいただきます。
4184.JPG

お酒の色は、ややはっきりしておりました。
4188.JPG


うまみはやや淡めです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみを感じますが、かなり弱めです。
それよりも、軽い渋みが少しはっきりしています。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは弱めではあるものの、鋭さを少し感じます。
それに、かすかにピリッと来るみたいです。

甘みはややひかえめです。
前には出てこないみたいですが、ゼロではないみたいです。
でも、ちょっとべとつくみたいです。


やや淡麗でちょい渋やや辛口のお酒でした。
渋みが少しはっきりしていますが、嫌味はないみたいです。
これが魚臭さなんかをサッと流してくれそうです。
ですが、私としては、うまみがもう少しほしいところでした。

(※1)米子今井書店企画出版室企画編集『とっとり酒蔵散歩』p.51(1998.7 米子今井書店)

【お酒】997.鷹勇 上撰 マイカップ [31.鳥取県の酒]

4178.JPG4180.JPG
大谷酒造株式会社
鳥取県東伯郡琴浦町浦安368

アルコール分 15度以上16度未満
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)醸造アルコール
内容量 180ml
(以上、カップの印刷事項より転記)




昨日いただいた鷹勇雄飛マイカップに引き続き、今日は上撰(旧制度下における一級酒相当か)の小印が付けられた普通酒をいただきます。
4179.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かなり淡いですね。
雄飛のほうが濃いようでした。
4181.JPG


うまみは淡めです。
雄飛よりもより淡いようです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをかすかに感じる程度です。
そのせいか、こちらのほうがアルコール香を強く感じます。
苦みや雑味はありません。

酸味はややはっきりしています。
雄飛よりもすっぱさが際立っていて、強くはないものの鋭さを感じます。
それに、わずかにピリッと感じます。

甘みはややはっきりしています。
雄飛ほど甘くは感じないものの、これもちょっとべとつくみたいです。


淡麗ちょいすっぱやや甘口のお酒でした。
かなり淡くて、きれいな味わいでした。
私としては、雄飛のほうが飲み応えがあっておいしいと感じました。

【お酒】996.鷹勇 雄飛 マイカップ [31.鳥取県の酒]

4173.JPG4174.JPG
大谷酒造株式会社
鳥取県東伯郡琴浦町浦安368

アルコール分 15度以上16度未満
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)醸造アルコール
内容量 180ml
(以上、カップの印刷事項より転記)




明治初期に創業した初代が、空を舞う鷹の雄姿に思いを馳せて名付けた。」という鷹勇(たかいさみ)。
4175.JPG
その味は「「鳥取県の酒は、他県の酒と比べても、辛口が特徴です。その先端を走ってきました。だから、いつしか皆さんから男の酒という愛称をいただきました」」とのこと(以上、(※1)より引用)。


そんなこの鷹勇ですが、“雄飛”という小印がつけられておりました。
その由来は、きっと上記に記したとおりでしょう。
4176.JPG

実は、この“雄飛”と同時に、“上撰”のカップ酒も購入したのです。
4157.JPG
その際に受け取ったレシートを見ると、“上撰”の値段のほうが“雄飛”のそれよりもちょっと高めですね。
ということは、おそらくこの“雄飛”は佳撰クラス(旧制度下における二級酒相当)のお酒であろうと推察できると思います。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ちょっと着いていることがわかる程度でした。
4177.JPG


あれ?、甘いね。
最初に甘みを感じました。
しかもはっきりしていますね。
それにちょっとべとつくようですが、クドさはないみたいです。

うまみは淡めです。
一応、醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをわずかながらに感じます。
苦みもわずかにあるみたいで、強くはないものの鋭さを感じます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさよりも、さわやかさを感じます。
それに、ちょっとピリッとしています。



淡麗ちょい苦ちょいピリ甘口のおいしいお酒でした。
淡いのに、物足りなさはないですね。
苦みや酸味が飲みごたえを、それに甘みがコクを添えているようです。
甘めですが、食中酒としていけるのではないでしょうか。
ちょいピリではあるものの、文献の記述にあったような辛口ではないと思います。


(※1)米子今井書店企画出版室企画編集『とっとり酒蔵散歩』p.77(1998.7 米子今井書店)

【お酒】994.久米桜 本醸造 カップ [31.鳥取県の酒]

4163.JPG4164.JPG
久米桜酒造有限会社 大山醸造場
鳥取県西伯郡伯耆町丸山1740-50

原材料/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール度/15度以上16度未満
精米歩合/70%
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




久米桜酒造さんのお酒は、かつて普通酒の久米桜にごり酒小雪のカップと、昨日、久米桜純米酒八郷70のカップをいただいております。
今日いただくこのお酒は、本醸造のカップ酒です。
4165.JPG


本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、八郷70ほどではありませんが、少し茶色がかっておりました。
4166.JPG


アル添だからでしょうか、アルコールの香りが少しはっきりしています。
気にはならない程度ですけれどね。

うまみは濃くはないですが、けっこうしっかりしています。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみとともに、熟成感がちょっとだけあるみたいです。
キレはかなりよく、八郷70よりもすっきりしています。
それに、苦みや雑味はありません。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないですが、鋭さをちょっと感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
さらっとした甘みが少しあって、強くはないものの、その存在はよくわかります。


しっかりしているがキレのよい、スッキリ旨口のおいしいお酒でした。
アル添の効果でしょうか、純米酒の八郷70よりもキレがよく、すっきりしています。
でもこっちは、八郷70のようにうまみが口の中でパッと広がる感じはありませんね。
しっかりしているのに、キレのよさと酸味とで後味よくスッキリいただける、おいしいお酒だと思います。
前の10件 | - 31.鳥取県の酒 ブログトップ