So-net無料ブログ作成
検索選択
30.和歌山県の酒 ブログトップ

【お酒】713.世界一統 上撰 カップ [30.和歌山県の酒]

2836.JPG2837.JPG
株式会社世界一統
和歌山市湊紺屋町一丁目10番地

原材料名/米(国産)米麹(国産米)醸造アルコール 糖類・酸味料
アルコール分14度以上15度未満
200ml
(以上、ラベルより転記)




和歌山で入手したお酒がまだ残っていました。
このお酒は、JR和歌山駅の改札脇にあった売店で入手しました。


この蔵元さんの社長さんは、南方さんというようです。
蔵元さんのWebsiteによれば「生物学者、民俗学者として世界的に有名な南方熊楠は創業者弥右衛門の次男として生まれ、私の曽祖父の兄にあたります。世界一統は南方熊楠ゆかりの蔵ともいえます。」のだとか。

南方熊楠については・・・、
すみません。私には、南方熊楠を語るに足りる知識がありません。


そんな南方熊楠ゆかりの蔵が造ったこのお酒ですが、誠に残念ながら、糖類酸味料添加の三増酒でした。
2838.JPG

三増酒でも、おいしければいいのです。
しかし、おいしい三増酒には、なかなか出会うことができません(もちろん過去には出会ったことがありましたよ)。
これこそおいしいお酒であることを願いつつ、そろそろいただいてみたいと思います。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

このお酒ですが、色はおいしそうです。
2839.JPG


一口目で、けっこうピリッときましたよ。
すっぱさもありますが、それよりもピリピリ感のほうがはっきりしています。

うまみはやや濃いめですが、キレはよいみたいです。
酒臭さとはちがって、クドさを少し感じます。
それに、香ばしいような風味もちょっと感じます。
苦みもはっきりしています。
それらが口の中で広がったあとで、スッと引いていきます。

甘みは少しはっきりしています。
糖添酒らしいとろみを感じますが、それほど強くはありません。


パッと広がってスッと引く、ピリやや甘口のお酒でした。
いただいた直後は、“やや濃醇で”と書くつもりでした。
しかしコクがなく、またキレがよいので、濃醇という言葉を用いることは適切ではないと判断しました。

【お酒】705.大東一 生貯蔵酒 180ml [30.和歌山県の酒]

2805.JPG2806.JPG2807.JPG
田端酒造株式会社A
和歌山市木広町五丁目二番地十五
(以上、瓶の印刷事項より転記)

原材料名:米/米麹/醸造アルコール
(原料米はすべて国産)
アルコール分:14度以上15度未満
180ml詰
(以上、裏のラベルより転記)




田端酒造さんのお酒は、かつて黒松大東一カップをいただいております。
今日いただくこのお酒は、普通酒の生貯蔵酒です。
2808.JPG


生貯蔵酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、ほぼ無色でした。
2809.JPG


口に含むと、フレッシュな風味を少し感じます。

うまみは淡めです。
酒臭さはなくて、やわらかいうまみです。
ほんのわずかに苦みを感じます。

酸味はひかえめです。
すっぱさがわずかにあるみたいですが、かなり弱めです。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはけっこうはっきりしています。
でも、べとついた感じはないみたいです。


フレッシュな風味とやわらかいうまみ、それに甘みがはっきりしている、淡麗甘口のお酒でした。
甘いですが、わずかな苦みが味を整えているように思いました。
でも、これは甘口好きの諸兄にあわせたお酒ではないでしょうか。

【お酒】677.大樽 上撰 カップ [30.和歌山県の酒]

2653.JPG2654.JPG
中野BC株式会社
和歌山県海南市藤白758-45

アルコール分 15度
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




昨日の長久上撰カップに引き続いて、今日も中野BCさんのお酒をいただきます。


昨日の記事では、中野BCさんは梅酒や梅機能性食品、化粧品など梅を使った製品を広く扱っていらっしゃることを紹介しました。
このうち、梅酒の商品開発について、昨日紹介した文献に興味深い記述がありました。

チョーヤ梅酒や宝酒造など梅酒を手掛ける大手と同じ土俵で勝負しても勝ち目は薄いため、中野専務は「カクテル梅酒」という新ジャンルの商品の開発に踏み切った。
カクテル梅酒とは、梅酒にゆず、レモン、シークァーサー、イチゴなどの果汁をブレンドしたもの。非加熱のストレート果汁を使い、梅酒と果汁の風味が調和するよう何度も試作を繰り返した。」(※1)

私はこの記事を読んで、かつてhatumi30331さんがブログで中野BCの“梅酒祭り”を紹介なさっていた際に、いろいろな梅酒の写真や、試飲できる梅酒のメニューなどが掲載されていたのを思い出しました。
そのメニューによれば、果汁を混ぜたものだけでなく、緑茶梅酒山椒梅酒高麗人参梅酒なんてものあるのだとか。
さらには、“赤い梅酒”なる、百恵ちゃんが飲んでいそうなものまでありましたよ。



話をお酒に戻しましょう。

このお酒ですが、昨日の長久と同じく上撰と銘打たれています。
ですが、品質表示を見ても、両者のちがいはわかりません。
2655.JPG2656.JPG

スーパーでは、たしかこちらのほうが20円くらい安く販売されていたと記憶しています。

長久とは、いったい何がちがうのでしょうか?
それを確かめるべく、そろそろいただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、長久と同じくあまり目立たない程度でした。
2657.JPG


大樽という名前からして樽酒なのかとも思ったのですが、木香はありませんでした。
一方で、長久よりもアルコールの香りがやや強めのように思いました。

うまみは淡めでした。
長久よりも淡いかもしれません。
酒臭さはほとんどないみたいです。

酸味はややはっきりしています。
でも、長久ほどではないかもしれません。
すっぱさとさわやかさとが少しだけあって、それにちょっとピリッと感じました。

甘みはややはっきりしていますが、長久よりはかなりひかえめでした。


淡麗やや辛口のお酒でした。
甘みはあるものの長久より弱く、一方でアルコールの香りがはっきりしていたことから、やや辛口に感じました。
これは完全に私の予想ですが、こちらのほうが醸造アルコールの添加量と加水量とが多いことで、度数は同じでも淡く仕上がっているのではないでしょうか。


(※1)吉岡陽『元気なオーナー企業 第5回 【中野BC】カクテル梅酒でニッチ開拓 縮む市場から10年で脱却』p.51(日経トップリーダー 2012年9月号 日経BP社)

【お酒】676.長久 上撰カップ [30.和歌山県の酒]

2650.JPG2651.JPG
中野BC株式会社
和歌山県海南市藤白758-45

アルコール分 15度
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
180ml詰
(以上、ラベルより転記)



お酒の蔵元さんと言えば、“■■酒造”とか、“▲▲醸造”などといった名前のところが多いですね。
しかし、今日いただくこのお酒の蔵元さんは、“中野BC”とおっしゃるのだとか。
これについて文献では、以下のように紹介していました。

中野BCのBはバイオケミカルCはクリエーションを意味する。化学品メーカーのような社名だが、10年前は中野酒造で、かつては和歌山県でトップの清酒メーカーだった。」(※1)


名前を変えたのは、どうやら清酒事業以外にも手を広げられたことが要因のようです。
この点について、文献には以下のような記述がありました。

創業(昭和7年)はしょうゆの製造販売から始まり、焼酎を手がけたのが昭和24年。次いで、清酒を製造販売したのが昭和33年と、年商36億円、従業員200人の中堅企業ではあるが、多彩な顔をみせている。
昭和42年にはみりんの製造販売にも進出、ブランド名「宝来」を販売し続けている。梅果汁の製造販売(別会社の富士食研株式会社)を昭和46年に開始し、54年には梅酒にまで事業領域を広げた。」(※2)

35種類のバラエティーに富んだ梅酒のほか、梅を使った機能性食品化粧品を手がける。加工食品の原料として使われる梅エキスでは国内シェア80%を誇る。」(※1)


かなり手広くやっていらっしゃるようですが、それにはやはりわけがありました。
同じ文献では、以下のように記述していました。

日本酒の市場規模は1970年代半ばにピークに達し、90年代に入ると縮小が加速。現在は最盛期の3分の1にまで落ち込み、いくつもの蔵元が廃業に追い込まれている。逆風の中、中野BCは約10年かけて事業構造を転換し、梅酒・梅加工品メーカーに脱皮した。
清酒が主力だった2003年9月期の売上高は約29億円だったが、12年9月期は約32億円へと拡大した。現在、清酒・焼酎は売上高の約2割にとどまり、梅酒や健康食品といった新分野の商品が売り上げの核を担っている。」(※1)

そういえば、かつて愛知県のお酒を紹介した際に、知多半島における中国酒の二大醸造元であった盛田家中埜家が多角経営で経済の変動を乗り切っていた旨の記事を紹介したことがありました。

このことを知ってかどうかはわかりませんが、清酒の製造に固執することなく新分野を開拓し続け、一方で清酒の製造もちゃんと続けていらっしゃる中野BCさんには、頭が下がります。


いつもの悪い癖が出てしまいました。
そろそろいただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほとんどわからないくらいでした。
2652.JPG


うまみは淡めでした。
酒臭さはほとんどなく、むしろやわらかいうまみです。
しかし、燗が冷めてくると、わずかですが酒臭さ(←ほめ言葉です)を感じました。
苦みや雑味はありませんでした。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさとさわやかさとを感じる酸味でした。
それに、わずかにピリッと感じました。

甘みはややはっきりしています。
でも、クドさのない、さらっとした甘みです。


さわやかな酸味とさらっとした甘みとがよく合う、淡麗やや甘口のおいしいお酒でした。
やはり、甘みには適度な酸味が合いますね。
食事ともあわせやすいと思います。


(※1)吉岡陽『元気なオーナー企業 第5回 【中野BC】カクテル梅酒でニッチ開拓 縮む市場から10年で脱却』p.50(日経トップリーダー 2012年9月号 日経BP社)
(※2)上妻英夫『焼酎・清酒から梅酒まで 商品開発力を発揮する中野BC “ニッチトップ”を目指す成長企業の実相』p.48(総合食品 2010年11月号 株式会社総合食品研究所)

【お酒】652.黒松 大東一 カップ [30.和歌山県の酒]

(2015/08/29追記:より正確な表現にすべく、文章を一部修正しました。)

2199.JPG
田端酒造株式会社A
和歌山市木広町五丁目2-15

アルコール分 15.0度以上16.0度未満
原材料名 米(国産)米麹(国産米)醸造アルコール
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




先日、和歌山市内で酒集めをした際に見つけたお酒です。
品質表示から判断するに、このお酒は普通酒です。
2200.JPG


ネット上の情報によれば、田端酒造さんはかつて灘五郷の一つ、魚崎郷にも蔵を持っていらっしゃったようですね。

手元にあった文献では、今の剣菱さんの蔵がある場所と道路を挟んだ南側に「田端酒造㈱灘工場」があって、“惣代”というお酒を造っていらっしゃった旨が紹介されていました。(※1)
119.JPG
(これはその剣菱さんの蔵です。)

私は、このすぐ近くにあるローソンは何度か利用したことがあったのですが、まさかここにもかつて酒蔵があったとは知りませんでした。
今は宅地化されているみたいですが、その原因はやはり震災か、あるいはいわゆる“日本酒離れ”の影響でしょうか?。


とまあ、和歌山のお酒に関してはほとんど情報を持っていないことをごまかしたところで、そろそろいただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ちょっと目立つ程度です。



うまみはやや濃いめで、しっかりしています。
それほど強くはないですが、醸し出された酒臭いうまみ(←ほめ言葉です)を感じます。
それに、わずかですが、香ばしさと軽い苦みとを感じました。

うまみに反して、酸味はひかえめでした。
すっぱさはなくて、スーッとした清涼感をほんのわずかに感じる程度でした。
刺激やピリピリ感はありませんでした。

甘みはややはっきりしていました。
さらっとしていて、べとつかない甘みです。


しっかりしたうまみに甘みがコクを添える、やや濃醇で旨口のおいしいお酒でした。
やや濃醇ですが、酸味がひかえめなせいか、軽い口当たりに仕上がっています。
これはいけるのではないでしょうか。


(※1)『灘の酒博物館』巻末折込図より(1983.10 講談社)

【お酒】281.純米酒 さいかのさと カップ [30.和歌山県の酒]

685.JPG
株式会社九重雑賀K
和歌山県紀の川市桃山町元142番地1

アルコール分15度
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)
精米歩合 麹米65% 掛米70%
内容量180ml詰
(以上、ラベルより転記)


このお酒は、有楽町の東京交通会館の地下にある、和歌山県のアンテナショップ“わかやま紀州館”にて入手しました。


九重雑賀さんは、“ココノエ酢”というお酢を造る蔵元さんのようですね。
このココノエ酢ですが、私はまったく知りませんでした。
もしかして、旭ポンズ味覇などのように、関西では有名な調味料なのでしょうか?。


このお酒の品質表示を読んでいたところ、あることに気づきました。
686.JPG

なんと、このお酒の内容量の表示は、印刷してあったものを修正液で白く塗って、その上からボールペンで“180ml”と手書きしてあるのです。
687.JPG

訂正箇所をラベルの裏から透かして見てみると、訂正前はどうやら“300ml”と印刷してあったようです。
688.JPG

といことは、これはまちがった表示を訂正したものではなくて、3デシ瓶(300ml瓶)用のラベルを内容量の表示だけ変更してカップ酒に流用しているということでしょうね。
それにしても、わざわざ手作業で変更するのはメンドウですし、人件費もかかってしまうのではないでしょうか。
それとも、本業の隙間時間を利用して手作業で変更できるほど、このカップ酒の製造量は多くはないのかもしれませんね。


そんなご苦労な手間暇かけられたこのお酒を、今日もぬる燗でいただきます。


うまみはやや濃いめで、しっかりしています。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみです。
しかし、あと味はスッキリしています。
それに、苦味や雑味は感じません。

酸味もしっかりしています。
スッキリしていて、さわやかな酸味です。
ややすっぱさを感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはひかえめですが、わずかにあってコクを出しているようです。


やや濃いめであと味のスッキリしたうまみと、さわやかな酸味との、やや濃醇でやや辛口のおいしいお酒でした。

【お酒】36.黒牛 純米酒 カップ [30.和歌山県の酒]

77.JPG
株式会社名手酒造店
和歌山県海南市黒江846

アルコール分15度以上16度未満
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)
精米歩合 麹米50%、掛米60%
容量180ml
(以上、ラベルより転記)

この"黒牛"というお酒ですが、ネットで検索してみると、かなり有名なお酒のようです。
しかし、大変申し訳ございませんが、私はこのお酒のことをまったく知りませんでした。
まだまだ知らないお酒がたくさんあると思いますが、もっともっと勉強するために、これからもいろいろなお酒を手当たり次第いただくことを誓いつつ(ただ飲みたいだけだろ!)、手始めにこのお酒をぬる燗でいただきます。

アルコールの香りが強めです。
純米酒にしては、けっこう強いほうではないでしょうか。
酸味も少しあるようですが、主にアルコールの香りがお酒を辛口に仕上げているようです。

しかし、それと同じくらい、いやそれ以上に、うまみがとても深くて豊かです。
特に表示はありませんが、生酛造りか、あるいは山廃造りかのような、濃醇な味わいを醸し出しています。
甘みは少ないようですが、なくてもよいくらい、深いうまみがこのお酒を濃醇にしています。
むしろ甘みが少ないほうが、食事に合うと思います。

いやぁ、うまい、うますぎる!(風は語りかけませんが…。)
おそらく、冷や(常温)でもおいしいのではないでしょうか。

アルコールの香りと、深いうまみとでつくりだされた、濃醇辛口のとてもおいしいお酒でした。
またひとつ、おいしいお酒に出会うことができました。

☆★追記★☆
本文には「生酛造りか、あるいは山廃造りかのような、濃醇な味わいを醸し出しています。」と書きました。
しかし、名手酒造店さんのWebsiteの、酒母製造工程の箇所を見ると、乳酸を添加している旨の紹介がありました。
よって、このお酒は、生酛でも山廃でもなく、速醸酛で造っていることがわかりました。
速醸酛であっても、ていねいに造れば十分においしいお酒を造れるということがわかりました。
30.和歌山県の酒 ブログトップ