So-net無料ブログ作成
検索選択
24.三重県の酒 ブログトップ
前の10件 | -

【お酒】1135.黒松翁 完全発酵辛口 特別純米酒(辛口秘蔵古酒) 伊勢神宮参拝記念 カップ [24.三重県の酒]

4824.JPG4825.JPG
合名会社森本仙右衛門商店
三重県伊賀市上野福居町3342

原材料:米(国産)米こうじ(国産米)
アルコール度数14度以上15度未満
精米歩合60%
200ml詰
(以上、ラベルより転記)




昨日いただいた黒松翁 金印 オキナカップ 伊勢神宮参拝記念に引き続き、今日も森本仙右衛門商店さんのお酒をいただきます。
今日いただくこのお酒は、完全発酵で辛口かつ秘蔵古酒の特別純米酒なのだとか。
4826.JPG
4827.JPG


特別純米酒ですし、古酒ですので、雑味が出ることを避けるべく、燗ではなくて冷や(常温)でいただきます。

お酒の色は、かなり深みのある金色をしておりました。
4828.JPG


こりゃ濃いね。
熟成感が豊かですが、お米のうまみも残っているようです。
軽い渋みがちょっとあるみたいですが、雑味のようなものはありません。

酸味はややはっきりしています。
強くはないものの、すっぱさに鋭さを少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはやっぱりひかえめです。
でもゼロではないみたいです。


熟成感が豊かであるもののすっきりしている、濃醇旨辛口のおいしいお酒でした。
このすっきりした味わいには、酸味がうまく効いているようです。
それに純米酒にしてはキレがよく、飲みやすく仕上がっておりました。
また、たしかに辛口ではありましたが、甘みがわずかにあってコクを感じました。

【お酒】1134.黒松翁 金印 オキナカップ 伊勢神宮参拝記念 [24.三重県の酒]

4820.JPG
合名会社森本仙右衛門商店
三重県伊賀市上野福居町3342

原材料:米(国産)米こうじ(国産米)醸造アルコール
アルコール度数15度以上16度未満
精米歩合60~70%
200ml詰
(以上、ラベルより転記)




更新を休んでいた三連休中には、酒を求めて各所を徘徊しておりました。
その報告は、今週末にさせていただきます。


このお酒は、伊勢神宮内宮の鳥居前にある”おはらい町”で入手したお酒です。
ラベルには伊勢神宮参拝記念と書かれておりましたが、造っていたのは伊賀市に蔵を置く蔵元さんでした。
4821.JPG


それにしても、このお酒の精米歩合は60~70%と、ずいぶんと幅のある表示がなされておりました。
4822.JPG
精米歩合の表示義務がない普通酒でしょうから、こういった(あくまでも任意の)表示も許容されるのでしょう。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、きれいな金色をしておりました。
4823.JPG


うまみはやや濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみがしっかりしています。
熟成感も少しあるみたいです。
それに、軽い渋みをちょっと感じます。
キレはよく、スッと引いていきます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさがややはっきりしていますが、鋭さはなく、むしろ深みを感じます。
でも、ちょっとピリッと感じます。

甘みはややはっきりしています。
べとついた感じはありませんが、けっこうしっかりしていて幅のある甘みです。


しっかりしているもののキレのよい、やや濃醇で旨やや甘口のおいしいお酒でした。
アル添がうまく効いているからでしょうか、濃いめではあるもののキレよく感じました。
でも、燗が冷めるとキレが弱まり、渋みが目立ってくるようでした。
上燗にして、さっさといただいたほうがよいみたいでした。

【お酒】1123.伊勢詣 純米吟醸 淡麗 アルミ缶 [24.三重県の酒]

4774.JPG
販売元-岡七酒店
三重県伊勢市宇治中之切町4

蔵元-若戎酒造株式会社
三重県伊賀市阿保1317

原材料名/米(国産)米こうじ(国産米)
精米歩合/60%
アルコール分/16度
内容量/180ml
(以上、ラベルより転記)




若戎酒造さんのお酒は、これまでに若戎の吟醸酒わかえびすカップと、若戎の純米吟醸義左衛門カップ(アルミ缶)、そして若戎忍者純米酒辛口カップをいただいております。
今日いただくこのお酒は伊勢神宮内宮の近くにあるおはらい町にあった酒屋さんで入手したものですが、どうやらその酒屋さんが企画したお酒のようですね。
4775.JPG


純米吟醸酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
4776.JPG


吟醸香は、ほとんどわからない程度でした。

うまみはやや濃いめです。
お米のうまみがしっかりしていて、酒臭さ(←ほめ言葉です)も少しあるみたいです。
熟成感もちょっとだけあるかも。
それでいて苦みや雑味がなく、しかも透明感を感じます。
ですが、キレはそれほどでもないみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、鋭さをちょっと感じます。
さわやかさも少しだけあるみたいです。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
かなりさらっとした甘みです。


うまみがしっかりしているものの、雑味がなくてきれいな、やや濃醇で旨口のおいしいお酒でした。
まさに吟味して製造した清酒であることがよくわかるお酒でした。
淡麗と銘打たれていましたが、けっして淡くはないので、雑味がなくてきれいなところを淡麗とアピールしているのかもしれません。
吟醸香が少ないので、食事とも合わせやすいと感じました。

【お酒】964.若戎 忍者 純米酒 辛口 カップ [24.三重県の酒]

4026.JPG4027.JPG
若戎酒造株式会社
三重県伊賀市阿保1317

原材料名/米(国産)米こうじ(国産米)
精米歩合/60%
アルコール分/15度
内容量/180ml
(以上、ラベルより転記)




若戎酒造さんのお酒は、かつて吟醸酒のわかえびすカップと、純米吟醸酒の義左衛門アルミ缶とをいただいております。
今日いただくこのお酒は、伊賀の蔵元さんだからでしょうか、“忍者”と銘打たれた純米酒です。


純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少しはっきりしておりました。
4028.JPG


うまみはやや濃いめで、しっかりしています。
これは醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみがかなりしっかりしていますね。
軽い苦みもほんのわずかにあるみたいですが、気にはなりません。
それでいてキレがとてもよく、うまみが口の中でパッと広がってスッと引いていくような感じです。

酸味はけっこうはっきりしています。
すっぱさが強めで、しかも鋭さを感じます。
これが耳の下辺りを軽く突いてくるようです。
でも、ピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
べとつかない、さらっとした甘みです。
でも、甘みはすっぱさの裏に隠れているようです。


醸し出された酒臭い(←あくまでもほめ言葉です)うまみと鋭い酸味との、やや濃醇ですっぱ口のおいしいお酒でした。
酸味が少し気になるものの、この豊かな酒臭い(←くどいようですが、ほめ言葉です)うまみは、私の好きな味でした。
大阪の初かすみ酒房さんでいただくことができる初霞や、徳島の“居酒屋”さんでいただいた旭若松のうまみに似ているかもしれません。

【お酒】815.宮の雪 お燗瓶 [24.三重県の酒]

3334.JPG3335.JPG
株式会社宮﨑本店
三重県四日市市楠町南五味塚972
(以上、瓶の印刷事項より転記)
正180ml

原材料名・米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15度
(以上、王冠より転記)




宮﨑本店さんの宮の雪は、かつて普通酒の特選マイペット(カップ酒)と、本醸造の極上とをいただいております。
今日いただくこのお酒は普通酒ですので、中身はおそらく特撰マイペットと同じでしょう。


このお燗瓶は、四日市市内のスーパーで入手しました。
3336.JPG
お燗瓶は業務用の商品でしょうから、市販を目的とした一部の例外(黒松剣菱など)を除いて、一般に広く流通することは少ないと思います。
ですが、私の経験からすると、蔵元さんの地元にある商店や、あるいは飲食店へお酒を納品している酒屋さんなどに行くと、めずらしいものに出会うことがときどきあるみたいです。


ということで、そろそろいただきます。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほぼ無色でした。
3337.JPG


ああ、この味わいは覚えがあります。
淡麗で、ピリッとしていて、やや甘口の味わいは、まさに特選マイペットと同じでしょう。

【お酒】650.伊勢正宗 カップ [24.三重県の酒]

2192.JPG
丸彦酒造株式会社
三重県四日市市川島町1863-2

アルコール分 15度
原料名 米(国産)米麹(国産米)醸造アルコール
180ml
(以上、裏のラベルより転記)




丸彦酒造さんのお酒は、かつて吟醸“三重の寒梅”カップをいただいております。
品質表示から判断するに、今日いただくこのお酒は普通酒です。
2193.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、それほどはっきりしてはいないみたいです。
2194.JPG


うまみはやや濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみを感じます。
苦みや雑味は感じませんでした。

酸味はややはっきりしています。
最初はさわやかさを感じましたが、いただいているうちにすっぱさが少しずつ出てきました。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みもややはっきりしています。
ですが、決して前に出てこない、目立たない甘みです。
さらっとしていて、べとついた感じはないですね。


味のバランスがよい、やや濃醇で旨やや甘口のおいしいお酒でした。
飲みごたえはあるものの、味に突出した部分がなくてバランスがよいせいか、比較的飲みやすく仕上がっていると思います。
普通酒にしては、なかなかいけるのではないでしょうか。

【お酒】460.吟醸 三重の寒梅 カップ [24.三重県の酒]

1324.JPG1325.JPG
丸彦酒造株式会社
三重県四日市市川島町1863-2

アルコール分 15度
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
精米歩合 60%
180ml詰
(以上、ラベルより転記)



“・・寒梅”という名が付けられたお酒は、三重にもありました。

でも、お酒の名前に関して言えば、これは決してめずらしいことではないと思います。
要するに、“・・正宗”や、”・・男山”と同じことでしょう。
これらとは歴史の長さがちがうとは思いますが、現代においては、“寒梅”も、正宗や男山のような全国的な酒名の一つになったのかもしれません。

しかし、正宗や男山が流行った頃と現代とでは、いささか事情が異なるのではないでしょうか。
どこの蔵元さんなのかは知りませんが、“・・寒梅”の名が広まるためには、最初に“・・寒梅”と付けた蔵元さんが異議を唱えないことが必要となることでしょう。
もっとも、このお酒のラベルを見ると、“登録商標”と書かれていますので、この点はクリアしたのかもしれませんね。
どうなっているのかちゃんと調べろよ!
1326.JPG


と、ここまで書いて、ネットで検索してみたところ、どうもそれらしい判例がありましたよ。
要するに、“(地名)+寒梅”は、それぞれが別々のお酒だと認識できるからOK、ってことだと思います。

日本酒について、取引者、需要者の間において、その産地と結び付けた表現が日常頻繁に用いられていることは公知の事実であり、当該地名は産地を表しているものと認識され、その地名に着目することから、地名の部分も自他商品の識別機能を果たしているものといえる。
 現実にも、日本酒においては、「地名プラス語句」の商標が多数使用されており、「地名プラス寒梅」をみても、「越乃寒梅」、「飛騨の寒梅」、「宮寒梅」、「京の寒梅」、「周防寒梅」、「豊の寒梅」、「三重の寒梅」等多数の標章が存在しており、このうち、「越乃寒梅」(新潟県・石本酒造株式会社)が圧倒的に著名であることは、周知の事実である。
したがって、日本酒の名称に地名が含まれている場合に、その取引者・需要者は、通常、その地名が当該日本酒の産地名を表示しているものと認識し、かつ、その地名に着目するものと推認できるのであるから、その地名部分は、取引者・需要者の注意を惹く部分として要部となり得るものであり、かつ、他の部分(地名部分が要部となるからといって、他の部分が要部とならないものではないことはいうまでもない。)と相俟って自他商品識別機能を果たし得るものと認めることができる。
これらのことからすると、本件商標は、「筑後の」の文字部分を含んでその全体が自他商品識別機能を果たしているものと認められるから、その全体によって外観の観察を行うべきであり、また、その全体の構成に応じて「チクゴノカンバイ」との称呼を生じ、さらに、その全体の構成に応じて、「筑後において寒中に咲く梅」との観念を生じるものと認められ」る。(※1)


【追記】:こののち、埼玉にある元祖“寒梅”をいただいた際に、“〇〇寒梅”の商標について上記判例を用いて少し分析しております。

あー目が疲れた疲れた。
それでは、そろそろ三重の寒梅をいただいてみたいと思います。
吟醸酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。


吟醸香はしませんね。

うまみは淡めですが、けっこうしっかりしています。
お米のうまみを感じとることができます。
それに、苦みや雑味はありません。

酸味はほとんど感じません。
少しさわやかさを感じる程度です。
当然ながら、刺激やピリピリ感はありません。

甘みはひかえめですが、はっきりしています。
これがお酒の味にコクを添えているようです。


お米のうまみに、甘みがコクを添える、やや淡麗で旨口のおいしいお酒でした。
雑味がまったくなく、しかも酸味をほとんど感じないので、淡めのうまみが際立っています。
これだけうまみがはっきりしていて、しかもきれいな味わいであれば、もはや吟醸香なんて不要でしょう。
“吟醸”を名乗るにふさわしい、吟味して造られたことがよくわかるおいしいお酒だと思います。


(※1)平成11(行ケ)240審決取消請求事件( 東京高等裁判所平成12年1月26日判決)(裁判所Websiteより)

【お酒】453.上撰 五十鈴川 カップ [24.三重県の酒]

1296.JPG1297.JPG
元坂酒造株式会社
三重県多気郡大台町柳原346ノ2

アルコール分15度以上16度未満
原材料名 米・米麹・醸造アルコール
180ml詰
(以上、ラベルより転記)
(米の産地表示なし)



今日いただくこのお酒は、白鷹の神宮御料酒カップと共に入手したお酒です。


伊勢神宮内宮の近くに、“おはらい町”という、おみやげ屋などが立ち並ぶ商店街があります。
そこに白鷹の特約店があって、神宮御料酒などを販売しているのです。
それ故、ここへ行けばきっと御料酒のカップ酒を入手することができるだろうと思い、近鉄電車に乗って最寄りの五十鈴川駅まで行ったのでした。

ところが、行った日が悪かった。
その日は正月一日でした。
そんな日に伊勢神宮へ行ったら、初詣客で大混雑なのはアタリマエのことです罠。
当然ながら、五十鈴川駅の駅前は、神宮へ向かうバスを待つ人で長蛇の列でした。
人ごみが大嫌いな私は、その列を見ただけで辟易し、おはらい町へ行く気が失せてしまいました。

ですが、ここまで来て、このまま引き下がるわけにはいきません。
実は、五十鈴川駅の近くにはイオンがあることを調査済みだったわけです。
それ故、おはらい町へと向かう善男善女たちをかき分けて、罰当たりな私はただ一人イオンへと向かったのです。

イオンに着いて酒売り場を物色したところ、なんと、ここにもお目当ての神宮御料酒カップが鎮座ましましているではありませんか!
あきらめかけたお酒に、はからずも出会うことができたのです。
これはきっと「今年もじゃんじゃん飲みたまえ」という神のお告げに違いありません。
私は、その御料酒カップとともに、そこにあったカップ酒数種類を購入し、帰路に着いたのでした。

その時に、御料酒カップと共に入手したお酒のうちの一つが、今日いただくこのカップ酒でした。
ネタが無いからって、どうでもいいことを長々と書きやがって!


“五十鈴川”は、伊勢神宮内宮の神域を流れる神聖な川です。
参道の途中には、この五十鈴川の流れで身を清めるための御手洗場が設けられています。

ということは、五十鈴川をその名にいただくこのお酒を飲めば、きっと身も心も清められることでしょう。
神宮にお参りせずにイオンへ逃げた奴には、ご利益はないと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。


最初に甘みを感じました。
けっこうはっきりしていますが、べとつかないさらっとした甘みです。

うまみは淡めです。
酒臭さはなくて、むしろやわらかいうまみを感じます。
ほんの少し苦みも感じます。

酸味は少しはっきりしています。
さわやかで、ほんの少しだけピリッと感じますが、気にはなりません。


さらっとした甘みに、弱めの苦みと酸味とがよく合っている、淡麗やや甘口のおいしいお酒でした。
甘みがさらっとしているので、酸味がそれほど強くはなくてもクドさを感じません。
五十鈴川の流れのように清らかなお酒でした。
五十鈴川の流れすら見ていないくせに。

【お酒】440.宮の雪 本醸造 極上 270ml [24.三重県の酒]

1250.JPG1251.JPG
株式会社宮﨑本店
三重県四日市市楠町南五味塚972

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
精米歩合 麹米60%・掛米65%
アルコール分 15度以上16度未満
270ml詰
(以上、ラベルより転記)



キンミヤ焼酎でおなじみの宮﨑本店さんのお酒は、かつて普通酒の宮の雪 特選マイペットカップをいただいております。
今日いただくこのお酒は本醸造です。

それにしても、普通酒に“特選”、そして本醸造に“極上”なんて立派な名前をつけたら、吟醸酒に付ける名前がなくなってしまうのではないかと思うのは、私だけでしょうか?
まちがいなくオマエだけだよ!


このお酒ですが、容量が270mlとのこと。
1252.JPG
一合瓶(180ml)や3デシ瓶(300ml)のお酒はよく見ますが、270ml瓶に出会ったのははじめてでした。
しかし、よく考えたら、270mlって一合半ですね。
切りがよいのはたしかですが、既製の3デシ瓶を使わずにあえて一合半の瓶を発注するのは、いささか費用がかさんでしまうのではないでしょうか。


そんなどうでもいいことばかりを考えていては、お酒の味がまずくなってしまいます。
この一合半瓶にはおいしいお酒が詰められていることを期待しつつ、本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。


うまみは淡めです。
酒臭さはなくて、むしろやわらかいうまみです。
やや苦みが気になるところです。

酸味は強めです。
すっぱさはひかえめですが、けっこうピリッと感じます。

甘みはなかなかはっきりしています。
でも、クドくはなくて、さらっとした甘みです。


ピリッとした酸味と、苦みを伴ううまみとの、淡麗甘辛口のお酒でした。
苦みとピリとが気になるところですが、もしかしてこれが三重の海産物の味によく合うのかもしれません。
地酒はやはり、その土地の食べ物に合わせてこそ、その味が発揮されるのでしょう。

【お酒】265.るみ子の酒 純米酒 るみかっぷ [24.三重県の酒]

643.JPG
合名会社森喜酒造場
三重県伊賀市千歳41-2

アルコール分15.0度以上16.0度未満
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)
精米歩合60%
180ml詰
(以上、ラベルより転記)


今日、平塚の酒屋さんで買ったばかりのお酒です。

このお酒ですが、6月製造の新鮮なお酒だと思って買ったら、実は去年の6月製造でした。
644.JPG
でも、酒屋さんでは、このお酒は冷蔵庫で保管されていました。
しかも、劣化防止のためか、冷蔵庫に蛍光灯を入れていなかったのです。
そもそもるみ子の酒は、「最低一年は酒を寝かしてから出荷している。」そうですので(※1)、おまけでもう一年余計に寝かせたものと前向きに考えたいと思います。


森喜酒造場さんは、かつて探偵!ナイトスクープで活性生原酒が紹介されて話題になりました。
しかし、決してバラエティー番組に出るようないい加減な造り酒屋さんではないようです。

森喜酒造場さんは、神亀酒造のオーナーの指導を受け、「奇をてらうのではなく、原則を守る。押さえるべきところは、きちっと押さえる。」という考え方の下で(※2)、純米酒のみを醸造しているようです。
先ほど、「最低一年は酒を寝かしてから出荷している。」と紹介しましたが、これもきっと神亀さんの影響によるものでしょう。


このお酒のラベルは、『夏子の酒』の原作者である尾瀬あきらさんが書いたそうです。
645.JPG
森喜酒造場さんの跡取りであった森喜るみ子さんが蔵を引き継いだときに、『夏子の酒』を読んで感銘を受け、その気持ちを手紙にしたためて尾瀬あきらさんへ送って以来、親交があるようです。
その後、るみ子の酒を完成させたときには、尾瀬さんは「無料でラベルの絵を描いてくれた」そうです(※3)。


そんなるみ子の酒を、今日もぬる燗でいただきます。


一口いただくと、酸味を感じます。
そんなに強くはありませんが、はっきりしています。
ヨーグルトの上澄みのようなすっぱさだと思います。
しかし、刺激やピリピリ感はまったくありません。

うまみはしっかりしてます。
濃厚ではないものの、深みというか、厚みを感じます。
酒臭さは思っていたほど感じません。
クセのないうまみです。
わずかに香ばしい風味を感じますが、これは熟成(1年+1年)による風味でしょうか。

甘みはわずかに感じます。
自然な感じの甘さです。
お酒の味にコクを出しています。


しっかりした酸味と、深みのあるうまみとを、自然な甘さが支えている、やや濃醇でやや辛口のおいしいお酒でした。
酸味がしっかりしているものの、刺激やピリピリ感がないのは、丁寧に造ってあることの証拠だと思います。
それに、1年前に製造されたお酒でしたが、古さは感じませんでした。
これはきっと、このお酒が丁寧に造ってあることと、酒屋さんの保管状態がよかったこととのおかげでしょう。


(※1)古川修『世界一旨い日本酒 熟成と燗で飲る本物の酒』p.101-102(2005.6 光文社新書)
(※2)同p.99
(※3)同p.100
前の10件 | - 24.三重県の酒 ブログトップ