So-net無料ブログ作成
20.長野県の酒 ブログトップ
前の10件 | -

【お酒】1379.真澄 辛口ゴールド 180ml [20.長野県の酒]

6592.JPG
宮坂醸造株式会社
長野県諏訪市元町1-16

原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15度
180ml
(以上、瓶の印刷事項と栓とより転記)




宮坂醸造さんのお酒は、これまでに以下のものをいただいております。
158.真澄 本醸造 特撰真澄 300ml
186.真澄 純米酒 奥伝寒造り 300ml
351.真澄 辛口ゴールド 300ml
382.真澄 純米吟醸 辛口生一本 300ml
583.真澄 生 純米吟醸 辛口生一本 300ml
701.702.真澄 銀撰パールライトカップ&山雅カップ 飲み比べ
902.真澄 純米生酒 300ml

今日いただくこのお酒は“辛口ゴールド”として販売されておりましたので、かつていただいた真澄辛口ゴールド300mlと同じ中身でしょう。

それにしても、特徴的な色の瓶ですね。
それに形はシュッとしつつも、どっしりした感じがありますね。
6594.JPG6595.JPG

その瓶には、能書きが書かれておりましたよ。
6596.JPG


普通酒でしょうからいつもならばぬる燗でいただくところですけれど、辛口ゴールドは一度ぬる燗でいただいておりますので、今日は冷や(常温)でいただきます。
6593.JPG

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
6597.JPG


うまみは濃くはないものの、しっかりしています。
やわらかいうまみが強くはないものの、うまみに厚みがありますね。
熟成感がかすかにあるかな?
また、苦みがちょっとだけあるみたいです。
キレはよく、スッと引きます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさは弱めですが、少し鋭いみたいです。
アルコール由来と思われるさわやかさも少しありますね。
またかすかにピリッと感じますが、気にはなりません。

甘みはややひかえめです。
でも、弱めではあるものの、その存在はわかります。


しっかりしているもののキレよく鋭い、旨やや辛口のおいしいお酒でした。
うまみが濃くはないもののしっかりしていて、甘みの存在もよくわかりました。
でもそれでいてキレがよく、さらに弱めのすっぱさとかすかなピリとによって引き締められているようでした。

真澄シリーズは、どれをいただいても本当においしいですね。
でもこの味わいは、きっと燗映えするのではないかと感じましたよ。
次にこのお酒に出会った際には、是非とも燗でいただいてみたいと思います。

というか、かつて300ml瓶をいただいた際には燗だったんですけれどね。
すっかり忘れてしまいましたよ。
nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1359.横笛 カップ [20.長野県の酒]

6467.JPG
伊東酒造株式会社
長野県諏訪市諏訪2-3-6

原材料名 米(国産)米麹(国産米)醸造アルコール
アルコール分 15度以上16度未満
180ml詰
(以上、カップの印刷事項より転記)




伊東酒造さんのお酒は、これまでに横笛の本醸造カップと、同じく横笛の純米酒カップとをいただいております。
今日いただくこの横笛カップは、普通酒です。
6468.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに茶色がかっていて、透明感がありました。
6469.JPG


うまみは濃くはないですね。
と言っても、酒臭さや米のうまみは感じません。
というか、最初にやや強めの苦みが来ます。
熟成感もあるようですが、それとともにクドさがやって来るようです。
アル添に起因すると思われる透明感は感じますが、キレはよくないですね。

酸味はひかえめです。
すっぱさはほとんどなく、アルコール由来と思われるさわやかさを少し感じる程度です。
ですが、少しピリッと感じます。

甘みはややはっきりしています。
べとついた感じはしないものの、とろみのような舌触りを感じます。


苦ちょいピリやや甘口のお酒でした。
クドさと苦みと甘みとがはっきりしているものの、添加されたアルコールがそれらを和らげてくれているようでした。
これはあくまでも私の感想ですが、まるで糖類酸味料フル添加の三増酒を思わせるような味わいだと感じました。
あるいは、もしかしたら粗めの醪に多めのアル添を施して多めの加水をすると、こういう味わいになるのでしょうか?
nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1356.大雪渓 お燗瓶 180ml [20.長野県の酒]

6449.JPG6450.JPG
大雪渓酒造株式会社
長野県北安曇郡池田町大字会染9642-2

アルコール分 15度
原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)醸造アルコール
180ml詰
(以上、瓶の印刷事項より転記)




“山の酒”大雪渓は、これまでに以下のものをいただいております。
大雪渓 蔵出しカップ(普通酒)
大雪渓 上撰カップ(普通酒)
大雪渓 蔵出し紙カップ(普通酒)
大雪渓 純米にごり酒 300ml
大雪渓 本醸造 御神酒 180ml
大雪渓 本醸造 御神酒 金箔入 180ml

今日いただくこのお酒は、お燗瓶に詰められた普通酒です。
6451.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
6452.JPG


うまみはやや淡めですが、淡いなりにしっかりしています。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみは弱めですが、弱いなりにわかります。
熟成感もかすかに感じます。
苦みはごくかすかにわかるものの、キレがよいのでまったく気にはなりません。

酸味はややひかえめです。
すっぱさはほとんど感じませんが、さわやかさが少しはっきりしています。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはひかえめです。
弱めではあるものの、でもゼロではないみたいです。


やや淡麗で爽快旨やや辛口のおいしいお酒でした。
淡めではあるものの淡いなりにしっかりしているので、物足りなさはありません。
それにさわやかさが効いていて、しかも角がないので飲みやすく感じました。

やっぱり大雪渓は本醸造よりも普通酒のほうがおいしいと、私はそう思います。
nice!(39)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1351.大雪渓 本醸造 御神酒 金箔入 180ml [20.長野県の酒]

6418.JPG6419.JPG
大雪渓酒造株式会社
長野県北安曇郡池田町会染9642-2

アルコール分/15度
精米歩合/65%
原材料名/米(長野県産)米麹(長野県産米)醸造アルコール・純金箔
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




“山の酒”大雪渓は、これまでに以下のものをいただいております。
大雪渓 蔵出しカップ(普通酒)
大雪渓 上撰カップ(普通酒)
大雪渓 蔵出し紙カップ(普通酒)
大雪渓 純米にごり酒 300ml
大雪渓 本醸造 御神酒 180ml
6420.JPG


今日いただくこのお酒は、金箔が使用されている本醸造です。
6421.JPG

かつて一度書いたことがあったのですが、あたしゃ金箔入りと表示されているお酒をいただく際にいつも思うことがあるのですよ。

特定名称酒の原材料として認められているものは白米、米こうじ及び水、そして醸造アルコール(純米酒をのぞく)だけで、これら以外の原材料は使ってはいけないことになっております(※1)。
それに、そもそも法的に認められた普通酒を含む清酒の原材料には、金箔は含まれてはおりません(※2)。

ということは、金箔を原材料として使用すると、できたお酒は大吟醸を名乗ることができないどころか、清酒=日本酒の範疇からも外れてしまうのではないでしょうか。

もっとも、金箔はお酒が完成したあとで瓶詰めする際に入れたのでしょう。
もしそうならば、金箔は完成したお酒に混ぜてあるだけで、お酒の原材料ではないわけです。
それならば、原材料に含めて表示することなく、別途、品質表示から離れた位置にかっこ書きで“(金箔入り)”とでも表示したほうが正確ですし、ルールにも適合するのではないでしょうか。


文句をたれるのはこのくらいにしておいて、そろそろいただいてみたいと思います。
本醸造ですが、金箔入りであることを考慮して、まずは冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、かすかに茶色がかっているようでした。
6422.JPG


うまみは淡めです。
米のうまみをほんのかすかに感じる程度です。
軽い苦みが少しあって、強くはないものの鋭さを少し感じます。
というかこのお酒、金箔に由来するのかもしれませんが、金気を少し感じますよ。
キレはよく、スッと引きます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、鋭さがありますね。
それに少しピリッと感じます。

甘みはひかえめです。
ほとんど感じないくらいです。


淡麗ちょい苦ちょいすっぱちょい金気で辛口のお酒でした。
淡めではあるものの、薄さは感じませんでした。
甘みがほとんどなく、軽い苦みや酸味も効いていて、かなり引き締まった味わいでした。
でも、金気は要らないね。


ここで、燗にしてみましたよ。
(写真を撮ることを忘れてしまいました。)

燗にすると苦みと酸味とが少し引いて、角が取れますね。
そのせいか、冷やしたものよりもうまみがはっきりしてきて、しかもまろやかに感じます。
一方で、熟成感らしきものがかすかに出るみたいです。
燗にするとやや淡麗で辛口のお酒になりました。


このお酒は、ひやでキリッと引き締まり、燗でまろやかさが出てきたようでした。
でもね、くどいようですが、私には金気が気になりました。
それに大雪渓は、普通酒のバランスの取れた味わいのほうがおいしいのではないかと思いましたとさ。

(※1)清酒の製法品質表示基準(平成元年国税庁告示第8号)1
(※2)酒税法3条7号イロハ、酒税法施行令2条、酒税法施行規則1条の2
nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1348.北安大國(ほくあんだいこく) 濃醇原酒 300ml [20.長野県の酒]

6399.JPG6400.JPG
北安醸造株式会社
長野県大町市大町2340の1

アルコール分 19度
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
内容量300ml
(以上、ラベルより転記)




“北安大國(ほくあんだいこく)”という酒銘だそうです。
6401.JPG

どうやら信濃大町では、江戸時代から街道の追分(分岐点)に大黒様が祭られているそうです。
そして北安酒造さんはその大黒様の近くに蔵を置いたことから、その大黒様(大国主命)にあやかって名付けたのだとか。
このことについて、文献には以下の記述がありました。

 千国街道は別名を「塩の道」といい、城下町松本から安曇平を貫いて、姫川の谷沿いに糸魚川へと通ずる。この道は、日本海の海産物や信州の米や麻を牛馬の背に乗せて運んだ、物資往来の道である。中でも、日本海側から運び込まれる塩は、山国信州の人たちにとって、命に結びつく貴重な物資でもあった。その道と善光寺道へと向かう街道の分岐に、七尺(約二三一センチ)にも及ぶ大黒様が鎮座している。
 打出の小槌を手に、俵に座った姿の大黒様は、今では商売繁盛の神として親しまれているが、元来インドでは戦いの神として崇拝されていた。日本では大国主命(おおくにぬしのみこと)と同一視され、大国主命を祭神にする出雲大社のことを、親しみを込めて「大黒様」と呼んでいる。北安酒造では、その大黒様のご利益にあやかろうと大正時代、「大國正宗」と銘じて酒造りを始めた。現在の酒銘はその後に改められたものである。」(※1)


そんな北安大國は、甘口のお酒なのだそうです。
この味わいについて、文献に以下のような記述がありました。

 名峰の麓から湧き出る済みきった伏流水と、地元安曇野の大地が育んだ良質の酒米、蔵伝統の卓越した技で、北アルプス山麓の地酒『北安大國』が生まれる。平成19年からは酒米の自社栽培にも着手し、わずか数名で酒造りから出荷まで丹念に営んでいる。規模の小さな蔵であるからこそ継承できる技術を活かして酒を醸し、造る酒は米の旨味と甘さにこだわった甘口が中心。この甘みは米と麹により自然界の作用により与えられたもの。甘口芳醇な酒に定評があり、淡麗辛口ブームの時も、地元を中心に根強く愛飲されてきた。」(※2)

一方でこのお酒ですが、アルコール度数19度の原酒ではあるものの、精米歩合の表示がないことから普通酒なのでしょう。
6402.JPG


普通酒ですが、かつて原酒を燗にして角が出てしまったことがありましたので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、ほとんど目立たない程度でした。
6403.JPG


一口含むと、口あたりがとろっとしていることがわかります。
それとともに、生貯蔵酒のような風味を少し感じます。
吟醸香はありませんね。

うまみはやや濃いめです。
米のうまみと酒臭さ(←ほめ言葉です)とに厚みがあって、口の中に広がります。
苦みが少しあって、強くはないものの鋭さを少し感じます。
キレはそれほどでもないみたいです。

酸味ははっきりしています。
すっぱさが少し強めで、これも鋭さを感じます。
それに、少しピリッと感じます。

甘みはやっぱりはっきりしています。
かなり重めでズシリと来る甘みですが、べとついた感じはしませんね。


やや濃醇でちょい苦ちょいすっぱちょいぴり甘口のお酒でした。
原酒ではあるものの、味わいがしっかりしているせいか、アルコールの香りはそれほど目立ちませんでした。
重さを感じるほどの甘みでしたが、べとついた感じはなかったことからしつこくはありませんでしたよ。
うまみも濃いめで厚みがありましたが、熟成感がなかったためか、クセのようなものは感じませんでした。

でも、これはあくまでも私の感想ですが、苦み、酸味、甘みがまとまっておらず、それぞれが独自に主張していてバラバラのように感じました。
私の好みとは、いささか異なった味わいでした。
少なくとも、これ以上バラバラにならないようにするために、燗にはしないほうがよいのではないでしょうか。

(※1)川崎史郎:文・小林敬一:写真『酒蔵で訪ねる信州』p.172-173(2008.5 信濃毎日新聞社)
(※2)『ようこそ日本酒の國へ』p.104(2014.5改訂 合同会社デザインファームアンドリゾート)
nice!(43)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1332.横笛 純米酒 カップ [20.長野県の酒]

6197.JPG
伊東酒造株式会社
長野県諏訪市諏訪2-3-6

アルコール分 15度
原材料名 米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合 65%
採水地 長野県諏訪市
内容量 180ml詰
(以上、ラベルより転記)




昨日いただいた横笛 本醸造 カップに引きつづき、今日も伊東酒造さんのお酒をいただきます。
今日いただくこのお酒は、純米酒です。
6198.JPG


純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は少し着いていることがわかる程度ですが、本醸造よりもかすかに茶色がかっているようでした。
6199.JPG


うまみはやや淡めです。
熟成感があって、苦みが軽めではあるものの鋭さを少し感じます。
それでいてキレがよく、透明感すら少し感じます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが少しあって、強くはないものの鋭さを少し感じます。
それに少しピリッと感じます。

甘みはちょっとだけあるみたいです。
かなり弱めではあるものの、幅を感じます。


やや淡麗でちょい苦ちょいピリやや辛口のお酒でした。
本醸造よりも苦みが少し鋭く、すっぱさが少しあって、かつ甘みをちょっとだけ感じました。
キレはよく、まるでアル添酒のような透明感すら感じました。
でもやはり本醸造と同じく、私としては深みがほしいところでした。
nice!(31)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1331.横笛 本醸造 カップ [20.長野県の酒]

6194.JPG
伊東酒造株式会社
長野県諏訪市諏訪2-3-6

アルコール分15度
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
精米歩合 65%
内容量 180ml詰
(以上、ラベルより転記)




出掛けていたことから、先週末は更新を休んでおりました。
その報告は今週末にさせていただきます。
とある駅で、住み着いていたにゃんこに遊んでもらいましたよ。
どこへ行ってきたかは、この写真から予想してくださいな。
6193.JPG


話をお酒へと移します。

諏訪の蔵元である伊東酒造さんの“横笛(よこぶえ)”をいただきます。
その酒銘と味わいとについて、文献には以下のような記述がありました。
 「横笛」は、『平家物語』に登場する平重盛の家臣滝口入道との悲哀伝説で知られる建礼門院の仕女の名である。初代当主が、薄幸のヒロインの名を後世に残したいと酒銘にしたもの。横笛は死語鴬となり、梅の花が咲き乱れる入道の庵を訪れるのだが、それにちなみ、日本画家伊東深水が描いた紅梅の図をトレードマークにしている。
 (中略)霧ヶ峰の伏流水で仕込まれる酒は、いずれも優美な女性を思わせる気品ある吟香を持つ。」(※1)

今日いただくこのお酒は本醸造ですが、はたしてこのお酒にも気品ある吟香があるのでしょうか?
それを確かめるべく、そろそろいただいてみたいと思います。
本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。
6195.JPG

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
6196.JPG


吟香はないですね。

うまみはやや淡めです。
熟成感があって、それに軽めではあるものの苦みに鋭さを感じます。
キレはよいですね。

酸味はひかえめです。
ほとんど感じない程度です。
ただ、ちょっとピリッと感じます。

甘みはややひかえめです。
かなりさらっとしていて、べとつかない甘みをほんのりと感じる程度です。


やや淡麗でちょい苦ちょいピリやや辛口のお酒でした。
苦みとピリとが気になるかもしれませんが、キレがよいせいか飲みにくさは感じませんでした。
これはあくまでも私の感想ですが、うまみにもっと深みや幅がほしいところでした。


(※1)川崎史郎・小林敬一『酒蔵で訪ねる信州』p.188(2008.5 信濃毎日新聞社)
nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1295.酒宝 松本城 カップ [20.長野県の酒]

5759.JPG
笹井酒造株式会社
長野県松本市島内3682番地

原材料名 米(長野県産)、米こうじ(長野県産米)、醸造アルコール
アルコール分 15度
180ml
(以上、ラベルより転記)




笹井酒造さんのお酒は、かつて笹の誉 そばまえ 本醸造酒 180mlをいただいております。
今日いただくこのお酒は、どうやら普通酒のようです。
5760.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
5761.JPG


うまみはやや濃いめです。
かもし出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをしっかりと感じますが、深みはないみたいです。
それに苦味が少しあって、強くはないものの鋭さを感じます。
キレはそれほどでもないものの、透明感をはっきりと感じます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさはひかえめですが、アルコール由来と思われるさわやかさをはっきりと感じます。
それに、ちょっとピリッと来るようです。

甘みはややはっきりしています。
かなりさらっとしているものの、その存在はわかります。


濃いめではあるものの透明感が豊かな、やや濃醇でちょい苦ちょいピリやや甘口のお酒でした。
これはあくまでも私の予想ですが、粗めに造られたもろみに多めの醸造アルコールを添加してのばしてから搾ったのではないでしょうか?
本醸造のそばまえのほうが、はるかにおいしいと思いましたとさ。
nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1290.笹の誉 そばまえ 本醸造酒 180ml [20.長野県の酒]

5685.JPG
笹井酒造株式会社
長野県松本市島内3682番地

原材料名 米(長野県産)・米こうじ(長野県産米)醸造アルコール
精米歩合65%
アルコール分14度
180ml
(以上、ラベルより転記)




“そばまえ”という酒銘の意味については、ラベルに記されておりました。
5686.JPG
ですが、大変申し訳ございませんが、今日はそばを用意しておりませんでした。


本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
5687.JPG


うまみは濃くはないものの、しっかりしています。
米のうまみを少し、それにかもし出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみも少し感じます。
それに、軽い苦味がちょっとだけあるみたいです。
キレはよいみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが少し強めで、少し鋭さを感じます。
ですが、酸味自体に深みがありますね。
それに、かすかにピリッと感じます。

甘みはややひかえめです。
かなりさらっとしたあまみをちょっとだけ感じる程度です。


うまみがほどほどに効いていて酸味がすこしはっきりした、ちょいすっぱ旨口のおいしいお酒でした。
味のバランスがよいお酒だと感じました。
その中でも酸味が少しはっきりしておりますが、突出することなく、しかも深みを感じる酸味でしたよ。
本醸造を名乗るにふさわしい、おいしいお酒だと思いました。
nice!(32)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1277.七笑(ななわらい) 木曽のさけカップ [20.長野県の酒]

5567.JPG5568.JPG
七笑酒造株式会社
長野県木曽郡木曽町福島5135

原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分 15度
180ml詰
(以上、フタより転記)




木曽福島に蔵を置く七笑酒造さんのお酒は、これまでに以下のものをいただいております。
3.七笑カップ
444.七笑 紅梅 300ml
653.七笑 白梅 300ml
708.七笑 辛口純米 180ml
1131.七笑 カップ200(レインボーカップ)
今日いただくこのお酒は、ガラスのカップに詰められた普通酒です。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
5569.JPG


あれ?
意外にも、うまみはやや濃いめですよ。
米のうまみとともに、酒臭さを感じます。
それに、ちょっとだけクドさもあるみたいです。
また、軽い苦味がはっきりしていますね。
キレはよいみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは穏やかですが、ちょっとピリッと感じます。

甘みはややひかえめです。
ゼロではないものの、弱めです。


うまみがしっかりしていて苦味が効いた、やや濃醇でちょい苦ちょいぴりやや辛口のお酒でした。
軽い苦味が効いていて、しかもちょいピリですので、ちょっと飲みにくいかもしれません。
でも、それがかえってクドさを抑えてくれているようにも感じました。

それにしても、七笑の普通酒って、もっとさらっとしていたと思ったんだけれどな。
これはあくまでも私の感想ですが、比較的淡麗な味わいのものが多かった七笑シリーズでこのしっかりした味わいはかなり意外でしたよ。

木曽福島にあるイオンの酒コーナーを覗いてみるとよくわかるのですが、七笑の普通酒って、瓶詰めのものは白梅(かつての二級か?)と紅梅(同一級か?)とがありますし、紙のカップには14度のものと15度のものがあったり、あるいは紙パックには糖添三増酒まであるほど種類が豊富なのです。
それ故、こういうしっかりした普通酒があっても決しで不思議ではないのですけれどね。

でも、これまでにいただいたものとこれほどまでに味わいが異なるように感じると、私の舌はおかしいんじゃないかと思ってしまいますよ。
おかしいんだよ!
nice!(38)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 20.長野県の酒 ブログトップ