So-net無料ブログ作成
検索選択
19.山梨県の酒 ブログトップ
前の10件 | -

【お酒】551.春鶯囀 カップ [19.山梨県の酒]

1719.JPG1720.JPG
株式会社萬屋醸造店
山梨県南巨摩郡富士川町青柳町1202-1
(以上、カップの印刷事項より転記)

原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分 15.0度以上16.0度未満
NET.180ml
(以上、フタより転記)



酒銘について触れる前に、このお酒のカップには、富嶽三十六景のうちの一枚が印刷されていることをご紹介しておきます。
1721.JPG1722.JPG1723.JPG

どうやらこの絵は、甲州石班澤(こうしゅうかじかざわ)のようですね。


それでは、酒銘を紹介させていただきます。
“春鶯囀”と書いて、“しゅんのうてん”と読むそうです。
あたしゃ、読めませんでしたよ。
1724.JPG

この名前について、ある居酒屋探訪家が書いた書籍では「「春の鶯(うぐいす)の囀(さえず)り」とは詩的な名だ。」と紹介されていました(※1)。

たしかにそのとおりのようで、蔵元さんのWebsiteでは、蔵元さんの六代目ご当主が与謝野鉄幹・晶子夫妻と親交があって、夫妻が山梨へ来た際に詠んだ歌の中からつけたのだとか。


そういえば、最近、「ハワイのうぐいすは、“ホーホケキョ”と鳴かない」という記事を読みましたよ。
なんでも、うぐいすのオスは春の繁殖期に縄張りを張ってメスを呼ぶために“ホーホケキョ”と鳴くそうですが、ハワイでは一年中縄張りが固定化していてオス同士の競争がないので、鳴く必要がないのだとか。

決して全ての男がそうだとは言いませんが、人間も結婚してしまうと、いろいろと劣化なさっちゃう御仁が多いようで…。
オマエだって、毎日酒飲んで変なブログを書けるような楽な生活をしているから、アタマが劣化しているじゃねぇか!


くだらないことを言うのはこのくらいにして、今日はこの詩的な名前のお酒をいただきたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

このお酒ですが、色はほとんど目立ちません。
1725.JPG


うまみは淡めです。
ひかえめながらも、醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)をほんのりと感じます。
それでいて、苦みや雑味は感じませんでした。

酸味はひかえめです。
さわやかさを少し感じる程度です。

甘みはややはっきりしています。
ベトつかないさらっとした甘みです。


さらっとした甘みがうまみと酸味とをよくまとめている、淡麗旨口のおいしいお酒でした。
淡いながらも酒臭い(←ほめ言葉です)うまみと、ひかえめながらもさわやかな酸味とが、甘みとよく合っていると思います。
春の鶯の囀りのように、甘美でさわやかなお酒でした。




(※1)太田和彦『居酒屋百名山』p.225(2013.5 新潮文庫 原典は2010.2刊行)

【お酒】535.太冠 カップ [19.山梨県の酒]

1649.JPG
太冠酒造株式会社
南アルプス市上宮地57

原材料 米・米麹・醸造アルコール
アルコール度 15度以上、16度未満
180ml詰
(以上、カップの印刷事項より転記)



蔵元さんのWebsiteによれば、この酒銘は、「出世した武官が前途を祝うときにかむられたという「太冠」から命名されている。祝い事に合う様にとそのように名づけられた酒、太冠。」とのこと。

出世しないことが確定したこの私には、決してふさわしくはないお酒だと思います。
しかし、せめてこのお酒をいただいている間だけは、出世した気分になれることを期待して、早速いただいてみたいと思います。

普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

色はほとんど目立ちません。
1650.JPG


口に含むと、お酒の甘い香りが鼻に抜けていきます。
吟醸香ではなくて、お酒らしい香りです。

甘みがややはっきりしています。
でも、さらっとしていて、自然な感じの甘みです。

うまみは淡めです。
酒臭さはひかえめで、むしろやわらかいうまみを感じます。
それに、苦みが少しはっきりしているようです。

酸味はひかえめです。
すっぱさをほんの少し感じる程度です。
刺激やピリピリ感はありません。


柔らかくて淡いうまみに、さらりとした甘さ、そして苦みが味を引き締める、淡麗でやや甘口のおいしいお酒でした。
やや淡めですが、お酒の香りがあるせいか、物足りなさはないですね。
クセがないので、きっと冷や(常温)でもおいしくいただけると思います。

【お酒】525.甲斐男山 カップ [19.山梨県の酒]

1600.JPG1601.JPG
株式会社八巻酒造店
山梨県北杜市高根町下黒沢950

原材料・米(国産)米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15度
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




岩清水八幡宮に由来し、江戸時代には伊丹の銘酒として名を馳せた“男山”を名乗るお酒は、山梨県にもありました。


ラベルには、昭和復刻ラベルである旨が表示されています。
1602.JPG

1603.JPG
創業は、文久三年!、ではなくて、文久二年(1862年)でした。
一部の人にしかわからねぇだろ!


このお酒のフタは、横についているツマミを引っぱって、ふたの周りをぐるっとはがして開ける方式です。
1604.JPG
1605.JPG
1606.JPG
どうやらこの開けかたは「ティアオフ方式」というもので、かつてワンカップ大関が「昭和45(1970)年9月~平成4(1992)年9月」の間に採用していた古い方式のようです。
現在は、プルタブを一度手前に引っぱって、その後上に引き上げてパカッと開く「プルアップ方式」が主流ですね。(※1)
どちらも、カップ酒の先駆者である大関さんが開発なさったようです。


話のネタも尽きたので、そろそろいただきたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
その前に、このお酒ですが、色は少し着いている程度です。
1607.JPG


アルコールの香りがいささか強いようです。

最初に甘みを感じました。
かなりはっきりした甘みです。
でも、サラッとした感じで、べとついた感じはありません。

酸味もけっこうはっきりしています。
すっぱさはそれほどでもないようですが、少しピリッと感じます。

うまみはやや淡めですが、かなりしっかりしています。
酒臭いというよりも、香ばしいというか、熟成による(と思われる)まろやかさを感じます。
言うなれば、薄めのウイスキーのようにも思います。


甘みと酸味とのバランスがよく、しかも淡めだがしっかりしたうまみを伴う、旨甘口のおいしいお酒でした。
甘みに酸味は定石だと(私は)思いますが、この香ばしくてまろやかなうまみに出会ったのはおそらく初めてだと思います。
しかもそれがやや淡めなのに、しっかりしているのです。
甲斐の国の男山は、なかなかいけるお酒でした。


(※1)ダイヤモンド・ビジネス企画編著『ワンカップ大関は、なぜ、トップを走り続けることができるのか?』p.74(2014.10 ダイヤモンド社)

【お酒】519.七賢 甘酸辛苦渋 本醸造 カップ [19.山梨県の酒]

1576.JPG1577.JPG
山梨銘醸株式会社
山梨県北杜市白州町台ケ原2283

原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
精米歩合70%
アルコール分16度
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




昨日いただいた“風凛美山”なる純米酒カップに続けて、今日も山梨銘醸さんのお酒をいただきます。
今日いただくこのお酒は“甘酸辛苦渋”と銘打たれた本醸造です。
1578.JPG1579.JPG


“甘酸辛苦渋”って、いったいどういう意味なのでしょうか?
もしかして、「辛酸をなめるほどの苦しみをんじて受けるという苦渋の決断をして、ようやくこの味にたどり着いた」という意味なのでしょうか?
そんなわけねぇだろ!

ある文献では、「古くから日本酒の味は、「あま・から・ぴん」の三つから、あるいは甘、酸、辛、苦、渋の五味からなるとされている。」と記述し、その五味のそれぞれに影響を与える化学物質を「五味と関連する呈味物質」として表で紹介していました(※1)。

この記述を踏まえると、今日いただくこのお酒の“甘酸辛苦渋”という名前には、五味のバランスがとれているという意味が込められているのではないでしょうか。


はたして、本当に五味のバランスがとれたお酒なのでしょうか。
本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。
その前に、純米酒ほどではないですが、このお酒にも少し色が着いています。
1580.JPG


やっぱりちょっと酸味が際立っています。
純米酒ほど強くはないですが、けっこうはっきりしています。
純米酒と比べてすっぱさがやや後退し、さわやかさを感じます。
刺激やピリピリ感はないですね。

うまみは淡めです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみがベースだと思います。
しかし、苦みが少し目立っているかもしれません。

甘みはひかえめですが、その存在はわかります。
でも、かなりひかえめで、酸味の裏に隠れているようです。


淡めのうまみに、さわやかな酸味と苦みとがポイントの、淡麗辛口のお酒でした。
私としては、“酸”と“苦”とで“辛”を構成し、“甘”がひっこんでいるような味わいだと感じました。


(※1)西羅寛『熟成-酒のキャラクターをつくる』p.120-121(『灘の酒博物館』(1983.10 講談社)に収録)

【お酒】518.七賢 風凛美山 純米 カップ [19.山梨県の酒]

1571.JPG1572.JPG
山梨銘醸株式会社
山梨県北杜市白州町台ケ原2283

原材料名 米(国産)・米麹(国産米)
精米歩合70%
アルコール分16度
180ml詰
(以上、ラベルより転記)



山梨銘醸さんのお酒は、かつて七賢の純米酒をいただいております。
今日いただくこのお酒は、純米酒です、って、あれ、同じじゃないか!

ラベルのデザインが違いましたし、それに“風凛美山”なんて名前が付けられていましたので、別のお酒だと思って買ってしまいました。
1573.JPG1574.JPG
もしかしたら、中味は同じで、ラベルのデザインを変えたのかもしれませんな。


しかし、かってしまったものは仕方がありません。
ありがたくいただきたいと思います。
純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
その前に、このお酒ですが、少し色がついています。
1575.JPG


あー、この酸味、覚えがありますわ!
すっぱさがとても豊かです。
シャープな鋭さがあるすっぱさです。
それに、少しピリッと感じます。

うまみはそれほど濃くは感じませんが、しっかりしているのだと思います。
むしろやや淡めかもしれません。
どっちなんだよ!
それに、やや苦みを伴っています。

甘みはひかえめですが、その存在はわかります。
ですが、酸味に隠されてしまっているように思います。


酸味が豊かなすっぱ辛口のお酒でした。
これは前にいただいた純米酒と同じお酒ではないでしょうか?

【お酒】503.笹一 本醸造生原酒 アルミ缶 [19.山梨県の酒]

1507.JPG1508.JPG
笹一酒造株式会社
山梨県大月市笹子町吉久保26

アルコール分 18度以上19度未満
原材料名:米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
精米歩合:65%
200ml詰
(以上、ラベルより転記)



先週いただいた普通酒の武田二十四将カップ、そして昨日いただいた普通酒の辛口生原酒に引き続いて、今日も笹一酒造さんのお酒をいただきます。
今日いただくこのお酒は、本醸造の生原酒です。

普通酒と本醸造との違いについては、かつてこちらでまとめておりますので、ご参照ください。


このお酒も生原酒ですが、昨日いただいた普通酒の生原酒と比べて、アルコール度数が若干低めになっています。
1509.JPG1510.JPG

本醸造には、醸造アルコールの添加量について普通酒よりも厳しい基準が設定されています。
これは私の推測ですが、普通酒よりもアルコール度数が低いのは、この制限が起因しているのではないかと思います。
なお、醸造アルコールの添加に関する事項ついては、かつてこちらでまとめております。


本醸造ですが、生酒ですし、それに原酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。
その前に、このお酒ですが、普通酒よりは色がはっきりしています。
1511.JPG


あ、こりゃ普通酒とぜんぜんちがうわ!
うまみは濃くはないものの、けっこうしっかりしています。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをちゃんと感じますよ。
それに、ほんのわずかですが、熟成感もあるようです。
苦みを少し感じるのは、普通酒と同じのようです。

酸味はひかえめです。
これは普通酒と同じだと思います。

甘みはむしろこちらのほうがひかえめです。
もしかして、普通酒の甘みはアルコールに由来するものだったのでしょうか?


フレッシュな風味を感じつつも、しっかりしたうまみを味わうことができる、やや辛口のおいしいお酒でした。
やはり醸造アルコールの添加量が少ないことで、うまみが活きているのではないかと思います。
それに、アルコールの香りも、普通酒ほど強くはありません。
私はこちらの本醸造のほうが好きです。

【お酒】502.笹一 辛口生原酒 アルミ缶 [19.山梨県の酒]

1503.JPG1504.JPG
笹一酒造株式会社
山梨県大月市笹子町吉久保26

アルコール分 19度以上20度未満
原材料名:米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
精米歩合:70%
200ml詰
(以上、ラベルより転記)



笹一酒造さんのお酒は、これまでに普通酒の武田二十四将カップをいただいております。
今日いただくこのお酒も普通酒ですが、生酒の原酒です。


特定名称酒と比べて醸造アルコールの添加量が多い普通酒だからでしょうか?、アルコール度数は高めです。
1505.JPG


生酒ですし、原酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。
その前に、このお酒ですが、色はそれほど着いてはおりません。
1506.JPG


おおっ!
アルコールの香りがかなり強めです。
これは焼酎甲類レベルですわ。
空気と一緒に一口含んで鼻から空気だけ抜くと、アルコールの香りを堪能することができます。
オマエはもう完全にアル中だな。

うまみは淡めです。
酒臭さもなければ、熟成感も深みもありません。
吟醸酒のような苦みがやや強めです。

酸味はひかえめで、ほとんど感じません。

甘みもひかえめですが、こちらはその存在を感じます。
しかし、アルコールに抑えられていて、かなり弱まっているように思います。


全体的に淡い味わいの、淡麗やや辛口のお酒でした。
アルコールの香りと苦みとが、味のアクセントでしょうか。
これはそのままいただくよりも、ロックにしてレモンでも絞ったほうがよかったかもしれません。

【お酒】496.谷櫻 生酛造り本醸造 カップ櫻守 [19.山梨県の酒]

1475.JPG1476.JPG
谷櫻酒造有限会社
山梨県北杜市大泉町谷戸2037

原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
精米歩合/70%
アルコール分/14度以上15度未満
180ml
(以上、ラベルより転記)



カップ酒のフタはへこんでいるものが多いと思うのですが、、このお酒のフタはそれほどへこんでおらず、むしろほとんど平らにすら見えます。
1477.JPG

フタをとってみると、プラスチックの中ブタがついていました。
1478.JPG
1479.JPG
1480.JPG

この中ブタをはめておけば、揺れる電車の中で開けてもこぼれませんね。
このお酒は甲府駅で購入したのですが、カーブの多い中央本線ではきっと役に立つことでしょう。


というわけで、書くべきネタも尽きたことですので、そろそろいただきたいと思います。
本醸造ですし、それにラベルに「冷やでよし 燗でなおよし」と書いてありますので、今日もぬる燗でいただきます。
1481.JPG


うまみは淡めですが、けっこうしっかりしています。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをほんのりと感じます。
苦みや雑味はありません。

酸味はそれほど強くはないですが、はっきりしています。
穏やかなすっぱさをさわやかに感じる酸味です。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みもほどよく、ほんのりと感じます。
もちろん、クドさのないさらっとした甘みです。


全体として淡い味わいではあるものの、うまみ、酸味、甘みのバランスがよい、淡麗旨口のおいしいお酒でした。
淡いですが味はしっかりしているので、物足りなさはないですね。
それに、苦みや雑味がないので、きれいな味わいに仕上がっています。

以前、文献の記述を根拠にして、生酛で育った酵母は力強いので、発酵がよく進み、その結果きれいな酒質になる”のではないかということを書いたことがありました。
今日いただいたこのお酒も生酛造りですが、このお酒のきれいな味わいはもしかして生酛造りの成果なのでしょうか?

【お酒】495.甲州仕込 笹一 武田二十四将カップ [19.山梨県の酒]

1470.JPG1471.JPG
笹一酒造株式会社
山梨県大月市笹子町吉久保26

アルコール分 15度以上16度未満
原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
180ml詰
(以上、ラベルより転記)



山梨にある信玄公宝物館のWebsiteによれば、武田二十四将とは「甲斐の名将・武田信玄ひきいる“常勝無敵・甲州軍団”の中核として、その精鋭の陣頭に立ち、幾多の合戦場面で華々しい活躍をみせ、天下に勇名を轟かせた信玄配下の猛将剛将たち24人・・・。」なのだとか。

ラベルには、武田信玄の名前を中央に置き、その両脇に二十四将の名前が記されています。
1472.JPG
1473.JPG
1474.JPG

武田二十四将の名をいただくお酒ですから、きっと常勝無敵のおいしさなのでしょう。
だってね、もしまずかったら、そりゃ武田二十四将たちが化けて出てきて、その名誉を害したとして殺されかねませんよ。
さそやおいしいお酒が詰められていることを期待しつつ、普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。


一口含むと、酸味が少しはっきりしていることがわかります。
スーッとしていてさわやかな酸味で、ちょっとピリッと感じます。

うまみはかなり淡めで、すっきりしています。
それに、苦みや雑味はありません。

甘みはややはっきりしています。
さらっとした感じの甘みです。


淡めながらも、さわやかな酸味とさらっとした甘みとがよく合っている、淡麗やや甘スッキリ口のお酒でした。
勇猛な名前であるにもかかわらず、味は淡くてスッキリしていました。
ちょいピリですが、けっこうスイスイといけてしまいます。

【お酒】493.甲斐の開運 金印 カップ [19.山梨県の酒]

1465.JPG
井出醸造店 井出與五右衛門
山梨県南都留郡富士河口湖町船津8

アルコール分/15度以上16度未満
原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
180ml詰
(以上、ラベルより転記)



青春18切符のシーズンに入ったことから、先週末に山梨県へ行ってまいりました。
写真は一切撮らなかったのでこのブログでは報告はしませんでしたが、塩山、山梨市、石和温泉(ここは収穫ゼロ)、そして甲府と“おみまい”してやって、(ワインには一切目もくれずに)カップ酒を10個ほど集めてまいりました。

甲府駅の駅ビルでは、複数種類のカップ酒を取り扱っていました。
しかし、それらはみな前年産のものばかりでした。
当月産か前月産、古くても前々月産のものまでしか買わないことにしている私にとっては、買うのをためらったものもあったことから、全部は購入しませんでした。
カップ酒って、もはや人気がなくなってしまって売れないのでしょうか。

(このお酒は甲府駅ビルの店で購入したものではありませんが、)今日いただくこのカップ酒も、前年の11月産でした。
1466.JPG
しかし、このお酒は必ず買う!と出かける前から決めていたことから、仕方がなく購入しました。


“甲斐の”開運というくらいですから、”甲斐のじゃない”開運もあるのでしょうか?
実は、あまりにも有名な“開運”が、お隣の静岡県にあるのですね。

名前に“甲斐の”とつけているのは、おそらくこの静岡の開運を意識してのことではないでしょうか。
蔵元さんのWebsiteでは、「江戸末期、皇女和宮の婚姻と同時期に製造を始めた為、それにちなんで 「開運」 と命名し、その後 「開運正宗」として長期間親しまれてきましたが、昭和60年より 「甲斐の開運」 を正式名とし、現在に至っております。」と、名前の由来が紹介されています。
これは完全に私の推測ですが、昭和60年ごろといえば、知的財産に関する権利意識が高まりつつあった頃ではないでしょうか?

では、頭に“甲斐の”とつければ、開運という名前を使用しても問題ないのでしょうか。

詳しいことはわからないのですが、かつて三重の寒梅をいただいた際に紹介した判例では「日本酒について、取引者、需要者の間において、その産地と結び付けた表現が日常頻繁に用いられていることは公知の事実であり、当該地名は産地を表しているものと認識され、その地名に着目することから、地名の部分も自他商品の識別機能を果たしている」ことから、「日本酒の名称に地名が含まれている場合に、その取引者・需要者は、通常、その地名が当該日本酒の産地名を表示しているものと認識し、かつ、その地名に着目するものと推認できるのであるから、その地名部分は、取引者・需要者の注意を惹く部分として要部となり得るものであり、かつ、他の部分(地名部分が要部となるからといって、他の部分が要部とならないものではないことはいうまでもない。)と相俟って自他商品識別機能を果たし得る」と言っています(※1)。

要するに、“甲斐の+開運”は、単なる“開運”とは別々のお酒だと認識できるからOK、と言うことなのでしょうか?


そんなことを考えつつ、ひさびさの山梨のお酒をいただきます。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。


一口いただくと、酸味とともに甘みを感じました。

酸味はけっこうはっきりしています。
スーッとさわやかな酸味で、ほんのちょっとだけピリッと感じます。

甘みはけっこうはっきりしています。
そのおかげか、コクを感じます。

うまみはやや淡めですが、しっかりしています。
淡いので、酒臭さはひかえめです。
それに、苦みもちょっと感じます。


さわやかな酸味と甘みとがよく合っている、さわやか甘口のおいしいお酒でした。
甘みがお酒にコクを添えているように思いますが、これもうまみがしっかりしているからでしょう。
糖類添加の三増酒では、こうはいかないと思います。
酸味には、やはり甘みがよく合います。


(※1)平成11(行ケ)240審決取消請求事件( 東京高等裁判所平成12年1月26日判決)(裁判所Websiteより)
前の10件 | - 19.山梨県の酒 ブログトップ