So-net無料ブログ作成
18.福井県の酒 ブログトップ
前の10件 | -

【お酒】1268.カップ一乃谷 [18.福井県の酒]

5496.JPG
株式会社宇野酒造場
福井県大野市本町3の4

アルコール分 15度以上16度未満
原材料 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
正180ml詰
(以上、カップの印刷事項より転記)




元和五年(1620年)創業という、かなり伝統のある蔵元さんのようです。
その酒銘“一乃谷”は源平合戦における戦場の一つである一ノ谷に由来するのかと思ったのですが、あちらは今の兵庫県でした。

その酒銘について、手元にあった文献では以下のように紹介されておりました。
明治以前は屋号「麦屋」の酒として販売していたが、明治時代、越前の国には“くまがい茶碗”という図柄の酒盃で立ち飲みする風習があり、ある時、京都の俳人にこの酒盃でさしだしたところ、たいそう満足され帰り際に「麦屋の酒は一乃谷くまがい(熊谷)で飲めばいつもよしつね(義経)」と短冊に一首示して立ち去り、以後酒銘を「一乃谷」としている。」(※1)

うーん、わかったようなわからないような・・・。


いずれにせよ普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
5497.JPG

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
5498.JPG


一口含むと、アルコールの香りがはっきりしていることがわかります。

うまみは濃くはないものの、しっかりしています。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみが穏やかに効いていて、熟成感をほんのかすかに感じます。
最初苦みや雑味は感じませんでしたが、燗が冷めるにつれて軽い苦みがかすかに出てくるようです。
キレはとてもよく、透明感すら感じます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさは弱めで、ちょっとだけわかる程度です。
それよりも、アルコール由来と思われるさわやかさがはっきりしています。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
かなりさらっとしていますが、厚みを少し感じます。


旨スー口のおいしいお酒でした。
アルコール香が強めなためか、透明感とともに少しスースーした感じがあるようです。
でも、そのおかげか、かなりキレよく仕上がっています。
それに、この手のお酒にありがちな角や雑味がなくて、きれいな味わいでした。
アル添酒が好きな私としては、こういう味わいもありだろうと思いましたとさ。

(※1)北陸電力企画『北陸酒紀行』p.83(2002.3 橋本確文堂)
nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1264.源平 カップ [18.福井県の酒]

5473.JPG
源平酒造株式会社
福井県大野市要町1番33号

アルコール分/14度以上15度未満
原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
精米歩合/70%
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




源平酒造さんのお酒は、かつて源平の純米酒カップをいただいております。
今日いただくこのお酒には特定名称が付されていないことから、どうやら普通酒のようです。
5474.JPG
精米歩合だけを見て本醸造と判断することは早計ですから、ここでは普通酒として扱っておきます。
(本醸造の要件は精米歩合だけではありません。それに、そもそも本醸造は一定の要件を満たしたときに「表示できる」(※1)特定名称ですので、たとえ本醸造の要件を満たしていても本醸造の特定名称を名乗ることを強制されるものではありません。)


ところで、この絵は東郷青児の作品でしょうか?
5475.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は濃くはないものの、きれいな金色でした。
5476.JPG


うまみは淡めです。
でも、淡いなりに醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみを感じます。
それに、軽い苦みと熟成感ともちょっとだけあるみたいです。
キレはよく、スッと引きます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさはかすかで、アル添由来と思われるさわやかさを少し感じます。
でも、ちょいピリですね。

甘みはややひかえめです。
ゼロではないものの、かなりさらっとしています。


淡めながらもしっかりしていてバランスのよい、淡麗ちょい苦ちょいピリやや辛口のお酒でした。
うまみや酸味、それに甘みのバランスがよいお酒ですね。
軽い苦みやちょいピリすら、うまくまとまっている感じがしました。
それにクセがないので、飲み飽きしない味わいだと思いました。
ですが私としては、これだけうまくまとまっているならば、深みがあったほうが飲み応えが出てよいのではないかと感じた次第でございました。

(※1)清酒の製法品質表示基準(平成元年国税庁告示第8号)1
nice!(38)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1248.飛鳥井 上撰 カップ [18.福井県の酒]

5393.JPG5394.JPG
丹生酒造株式会社
福井県丹生郡越前町天王18-3

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15.0度以上16.0度未満
180ml詰
(以上、フタとラベルとより転記)




特に披露できるようなネタを持ちあわせておりませんので、さっさといただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少し茶色がかっておりますが、澄んだ感じがいたしました。
5395.JPG


ああ・・・。

苦みと渋みとがはっきりしています。
今年の5月製造分ですし、冷暗所で保管しておりますから、まさか劣化ではないと思います。
うまみはかなり薄めです。
キレはよく、透明感を感じます。

酸味はひかえめです。
すっぱさはほとんど感じません。
ですが、アルコール由来と思われるさわやかさがはっきりしています。

甘みはややはっきりしています。
糖類は添加されていないみたいですが、それでもとろみのような舌触りがちょっとあるみたいです。


苦渋やや甘口のお酒でした。
私の好みとはちょっとちがった味わいでした。
以上です、編集長。
nice!(35)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1229.純米吟醸 春夏秋雪越前 カップ [18.福井県の酒]

5291.JPG
株式会社越の磯
福井市大宮五丁目8番25号

原材料名 米・米麹
掛米・麹米 五百万石100%(福井県産)
精米歩合 55%
酵母 協会14号
アルコール分 15度以上16度未満
酸度 1.4~1.5
180ml
(以上、ラベルより転記)




今日は、福井県産の五百万石を100%使用して造られたという純米吟醸酒をいただきます。
5292.JPG

濾過は最低限しかしていないのだとか。
5293.JPG


純米吟醸酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、濾過を最低限しかしていないにもかかわらず、それほどはっきりしてはおりませんでした。
5294.JPG


吟醸香は少しあるみたいです。
フルーティな風味をちょっとだけ感じます。

うまみはやや淡めですが、淡いなりにしっかりしています。
米のうまみが、広がらずに舌をピンと鋭く突いてくるようです。
ほんのかすかですが、熟成感もあるみたいです。
また軽い苦みもかすかに感じます。
キレはよく、スッと引いていきます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、鋭さを少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはひかえめです。
ほとんど感じないくらいです。


シャープなうまみと酸味とを、かすかな軽い苦みが引き締める、やや淡麗で辛口のおいしいお酒でした。
甘みが少ないせいか、ややドライな口当たりに仕上がっておりました。
軽快でキレがよく、しかも酸味が効いていてさわやかです。
それでいて生酒のようなフレッシュな風味がないことから、食事と合わせやすいと思います。
でも、うまみは鋭いながらもちゃんと感じるので、決して物足りなさはありませんね。

夏の暑い日に、枝豆や冷奴なんかと一緒にキュッといただきたいと感じましたとさ。

【お酒】1226.眞名鶴 懐石本醸造 カップ [18.福井県の酒]

5277.JPG
真名鶴酒造合資会社
福井県大野市明倫町11の3

原材料名 米(国産)米麹(国産米)醸造アルコール
アルコール分15度
精米歩合60%
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




真名鶴酒造さんのお酒は、かつて純米酒 観音裏 300mlをいただいております。
今日いただくこのお酒は、“懐石-”と銘打たれた精米歩合60%の本醸造です。
5278.JPG


ここで、“懐石”という言葉の意味を確認しておきましょう。
手元の辞書によれば、「温石(おんじゃく)で腹を温めると同じ程度に腹中を暖め、空腹をしのぐ粗末な食べもの」とか、あるいは「茶の湯で茶を出す前に出す簡単な食事」(※1)を意味するのだとか。

今日いただくこのお酒も、果たして空腹を満たしてくれるような味わいなのでしょうか。
それを確かめるべく、そろそろいただいてみたいと思います。
本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少しはっきりしておりました。
5279.JPG


うまみは淡くはないものの、厚みや深みはないみたいです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみを少し、それに米のうまみもじんわりと感じます。
一方で、軽い苦みがあって、気にはならない程度ではあるものの、それでも少し角を感じます。
キレはかなりよく、透明感をはっきりと感じます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさは弱めです。
でも、アルコール由来と思われるさわやかさがはっきりしていて、スースーと感じるくらいです。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
かなりさらっとしていますが、その存在は明白です。


苦みがちょっとあるもののキレよくさわやかな、スースーちょい苦やや甘口のお酒でした。
キレのよさやスースーは、きっとアルコール由来のものでしょう。
ということは、醸造アルコールが本醸造の特定名称を名乗るお酒で許容されている上限くらいまで添加されているということでしょうか?

これはあくまでも私の感想ですが、“懐石-”と銘打たれてはいるものの、空腹をしのぐことができるようなどっしりとした味わいではないなと思いましたとさ。

(※1)広辞苑 第五版(電子辞書)

【お酒】1045.早瀬浦 上撰 カップ [18.福井県の酒]

4423.JPG
三宅彦右衛門酒造有限会社
福井県三方郡美浜町早瀬第二十一号七番地

原材料名/米・米こうじ・醸造アルコール
全て国産米を使用
精米歩合/麹米55% 掛米70%
アルコール分/15度
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




 「早瀬浦」とは、酒蔵があるところのかつての地名で、江戸から明治初期かけて北前船の寄港地として名を馳せた。」(※1)という酒銘のこのお酒。


若狭湾と三方五湖にはさまれた地に酒蔵がある。漁師達に育まれたお酒として、キリッとした旨口のお酒が信条。」(※1)なのだとか。


そんなこのお酒ですが、精米歩合の表示だけを見れば、本醸造の規格に該当しております。
4424.JPG
しかし、本醸造である旨の表示は、ラベルのどこにもありません。
本醸造の他の条件(アル添量とか、麹米の使用量とか、米の規格とか)を満たしていないのでしょうか?
それとも、菊姫さんのように、たとえ本醸造の規格をみたしていても、本醸造の特定名称を敢えて使用しない主義なのでしょうか?


話のネタが尽きたところで、そろそろいただいた見たいと思います。
普通酒でしょうから、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、けっこうはっきりしておりました。
4425.JPG


うまみは濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみがしっかりしています。
ですが苦みもはっきりしていて、その苦みに重みを感じます。
また、アルコールの香りもけっこうはっきりしていますね。

酸味ははっきりしています。
すっぱさが強めですが、深みのある酸味です。
それに、ちょっとピリッとくるみたいです。

甘みはややはっきりしています。
それにちょっとべとつくみたいです。


濃醇ちょいピリ苦やや甘口のお酒でした。
たしかにキリッとした旨口のお酒でしたが、苦みとちょいピリとが目立ちました。
それにアルコールの香りもはっきりしていたことから、アル添量が多めなのかもしれません。
漁師達に育まれたお酒ですから、きっと海の物と合わせるべきだったのでしょう。

(※1)北陸電力企画『北陸酒紀行』p.87(2002.3 橋本確文堂)

【お酒】1042.一本義 上撰 本醸造 カップ [18.福井県の酒]

4411.JPG4412.JPG
株式会社一本義久保本店
福井県勝山市沢町一丁目3番1号

原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15.0度以上16.0度未満
精米歩合 68%
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




昨日いただいた一本義の金印カップ(普通酒)に引きつづき、今日も一本義久保本店さんのお酒をいただきます。
今日いただくこのお酒は、上撰の小印が付けられた本醸造です。
4413.JPG4414.JPG


本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、金印よりもちょっとだけはっきりしているようでした。
4415.JPG


うまみはやや淡めです。
一応ですが、醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみを感じますね。
それに、軽い苦みがすこしあるみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさがやや強めで、しかも鋭さをちょっと感じます。
それにちょっとだけピリッときますね。

甘みはややひかえめです。
かなり弱めですがその存在はわかります。


やや淡麗でちょいすっぱやや辛口のお酒でした。
金印(普通酒)に味わいは似ていますが、本醸造のほうがうまみがはっきりしていて、薄さを感じません。
また甘みは強くはないものの、コクに影響していることがわかりました。

これは私の予想ですが、金印(普通酒)とのちがいは、単に醸造アルコールの添加量の差だけではないかと思いました。
本醸造のほうがアル添量が少ないことから、うまみがややはっきりしていたのではないでしょうか?
また、本醸造のほうがピリピリ感がやや少なかったことから、このピリはアルコールが生じさせている刺激に由来するものではないかと推察いたしました。

この本醸造も、金印と同じくらい、敦賀では頻繁に見かけました。
しかし、敦賀で一本義が広く普及している理由は、金印とこのお酒とをいただいただけでは、まだわかりませんでしたよ。
要するに、自分の好みの味じゃなかったって言いたいんだろ?

【お酒】1041.一本義 金印 カップ [18.福井県の酒]

4407.JPG4408.JPG
株式会社一本義久保本店
福井県勝山市沢町一丁目3番1号

原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15.0度以上16.0度未満
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




 一本義とは「最高の真理、優れた悟りと智慧を究めた境地の意」の禅語に由来する。「一」にはじまり、原点であり、本流を貫く造りと品質への精神を追求する言葉でもある。」(※1)というお酒です。

私はまだ、福井県では敦賀駅の周辺でしか酒集めをしたことがありません。
しかしその際に、立ち寄ったスーパーやコンビニでこの一本義を見なかったところはないくらい、このお酒に頻繁に出会うことができました。

かといって、この蔵元さんがある勝山市は福井県の北東部、石川県との県境に近い場所であって、南西部に位置する敦賀市とは決して近くはないみたいですね。


ということは、もしかしたらこのお酒は、福井県内の他所でも広く普及しているのでしょうか?


そんな敦賀市内で頻繁に見かけたこのお酒をいただきます。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
4409.JPG

お酒の色は、ほぼ無色でした。
4410.JPG


うまみは淡めです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをかすかに感じます。
軽い苦みもかすかにあるみたいですが、ほとんどわからないくらいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないですが、鋭さがありますね。
それに、ちょっとピリッと感じます。

甘みはややひかえめです。
かなり弱めですが、ゼロではないみたいです。


淡麗ちょいピリやや辛口のお酒でした。
よくよく味わえば、酒臭さ(←あくまでもほめ言葉です)もあるし、酸味もしっかりしています。
でも、これはあくまでも私の感想ですが、味わい自体が薄いように感じました。
それでいて、ピリピリ感だけ目だっておりました。
でもそれが、地元の食べ物と合うのかもしれません。

(※1)北陸の酒蔵編集委員会編『北陸の酒蔵 銘醸50選』p.245(1996.7 能登印刷出版部)

【お酒】1034.花垣 本醸造 カップ [18.福井県の酒]

4351.JPG
有限会社南部酒造場
福井県大野市本町6の10

アルコール分 14度
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
精米歩合60%
180ml詰
(以上、カップの印刷事項より転記)




酒を愛でる宴が繰り広げられた時に、謡曲『花筺』の謡の中の言葉「花垣」を銘柄に選んだ。」(※1)という、わかったようなわからないような名前のこのお酒をいただきます。
わからないのは、オマエに教養がないからだろ!

精米歩合60%の本醸造ですが、アルコール度数は14度とやや低めです。
加水が多めなのでしょうか?
4352.JPG


本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少しハッキリしておりました。
4353.JPG


度数のわりには、アルコールの香りが少しはっきりしています。

うまみは淡くもなく、かといって濃くもないですね。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみとともに、熟成感をちょっと感じます。
でもね、うまみに深みがないですね。
それに苦みがややはっきりしています。
キレはよいみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは、強くはないものの、鋭いですね。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはひかえめです。
ほとんど感じないくらいです。


しっかりしているがキレのよい、ちょい苦ちょいすっぱ辛口のお酒でした。
キレのよさとアルコールのかおり、それに深みのないところから、本醸造なのにアル添量が多めのお酒のように感じました。
この苦みは、もしかして劣化に因るものでしょうか?


(※1)北陸電力企画『北陸酒紀行』p.82(2002.3 橋本確文堂)

【お酒】1032.福壽杯 上撰カップ [18.福井県の酒]

4344.JPG
敦賀酒造有限会社
福井県敦賀市相生町21-10

アルコール分15度以上16度未満
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




このお酒の蔵元さんは、「那須家は屋号を「備前屋」といい、初代は慶長元年(一五九六年)より酒造業を営み寛永元年に敦賀で初めて清酒を造るようになった。」(※1)という、かなりの老舗でした。


ところでこのお酒ですが、ラベルには特に小印は表示されておりませんでした。
しかし、バーコードに上撰である旨が付記されておりましたので、ここではそれに従うことといたします。
4345.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
4346.JPG


うまみはやや濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみを感じます。
ですが、それよりも苦みがはっきりしていて、しかも鋭さを感じます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさに鋭さがありますが、それほど強くはないみたいです。
しかし、ちょっとピリッときますね。

甘みはややはっきりしています。
べとつかない、さらっとした甘みを少し感じます。


苦ちょいピリ旨やや甘口のお酒でした。
うまみはしっかりしているものの、苦みやピリピリ感が際立っていて、荒々しさを感じました。
ひかえめの甘みがこの荒々しさを幾分和らげてくれているようでしたが、それでもやはり目立ちました。
もしかしたら、燗にしたのがいけなかったのでしょうか?
それとも、7月製造分であったことから、劣化が生じたのでしょうか?

(※1)北陸電力企画『北陸酒紀行』p.87(2002.3 橋本確文堂)
前の10件 | - 18.福井県の酒 ブログトップ