So-net無料ブログ作成
11.埼玉県の酒 ブログトップ
前の10件 | -

【お酒】1170.武蔵鶴 純米吟醸 コシヒカリ100% 300ml [11.埼玉県の酒]

4993.JPG4994.JPG4997.JPG
武蔵鶴酒造株式会社
埼玉県小川町大字大塚243

アルコール分15.0度以上16.0度未満
原材料名 米・米麹
精米歩合60%
国産米100%使用
内容量300ml
(以上、ラベルより転記)




武蔵鶴酒造さんのお酒は、かつて普通酒の武蔵鶴ツルカップをいただいております。
今日いただくこのお酒は、コシヒカリを100%使用したという純米吟醸酒です。
4995.JPG4996.JPG

コシヒカリは、言わずと知れた、食べておいしいお米の代表格ですよね。
一方、とある文献には、以下のような記述がありました。
 こうした、“食べて美味しいお米”には、タンパク質や脂肪、無機物やビタミン類といった成分が多く含まれていて、これらが食べたときに旨味となり、また栄養となるのです。よって、食べて美味しいお米というのは、そうした成分に主体をおいて長年開発されてきました。
 しかし、高レベルのお酒を造る場合、その成分は雑味(不快な味)を生む原因となるのです。
 つまり、食べて美味しいお米は、高レベル(それでいて、当然、旨いもの)のお酒造りには向いていないと言うことになります。」(※1)

今日いただくこのコシヒカリ100%使用の純米吟醸酒は、果たしておいしいお酒なのでしょうか?
それをたしかめるべく、そろそろいただいてみたいと思います。
純米吟醸酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、透明でした。
4998.JPG


吟醸造りのはずですが、吟香はまったくありませんね。

うまみはやや淡めです。
米のうまみが舌の上に薄く乗っかる感じがします。
吟醸酒らしい苦みも軽くあるみたいですが、軽いなりに鋭さを感じます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさは弱めですが、弱いなりに鋭さがあって、舌をピンと突いてきます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
かなり弱い甘みをかすかに感じる程度です。


米の旨みを、軽いが鋭い苦みと、これも軽いが鋭い酸味とが引き締める、やや淡麗でやや辛口のおいしいお酒でした。
苦みと酸味とを感じましたが、そこは吟醸造りのお酒だけあって、雑味がなくてきれいな味わいでした。
吟醸香は感じなかったものの、そのほうがかえって食事と合わせやすいと思いました。
とりわけ、苦みと酸味とがあることで肉との相性がよく仕上がっているように感じました。

(※1)蝶谷初男『うまい日本酒に会いたい!そのために知っておきたい100問100答』p.14-15(2004.12 ポプラ社)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



十日ほど前に、浦安を散策いたしました。

帰ってきてから、そういえばかなり前に山本周五郎の“青べか物語”を買って読んだことを思い出し、再び引っ張り出してきて読んでみました。
urayasu41.JPG

青べか物語は、山本周五郎が昭和初期の漁師町浦安(作品中では“浦粕”と書かれています。)の情景とそこに住む人たちのことを題材として書いた短編集です。
山本周五郎は昭和初期に実際にこの浦安に一年間ほど住んでいて、そのときの体験をもとにしてこの本を書いたそうです。

その当時の情景が再現されている場所が浦安にあるということを知り、今日、再び浦安へ出かけてまいりました。


まずは、JR京葉線の新浦安駅から。
ここは、戦後になってから、埋め立てによって造成された場所です。
urayasu42.JPG
urayasu43.JPG

まずクリア。
クリアちゃうわ!
urayasu44.JPG
住吉超辛口+10カップは既出ですが、久しぶりに出会ったので入手してみました。

新浦安駅からは、おさんぽバスに乗車。
urayasu45.JPG

着いたのは、浦安市郷土博物館。
urayasu46.JPG
urayasu47.JPG

常設展示では、浦安の海と、それに寄り添う人々の生活のことをいろいろと紹介していました。
その中でも心引かれたのが、浦安の海に住む魚の展示でした。
urayasu48.JPG

このハゼ、良型だこと。
天ぷらにするとうまいだろうね。
urayasu49.JPG

このチヌ(クロダイ)は、刺身だね。
urayasu50.JPG

イワシは動きが速いので、捕らえるのが難しいわ。
でも、脂が乗ってそうで、鮨ネタとしてはきっと最高でしょう。
urayasu51.JPG
おいしそうな魚を見ていたら、酒飲みたくなってきたよ。


いかんいかん。
この博物館の一番の見どころは、これではありません。

なんとこの博物館、敷地内に昭和の頃の浦安の街並みが再現されているのです。
urayasu52.JPG
urayasu53.JPG
urayasu54.JPG

私はこの路地に、“長”(青べか物語に出てくる船宿「千本」の三男)を先頭にして子どもたちが向こうから走ってくる姿を思い浮かべましたよ。
urayasu55.JPG

井戸がありましたが、井戸おやじ(←音が出ます)はいませんでした。
urayasu56.JPG

urayasu57.JPG
urayasu58.JPG

べか舟の乗船体験もあるでよ!
urayasu59.JPG

この日は、海苔を焼いて食べる体験をさせていただきました。
行徳(浦安の隣町)で採れた海苔を、地元の子どもたちが漉いたものなのだとか。
urayasu61.JPG

これを七輪で焼くと、緑色に変わります。
urayasu60.JPG
urayasu62.JPG
パリッとしていて香ばしく、しかも味わい深い海苔でした。
いかんいかん、また酒飲みたくなってきた。


おお!
青べか物語に出てくる“天鉄”がありましたよ!
urayasu63.JPG
urayasu64.JPG
urayasu65.JPG
urayasu66.JPG

再現された食卓には、作者が酒を飲むときに読んでいたという『青巻』が置いてありましたよ。
urayasu67.JPG


浦安市郷土資料館、面白く見学させていただきました。
しかもこれだけ楽しませてくれて、なんと入場無料と言う太っ腹!
パンフレットももらい放題で、こんな面白そうなものをいただいて帰ったのでした。
urayasu70.JPG


美味しそうな魚を見たり海苔をかじったり、あるいは天鉄を見学したりしたせいか、ものすごく腹が減ってまいりました。
そんな中で、博物館を出てから境川のほうへ向かって歩いて行くと、うなぎを焼くよい香りが漂ってくるじゃありませんか!
urayasu68.JPG
昨今、うなぎの価格は暴騰していて、私のような大貧民にとっては高嶺の花となってしまいました。
しかし、一番安い【並】ならばなんとかなるだろうと一念発起して、入ってみましたよ。

まずはビールで精進落とし。
urayasu69.JPG

そしていただいたのは、うな重の【並】(1,725円)。
urayasu71.JPG
【並】ですからね、ご飯の露出がちょっと目立つところですが、しかたがありません。
それにしても、うなぎを食べるのって、もう何年ぶりかな。

やっぱりうなぎはものすごくまいう~。
外はカリッとしているのに、中はふわふわでジューシー。
奮発した甲斐がありましたよ。
urayasu72.JPG


心もお腹も満たされたところで、川風を浴びながら境川沿いの道を歩いていきました。
urayasu73.JPG

青べか物語に出てくる“沖の弁天社”のモデルとなったと言われている清瀧弁財天でお参りをして、
urayasu74.JPG

近くのバス停から新浦安駅行のバスに乗って、帰ったとさ。
urayasu75.JPG

【お酒】1165.帝松 逸品 お燗瓶 御神酒 [11.埼玉県の酒]

4968.JPG
松岡醸造株式会社
埼玉県比企郡小川町下古寺7-2
正180ml詰
(ここまで、瓶の印刷事項より転記)

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15.0度
(以上、王冠より転記)




昨日いただいた帝松のカップ酒に引き続き、今日も松岡醸造さんのお酒をいただきます。

今日いただくこのお酒ですが、御神酒と書かれた箱に入れて販売されておりました。
4969.JPG

品質表示の一部は王冠に記載されておりました。
それによれば、特定名称も精米歩合の表示もなかったことら、このお酒もカップ酒と同じく普通酒ということでしょう。
しかし、こちらには糖類は添加されていないみたいです。
4970.JPG


昨日いただいたカップ酒とは、果たしてどのようなちがいがあるのでしょうか?
それを確かめるべく、そろそろいただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、カップ酒と異なってほぼ透明でした。
4971.JPG


こっちのうまみは淡めですね。
やわらかいうまみをかすかに感じる程度です。
軽い苦みはありますが、香ばしさはないみたいです。

酸味はややひかえめです。
ひかえめながらも、すっぱさに鋭さがありますね。
それにちょっとピリッと感じます。

あまみはややはっきりしています。
でも、こっちには、とろみのような舌触りはないみたいです。


淡麗ちょいピリやや甘口のお酒でした。
カップ酒よりも淡くて、かつカップ酒から香ばしさととろみのような舌触りとを取ったような味わいでした。
その分、苦みやピリピリ感が目立つように感じました。

【お酒】1164.帝松 カップ [11.埼玉県の酒]

4965.JPG
松岡醸造株式会社
埼玉県比企郡小川町下古寺7-2

原材料 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール・糖類
精米歩合 70%
アルコール分 15%
容量180ml
(以上、ラベルより転記)




晴雲武蔵鶴と同じく、この蔵元さんも埼玉県の小川町に蔵を構えていらっしゃいます。
fo46.JPG

ただしこの松岡醸造さんは、小川町の市街地からはちょっと離れておりました。




残念ながらこのお酒、糖類添加の三増酒でした。
4966.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ややはっきりしておりました。
4967.JPG


燗をつけたせいかもしれませんが、アルコールの香りがちょっとはっきりしておりました。

うまみはやや淡めです。
やわらかいうまみでしたが、ほんのりと感じる程度です。
軽い苦みと香ばしさとをも、かすかに感じます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは弱めですが、弱いなりに鋭さを感じます。
また、アルコール由来と思われるさわやかさがあって、それにちょいピリも感じます。

甘みはややはっきりしています。
とろみのような舌触りを少し感じます。


うまみや酸味、甘みがあるものの、全体的に淡めな、やや淡麗でやや甘口のお酒でした。
糖添三増酒らしいとろみのような舌触りはありましたが、それほどクドくはありませんでした。
また、味わいはしっかりしてしかも角がないものの、淡さというか薄さを感じました。
これはあくまでも私の推測ですが、アルコール香がはっきりしていたことから推察するに、多めのアル添と多めの加水とで延ばしているのではないでしょうか。

【お酒】1162.武蔵鶴 ツルカップ [11.埼玉県の酒]

4958.JPG
武蔵鶴酒造株式会社
埼玉県比企郡小川町大塚243

アルコール分 15度以上16度未満
原材料名 米(国産) 米麹(国産米) 醸造アルコール
内容量 180ml
(以上、カップの印刷事項より転記)




今日は、JR八高線・東武東上線小川町駅の駅前に蔵を構える蔵元さんのお酒をいただきます。
fo39.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は少し着いていることがわかる程度でしたが、透明感がありました。
4959.JPG


うまみは濃くはないですね。
淡くもないみたいですが、少し薄っぺらさがありますね。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをかすかに感じますが、それよりも渋みと香ばしさとが少しはっきりしています。
キレはよく、味わいにも透明感を感じます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさはほとんどなく、アルコール由来と思われるさわやかさを少し感じる程度です。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
べとついた感じはなく、かなりさらっとしています。


やや渋やや甘口のお酒でした。
これはあくまでも私の個人的な感想ですが、こういう味わいのお酒って、雑味の出た醪を多めのアルコールでのばしているのではないでしょうか。
しかし、かつてこういう味わいのお酒にはいくつか出会いましたが、その中でもこのお酒は比較的穏やかなほうではないでしょうか。

【お酒】1156.晴雲 カップ セイウン [11.埼玉県の酒]

4923.JPG4924.JPG
晴雲酒造株式会社
埼玉県比企郡小川町大塚178-2

アルコール分15度
[原材料名] 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
内容量 180ml詰
(以上、フタより転記)




昨日いただいた晴雲 しぼりたて生酒 アルミ缶に引き続き、今日も晴雲酒造さんのお酒をいただきます。
今日いただくこのお酒は、一般的な普通酒です。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
4925.JPG


うまみは淡めです。
酒臭さ(←ほめ言葉です)がかすかで、それよりも軽い苦みと香ばしさとが少しはっきりしています。
キレはよく、透明感を感じます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさが弱めです。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
べとついた感じはないですね。


淡麗ちょい苦やや甘口のお酒でした。
この味わいは昨日いただいた生酒のそれに似ていますよ。
まるでその生酒を多めの加水でのばしたような味わいでした。
苦みや香ばしさが出ていたのは、もしかしたら燗にしたせいでしょうか?
強くはないものの、淡いが故に苦みや香ばしさが目立ってしまっているようでした。

【お酒】1155.晴雲 しぼりたて生酒 アルミ缶 [11.埼玉県の酒]

4916.JPG4917.JPG
晴雲酒造株式会社
埼玉県比企郡小川町大字大塚178
(缶の印刷事項より転記)

アルコール分19度以上20度未満
原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
精米歩合 60%
正味200ml詰
(添付の書面より転記)




埼玉県は小川町にある蔵元さんのお酒をいただきます。
fo42.JPG


このお酒は生酒のようですが、容器には特定名称も精米歩合も表示されておりませんでした。
4918.JPG
19-20度ということは、もしかしたら原酒なのでしょうか?

一方、添付されていた書面には、精米歩合60%と書かれておりました。
4919.JPG
それでも特定名称は表示されておりませんでしたので、普通酒なのでしょう。
普通酒だろうがなかろうが、おいしければそれでよいのですけれどね。


話のネタがないことをごまかしたところで、そろそろいただいてみたいと思います。
生酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。
4920.JPG
4921.JPG

お酒の色は、ちょっと着いていることがわかる程度でした。
4922.JPG


一口含むと、フレッシュな風味が豊かであることがわかります。
ですが、アルコールの香りもちょっとはっきりしています。

うまみは濃くはないものの、しっかりしています。
やわらかいうまみがしっかりしていますが、これは米由来でしょうか?
濃くはないみたいですが、とろりとした口当たりを少し感じます。
また、穏やかな香ばしさもちょっとあるみたいです。
キレはよく、スッと引きます。

酸味はややはっきりしています。
角のないすっぱさがちょっとあって、さわやかさも感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
べとついた感じのまったくしない、とてもさらっとした甘みです。


とろりとした口当たりがありつつも、フレッシュな風味が豊かで酸味がすがすがしい、爽快旨口のおいしいお酒でした。
しっかりした味わいですが、しつこさがなく、しかもフレッシュでさわやかでした。
アルコールの香りがちょっと目立つようですが、まあそれもまたお酒の味のうちでしょう。

【お酒】912.武甲正宗 本醸造 秩父芝桜 カップ [11.埼玉県の酒]

3789.JPG3790.JPG
武甲酒造株式会社
埼玉県秩父市宮側町21番27号

原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
精米歩合 70%
アルコール分15度以上16度未満
180ml
(以上、ラベルより転記)




武甲酒造さんのお酒は、かつて糖添三増酒の武甲カップと、武甲正宗の純米酒生酒カップとをいただいております。
今日いただくこのお酒は、秩父の名所、羊山公園にある芝桜の丘をラベルにいただく本醸造のカップ酒です。


フタには、“新酒”である旨が大きく表示されております。
3791.JPG
このお酒は4月に池袋の西武百貨店で入手しました。
4月製造であることから、おそらく芝桜が見ごろとなる時期の限定商品ではないかと推察いたします。
3792.JPG


本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほんの少し茶色がかっておりました。
3793.JPG


うまみはやや濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみとともに、香ばしさをちょっとだけ感じます。
苦みや雑味はありませんね。

酸味はややひかえめです。
すっぱさはわずかで、さわやかさを少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
かなりさらっとした甘みをちょっと感じる程度です。


やや濃醇で旨口のおいしいお酒でした。
しっかりしているものの、苦みや雑味がなくて酸味もひかえめなため、飲みやすいと思います。

【お酒】727.秩父錦 カップ 200ml [11.埼玉県の酒]

2898.JPG2899.JPG
株式会社矢尾本店
埼玉県秩父市別所字久保ノ入1432番地

原材料名:米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール・糖類
アルコール分:14度以上15度未満
200ml詰
(以上、カップの印刷事項より転記)




矢尾本店さんのお酒は、かつて秩父錦の特別純米酒アルミ缶と、糖類添加の秩父錦金印カップとをいただいております。
今日いただくこのお酒もまた、残念ながら糖類添加(酸味料添加なし)の三増酒でした。
2900.JPG

前回頂いた金印カップと比べると、こちらのほうがアルコール度数を低く設定しているみたいです。
ということは、こちらのほうが金印カップよりも薄い加水量が多いのではないかと推測し得ると思います。
こちらが200ml詰なのは、そのせいでしょうか。


となると、金印カップの味を参考にすれば、どんな味かはだいたい予想がつきます。
それでもおいしいお酒であってほしいとの一縷の望みを抱きつつ、そろそろいただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、金印カップと同じくらいでした。
2901.JPG


ああ。
やっぱり甘みがはっきりしています。
ですが、糖添酒にありがちなとろみのような舌触りはそれほどでもないみたいです。

うまみは淡めです。
酒臭さはなく、むしろ苦みがはっきりしています。

酸味ははっきりしています。
スースーした感じと、すっぱさとがあります。


淡麗苦甘口のお酒でした。
以上です、編集長。

【お酒】712.鏡山 純米酒 川越 カップ [11.埼玉県の酒]

2832.JPG2833.JPG
小江戸鏡山酒造株式会社
埼玉県川越市仲町10ノ13

原材料名 米(国産)米こうじ(国産米)
精米歩合 60%
アルコール分 15度
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




小江戸鏡山酒造さんのお酒は、かつて普通酒の時の鐘カップと、鏡山の純米吟醸300mlとをいただいております。
今日いただくこのお酒は、純米酒のカップ酒です。


ラベルに使用されている絵柄は、川越市のキャラクター“ときも”のようです。
2835.JPG


純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色ははっきりしています。
写真からはわかりづらいですが、ちょっとだけ茶色っぽくも見えます。
2834.JPG


うまみはやや濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみを感じるものの、むしろ熟成感(?)というか、枯れたような風味が強いように思います。
しかしキレはよく、スッと引いていきます。

酸味ははっきりしています。
すっぱさとさわやかさとを感じます。
それに、燗が冷めるにつれて、ピリピリ感が出てきました。

甘みはほとんど感じません。


やや濃醇で辛口のお酒でした。
枯れたような風味がクセのように感じるかもしれません。
しかし、甘みが少ないせいかドライな口当たりになっていますので、その分飲みやすさが出ていると思います。
ちょいピリはアクセントでしょうか。

【お酒】707.川越城 上撰 カップ [11.埼玉県の酒]

2814.JPG
麻原酒造株式会社
埼玉県入間郡毛呂山町大字毛呂本郷94

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分 15度以上16度未満
内容量 180ml
(以上、ラベルより転記)




昨日いただいた琵琶のさ々浪 毛呂美酒 もろみカップに引き続き、今日も麻原酒造さんのお酒をいただきます。
麻原酒造さんのお酒は、このほかにかつて琵琶のさ々浪の純米生原酒カップをいただいております。


このお酒ですが、上撰の表示はあるものの、品質表示は毛呂美酒もろみカップと同じです。
2815.JPG


もしかして、毛呂美酒もろみカップと同じお酒なのでしょうか?
それを確かめるべく、そろそろいただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、毛呂美酒もろみカップと同じくらいでした。
2816.JPG


うまみはこれも濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみに、熟成感を少し感じます。
それでいてキレはよく、スッと引いていきます。
苦みや雑味はありません。

酸味はやっぱりはっきりしています。
すっぱさがはっきりしているものの、角のないすっぱさです。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはちょっとはっきりしています。
さらっとした甘みです。


濃醇旨口のお酒でした。
なんとなくではありますが、毛呂美酒もろみカップよりも甘みがちょっとひかえめなような気がします。
ですが、もしかしたら単なる個体差で、同じお酒なのかもしれません。
オマエの舌がおかしいせいかもしれません。

飲み比べてみたほうがよかったかも。
前の10件 | - 11.埼玉県の酒 ブログトップ