So-net無料ブログ作成
検索選択
11.埼玉県の酒 ブログトップ
前の10件 | -

【お酒】1162.武蔵鶴 ツルカップ [11.埼玉県の酒]

4958.JPG
武蔵鶴酒造株式会社
埼玉県比企郡小川町大塚243

アルコール分 15度以上16度未満
原材料名 米(国産) 米麹(国産米) 醸造アルコール
内容量 180ml
(以上、カップの印刷事項より転記)




今日は、JR八高線・東武東上線小川町駅の駅前に蔵を構える蔵元さんのお酒をいただきます。
fo39.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は少し着いていることがわかる程度でしたが、透明感がありました。
4959.JPG


うまみは濃くはないですね。
淡くもないみたいですが、少し薄っぺらさがありますね。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをかすかに感じますが、それよりも渋みと香ばしさとが少しはっきりしています。
キレはよく、味わいにも透明感を感じます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさはほとんどなく、アルコール由来と思われるさわやかさを少し感じる程度です。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
べとついた感じはなく、かなりさらっとしています。


やや渋やや甘口のお酒でした。
これはあくまでも私の個人的な感想ですが、こういう味わいのお酒って、雑味の出た醪を多めのアルコールでのばしているのではないでしょうか。
しかし、かつてこういう味わいのお酒にはいくつか出会いましたが、その中でもこのお酒は比較的穏やかなほうではないでしょうか。

【お酒】1156.晴雲 カップ セイウン [11.埼玉県の酒]

4923.JPG4924.JPG
晴雲酒造株式会社
埼玉県比企郡小川町大塚178-2

アルコール分15度
[原材料名] 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
内容量 180ml詰
(以上、フタより転記)




昨日いただいた晴雲 しぼりたて生酒 アルミ缶に引き続き、今日も晴雲酒造さんのお酒をいただきます。
今日いただくこのお酒は、一般的な普通酒です。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
4925.JPG


うまみは淡めです。
酒臭さ(←ほめ言葉です)がかすかで、それよりも軽い苦みと香ばしさとが少しはっきりしています。
キレはよく、透明感を感じます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさが弱めです。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
べとついた感じはないですね。


淡麗ちょい苦やや甘口のお酒でした。
この味わいは昨日いただいた生酒のそれに似ていますよ。
まるでその生酒を多めの加水でのばしたような味わいでした。
苦みや香ばしさが出ていたのは、もしかしたら燗にしたせいでしょうか?
強くはないものの、淡いが故に苦みや香ばしさが目立ってしまっているようでした。

【お酒】1155.晴雲 しぼりたて生酒 アルミ缶 [11.埼玉県の酒]

4916.JPG4917.JPG
晴雲酒造株式会社
埼玉県比企郡小川町大字大塚178
(缶の印刷事項より転記)

アルコール分19度以上20度未満
原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
精米歩合 60%
正味200ml詰
(添付の書面より転記)




埼玉県は小川町にある蔵元さんのお酒をいただきます。
fo42.JPG


このお酒は生酒のようですが、容器には特定名称も精米歩合も表示されておりませんでした。
4918.JPG
19-20度ということは、もしかしたら原酒なのでしょうか?

一方、添付されていた書面には、精米歩合60%と書かれておりました。
4919.JPG
それでも特定名称は表示されておりませんでしたので、普通酒なのでしょう。
普通酒だろうがなかろうが、おいしければそれでよいのですけれどね。


話のネタがないことをごまかしたところで、そろそろいただいてみたいと思います。
生酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。
4920.JPG
4921.JPG

お酒の色は、ちょっと着いていることがわかる程度でした。
4922.JPG


一口含むと、フレッシュな風味が豊かであることがわかります。
ですが、アルコールの香りもちょっとはっきりしています。

うまみは濃くはないものの、しっかりしています。
やわらかいうまみがしっかりしていますが、これは米由来でしょうか?
濃くはないみたいですが、とろりとした口当たりを少し感じます。
また、穏やかな香ばしさもちょっとあるみたいです。
キレはよく、スッと引きます。

酸味はややはっきりしています。
角のないすっぱさがちょっとあって、さわやかさも感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
べとついた感じのまったくしない、とてもさらっとした甘みです。


とろりとした口当たりがありつつも、フレッシュな風味が豊かで酸味がすがすがしい、爽快旨口のおいしいお酒でした。
しっかりした味わいですが、しつこさがなく、しかもフレッシュでさわやかでした。
アルコールの香りがちょっと目立つようですが、まあそれもまたお酒の味のうちでしょう。

【お酒】912.武甲正宗 本醸造 秩父芝桜 カップ [11.埼玉県の酒]

3789.JPG3790.JPG
武甲酒造株式会社
埼玉県秩父市宮側町21番27号

原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
精米歩合 70%
アルコール分15度以上16度未満
180ml
(以上、ラベルより転記)




武甲酒造さんのお酒は、かつて糖添三増酒の武甲カップと、武甲正宗の純米酒生酒カップとをいただいております。
今日いただくこのお酒は、秩父の名所、羊山公園にある芝桜の丘をラベルにいただく本醸造のカップ酒です。


フタには、“新酒”である旨が大きく表示されております。
3791.JPG
このお酒は4月に池袋の西武百貨店で入手しました。
4月製造であることから、おそらく芝桜が見ごろとなる時期の限定商品ではないかと推察いたします。
3792.JPG


本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほんの少し茶色がかっておりました。
3793.JPG


うまみはやや濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみとともに、香ばしさをちょっとだけ感じます。
苦みや雑味はありませんね。

酸味はややひかえめです。
すっぱさはわずかで、さわやかさを少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
かなりさらっとした甘みをちょっと感じる程度です。


やや濃醇で旨口のおいしいお酒でした。
しっかりしているものの、苦みや雑味がなくて酸味もひかえめなため、飲みやすいと思います。

【お酒】727.秩父錦 カップ 200ml [11.埼玉県の酒]

2898.JPG2899.JPG
株式会社矢尾本店
埼玉県秩父市別所字久保ノ入1432番地

原材料名:米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール・糖類
アルコール分:14度以上15度未満
200ml詰
(以上、カップの印刷事項より転記)




矢尾本店さんのお酒は、かつて秩父錦の特別純米酒アルミ缶と、糖類添加の秩父錦金印カップとをいただいております。
今日いただくこのお酒もまた、残念ながら糖類添加(酸味料添加なし)の三増酒でした。
2900.JPG

前回頂いた金印カップと比べると、こちらのほうがアルコール度数を低く設定しているみたいです。
ということは、こちらのほうが金印カップよりも薄い加水量が多いのではないかと推測し得ると思います。
こちらが200ml詰なのは、そのせいでしょうか。


となると、金印カップの味を参考にすれば、どんな味かはだいたい予想がつきます。
それでもおいしいお酒であってほしいとの一縷の望みを抱きつつ、そろそろいただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、金印カップと同じくらいでした。
2901.JPG


ああ。
やっぱり甘みがはっきりしています。
ですが、糖添酒にありがちなとろみのような舌触りはそれほどでもないみたいです。

うまみは淡めです。
酒臭さはなく、むしろ苦みがはっきりしています。

酸味ははっきりしています。
スースーした感じと、すっぱさとがあります。


淡麗苦甘口のお酒でした。
以上です、編集長。

【お酒】712.鏡山 純米酒 川越 カップ [11.埼玉県の酒]

2832.JPG2833.JPG
小江戸鏡山酒造株式会社
埼玉県川越市仲町10ノ13

原材料名 米(国産)米こうじ(国産米)
精米歩合 60%
アルコール分 15度
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




小江戸鏡山酒造さんのお酒は、かつて普通酒の時の鐘カップと、鏡山の純米吟醸300mlとをいただいております。
今日いただくこのお酒は、純米酒のカップ酒です。


ラベルに使用されている絵柄は、川越市のキャラクター“ときも”のようです。
2835.JPG


純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色ははっきりしています。
写真からはわかりづらいですが、ちょっとだけ茶色っぽくも見えます。
2834.JPG


うまみはやや濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみを感じるものの、むしろ熟成感(?)というか、枯れたような風味が強いように思います。
しかしキレはよく、スッと引いていきます。

酸味ははっきりしています。
すっぱさとさわやかさとを感じます。
それに、燗が冷めるにつれて、ピリピリ感が出てきました。

甘みはほとんど感じません。


やや濃醇で辛口のお酒でした。
枯れたような風味がクセのように感じるかもしれません。
しかし、甘みが少ないせいかドライな口当たりになっていますので、その分飲みやすさが出ていると思います。
ちょいピリはアクセントでしょうか。

【お酒】707.川越城 上撰 カップ [11.埼玉県の酒]

2814.JPG
麻原酒造株式会社
埼玉県入間郡毛呂山町大字毛呂本郷94

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分 15度以上16度未満
内容量 180ml
(以上、ラベルより転記)




昨日いただいた琵琶のさ々浪 毛呂美酒 もろみカップに引き続き、今日も麻原酒造さんのお酒をいただきます。
麻原酒造さんのお酒は、このほかにかつて琵琶のさ々浪の純米生原酒カップをいただいております。


このお酒ですが、上撰の表示はあるものの、品質表示は毛呂美酒もろみカップと同じです。
2815.JPG


もしかして、毛呂美酒もろみカップと同じお酒なのでしょうか?
それを確かめるべく、そろそろいただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、毛呂美酒もろみカップと同じくらいでした。
2816.JPG


うまみはこれも濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみに、熟成感を少し感じます。
それでいてキレはよく、スッと引いていきます。
苦みや雑味はありません。

酸味はやっぱりはっきりしています。
すっぱさがはっきりしているものの、角のないすっぱさです。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはちょっとはっきりしています。
さらっとした甘みです。


濃醇旨口のお酒でした。
なんとなくではありますが、毛呂美酒もろみカップよりも甘みがちょっとひかえめなような気がします。
ですが、もしかしたら単なる個体差で、同じお酒なのかもしれません。
オマエの舌がおかしいせいかもしれません。

飲み比べてみたほうがよかったかも。

【お酒】706.琵琶のさ々浪 毛呂美酒 もろみカップ [11.埼玉県の酒]

2810.JPG
麻原酒造株式会社
埼玉県入間郡毛呂山町大字毛呂本郷94

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分 15度
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




麻原酒造さんのお酒は、かつて琵琶のさ々浪の純米生原酒カップをいただいております。
品質表示から判断するに、今日いただくこのお酒は普通酒です。
2811.JPG


このお酒ですが、製造年月とともに、“蔵出日”としてその年月を表示していました。
2812.JPG

製造年月は「当該清酒を販売する目的をもって容器に充てんし密封した時期」です(※1)。
ということは、蔵出日は「製造場から移出した時期」(※1)のことを指しているのでしょう。


話のネタも尽きたことですので、そろそろいただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ややはっきりしています。
2813.JPG


燗をつけると、お酒の甘い香りがフワッと漂って着ましたよ。

うまみは濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみが口の中に広がります。
それでいてキレはよく、スッと引いていきます。
また、熟成感もちょっとあるみたいです。
苦みや雑味はありません。

酸味はけっこうはっきりしています。
すっぱさが豊かですが、すっぱさに角はありません。
刺激やピリピリ感もないみたいです。

甘みはややはっきりしています。
しかし、決してベトつかない、さらっとした甘みです。


酒臭い(←あくまでもほめ言葉です)うまみと酸味とが豊かで、甘みがコクとまろやかさを添える、濃醇旨口のおいしいお酒でした。
飲みごたえのある味わいですが、雑味がなくて口当たりはスッキリしています。
これはなかなかいけると思います。


(※1)清酒の製法品質表示基準(平成元年国税庁告示第8号)3(2)

【お酒】700.天覧山 カップ [11.埼玉県の酒]

2782.JPG2783.JPG
五十嵐酒造株式会社
埼玉県飯能市大字川寺667

アルコール分 15度
原材料名:米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
180ml詰
(以上、フタより転記)




五十嵐酒造さんのお酒は、かつて天覧山の特撰180ml瓶(本醸造か?)をいただいております。
今日いただくこのお酒は、普通酒です。


特撰とのちがいを確かめることを念頭におきながら、じっくりといただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、それほどはっきりしてはいませんでした。
2784.JPG


うまみは淡めです。
でも、淡いなりにしっかりしています。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをほんのりと感じます。
キレはそれほどないみたいです。
それに、苦みをわずかに感じます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさがメインですが、角はない酸味です。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはわずかにあるみたいです。
べとついた感じは全くありません。


淡いなりにはっきりしたうまみに、酸味と苦みとが味を引き締める、淡麗旨口のおいしいお酒でした。
特撰よりも、淡くてすっきりした味わいでした。
でも、物足りなさはないですね。
どちらを好むかは、意見の分かれるところではないでしょうか。

【お酒】699.菊泉 本醸造 ふっかちゃんカップ [11.埼玉県の酒]

2777.JPG2778.JPG2779.JPG
2780.JPG
滝澤酒造株式会社
埼玉県深谷市田所町9-20

アルコール分:15度
精米歩合;麹米65% 掛米70%
原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
180ml詰
(以上、フタより転記)




埼玉県深谷市のイメージキャラクター“ふっかちゃん”をラベルにいただくお酒です。
当然ながら、この角は、深谷市の名産である深谷ネギでしょう。


お酒がネギ臭くないことを願いつつ、さっさといただいてみたいと思います。
本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、淡めでした。
2781.JPG


うまみはちょっと濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみも少し感じます。
それでいてキレがよく、口の中でパッと広がってスッと引いていきます。
苦みや雑味はないみたいです。

酸味ははっきりしています。
スーッとさわやかな酸味が豊かです。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
ちょっとべとついた感じもしますが、クドさはないみたいです。


キレがよくて酸味がさわやかな、やや濃醇で旨やや甘口のおいしいお酒でした。
うまみはしっかりしているもののキレがよく、さっぱりした味わいに仕上がっています。
雑味のなさと酸味のさわやかさとも、さっぱりさに影響を与えているみたいです。
それでいて甘みがあるので、それがコクを補っているように感じました。
なかなかの味わいではないでしょうか。

あ、それから、ネギ臭さはありませんでした。
前の10件 | - 11.埼玉県の酒 ブログトップ