So-net無料ブログ作成
検索選択
09.栃木県の酒 ブログトップ
前の10件 | -

【お酒】1160.池錦 星の花 純米生貯蔵 300ml [09.栃木県の酒]

4947.JPG4948.JPG
池島酒造株式会社
栃木県大田原市下石上1227

アルコール分15度
原材料名/米(国産)米こうじ(国産米)
精米歩合/65%
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




池島酒造さんのお酒は、これまでに池錦 特別純米酒 那須乙女 300mlと、池錦 本醸造 生原酒 180mlとをいただいております。
今日いただくこのお酒は、純米の生貯蔵酒です。


生貯蔵酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
4951.JPG


一口含むと、フレッシュな風味がはっきりしていることがわかります。

うまみは濃くはないですね。
米のうまみちょっと、醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみちょっとといったところでしょうか。
それよりも、苦みがやや強めで、角が少しあります。
また、キレはそれほどでもないみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさがちょっと強めで、鋭さを少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みははっきりしています。
べとつかず、さらっとしていますが、それでも強めです。

ちょい苦ちょいすっぱやや甘口のお酒でした。
これはあくまでも私の感想ですが、重さはないものの、フレッシュさが少しクドめで、苦みと酸味とが目立ち過ぎていると感じました。
そう感じたのは、それらを支えるだけのうまみがないからかもしれません。
もしアル添だったら味わいがどう変わるのか、興味深いところではありました。


今日は、焼はまぐり(奥)と焼あさり(手前)とを合わせましたよ。
4949.JPG
値段から推察するにおそらく本蛤ではないでしょうけれど、甘辛いタレが貝のうまみとよく合っておりました。
焼あさりはやわらかくて、うまみはさっぱりしておりましたが、こっちのほうが私の好みの味でした。

これはしぐれあさり。
しょうゆの味がしみていましたが、佃島の佃煮ほどしっかり煮詰めているわけではないみたいで、貝のうまみも豊かでした。
4950.JPG




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今日は、これらの貝のおつまみを買うために、浦安へ行ってまいりました。


まずは、東京メトロ東西線の浦安駅から。
urayasu01.JPG
urayasu02.JPG

駅前はけっこうにぎやかですね。
urayasu03.JPG

その駅の近くで“やき蛤”の看板を見つけて、焼はまと焼あさりとをGET!
urayasu04.JPG
urayasu05.JPG


駅前はにぎやかでしたが、道を一つ入るとけっこう静かでした。
urayasu06.JPG

猫実(ねこざね)ってのは、この辺りの地名(大字)です。
urayasu07.JPG

猫実っていうだけあってか、にゃんこが充実していましたよ。
最初は逃げられましたが、しばらくそばにいて指のにおいを嗅いでもらったら、触らせてくれました。
urayasu08.JPG
urayasu09.JPG
urayasu10.JPG

猫実で見つけたこのお店では、しぐれあさりをGET!
urayasu11.JPG
urayasu12.JPG


境川に出てまいりました。
けっしてきれいな川ではありませんが、それでも鴨がいましたよ。
urayasu13.JPG
urayasu14.JPG

その境川沿いに、かやぶき屋根の建物を見つけました。
urayasu15.JPG

旧大塚家住宅。
見学させていただきました。
(写真は許可をいただいて撮影しました。)
urayasu16.JPG
urayasu17.JPG

中に入ってちょっとドキッとしましたが、人形でした。
urayasu18.JPG
urayasu19.JPG


境川を渡って猫実から堀江へと入ってまいりました。
ここはかつて、「ここに来ないと、死んでしまう。」と言われたフラワー通り。
urayasu20.JPG
urayasu21.JPG

これはどうやら銭湯のようでした。
urayasu22.JPG

フラワー通りでは、旧宇田川家住宅を見学させていただきました。
urayasu23.JPG
urayasu25.JPGurayasu24.JPG

旧宇田川家住宅は、お庭がとても素敵でした。
(写真は許可をいただいて撮影しました。)
urayasu26.JPG

植栽も素敵ですが、背後の建物が先ほどの銭湯ってのもいい雰囲気でしたよ。
これがもし新築のマンションだったら、きっと興ざめだったことでしょう。
urayasu27.JPG


このあとは、趣のある建物を眺めながら散策しましたよ。
urayasu28.JPG
urayasu29.JPG
urayasu30.JPG


この公園がある場所は、かつては舟溜りだったそうです。
urayasu31.JPG
urayasu32.JPG

昭和40年当時の写真を見ると、べか舟がびっしりと係留されていたことがわかりますね。
urayasu33.JPG


大三角線(おおさんかくせん)まで歩いてきたところで、腹が減ってまいりました。
urayasu34.JPG

大三角線沿いの定食屋さんに吸い込まれていきました。
urayasu35.JPG

歩きましたからね、そりゃビールでしょう!
どうせ歩いていなくたってビールなんだろ!
urayasu36.JPG

奴とサラダとをつまみながら、お目当ての一品が出てくるのをおとなしく待っております。
urayasu37.JPG

お目当てにしていた一品は、アジフライ。
あたしゃね、フライの中ではアジフライが一番好きなんです。
それに、アジフライってのはね、揚げたてじゃなくちゃいけませんよ!
urayasu38.JPG


お腹も心も満たされたところで、新浦安駅までまいりました。
urayasu39.JPG

新浦安駅から、JR京葉線に乗って帰ったとさ。
urayasu40.JPG

【お酒】1159.天鷹 辛口 特別本醸造 生酒 300ml [09.栃木県の酒]

4941.JPG4942.JPG4943.JPG
天鷹酒造株式会社
栃木県大田原市蛭畑2166

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
精米歩合 60%
アルコール分 15度
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




天鷹酒造さんのお酒は、これまでに以下のものをいただいております。
161.青松天鷹 カップテンタカ
182.天鷹 辛口純米酒 瑞穂の郷 アロマぼとる 180ml
476.旨辛天鷹 180ml
759.辛口特別純米酒 天鷹スパークリング生 300ml
800.旨辛天鷹 カップ
1101.純米大吟醸 天鷹心(てんたかこころ) 300ml
今日いただくこのお酒は、特別本醸造の生酒です。


このお酒ですが、ラベルにいろいろと能書が表示されておりました。
4944.JPG
4945.JPG


生酒ですし、冷やかロックで飲めと書かれておりますので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、かすかに茶色がかっておりました。
4946.JPG


一口含むと、生酒のフレッシュな風味が豊かであることがすぐにわかります。

うまみはやや濃いめです。
米のうまみをはっきりと感じますし、醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)もちょっと感じます。
また、香ばしさと軽い苦みとも少しあるみたいです。
それでいてキレがよく、スッと引きます。

酸味はややはっきりしています。
強くはないものの、針のように舌をピンと突くような酸味です。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
かなり弱めではあるもののゼロではなく、けっしてべとつかない甘みをかすかに感じます。


フレッシュな風味が豊かでキリッとしているものの、うまみがしっかりしていてコクもある、やや濃醇で旨やや辛口のおいしいお酒でした。
フレッシュさが強めではあるものの、うまみがしっかりしているせいか、クドくは感じませんでした。
また、香ばしさと軽い苦みとが味の厚みを作り出していて、酸味が味を引き締めているようでした。
それにラベルに記載されていたとおり辛口ではありましたが、甘みがゼロではなくてコクを感じました。
しかもキレがよく、後味スッキリでしたよ。

あたしゃ冷酒ならば、香りプンプンの吟醸酒よりも、こういうお酒のほうが好きですね。
さすがけっして期待を裏切らない天鷹さん、恐れ入りました。

【お酒】1152.池錦 本醸造 生原酒 180ml [09.栃木県の酒]

4903.JPG4904.JPG
池島酒造株式会社
栃木県大田原市下石上1227

アルコール分19度以上20度未満
原材料/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
精米歩合/65%
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




池島酒造さんのお酒は、かつて池錦の特別純米酒 那須乙女300mlをいただいております。
今日いただくこのお酒は、本醸造生酒原酒です。

アル添されている原酒ですからね、度数が19-20度と高めです。
4905.JPG


生原酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、ちょっとだけ着いていることがわかる程度でした。
4906.JPG


生酒らしいフレッシュな風味はあるものの、かなりひかえめです。
それにアル添の原酒ですが、アルコール香もそれほどはっきりしてはいないみたいです。

うまみはやや濃いめで、しっかりしています。
米のうまみがはっきりしていて、酒臭さ(←ほめ言葉です)もちょっとあるみたいです。
軽い苦みがあるようですが、嫌な感じはないですね。
熟成感と香ばしさとも、かすかにあるみたいです。

酸味はややひかえめです。
角のない酸味がじわりとくるみたいです。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
けっこうはっきりしていると思いますが、べとつかないさらっとした甘みです。


しっかりしているもののクセのない、やや濃醇で旨口のおいしいお酒でした。
軽い苦みがすこしはっきりしているものの、それがうまみを引き立てているように感じました。
また、甘みもコクにうまく作用しているようでした。

飲み応えがあるもののクセがなくてどんどんいけてしまいますが、そこは19-20度の原酒です。
飲み終わったあとで、少しフラつきましたよ。

【お酒】1147.東力士 とろ~りにごり酒 カップ [09.栃木県の酒]

4874.JPG
株式会社島崎酒造N
栃木県那須烏山市中央1丁目11番18号

アルコール分15度以上16度未満
原材料名 米(国産) 米こうじ(国産米) 醸造アルコール
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




島崎酒造さんのお酒は、かつて普通酒の東力士ふるさとカップと、東力士の特別本醸造しぼりたて生アルミ缶とをいただいております。
今日いただくこのお酒はにごり酒ですが、品質表示から判断するに普通酒のようです。
4875.JPG

これまでにいただいた島崎酒造さんのお酒は甘みがはっきりしておりましたが、はたしてこのお酒も甘いのでしょうか?
にごり酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の状態を確かめるべく、グラスに移してみましたよ。
色はほぼ白色で、見た目ではそれほどとろみを感じることはできませんでした。
4876.JPG


うまみはやや濃いめです。
これは米のうまみそのものでしょう。
でも、とろみはそれほど感じませんね。
オリのざらつきもわずかで、そんなにしつこくないみたいです。
軽い苦みがちょっとだけあるみたいですが、気にはならない程度です。

酸味はややひかえめです。
弱めのすっぱさがちょっとだけあるみたいです。
刺激やピリピリ感はありません。

意外にも、甘みはややひかえめです。
かなりさらっとした甘みをちょっとだけ感じる程度です。


米のうまみが豊かではあるものの、さっぱりしていて飲みやすい、やや濃醇で旨口のおいしいお酒でした。
“とろ~り”と名付けられておりますが、私はむしろにごり酒にしてはさっぱりしているように感じました。
濃すぎず、しかも甘みもそれほど強くはなくて、クドさを感じませんでした。
飲みやすくて、食事ともあわせやすいにごり酒だと思います。

【お酒】1101.純米大吟醸 天鷹心(てんたかこころ) 300ml [09.栃木県の酒]

4663.JPG4664.JPG4665.JPG
天鷹酒造株式会社
栃木県大田原市蛭畑2166

アルコール分15度
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)
精米歩合50%
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




天鷹酒造さんのお酒は、これまでに以下のものをいただいております。
161.青松天鷹 カップテンタカ
182.天鷹 辛口純米酒 瑞穂の郷 アロマぼとる 180ml
476.旨辛天鷹 180ml
759.辛口特別純米酒 天鷹スパークリング生 300ml
800.旨辛天鷹 カップ
今日いただくこのお酒は、満を持しての純米大吟醸です。
4666.JPG4667.JPG



純米大吟醸ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
4668.JPG


あーフルーティーな吟醸香が豊かですよ。
はっきりしてはおりますが、でもクドさやプンプンした感じはないですね。

うまみはやや淡めですが、淡いなりにしっかりしています。
お米のうまみをピンと感じます。
山田錦使用とのことでしたが、山田錦使用のお酒でよく感じるような広がりはないみたいです。
かすかに苦みがあることがわかりますが、まったく気にはなりません。
純米だからでしょうか、キレはそれほどでもないみたいです。

酸味はややひかえめです。
すっぱさは弱めですが、弱いなりに鋭さを感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
けっしてべとつかないさらっとした甘みをちょっとだけ感じます。


香りが奥ゆかしく効いていて、米のうまみを弱めの酸味とかすかな苦みとが引き締める、やや淡麗で旨やや辛口のおいしいお酒でした。
吟醸香がはっきりしてはいるものの、香りにクドさや派手な感じがないので、食事と合わせやすいと思います。
酸味や苦みをちょっと感じますが、けっして雑味や角のような感じではなくて、むしろそれらが味をまとめているようでした。
天鷹さんのお酒はどれもおいしいものばかりでしたが、純米大吟醸も香りと味とのバランスが絶妙なおいしいお酒でした。
純米大吟醸をいただくならば、ナントカ祭なんかよりも、あたしゃ断然この天鷹心だな。

ですがこのお酒、けっして皆さまにはおすすめできませんよ。
だってね、ついつい飲みすぎてしまいそうな、とても危険なお酒だからです。

【お酒】1099.東力士 特別本醸造 しぼりたて 生 [09.栃木県の酒]

4656.JPG4657.JPG
株式会社島崎酒造N
栃木県那須烏山市中央1-11-18

アルコール分:19度以上20度未満
原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール
精米歩合:60%
容量:180ml
日本酒度:-3
酸度:1.9
アミノ酸度:1.6
(以上、缶の印刷事項より転記)




島崎酒造さんのお酒は、かつて普通酒の東力士ふるさとカップをいただいております。
今日いただくこのお酒は、特別本醸造の生酒です。
4658.JPG
アルコール度数が19度台ということは、原酒でしょうか?


生酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
4655.JPG


生酒らしいフレッシュな風味がありますね。
でも、生貯蔵酒みたいなクドさは感じません。

うまみは濃くはないですが、しっかりしています。
お米のうまみがはっきりしています。
苦みや雑味はまったくなく、しかもキレがよいみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないですが、少し鋭さを感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みははっきりしています。
でも、べとつかない、さらっとした甘みです。


フレッシュで米のうまみがはっきりしていて、甘みがコクを添える、爽快旨甘口のおいしいお酒でした。
島崎酒造さんの東力士シリーズには甘口のお酒が多いようですが、このお酒もやはり甘口でした。
それでも甘みにクドさがなく、しかもコクをうまく出しているようでした。
甘めではありましたが、おいしくいただくことができました。
今度東北から普通電車に乗って帰ってくる際には、宇都宮駅の駅ビル1階にあるスーパーでこのお酒を買って、グリーン席に座ってチビチビとやりながら戻って来たくなってきましたよ。

【お酒】1076.門外不出 六割みがき特別純米酒 [09.栃木県の酒]

4557.JPG4558.JPG4559.JPG
西堀酒造株式会社
栃木県小山市粟宮1452

アルコール分15度以上16度未満
原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)
精米歩合60%
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




西堀酒造さんのお酒は、これまでに以下のものをいただいております。
184.門外不出 特別純米 カップ
230.黒・門外不出 純米吟醸 カップ
430.若盛 精撰赤ラベルカップ
432.若盛 樽酒 限定品 300ml(普通酒)
472.473.若盛 純米吟醸 開運★おやまくま&吟醸 レディおやまくま 飲み比べ
今日いただくこのお酒は、精米歩合60%の特別純米酒なのだとか。
4560.JPG


これまでの経験からして、特別純米酒や特別本醸造には香りがあるものが少なからずありましたので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
4561.JPG


強くはないものの、やっぱり香りがありますね。
花っぽい香りです。

うまみはやや淡めですが、淡いなりにしっかりしています。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをほんのりと感じます。
米のうまみもかすかにあるみたいです。
ですがこのお酒、枯れたような感じのする軽い苦みがややはっきりしています。
これらが厚みなく水平に広がったのち、サッと切れていくみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさがやや強めで、鋭さも感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
ほんのかすかではありますが、その存在はわかります。


香りと酸味とが効いていて、枯れたような軽い苦みがある、やや淡麗でやや辛口のお酒でした。
しっかりしているものの、さっぱりしていてキレがよいためか、飲みにくくはないですね。、
これはあくまでも私の感想ですが、この香りと苦みとは、ちょっと合わないように思いました。

【お酒】1027.十一正宗 特醸酒 尚仁沢 にごり酒 180ml [09.栃木県の酒]

4321.JPG4322.JPG
森戸酒造株式会社
栃木県矢板市東泉645

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15度
内容量180ml
(以上、ラベルより転記)




森戸酒造さんのお酒は、かつて十一正宗のカップ酒(普通酒)をいただいております。
今日いただくこのお酒は、宇都宮の酒問屋さんが企画した“アロマぼとる"シリーズに含まれている、普通酒のにごり酒です。
4323.JPG


尚仁沢(しょうじんざわ)という酒銘は、どうやら栃木県にある名水に由来しているようでした。
4324.JPG


ところで、このお酒ですが、“瓶燗火入れ”という手法を用いているようです。
4325.JPG
火入れについてはかつてこちらで触れておりますので、ご参照下さい。

私はこれまで、瓶燗というのは二回目の火入れを(お酒の)「品質を損なわないために、瓶詰めしてから加温する方法」(※1)だと思っておりました。

しかし、最近読んだ文献の記述から、どうやら火入れを一回だけとして二回目の火入れを省略する手法があることを知りました。

 また、最近では「瓶貯1回火入れ」の商品も増加しています。瓶貯とは瓶詰め貯蔵のことで、できあがった日本酒を火入れしてからすぐ瓶に詰め、その後瓶のまま貯蔵します。瓶貯1回火入れは、先に瓶詰めすることで殺菌のために行う2度目の火入れを省略でき、吟醸酒などで行う冷蔵貯蔵がしやすいというメリットがあります。生貯蔵酒や生詰め酒と同様に、フレッシュさが感じられる味わいです。」(※2)

これは私の推測ですが、上記の記述では「火入れしてから瓶詰めして」と書かれているものの、お酒を生のまま瓶詰めしてから瓶燗火入れすれば、同じ理由で二回目の火入れを省略することができて、しかもフレッシュさを維持できるのではないかと思います。

かつて、“瓶火入冷温貯蔵”と表示されたお酒や、あるいは“生詰火入れ”と表示されているお酒に出会ったことがありました。
これらはもしかしたら、生のまま瓶詰めして瓶燗火入れしたのちに貯蔵し、2回目の火入れを省略して出荷したお酒という意味だったのかもしれません。


ではその“瓶燗火入れ”のお酒をいただいてみたいと思います。
にごり酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

オリの両は、全体の3割程度といったところでしょうか?
4326.JPG

お酒には、ちょっとだけ象牙色っぽさがありました。
とろみはそれほどでもないみたいです。
4327.JPG


うまみはやや濃いめです。
お米のうまみそのものでしょう。
オリのざらつきと、軽い苦みとが、ほんの少しだけあるみたです。
それに、フレッシュな風味もわずかに感じます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさに鋭さがありますが、強くないので気にはなりません。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはひかえめです。
さらっとした甘みをかすかに感じる程度です。


やや濃醇で爽快辛口のおいしいお酒でした。
酸味とフレッシュさとが、穏やかでちょうどよい感じです。
辛口で、それがわずかな軽い苦みとともに味を引き締めています。
これはなかなかいけるのではないでしょうか。
甘くないので、食事とも合わせやすいと思います。


(※1)篠田次郎『日本酒ことば入門』p.204(2008.7 無明舎出版)
(※2)公益財団法人日本醸造協会/日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)監修『日本酒学』p.119(2016.6 洋泉社)

【お酒】800.旨辛天鷹 カップ [09.栃木県の酒]

3252.JPG3253.JPG
天鷹酒造株式会社
栃木県大田原市蛭畑2166
(以上、フタより転記)

アルコール分15度
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




天鷹酒造さんのお酒は、かつて以下のものをいただいております。
161.青松天鷹 カップテンタカ
182.天鷹 辛口純米酒 瑞穂の郷 アロマぼとる 180ml
476.旨辛天鷹 180ml
759.辛口特別純米酒 天鷹スパークリング生 300ml


今日いただくこのお酒は、宇都宮駅に併設されたスーパーで見つけました。
ラベルには、たしかに“旨辛天鷹”である旨が表示されています。
3254.JPG
3255.JPG
ということは、かつていただいた旨辛天鷹の180ml瓶と同じお酒なのでしょうか?

それにしても、天鷹酒造さんには青松天鷹というカップ酒があったはずです。
双方とも普通酒のようですが、その青松天鷹とこのカップ酒とはどういう関係にあるのでしょうか?
3256.JPG


いろいろとナゾの多い(と私が勝手に思っている)このカップ酒です。
やはり、実際にいただいてみることでそのナゾを探ってみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少しはっきりしています。
3257.JPG
あれ?
たしかかつていただいた旨辛天鷹も青松天鷹もほぼ透明で、こんな色は着いていなかったはずです。


うまみは濃くはないですが、しっかりしています。
かもし出された酒臭い(←ほめ言葉です)に、熟成感をわずかに感じます。
また、軽い苦みをほんのわずかに感じます。

酸味ははっきりしています。
スーッとさわやかな酸味です。
ごくわずかにピリッと感じます。

甘みはひかえめです。
しかしゼロではなく、ほんのわずかに感じます。


キリッとしているがうまみ豊かな、名前の通り旨辛口のおいしいお酒でした。
酸味と軽い苦みとが味を引き締めているようです。

私の記憶が正しければ、青松天鷹にも旨辛天鷹にも、酒臭さ(←あくまでもほめ言葉です)や熟成感はなかったはずです。
もしかして、今日いただいたカップ酒には、これらとはちがうお酒が詰められているのでしょうか?
それとも、蔵元さんが造りを変えなさったのでしょうか?
単にオマエの舌がポンコツだってことだけじゃないのか!

【お酒】794.澤姫 特別本醸造 アロマぼとる 180ml [09.栃木県の酒]

3224.JPG3225.JPG3226.JPG
株式会社井上清吉商店
栃木県宇都宮市白沢町1901-1javascript:;

原材料/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
原料米/栃木五百万石100%使用
精米歩合/60%
アルコール分/15度
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




井上清吉商店さんのお酒は、かつて澤姫の普通酒サワヒメカップをいただいております。
今日いただくこのお酒は、栃木県産の五百万石を100%使用した特別本醸造です。
3228.JPG
特別本醸造についてはこちら、そして五百万石についてはこちら、それぞれご参照下さい。


ところで、宇都宮や日光などといった栃木県の観光地へ行くと、今日いただくこのお酒と同じ青色の一合瓶に詰められたお酒が何種類か販売されているのをよく見ます。
3227.JPG
このブログでは、これまでに天鷹惣誉、それに四季桜を紹介しております。

調べてみたところ、これは横倉本店さんという、宇都宮の酒問屋さんが企画した“アロマぼとる"というシリーズであることがわかりました。
10種類のとり揃えがあるようですので、いつかすべてをいただいてみたいものです。


今日は、そのアロマぼとるシリーズの特別本醸造をいただきます。
特別本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、やや茶色がかっているようです。
3229.JPG


一口含むと、フルーティーな香りをちょっと感じます。

うまみは濃くはないですが、しっかりしています。
熟成感がややはっきりしています。
でも、透明感があってクリアな感じがします。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさがメインで、さわやかさをちょっと感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはひかえめです。
わずかに感じるものの、コクには影響を与えていないみたいです。


透明感があってすっきりしている中に、香りと熟成感とを同時に感じることができる、辛口のお酒でした。
熟成感はともかく、すっきりしていて香りがあるお酒ですので、冷蔵庫で冷やしたほうがよりおいしくいただけたかもしれません。
というか、こういう風味のお酒には、熟成感は合わないと思います。

これは私の感想ですが、特別純米酒や特別本醸造では、こういうすっきりしていて香りがある味わいのものに時々出会うようです。
それ故、これ以降は、これらのお酒をいただく際には、あらかじめ風味を確認してみてから燗にするかどうか決めたいと思います。
前の10件 | - 09.栃木県の酒 ブログトップ