So-net無料ブログ作成
やってみた ブログトップ

≪年忘れスペシャル企画≫白岳で“和風チューハイ”を作ってみましたよ~だ! [やってみた]

メガネくもっちゃった!(←橘家圓蔵より)
じゃなくて、白岳残っちゃった!
かなりムリヤリだな。
5992.JPG


先日、白岳 しろをいただいた際に、味を比較するために白岳25度の二合ボトルを開けてしまいました。
しろは全部いただきましたが、さすがにこっちは8割方を残してしまいましたよ。
5993.JPG

私に焼酎の美味しさを教えてくれたのは、この白岳でした。
あっさりしているものの、お米の風味をふわっと感じることができるおいしい米焼酎です。
それ故に、もしかしたら和の素材で風味付けをして炭酸で割ったら、米の風味を感じるおいしいチューハイができるのではないでしょうか?

そこで今回は、風味豊かな和の素材を複数用意して、この白岳を使ってチューハイをいくつか試してみましたよ。


なお焼酎は、それぞれ40mlずつ使用いたしました。
6004.JPG




☆その1:わさび

わさびって、鼻にツンとくる辛味だけじゃなくて、爽やかさがありますよね。
そのツンとくる辛味を炭酸で緩和できたら、もしかしたら爽やかさがチューハイの風味付けとしていい塩梅に働くんじゃないかと思い、試してみることにいたしましたよ。

ですが今回は、予算の都合もあって生のわさびを買うことはかないませんでした。
年末はいろいろと出費がかさむものでね。

そこで、やむを得ずこのチューブ入りのわさびで試してみましたよ。
5955.JPG

わさびの量は、このくらいにしておきました。
6005.JPG

コップの中で、焼酎でわさびを溶きます。
6006.JPG

そこにソーダを入れて、完成です。
6007.JPG


うまいじゃん!

爽やか~!
わさびの爽やかさが炭酸で引き立てられているようです。
ツンが少し残りますが、それがまたいい感じ!
かすかではあるものの、米の風味もわかりますよ。

しかもこのチューハイ、食べ物の相性がとてもいいね。
特に塩気のあるものとの相性はばっちりですわ。

生わさびを使っていれば、きっと爽やかさがもっとはっきりしていたことでしょう。
ただね、わさびの量がもう少し少ないほうが、米の風味がもっとはっきりしていたかもしれません。




☆その2:かぼす

チューハイといえば、レモン風味が最も一般的ではないでしょうか。
天羽乃梅だろ!、とか野暮なことは言わないの!
でも、レモンってのは、舶来の柑橘ですよね。
国産レモンもあるだろ!、とか野暮なことは言わないの!

風味付けに使われる和の柑橘と言えば、柚子やすだち、それにかぼすが一般的ではないでしょうか。
それらの中でもかぼすはこの白岳(熊本県産)と同じく九州産(大分県産)のものが最も多く出回っているようですね。
それにかぼすは柚子と比べると香りが穏やかで、またすだちほど酸味に鋭さがないように思います。
それ故にこの白岳に合うのではないかと思い、選んでみた次第でございます。

しかし、まことに残念ながら、生のかぼすを入手することはかないませんでした。
そこで、かぼすの果汁で代用いたしますよ。
5991.JPG

焼酎にかぼす果汁を入れて、
6008.JPG

ソーダで割っていただきます。
6009.JPG


うまかー!

これはまちがいないでしょう!

かぼすの風味が穏やかに効いていますよ。
すっぱさや香りに角がないですね。
軽い苦みもちょっとだけありますが、それもまたいい感じです。

米の風味は引きますが、じっくりと味わうとわかりますよ。
かぼすのやさしい風味が効いた、おいしいチューハイでした。




☆その3:生姜の酢漬

あたしゃ知らなかったのですが、大阪には“ガリ酎”なるものがあるそうですね。
それは寿司屋でおなじみのガリを使ったチューハイなのだとか。

今回それを試してみようかと思ったのですが、味も素っ気もない甲類焼酎を用いるのであればともかく、米焼酎にガリを入れると酢の強さで米の風味が飛んでしまうのではないかと危惧いたしました。
そこで、ガリよりも風味が穏やかであろうと思われる、この酢漬で試してみましたよ。
5995.JPG
6010.JPG

まず、生姜の酢漬を薄くスライスいたします。
6011.JPG

これをグラスに入れて、すりこ木で軽く突きます。
6012.JPG

そこに焼酎を入れて混ぜて、
6013.JPG

最後にソーダを注ぎますよ。
6014.JPG


めっちゃうまい!
めっちゃうまい!
↑大阪の雰囲気を出すために、敢えて2回言ってみました。

生姜の爽やかさが穏やかに効いています。
それでいて、これは米の風味がよくわかりますよ。
それにドライな口当たりで、キリッと引き締まっております。

生姜の薄切りがひっかかってちょっと飲みにくく感じますが、口に入ったそれを噛みながらいただくのもまたオツなものですわ。

ただね、これは入れすぎ注意でしょう。
飲み終わりに近づくと、生姜のすっぱさがはっきりしてきてしまいました。




☆その4:青じそ

なんでも、しその生産量がもっとも多い都道府県は、愛知県なのだとか。
いいですか!、愛知県を強調しておきますよ!
6015.JPG

青じそを大雑把にちぎって、グラスに入れます。
6016.JPG

それをすりこ木で軽く突いて、
6017.JPG

そこへ焼酎とソーダとを注ぎます。
モヒートの要領ですね。
6018.JPG
6019.JPG


どえりゃあことうみゃあもんでだちかんがや!
オマエ最初からこれが言いたくてこの企画を立てたんだろ!

青じその風味が効いています。
青臭さがありますが、野菜好きの私としてはそれもまたうれしいところです。
それとともに、米の風味もわかりますね。

ただね、青じそが浮いてくるので、飲みにくいかも。
最初のふた口くらいで口の中に全部が入って、食べてしまいました。

それに今回入手した青じそはいささか大ぶりで、育ちすぎの感がありました。
青臭さが出たのは、そのせいだったのかもしれません。
青臭さが苦手な人は、なるべく小ぶりの青じそを選んだほうがよいでしょう。




《まとめ》

どれもおいしくいただくことができました。
甘みのあるものを使用していないので、食事と合わせやすいチューハイになりましたよ。

しかし、やはり注意すべきは「入れすぎ」でしょう。
甲類を使用するならばともかく、米焼酎の風味を残すためには、風味付け素材の量はちょっとだけで十分でしょう。

まあでも、焼酎とソーダだけでもおいしいけれどね。
というか、これが米の風味を一番はっきりと感じられるかも。
6020.JPG




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【おしらせ】

年内の更新は今日が最後です。
新年最初の更新は、1/5(金)を予定しております。

今年は焼酎の風味にすっかり惹かれてしまい、九州へ3度も行ってしまいました。
それ故、けっこうお金を使ってしまいましたよ。

来年は、出費をもう少し控えようと思います。
遠出は我慢して、できるだけ近場で集めようかな。





できるわけないか。
nice!(48)  コメント(24) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ビビビ! “ポット酒”にひとめぼれ [やってみた]

雑誌でお酒の特集が組まれていることを知ると、その記事を読みたくなってしまいます。

先日も、岡山県の地方誌である『OSERA オセラ 晩秋号(2013年11-12月号)vol.66』で、岡山県のお酒を特集していることを知って、買ってしまいました。

内容としては、岡山県内の蔵元さん38蔵の紹介と、その中からピックアップした蔵元さんへのインタビューという、この手の特集によくある記事がメインでした。

しかし、たった1ページの、とあるコラムで紹介されていたお酒に、私は、心惹かれてしまいました。


そのコラムでは、岡山市内にある居酒屋“成田家田町店”さんで出される“ポット酒”が紹介されていました。
そして、ポットからぐいのみへお酒を注いでいる写真が載っていたのです。

ポット酒とは、ポットに入れてお客に供される燗酒のことです。
お客は、ポットから自分でぐいのみへお酒を注いでいただくらしいのです。

成田家田町店さんで、60年前の「開店当初、もともと忙しくてお銚子で出せない状況から生まれた」お酒の提供方法とのこと。
そして、「15年くらい前からは、通常はお銚子で出されているんですが、「ポットで」と注文すれば応じてくれ」るそうです。
ポットですから、やはり「ひとりで飲むものじゃないでしょ。何人か、いてこそのもの。」なのだそうです(※1)。

できることならば、お酒を注いでいる写真をこのブログに載せてお見せしたいところなのですが、著作権者に許諾をとっていませんので、許されないところです。
そこで、このブログを読んでくださっている皆様にこの想いをわかっていただきたい一心で、その写真を参考にして、絵を描いてみました。

162-3.JPG
絵心なんてまったくない私が描いた、こんなキタナイ絵を載せるなんて、なんとまあハレンチなことか…。

この写真のせいで、私は、ポット酒にひとめぼれしてしまいました。
理由なんてどうでもいいのです、だって、ひとめぼれですから!。
ビビビってきちゃたんですから!!。


想像するに、このポット酒のいただきかたは、きっとこうでしょう。

(1) 熱いお酒をポットからぐいのみへドボドボと注ぐ(←この音がいいんだろうなぁ♪♪)。
(2) お酒をこぼさないように“水飲み鳥”方式で口を近づけてすする。
(3) 熱いわけですから、当然お酒を空気と一緒にズズーッとすすることになる。
(4) お酒を味わったあと、口の中に残った空気を、口を閉じたまま鼻からスーッと抜く。
(5) お酒の香りを堪能することができる。

また、成田家田町店さんで扱っているお酒の銘柄は、加茂五葉(かもいつは)だけであるとのこと。
そして、「甘めの「加茂五葉」が燗に合うんです。飲む時に鼻に「くん」と来る香りがたまりません。」と書いてある(※1)。
そら来た!、やっぱり飲み方は(1)~(5)のとおりじゃねぇか!!


ああ、ポット酒よ!。
ああ、加茂五葉よ!!。
岡山の地で、いつかきっと、君にあいたい。


(※1)OSERA オセラ 晩秋号(2013年11-12月号)vol.66 p.29
やってみた ブログトップ