So-net無料ブログ作成
検索選択

新カテゴリー“また飲んでみました”の開設について [雑感]

今日から、“また飲んでみました”というカテゴリーを開設することにいたしました。


(1)開設の理由__

この開設は、下記二点の理由に基づくものです。

1.ネタ切れを回避するため
このまま順調に酒集めが進めば、関東近辺や青春18きっぷで出かけられる範囲では、未知のお酒が次第に減っていくわけです。
そうすると、ネタが切れかかるたびに新しいお酒を求めて遠征を試みなければならなくなってしまいます。
しかし毎月のように遠征する必要が生じると、私の懐が持たなくなってしまいます。

2.再び飲んでみたいお酒をいただくため
私にとってこのブログは、お酒の味を正確に理解するための修行の場なのです。
  (ただ飲んで、いいかげんなことを言いふらしているだけじゃないか。
しかし、いくら修行のためと雖も、おいしいと思ったお酒をもう一度飲んでみたいと思う気持ちを抑えることはできません。
それに、かつて飲んだ際においしいと思っても、再度いただいてみた際に前回と同じくおいしく感じるかどうかはわかりませんし、逆にイマイチだったお酒もおいしく感じるかもしれません。
また、さまざまな原因によってお酒の味自体が実際に変わることもあると思います。
そういった“変化”を感じ取ることも、修行の一環ではないかと判断した次第です。

だからといって、未知のお酒との出会いを追求することについて吝嗇になったわけではありません。
酒集めはこれまでどおり進めていきますし、なによりも徘徊癖がある私がじっとしていられるはずがありません。


(2)このカテゴリーに含ませるための要件と採るべき手続__

この“また飲んでみました”のカテゴリーには、下記3点の要件をすべてみたしたお酒のみを含めることといたします。
1.初回にいただいた際と同一のラベルであること
2.初回にいただいた際と品質表示の内容が同一であること
(住所やアルコール度数の表示方法など、表記方法の単なる形式的変更と思われるものを除く)
3.初回にいただいた際と製造元が同一であること
逆に、これらのうち一つでも充たさない場合には、新規のお酒としてこれまでどおりカウントしていきます。

また、初回記事と2回目以降の記事とには、相互にリンクをつけることといたします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お読みいただいている皆様にとっては、こんな面倒くさい口上なんて、どうでもいいことこの上ないかもしれません。
しかし私は、情報公開もなされず適正手続をも尽くされることなく物事が誰か(たち)の独断で進められることが大嫌いな性分でして、だったら自分がすることについても(一方的な情報発信媒体であるブログには情報公開も適正手続きもそぐわないことかもしれませんが、それでも採り得る最低限のこととして)それらを徹底させねばならないと判断したが故のこの“雑感”でございました。


共通テーマ:趣味・カルチャー

お別れ [雑感]

あーあ、
とうとう今生の別れの日がやってくるのか。

583系電車、4月で引退だって。

T0010006.jpg
(2008年8月:会津若松駅にて)

この固定クロスシート、シートピッチが広くて座りやすかったな。
T0010007.jpg
T0010008.jpg


いろいろと書こうと思ったのですが、やめておきます。
さようなら。

ぼくはあしたにんげんドックをうけるので [雑感]

きょうはおさけをのむのをやめておこうとおもうんだな、やっぱり。

4088.JPG

共通テーマ:日記・雑感

疲れがどっと出てしまいました [雑感]

おとといから昨日にかけて、酒集めのために福島へ出かけておりました。

訪れた街を歩き回っているときは、それはもう楽しくてしかたがありません。
多少の無理も、むしろ気持ちよいくらいです。

しかし今日になって、疲労感と筋肉痛とが一気に出て来たのです。
何年か前まではこんなことはなかったのですが、最近になってこういうことが頻繁に起こるようになってきました。
寄る年波には勝てないということでしょう。

こんな状態では、お酒の味をまともに感じ取ることすらできません。
まともに感じ取ったことなんか一度もないじゃないか!
ということで、今日は自分が飲みたい酒を飲んで、さっさと寝ることにいたします。
3344.JPG

それでは皆さま、ごきげんよう。

共通テーマ:日記・雑感

投稿されたコメントを削除しました [雑感]

皆様、いつも“飲みたくなってシマッタの記”をお読みいただきましてありがとうございます。

このたび、ある記事に投稿されたコメント(私自身の返答も含む。)を削除いたしましたことを報告申し上げます。


私は、このブログをお読みいただいている皆様には、できるだけ楽しく、しかもクスクスと笑いながらお読みいただければありがたいと思っております。

そして、投稿していただいたコメントはみな、読者の皆様がお寄せくださった貴重なご意見であると受け止めて、一切削除することもなく、また(過去記事などで見落としているコメントもあるかもしれませんが)できるかぎりご返答しようと努めて参りました。

しかし、このたび、あるコメントとそれに対する私の返答とをこのまま掲載し続けたのでは、皆様が楽しく読むことができなくなると判断し、断腸の思いで削除するに至りました。


読者の皆様におかれましては、今回の措置につきまして、どうかご理解を賜りたく存じます。
また、今後とも楽しい記事をお届けできるように努めますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

願わくは、コメントをお寄せいただく読者の皆様におかれましては、ご自分の意見に固執することなく、それを投稿することによって生じる影響を総合的に考慮の上、酒を飲むことが許されている年齢にふさわしい節度のあるご投稿をお願いいたしたく存じます。

(追記;なーんてエラそうなこと書いてやがるけどさ、みんなが楽しけりゃ、なんだってOKだぜ!)

共通テーマ:日記・雑感

ブラジルフェスティバル2014 [雑感]

今年のブラジルフェスティバルのWebsiteが、やっと立ち上がったようです。
いつもギリギリなんですが、それがまあブラジルらしいといえばそうなんですけれどね。

ブラジルフェスティバル2014
開催日時:2014年7月19日(土)、20日(日) 11:00~19:00
場所:東京都立代々木公園
イベント公式HP:www.festivalbrasil.jp


私は別にブラジルフェスティバルの関係者ではありません。
ただ、夏の炎天下で、ビールやカイピリーニャ(ブラジルのカクテル)を飲みながら、にぎやかなステージを見物したり会場のお店を見て回るのが好きなだけです。
nice!(26)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今夜から再開します [雑感]

パソコンのエッチデーデー(HDD)が壊れてしまい、メーカーに修理に出していました。

今日、一週間ぶりに戻ってきました。
しかし、当然のことながら初期化されていて、OSの更新やらアプリケーションソフトの再インストールやらで、それはもう大変でした。

まだ完全に復旧できてはおりませんが、なんとか使える状態に戻すことができましたので、今日(4/2)の夜から酒飲みブログを再開したいと思います。
nice!(16)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しばらく更新を休みます [雑感]

いつもお読みいただきありがとうございます。

自宅のパソコンのHDDが壊れてしまい、修理に出すことになりました。
購入してから4年たちましたが、これで2回目です。
ユーザーサポート体制の充実を自慢するメーカーの製品ですが、そんなに有料サポートを受けさせたいのでしょうか。

よって、修理が完了して、設定が終わるまで、しばらく更新を休みます。

それでは皆様、ごきげんよう。
nice!(20)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

休肝日について [雑感]

体のことを考えて、というよりはむしろ、

“オレは酒におぼれていないぞ!”
“自分の意思で飲まないことだってできるんだぜ!”

ということを自分で確認して満足するために、休肝日を設けています。

ところで、休肝日については、一週間に2日程度設けたほうがよいという意見が多いようです。
しかし、その2日の設け方については、おおむね2つの説があるようです。

ひとつは、連続して2日間飲まないほうがよいという説(※1)

もうひとつは、二、三日続けて飲んだら1日休むべきという説(※2)

いったい、どちらが正しいのでしょうか?

私は先週まで前者の方法で休肝日を設けていました。
しかし、2日連続で酒を飲まない日を設けると、1日目はそれほど飲みたいとは思わないのですが、2日目に無性に飲みなくなってしまい、精神衛生上よろしくないような気がしてきました。
そこで、今週から、後者の方法で休肝日を設けることに変更します。
ただ飲みたいだけじゃねぇか!

(※1)月桂冠Websiteなど
(※2)公益財団法人アルコール健康医学協会Websiteなど

ウマノスズクサとジャコウアゲハ、そしてアゲハモドキの不思議な関係 [雑感]

2.jpg
ウマノスズクサの若葉


ある日、黒いアゲハチョウが飛んでいるのを見た。
クロアゲハか?、あるいはカラスアゲハか?。
そのアゲハチョウは、ツツジの木に絡まっていたつる草にとまった。
そのつる草をよく見ると、葉の裏に、チョウが産んだと思われる卵がついていた。

何日かして、そのつる草に芋虫がついているのに気づいた。
その芋虫は鳥の糞のような色をしていた。
つる草は、葉だけでなく茎まで芋虫に食べられて、日ごとに小さくなっていった。
芋虫は、鳥の糞のような色のまま、どんどん大きくなっていった。

何かおかしい気がする。

子どもの頃住んでいたところに、カラタチの木があった。その木には、アゲハチョウの幼虫がたくさんついていた。そうだ、クロアゲハやカラスアゲハは、カラタチやサンショウなど、柑橘系の植物を好むのではなかったか?。
このつる草は、はたして柑橘系なのか。

それに、たしかアゲハチョウの幼虫は、最初は鳥のフンのような色をしているが、成長するにつれて脱皮し、緑色になるのではなかったか。

このことについて、ネットで検索して調べてみた結果、以下のことがわかった。

“このチョウは、ジャコウアゲハというらしい。つまり、クロアゲハでもカラスアゲハでもない。”

“ジャコウアゲハは、ウマノスズクサ(上記写真)というつる植物に卵を産み、幼虫はそれを食べて成長する。”

“ジャコウアゲハの幼虫は、鳥の糞のような色のまま成長する。”

さらに、もっと興味深いこともわかった。

ウマノスズクサには毒があり、それを食べるジャコウアゲハの体内にはその毒が蓄積される。この毒は、ジャコウアゲハが成虫になっても消えない。

ジャコウアゲハを食べた鳥は中毒を起こし、二度とジャコウアゲハを食べなくなる。

ウマノスズクサは、一度ジャコウアゲハに食いつくされたほうが、かえってよく成長する。

アゲハモドキという蛾は毒をもたないが、ジャコウアゲハに擬態して、鳥による捕食を免れている。

そもそも、なぜジャコウアゲハはウマノスズクサを食べるようになったのだろうか。毒草なんかを食べたら、自分だって死んでしまうかもしれなかったのに。
もしかして、最初はもっとおいしいものを食べていたが、何かのきっかけでウマノスズクサを食べたところ、鳥に襲われなくなったことに気が付いたのだろうか。しかし、この防衛策は、すべてのジャコウアゲハがウマノスズクサを食べなければ成り立たない。ジャコウアゲハの世界では、ウマノスズクサ以外の植物を食べてはいけない掟でもあるのだろうか。

それにしても、アゲハモドキはちょっとずるい。
そんなに鳥に襲われたくなかったら、擬態ではなくて、自分でウマノスズクサを食べればいいのに。
もし、鳥が生まれてはじめてエサを食べるときにアゲハモドキを食べたら、次はジャコウアゲハをアゲハモドキだと思って食べて中毒になってしまうかもしれない。食べられてしまったジャコウアゲハにとっても、アゲハモドキだと思ってうっかり食べてしまった鳥にとっても、甚だ迷惑な話だ。
しかし、もしかして、アゲハモドキはわざと擬態しているのではなくて、たまたまジャコウアゲハにそっくりだった個体だけが生き残って、今のアゲハモドキ一群を形成しているのかもしれない。

こんなウマノスズクサとジャコウアゲハ、そしてアゲハモドキの関係って、本当にすごいと思う。
ものすごく長い間に、たくさんの偶然が重なって関係づけられた結果なのだろうけれども、それを見守って容認してきた自然に、神秘的な何かを感じます。