So-net無料ブログ作成

【お酒】1262.志太泉 純米吟醸 にゃんかっぷ(五百万石) [22.静岡県の酒]

5464.JPG5465.JPG5466.JPG
株式会社志太泉酒造
静岡県藤枝市宮原423番地22の1

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)
精米歩合55%
使用米 五百万石100%
アルコール分16度
180ml詰
(以上、フタに貼られたラベルより転記)




”ワンカップ大関があるんだから、にゃんかっぷだってあってもいいだろ!“というような趣旨の記述が蔵元さんのWebsiteで紹介されている志太泉酒造さんのにゃんかっぷは、かつて一度、にゃんかっぷラスタ(梅酒)とともにいただいております。

ですが、今日いただくこのお酒を静岡駅前にあるデパートの酒コーナーで見つけて手にとってみたときに、使用されている酒米が五百万石に変わっていることに気づいたのです(かつては八反でした)。
5467.JPG
五百万石についてはかつてこちらで触れておりますが、淡麗ですっきりとした味わいに仕上がる傾向にあるのだとか。

一度飲んだ銘柄のお酒でも、品質表示の内容にちがいがあれば別のお酒として扱うというのがこのブログの方針ですので、今回は通し番号をつけて紹介させていただきます。


純米吟醸ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、薄い金色をしておりました。
5468.JPG


吟醸香はほとんど感じない程度でした。

うまみは濃くはないですが、しっかりしています。
米のうまみが広がるものの、うまみに軽さがあるようです。
また、熟成感がちょっとあるみたいです。
軽い苦みがほんのかすかにあるみたいですが、気にはなりません。
キレはよく、スッと引きます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが少しあるみたいですが、酸味自体に深みを感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
かなりさらっとした甘みを弱めながらにちょっとだけ感じますが、その甘みには厚みを感じます。


軽いうまみに熟成感と酸味の深みがよく合って、甘みがコクを添えてキレのよい、軽快深旨口のおいしいお酒でした。
味わいに深みを感じますが、うまみの軽さとキレのよさとがあることから、重い感じはしませんね。
また、前回はややドライな感じがしたようでしたが(そう記録されておりました)、今回は甘みもちょっとあるみたいで、それがコクに影響しているようでした。
さっぱりしているのにしっかりしている、おいしいお酒だと思います。
nice!(41)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー