So-net無料ブログ作成

【お酒】1247.よしかわ杜氏 天恵楽 純米酒 カップ [15.新潟県の酒]

5390.JPG
株式会社よしかわ杜氏の郷
新潟県上越市吉川区杜氏の郷一番地

アルコール分 15度以上16度未満
精米歩合 60%
原材料名 米(新潟県産)・米麹(新潟県産米)
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




“よしかわ杜氏の郷”という蔵元さんの純米酒です。
5391.JPG

この会社のWebsite(販売サイト)には、「弊社は、旧吉川町の情報発信及び農産物の付加価値向上を目指し、地域活性化の任務を柱に1998年第三セクターとして設立されました。」とありました。

20世紀末に設立された新しい蔵元さんのようですが、その一方で、「よしかわでは元禄4年(1691)から酒造りが行われ、以来近世を通じ旧吉川町域の27の集落に酒造りを営む酒屋がありました。現在なお数多くの酒造技術者集団が存在しており、新潟県一の杜氏輩出地なのです。」という、古くからの酒造地帯であることもWebsite上に書かれておりました。

これは私の予想ですが、もしかしたらこの蔵元さんは、この地域に古くからあった複数の蔵元さんを合併させて、かつ行政の出資を取り入れて第三セクターの蔵元として出発したのではないでしょうか?

すみません。
今日は誰でも簡単に書けるような記述しか披露することができませんでした。


純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
それに澄んでいるようですね。
5392.JPG


うまみはやや淡めです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをうっすらと穏やかに感じます。
熟成感もほんのりとあるみたいです。
また、軽い渋みもちょっとあるみたいです。
キレはよく、また透明感を感じます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさはほんの少しで、アルコール由来のようなさわやかさも少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
ゼロではないものの、かなり弱めです。


やや淡麗でやや辛口のお酒でした。
酒臭さ(←ほめ言葉です)や熟成感、それに渋みもあるものの、角がなくて飲みやすく感じました。
でもその反面、味わいが薄めのようでした。
しかも、醸造アルコールの添加量が多めのお酒にありがちな透明感やキレのよさ、それにさわやかさを感じましたよ。
薄さを感じるものの、逆に濃いと飲みにくいのではないかと思いましたとさ。

nice!(37)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー