So-net無料ブログ作成
検索選択

【お酒】1243.東光 精撰 本醸造 カップ [06.山形県の酒]

5366.JPG5367.JPG
株式会社小嶋総本店
山形県米沢市本町二丁目2番3号 東町上通り

アルコール分 15度
精米歩合 70%
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




米沢の街中に蔵を置く小嶋総本店さんのお酒は、これまでに以下のものをいただいております。
東光 精撰カップ
東光 特別本醸造 なせば成る 180ml
東光 純米吟醸原酒 カップ
東光 上撰 本醸造 カップ
東光 純米 180ml

このお酒は、精撰の小印が付けられた本醸造です。
5368.JPG

あれ?
たしか東光は、精撰(かつての二級酒相当か?)は普通酒(糖類添加なし・酸味料添加あり)で、本醸造には上撰(一級酒相当か?)の小印が付けられていたはずです。

ですが、このお酒を入手した際に米沢駅周辺にあるスーパーの酒コーナーを回ってみたところ、どうやら今年に入ってから精撰クラスは本醸造に、そして上撰クラスは純米酒に、それぞれ格上げされていたようでした。
(“今年に入ってから”と書いたのは、とある飲食店の店先で、今年の2月に製造された精撰普通酒(糖類添加なし・酸味料添加あり)の瓶を見つけたからです。)


本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少し着いていることがわかりました。
5369.JPG


燗をつけると、お酒の甘い香りがフワッと漂ってまいりました。

うまみは濃くはないものの、しっかりしています。
最初に渋みが来るようです。
弱めではあるものの、耳の下辺りを少し刺激してまいります。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみもちょっとあるみたいです。
キレはよいですね。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、鋭さを感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
かなりさらっとした甘みをかすかに感じる程度です。


渋みと酸味とが効いている、ちょい渋ちょいすっぱやや辛口のお酒でした。
これは完全に食中酒でしょう。
もしかしたら、米沢牛の脂をサッと流してくれるのかもしれません。
でも、これはあくまでも私の感想ですが、もう少し飲みやすさを考慮してくれてもよいのではないかと思った次第でした。