So-net無料ブログ作成
検索選択

【お酒】1242.駒泉 山廃純米吟醸 180ml [02.青森県の酒]

5361.JPG5362.JPG5363.JPG
株式会社盛田庄兵衛
青森県上北郡七戸町字七戸230

アルコール分15度以上16度未満
原材料名 米(国産)・米麹(国産米)
精米歩合 55%
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




盛田庄兵衛さんのお酒は、かつて特別純米酒 作田 180mlと、駒泉の本醸造カップとをいただいております。
今日いただくこのお酒は、山廃造りの純米吟醸酒なのだとか。
山廃造り(山廃仕込)についてはこちらで触れております。
また、吟醸酒に関する私の意見については、こちらをご参照下さい。

なお、かつて一度書いたことがありましたが、これまでの経験からして、私は、生酛造りのお酒はきれいな味わいに仕上がる一方で、山廃造りのお酒は酸味がよく出る傾向にあるのではないかと思っております。

とすると、山廃造りの特徴たる酸味は、口当たりの良さや華やかさを特徴とする吟醸酒と、果たして合うのでしょうか?


純米吟醸酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。
5364.JPG

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
5365.JPG


吟醸香はありますね。
強くはないものの、花の香りのようですね。

うまみはやや濃いめです。
米のうまみをしっかり感じ、それが広がります。
苦みや雑味はまったくありません。
それにキレもよいみたいです。

酸味はややはっきりしています。
強くはないですが、深みを感じる酸味です。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
ゼロではなく、かなりさらっとした甘みをちょっとだけ感じます。


香りがあって、しっかりしたうまみに酸味の深みが効いている、やや濃醇で旨やや辛口のおいしいお酒でした。
しっかりした味わいではあるものの、苦みや雑味がまったくないところが、蔵元さんが吟味して製造した成果ではないかと感じました。
山廃らしい酸味はあったものの、粗さがなくて深みを感じる酸味でした。
山廃酛を用いて丁寧に造ると、こういう味わいに仕上がるということを教えてくれたお酒だと思いましたとさ。