So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ
前の10件 | -

【お酒】1253.太平山 本醸造 にごり酒 300ml [05.秋田県の酒]

5414.JPG5415.JPG5416.JPG
小玉醸造株式会社
秋田県潟上市飯田川飯塚字飯塚34-1

原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
精米歩合/65%
アルコール分/14度
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




昭和の頃に生酛の簡略方法である“秋田流生酛仕込”を開発した小玉醸造さんのお酒は、かつて太平山の本醸造ユアカップと、太平山の生酛純米300ml、そして太平山のロングカップ(普通酒)といただいております。
秋田流生酛仕込については、かつてこちらでまとめております。

今日いただくこのお酒は、本醸造のにごり酒です。
5417.JPG


にごり酒ですが、滓の量はわずかでした。
うすにごりといったところでしょうか。
5418.JPG


にごり酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、やはり少しにごっている程度でした。
見た目では、とろっとした感じはないみたいでしたよ。
5419.JPG


一口含んでみても、とろみや滓のざらつきはほとんど感じませんでした。
というか、フレッシュな風味がちょっとあるみたいでした。

ですが、やはり米のうまみがしっかりしています。
また、軽い苦みがちょっとだけあるみたいです。
それでも後味はさっぱりして、キレもよいですね。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは弱めですが、ちょっと鋭いようです。
さわやかさもありますね。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
さらっとした甘みをかすかに感じる程度です。


米のうまみが豊かではあるものの、さっぱりしていてさわやかな、爽快旨やや辛口のおいしいお酒でした。
にごり酒ですが甘くはなく、やや辛口なのがうれしいかぎりです。
さっぱりしていてクセがなく、しかもさわやかなので、スイスイといけてしまいます。
軽い苦みがちょっとだけありますが、それもまた味をうまく引き締めています。

これはもう、あっちゅう間やね。
気がついたらなくなっていましたよ。
nice!(14)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1252.吟醸「文」 180ml [30.和歌山県の酒]

5408.JPG5409.JPG5411.JPG
中野BC株式会社
和歌山県海南市藤白758-45

アルコール分 15度
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
精米歩合 60%
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




Bはバイオケミカル、Cはクリエーションを意味する。」(※1)という中野BCさんのお酒は、かつて長久 上撰カップと、大樽 上撰カップとをいただいております。
5410.JPG

今日いただくこのお酒は、吟醸酒です。
5412.JPG


吟醸酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
5413.JPG


一口含むと、生貯蔵酒のようなフレッシュな風味があることがわかりました。
吟醸香もあるみたいですが、かすかです。

うまみはやや淡めです。
米のうまみが淡めながらも広がり、厚みもちょっと感じます。
また喉を通ったあとで、香ばしさをかすかに感じます。
一方、苦みや雑味はまったくなく、キレもよいですね。

酸味はややひかえめです。
すっぱさがちょっとあって、鋭さを感じるものの弱めです。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
ゼロではなくてかすかに感じる程度ですが、それでもその存在はわかります。


フレッシュな風味とともに米のうまみが広がって、後味のかすかな香ばしさが深みを添えている、やや淡麗で爽快やや辛口のおいしいお酒でした。
フレッシュな風味がありますが、風味にしつこさはないですね。
それに雑味や角がないので、飲みやすく仕上がっているようです。
それでいて、淡いなりに味わいがしっかりしているので、物足りなさはありませんね。
しかもやや辛口で、食事とも合わせやすいと思います。
吟味して造られたことがよくわかるお酒ではないでしょうか。

(※1)吉岡陽『元気なオーナー企業 第5回 【中野BC】カクテル梅酒でニッチ開拓 縮む市場から10年で脱却』p.50(日経トップリーダー 2012年9月号 日経BP社)
nice!(31)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

盆休みにはね、出かけていましたよ~だ。 [旅]

ブログの更新を休んでいた間に、各所を徘徊して酒集めをしておりました。
今回は、その報告をさせていただきます。


まずは、新宿駅からスーパーあずさ1号に乗車。
bon001.JPG

いつもならばムーンライト信州に乗るところですが、今回はあえてスーパーあずさに乗りましたよ。
というのも、このE351系の引退が決まったものですから。
♪スーパーあずさ、チャッチャ♪
♪成田エクスプレス、チャチャ♪
♪房総ビューエクスープレスー♪
ってキョンキョンがやっていた、1994年のJR東日本ダイヤ改正デラックスのCMがなつかしい限りです。
bon002.JPG
bon003.JPG

カーブで車体を傾ける振り子電車ですので、限界に抵触しないように側面が曲がっております。
bon004.JPG

そのため、窓側に座ると、足元がちょっと窮屈になっております。
bon005.JPG

E351系の計算された振り子の揺れに揺られながら、着いたのは松本駅。
bon006.JPG
bon007.JPG

あたしゃ松本には何度も来ているのですが、そのほとんどがムーンライト信州で早朝に到着し、程なく別の場所へ移動するという行程でした。
bon008.JPG

今回はスーパーあずさに乗ってきたことから、みやげ物店が開いている時刻に松本を訪問することができました。
そこでみやげ物店を物色してみたところ、いかにもみやげ物らしいカップ酒を見つけましたよ。
左の“そばまえ”は、同じ蔵元さんが造る本醸造でした。
bon009.JPG




▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


つづいてやってきたのが、木曽福島。
木曽の玄関口です。
bon010.JPG
bon011.JPG

木曽福島の風景にはね、いつ来ても癒されるんですよ。
bon012.JPG
bon013.JPG

でも、雨だけはやめてもらいたいけれどね。
すぐにやんでくれたので助かりました。
bon014.JPG

かわいいにゃんこを発見!
bon015.JPG

出てきてくれて、頭突きされまくり状態!
bon016.JPG

木曽福島では、七笑のカップ酒を入手。
意外でしたが、ガラスのカップをいただくのはこれが初めてでした。
bon017.JPG

途中、中津川に立ち寄って、駅前にある酒屋さんでこのお酒を入手。
bon018.JPG




▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


ところ変わって、近鉄大阪線の榛原駅。
bon019.JPG

駅前からバスに乗って向かったのは、
bon020.JPG

奈良県宇陀市の大宇陀(おおうだ)。
bon021.JPG

大宇陀のバス停は、道の駅宇陀路大宇陀の敷地内にあります。
bon022.JPG
bon023.JPG

その道の駅で、阿騎野宿(あきのやど)なるカップ酒をGET!
大宇陀に蔵を置く芳村酒造さんのお酒でした。
bon024.JPG

大宇陀にはもう一つ、“初かすみ”を造る久保本家酒造さんがあります。
bon025.JPG
bon026.JPG
bon027.JPG
bon028.JPG

この久保本家酒造さん、カップ酒や少量瓶は出していないとのことでした。
四合瓶を担いで帰ろうかと思ったのですが、この後の予定があったことから断念しました。
でもせっかく来たので、猪口を買って帰りましたよ。
bon029.JPG

大宇陀からは、桜井行のバスに乗車。
bon030.JPG

バスは山を越えて走って行きます。
bon031.JPG

終点桜井駅の二つ手前、薬師町のバス停で下車。
ここから南へ歩いて行きます。
bon032.JPG

途中、談山神社の大鳥居がありましたよ。
右の建物と比べると、大きさがわかると思います。
解説にあるとおり、たしかに右側が少し欠けておりますね。
bon033.JPG
bon034.JPG

薬師町のバス停から30分ほど歩いてきて、西内酒造さんに到着いたしました。
bon035.JPG
bon036.JPG

残念ながら、カップ酒は売り切れとのこと。
そこで、カップ酒と同じ中身の普通酒300ml瓶を入手しましたよ。
bon037..JPG
談山のカップ酒は容器が特徴的で、ぜひとも入手したかったのですが、売り切れではしかたがありません。
でもいいんです。
だってね、これでまた西内酒造さんを訪問する楽しみができたわけですからね!

桜井駅へ向かう途中で、白鹿の本醸造ペットカップを見つけてGET!
bon038.JPG

桜井駅まで戻ってきて、近鉄に乗って日本橋駅を目指しました。
bon039.JPG

日本橋で下車して、初かすみ酒房を目指します。
さきほど立ち寄った大宇陀の久保本家酒造さんの直営居酒屋です。
ですが、なんと絶賛改装中でしたよ(トホホ)。
bon040.JPG
bon042.JPG

でもでもでも!

転んでも
タダでは起きぬ
よっぱらい

初かすみ酒房はなんなんタウンにもあるので、そちらへと向かいましたよ。
bon043.JPG
bon044.JPG

まずは生小で、喉の渇きを癒します。
ごめんなさい、写真を撮るべきことを忘れて口を付けてしまいました。
bon045.JPG

おでんはね、サッと出てくるのがありがたいところです。
大阪ならではの“梅焼”を頼みましたよ。
この梅焼ですが、日本橋のお店でいつもいただいているやつよりもプリプリ(プリンセス プリンセスのことではありません)でしたよ。
もしかしたら、こっちのほうが上等なのかも。
bon046.JPG

生小をさっさと空けて、普通酒の燗酒を所望しました。
四段仕込の甘口ですが、味わい深くておいしいのですよ。
bon047.JPG

これに合わせたのは、ししゃも。
といっても、値段からしておそらく“カラフト”のほうでしょうけれど。
bon048.JPG

お次は、“生酛のどぶ”を燗で。
ときどきさんに「生酛のどぶは燗がうまい」と教えていただいて以来、燗にすっかりはまってしまいましたよ。
辛口で、米のつぶつぶがちょっと残っていて、しかも味わい深いお酒です。
bon049.JPG
bon050.JPG

生酛のどぶには、ハタハタの一夜干しを合わせます。
臭みがまったくなくて、おいしいね。
あたしゃどちらかというと、海のものは日本海側、それも秋田や山形のものが好きですわ。
bon051.JPG

最後は大和のどぶ。
これも燗にしてもらおうかと思ったのですが、生酒とのことでしたのでやめておきました。
フレッシュな風味はあるもののひかえめで、むしろキリッと引き締まったおいしいお酒でしたよ。
bon052.JPG
bon053.JPG

めざしをかじりながら、奈良の旨酒を飲み干したのでした。
bon054.JPG




▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


キハ120。
JR西日本が関西本線の山岳部分で走らせているディーゼルカーです。
bon055.JPG

伊賀上野駅で、伊賀鉄道に乗り換えましたよ。
bon056.JPG
bon058.JPG

伊賀鉄道では転クロ座席に座っていたのですが、前の席にオバハンが座るやいなや、自分の座席のブラインドだけでなく、そのうしろのオイラの座席のブラインドもいきなり下ろしやがるの。
それにこういうオバハンって、決して目を合わせずにとぼけていやがんのね。
伊賀では初っ端からいやな思いをさせられましたよ。

伊賀上野駅から7駅乗って、着いたのは桑町駅。
ここから伊賀上野駅へと戻りながら、スーパーや酒屋を潰していくという算段でした。
bon059.JPG
bon060.JPG
bon061.JPG

ですが、この算段は完全に外れてしまいました。
スーパーを立ち寄っても、見つかるカップ酒は義左衛門ばかり。

しかも、趣のある街並みの中にあったとある酒屋に立ち寄ったところ、いきなり店主が「なに?、なにしとんの?」なんて言ってきやがるの。
あたしゃこれまでにも決して少なくない数の酒屋さんに立ち寄らせてもらってまいりましたが、店の人からこんなことを言われたのははじめてでしたよ。
「客なんだから酒を買いに来たに決まってんだろ!」と言いたかったのですが、反論するのもばかばかしくなって、そのまま出てきましたよ。
それとも伊賀じゃ、客に対してこういう言い草をするのがアタリマエなのでしょうか?

失意のうちに、上野市駅まで歩いてまいりました。
bon062.JPG
しかも途中、細い道を歩いていたら向こうからバイクに乗ったおっちゃんが走ってきたので、私は左側へ、そしてそのおっちゃんは反対側へとよけたのです。
そうしたら、そのバイクのおっちゃんとオイラとがちょうどすれちがったその間を、オイラの後ろから黄色い軽自動車がスピードを出して走り抜けて行きやがんの。
こういうときはさ、徐行すべきなんじゃないの?
あーあ。
伊賀なんて、もう二度と来たくないよ。

忍者市って、いったい何なんだ。
もしかしたら、特殊部隊の訓練を市民全員に受けさせているってことか?
だからみんな、よそ者のオイラに対してひどい仕打ちばかりをするのかよ。
bon063.JPG

上野市駅の近くにあった“だんじり会館”のみやげ物店で、ようやくカップ酒を入手。
bon064.JPG
bon065.JPG

桑町駅から2時間半をかけて、伊賀上野駅へと戻ってまいりました。
bon066.JPG
bon067.JPG

再びキハ120系に乗車。
bon068.JPG

着いたのは、関駅。
東海道東海道五十三次のうち、47番目の宿場町があるところです。
bon069.JPG
bon070.JPG

関駅すぐとなりには、道の駅があるのです。
そこへ行けば未知の酒に出会えるだろうと思い、訪問してみましたよ。
bon071.JPG
bon072.JPG

でもね、この道の駅、お酒はいっさい置いていないんですって!
あーあ、またしても伊賀の忍者たちにやられたのでしょうか?

でも、ほとんどの人が車に乗ってやってくる道の駅としては、それが健全な姿なのかもしれませんね。
失意のうちに、道の駅で“亀山みそ焼きうどん”を食べて、帰ったとさ。
bon073.JPG
みその味が効いていておいしい焼きうどんでした。
きっとビールに合うんじゃないかな。





▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


ところ変わって、岐阜の街。
金公園(こがねこうえん)に保存されている名鉄のモ510形に会いにやってきました。
bon074.JPG
私が子どもの頃は、このモ510形が台枠丸出しのモ520形と組んで、丸に“急”(急行)の表示を掲げて岐阜から本揖斐や谷汲へと走っていたのでした。

新岐阜駅前の停留所で待っていて、この電車が到着したときに、ドアが開くと同時にこのステップがゆっくりと出てきていたことを思いだしましたよ。
bon075.JPG

このモ510形は大正生まれですが、もしかしたらこの釣り合い梁バリバリの台車も大正期製の年代物でしょうか?
bon076.JPG

そうそう!
この転クロに座って窓を開けるとさ、岐阜の涼しい風がふわっと吹いてきたんだよな。
bon077.JPG

このモ510形ですが、保存状態はあまりよくないみたいです。
せめて屋根をつけてほしいところですね。
今の市長に頼んでも、きっと無理でしょうけれど。
bon078.JPG
bon079.JPG

かつてモ510形が走っていた徹明町の通りを渡って、岐阜の高島屋へと向かいました。
bon080.JPG

その高島屋の酒コーナーで、カップ酒を入手しましたよ。
信長と濃姫なのだとか。
なかなか面白いね。
bon081.JPG




▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


京阪電車の石山坂本線。
かつて同電車に乗っていたときに、「京阪ってさ、滋賀も走っているのに京阪だなんて、滋賀を無視しているよな。」って高校生が話していたことを思い出しましたよ。
bon082.JPG

標準軌なのに、車体は狭い京阪石山坂本線。
bon083.JPG

着いたのは、浜大津駅。
bon084.JPG
bon085.JPG

浜大津駅には、大津絵が掲げられておりましたよ。
左の“鬼の寒念仏”については、かつてこちらで紹介しております。
bon086.JPG

浜大津の駅前には、琵琶湖が広がっておりました。
ろくろ首もびっくりの琵琶湖フヒヒですからね。
(面積669km²、外周277km:水曜どうでしょうより)
bon087.JPG

ガチョウでしょうか。
bon088.JPG

サービス精神旺盛のようで、近寄ってきてくれましたよ。
bon089.JPG

浜大津では、湖の駅で竹生嶋のカップ酒を入手しましたとさ。
湖の駅にはかつて訪問しておりますが、その際に残しておいたこのカップ酒を今回入手したわけです。
bon090.JPG



▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


奈良。
bon091.JPG

興福寺の塔が見守る街並み、いい雰囲気です。
bon092.JPG

小川又兵衛商店さんで、ビールをいただきます。
わんこに会いたかったのですが、残念ながらお昼寝中でした。
ここ小川又兵衛商店さんではこれまでにカップ酒をいくつか入手しております。
新たなカップ酒に出会えるのではないかと期待していたのですが、今回はかないませんでした。
bon093.JPG
bon094.JPG

一方、なら泉勇齋さんでは、今井町(橿原市)に蔵を置く河合酒造さんのお酒をGET!
bon095.JPG

なら泉勇齋さんへ来たら、買うだけではすまないのですよ。
大和のどぶを、一杯飲ませていただきました。
bon096.JPG

ちょいと一杯のつもりでしたが、ついつい二杯目。
春鹿の四段仕込の純米酒もいただいてしまいましたよ。
bon097.JPG




▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


最後は静岡。
bon098.JPG

志太泉(しだいづみ)の“にゃんかっぷ”はかつていただいておりますが、使用米が五百万石へと変わっておりましたので(かつては八反でした)、再度入手してみました。
bon099.JPG
bon100.JPG

花の舞の山田錦純米吟醸はかつていただいておりますが、こちらは“light”なのだとか。
bon101.JPG

静岡へ来たらね、そりゃ静岡おでんをいただかなければならぬのですよ。
bon102.JPG

黒はんぺんはお約束でしょう。
bon103.JPG

でもあたしゃ、この“白焼き”のほうが好きなんだな。
鱈のすり身を焼き固めてあるのだとか。
白身の風味が豊かな味わいに、ホロホロって崩れる食感がなんとも言えぬのです。
bon104.JPG

この大根なんて真っ黒!
どんだけ煮込んであるのかな。
bon105.JPG

このあと、静岡から熱海まで普通電車に乗って、静岡地獄を乗り越えました。
そして熱海から乗った東海道本線の普通電車では、グリーン車に乗って帰ったとさ。
bon106.JPG
nice!(35)  コメント(20) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1251.〆張鶴 吟醸生貯蔵酒 300ml [15.新潟県の酒]

5403.JPG5404.JPG5405.JPG
宮尾酒造株式会社S
新潟県村上市上片町5-15

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
精米歩合 50%
アルコール分15度
300ml詰
(以上、ラベルより天気)




宮尾酒造さんのお酒は、かつて〆張鶴 花 お燗瓶と、〆張鶴 つるカップとをいただいております。
今日いただくこのお酒は、吟醸酒の生貯蔵酒です。


吟醸酒ですし、生貯蔵酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。
5406.JPG

お酒の色は、無色透明でした。
5407.JPG


一口含むと、フレッシュな風味がかなり強めであることがすぐにわかります。
吟醸香はあるみたいですが、弱めです。

うまみは淡めです。
米のうまみが広がらずに舌をピンと突いてくるようです。
吟醸酒にありがちな苦みもあって、軽めですが鋭さを感じます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさがちょっとだけあって、弱めではあるもののこれも鋭さがあるようです。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
さらっとしてはいるものの、厚みを感じる甘みです。


フレッシュな風味が豊かで、苦みと酸味とが引き締める、淡麗爽快ちょい苦やや甘口のお酒でした。
私としては、風味がちょっと強すぎるように感じました。
それに甘みも厚めで、もしかしたらこれは甘ダレでしょうか?
それでも、苦みと酸味とがうまい具合に引き締めているようで、暑いときにはいいかもしれません。
nice!(46)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1250.天領盃 新撰 カップ [15.新潟県の酒]

5400.JPG
天領盃酒造株式会社
新潟県佐渡市加茂歌代458

原材料名/米(国産米)米こうじ(国産米)醸造アルコール
アルコール分15度
内容量 180ml
(以上、ラベルより転記)




天領盃酒造さんは、昭和58年に企業合同で設立された、新しい蔵元さんのようでした。
それにかつては佐渡銘醸という商号だったとか。
このことについて、文献では以下のように紹介されておりました。

 佐渡銘醸が企業合同でスタートしたのは昭和五十八年。佐渡の中では一番若い会社たが、当初から近代的な設備を整え、吟醸酒用の二三キロリットルの大型仕込みタンクを置くなど、従来の酒造りを刷新する独自の画期的な手法で日本酒を極めてきた。」(※1)

飯田の喜久水や秋田の高清水、それに遠野の上閉伊酒造さんのように戦時統合で設立された蔵元さんはともかく、昭和40年~50年代には一ノ蔵(宮城県)や六歌仙(山形県)、隠岐誉(島根県)や菊勇(山形県)などが体質改善を図って企業合同によって設立されたことを、これまでに勉強させていただきました。

そういえば、臥龍梅(静岡県)をいただいた際には、たしか昭和40年代当時には“清酒製造業構造改善計画”なるものがあって、それに基づいて酒造業者の合併が進められていたことを知りましたよ。

このことを思い出したのがこのお酒に口をつけた直後だったことから、今回もまた、この計画の詳細について調べて報告することができませんでした。
ネット上には文献が少なからずあるみたいですから、もし興味がおありの御仁がいらっしゃいましたら、調べてみると面白いかもしれません。
要するに今日は手抜きってことだな。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
5401.JPG

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
5402.JPG


燗をつけると、アルコールの香りが立ってまいりました。

うまみはやや淡めです。
最初に苦みを感じます。
軽めではあるものの、少し鋭さを感じる苦みです。
米のうまみも淡いなりにあるみたいです。
キレはよく、スッと引きます。

酸味はひかえめです。
すっぱさはほとんどなく、アルコール由来と思われるさわやかさを少し感じます。
それに、ちょいピリですね。

甘みはややはっきりしています。
べとつかないさらっとした甘みですが、甘み自体に厚みを感じます。


米のうまみと甘みとを、軽めだが鋭さのある苦みが引き締める、やや淡麗でちょい苦ちょいピリやや甘口のおいしいお酒でした。
苦みがちょっと目立つものの、他に雑味がなくてきれいな味わいでした。
というか、苦みと甘みとが、まるでアメとムチのように、じゃなくてちょうどよく合っているように感じました。
アルコール香がちょっと強めで、しかもちょいピリでしたが、それもまた味のうちかもしれません。

(※1)『にいがた地酒王国』p.80(1998.10 新潟日報事業社)
nice!(32)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1249.陸奥男山 クラシック カップ [02.青森県の酒]

5396.JPG5397.JPG
八戸酒造株式会社
青森県八戸市大字港町字本町九番地

原材料名 米・米麹・醸造アルコール
国産米100%使用
アルコール分15度
180ml詰
(以上、カップの印刷事項より転記)




陸奥男山のカップ酒はかつていただいておりますが、そのカップはこのお酒とはちがうデザインでした。

ネット上には金撰と銀撰とを統合してクラシックという銘柄が設けられた旨の情報がありましたが、蔵元さんのWebsiteにその旨の案内はなく、情報の裏をとることはできませんでした。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
5398.JPG

お酒の色は、やや茶色ががっておりました。
5399.JPG


ああ、またか。
うまみは濃くはないですね。
香ばしさが豊かで、鋭さを感じる苦みも少しありますね。
キレはそれほどでもないみたいです。

酸味はややひかえめです。
すっぱさはほとんどなく、アルコール由来と思われるさわやかさをちょっと感じる程度です。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
ゼロではなく、さらっとした甘みをちょっとだけ感じます。


香ばしさと苦みとを感じる、ちょい苦やや辛口のお酒でした。
海産物には合うのかもしれませんが、私としては飲みにくさを感じました。
かつていただいたカップ酒はこういう味わいではなかったはずですが、味を変えたのしょうか?
nice!(37)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1248.飛鳥井 上撰 カップ [18.福井県の酒]

5393.JPG5394.JPG
丹生酒造株式会社
福井県丹生郡越前町天王18-3

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15.0度以上16.0度未満
180ml詰
(以上、フタとラベルとより転記)




特に披露できるようなネタを持ちあわせておりませんので、さっさといただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少し茶色がかっておりますが、澄んだ感じがいたしました。
5395.JPG


ああ・・・。

苦みと渋みとがはっきりしています。
今年の5月製造分ですし、冷暗所で保管しておりますから、まさか劣化ではないと思います。
うまみはかなり薄めです。
キレはよく、透明感を感じます。

酸味はひかえめです。
すっぱさはほとんど感じません。
ですが、アルコール由来と思われるさわやかさがはっきりしています。

甘みはややはっきりしています。
糖類は添加されていないみたいですが、それでもとろみのような舌触りがちょっとあるみたいです。


苦渋やや甘口のお酒でした。
私の好みとはちょっとちがった味わいでした。
以上です、編集長。
nice!(35)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1247.よしかわ杜氏 天恵楽 純米酒 カップ [15.新潟県の酒]

5390.JPG
株式会社よしかわ杜氏の郷
新潟県上越市吉川区杜氏の郷一番地

アルコール分 15度以上16度未満
精米歩合 60%
原材料名 米(新潟県産)・米麹(新潟県産米)
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




“よしかわ杜氏の郷”という蔵元さんの純米酒です。
5391.JPG

この会社のWebsite(販売サイト)には、「弊社は、旧吉川町の情報発信及び農産物の付加価値向上を目指し、地域活性化の任務を柱に1998年第三セクターとして設立されました。」とありました。

20世紀末に設立された新しい蔵元さんのようですが、その一方で、「よしかわでは元禄4年(1691)から酒造りが行われ、以来近世を通じ旧吉川町域の27の集落に酒造りを営む酒屋がありました。現在なお数多くの酒造技術者集団が存在しており、新潟県一の杜氏輩出地なのです。」という、古くからの酒造地帯であることもWebsite上に書かれておりました。

これは私の予想ですが、もしかしたらこの蔵元さんは、この地域に古くからあった複数の蔵元さんを合併させて、かつ行政の出資を取り入れて第三セクターの蔵元として出発したのではないでしょうか?

すみません。
今日は誰でも簡単に書けるような記述しか披露することができませんでした。


純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
それに澄んでいるようですね。
5392.JPG


うまみはやや淡めです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをうっすらと穏やかに感じます。
熟成感もほんのりとあるみたいです。
また、軽い渋みもちょっとあるみたいです。
キレはよく、また透明感を感じます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさはほんの少しで、アルコール由来のようなさわやかさも少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
ゼロではないものの、かなり弱めです。


やや淡麗でやや辛口のお酒でした。
酒臭さ(←ほめ言葉です)や熟成感、それに渋みもあるものの、角がなくて飲みやすく感じました。
でもその反面、味わいが薄めのようでした。
しかも、醸造アルコールの添加量が多めのお酒にありがちな透明感やキレのよさ、それにさわやかさを感じましたよ。
薄さを感じるものの、逆に濃いと飲みにくいのではないかと思いましたとさ。

nice!(37)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1246.麓井 冷用吟醸酒 吟風 300ml [06.山形県の酒]

5386.JPG5387.JPG
麓井酒造株式会社
山形県酒田市麓字横道32

アルコール分14度
原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
精米歩合 55%
内容量300ml
(以上、ラベルより転記)




麓井酒造さんのお酒は、かつて麓井の生酛純米本辛 圓(まどか) 300mlと、麓井 美酒ふもといカップ(普通酒)、そして麓井の300ml(これも普通酒)をいただいております。
今日いただくこのお酒は、冷用の吟醸酒です。


吟醸酒ですし、冷用ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。
5388.JPG

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
5389.JPG


吟醸香はありますが、弱めです。
花っぽい香りをかすかに感じます。
それよりも、フレッシュな風味をかなりはっきりと感じます。

うまみはやや濃いめです。
米のうまみに厚みを感じます。
また、苦みがあって、強くはないものの、かなり重さを感じます。
キレはよいですね。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが強くはないものの、鋭さが少しあって、深みも感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはひかえめです。
ほとんど感じないくらいです。


フレッシュな風味が豊かで、重めの苦みが味を引き締める、やや濃醇で爽快重辛口のお酒でした。
米のうまみに厚みがあって、酸味の深みと相俟って飲み応えを感じました。
ですが私には、フレッシュな風味がちょっと強すぎましたよ。
それに、重めの味わいにこの風味は合わないように思いました。
麓井は、普通酒が一番おいしいのではないでしょうか。
nice!(37)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1245.有薫 原酒 オンザロック 300ml [40.福岡県の酒]

5379.JPG5380.JPG
有薫酒造株式会社
福岡県久留米市城島町内野330-9

アルコール度数 21度
原材料名 米・米麹・醸造アルコール
国産米100%使用
300ml
(以上、ラベルより転記)




九州屈指の銘醸地である城島に蔵を置く“有薫”。

 「有薫」(ユウクン)の銘は、明治三十年ごろ、首藤家と取引きのあった大阪の醸造用品問屋・辻村栄助商店が一般から公募した一等入選作。
 さらに、かつての七卿落ちの一人東久世通禧(みちよし)が明治四十二年八月城島を訪れた際、首藤家に立寄り、“梅花長有薫”と揮毫した。通禧は、当時、名筆家としても知られた人。いまも、この書は家宝として、首藤家に保存され、また、この賛は、商標の中にも生かされている。」(※1)とのこと。
5381.JPG


今日いただくこのお酒は“オンザロック”と銘打たれた、普通酒の原酒でした。
5382.JPG
21度ってのは、清酒の中ではかなり高い度数ではないでしょうか。
多めのアル添によってもたらされた度数か、あるいは発酵を限界ギリギリまで進めた成果でしょうか?


“冷や”か“オンザロック”で飲めと書いてありますので、まずは冷や(常温)でいただきます。 
5383.JPG

お酒の色は、少し着いていることがわかりました。
5384.JPG


アルコール香はあるものの、それほどツンとはこないみたいです。

意外にも、うまみはやや淡めですね。
米のうまみが舌の上にふわっと乗っかる感じがします。
軽い苦みがほんの少しあるみたいですが、嫌味がありません。
雑味を感じず、しかもキレはよいみたいです。

酸味はひかえめです。
すっぱさをほんの少しだけ感じる程度です。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはひかえめです。
ほとんど感じないくらいです。


米のうまみがふわっと広がって、軽い苦みが引き締める、辛口のお酒でした。
ふわっとしたうまみがありましたが、お酒、それも原酒にしては薄めのように感じました。
でも、軽い苦みはあるものの、他に雑味がなくてきれいな味わいでした。



ここで、オンザロックにしてみましたよ。
5385.JPG

ああ、なるほどな。
ナルホドナルホド、なるほどな!(原西さんより)

氷で冷やされたからでしょうか、冷や(常温)よりも口当たりがよいみたいです。
でも、苦みに少し鋭さが出て、より一層引き締まった感じがいたします。
オンザロックのほうがキリッとしていて、おいしいかもしれません。


そういえば、このふわっとした薄めのうまみと軽い苦みとは、かつて球磨焼酎の白岳をいただいた際に感じた味わいに似ているように思います。
白岳をいただいた際に感じた焼酎の味わいってのは、舌の付け根から鼻腔の入口にかけての辺りで感じ取る“香るような味わい”でしたが、このお酒の味わいはそれに似ているように思いました。
酸味や甘みを抑えてあるところも、まるで焼酎のようでした。
この味わいと度数、そして焼酎を愛飲なさる諸兄が少なからずいらっしゃるであろう福岡県のお酒であることなどから推察するに、もしかしたらこのお酒は、焼酎の風味に近づけた清酒なのでしょうか?

それにしても、21度の原酒ですからね。
飲み終わった後で、かなり回ってきてしまいましたよ。

(※1)『「酒」<九州の灘・城島>』p.127(1967.11 毎日新聞社)
nice!(36)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -
2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ