So-net無料ブログ作成
検索選択

【お酒】1218.日本海 辛口 300ml [15.新潟県の酒]

5231.JPG5232.JPG5233.JPG
塩川酒造株式会社
新潟県西区内野町662

アルコール分:15度
原材料名:米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




20世紀に発行された新潟のお酒を紹介している書籍によれば、この“日本海”はもともと伊藤酒造という蔵元さんの銘柄だったようです。
一方、新潟県酒造組合のWebsiteを見てみたところ、蔵元の一覧には伊藤酒造の名前はありませんでした。
ということは、今日いただくこのお酒を造った塩川酒造さんは、伊藤酒造さんが廃業した際に、日本海の銘柄を継承なさったということでしょうか?


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
5234.JPG

お酒の色は、ほぼ無色透明でした。
5235.JPG


うまみはやや淡めですが、淡いなりにしっかりしています。
やわらかいうまみが穏やかに効いていますが、そのうまみに厚みを感じます。
一方、苦みや雑味はありません。
またキレよく、スッと引きます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、鋭さを少し感じます。
また、酸味自体に深みも感じます。
ですがこのお酒、けっこうピリッと感じます。

“辛口”と銘打たれてはおりましたが、甘みは意外にもややはっきりしています。
かなりさらっとした甘みが効いています。


ピリ辛ではあるものの厚みのあるうまみと甘みが効いている、やや淡麗で旨ピリ辛口のおいしいお酒でした。
“辛口≒甘くない”というよりも、むしろ甘みは効いておりました。
ピリ辛で、それを甘みが和らげるような感じでした。
しかもそのピリ辛が、食べ物の臭みや脂っぽさをサッと流してくれましたよ。
これは完全に食中酒でしょう。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


カップ酒・一合瓶の在庫が心許なくなってまいりましたので、今日は都内の店をいくつか回って入手してまいりました。
ネタが切れ掛かった際の保険を、いくつか切り崩したわけです。

やってきたのは、有楽町駅。
5236.JPG

東京交通会館の中にある和歌山県のアンテナショップで、これらを入手。
5237.JPG
5238.JPG
5239.JPG

また、まちからむらから館では、これを入手。
5240.JPG
5241.JPG

東京交通会館を出て、山形県のアンテナショップで玉こんを食べて、
5242.JPG
5243.JPG

福井県のアンテナショップでこれらを入手して、帰ったとさ。
5244.JPG
5245.JPG