So-net無料ブログ作成
検索選択

【お酒】1194.開當男山(かいとうおとこやま) カップ [07.福島県の酒]

5112.JPG
開当男山酒造 渡部謙一醸造元
福島県南会津郡南会津町中荒井字久宝居785

原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール・糖類
アルコール分/15.0度以上16.0度未満
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




“男山”はともかく、“開當”の意味と蔵元さんの歴史とについて、福島県南酒販さんのWebsiteでは以下のように紹介されておりました。

創業は享保元(1716)年。酒造業を起こした渡部開當(はるまさ)の名が、そのまま銘柄となった。以来、会社組織をとらずに酒造りを営なんでいる。現在の蔵元、渡部謙一氏は十四代目。蔵には創業当初から使われている建物も残り、重厚な雰囲気が漂う。 」(※1)

そんな創業から400年以上もの歴史を誇る蔵元さんが世に送り出したこのお酒ですが、まことに残念ながら糖類添加の三増酒でした。
5113.JPG
この絵は、東武鉄道・野岩鉄道・会津鉄道の共通形式である6050系電車ですね。
登場から30年にわたって浅草から日光や鬼怒川、そして会津田島とを結ぶ快速列車として活躍しておりましたが、先月のダイヤ改正では“リバティ”なる新形式(“リバティ”ったら、“おおさか”だろ!って思ってしまうのは、私だけでしょうか?)の登場に因って南栗橋以南の定期運用が消滅してしまいました。
浅草駅では、もう日常的に見ることができなくなってしまったわけですね。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
5114.JPG


うまみは濃くはないですね。
しっかりしているというよりも、クドさを少し感じます。
それに、苦みがはっきりしていて、渋さも少しあるみたいです。

酸味ははっきりしています。
すっぱさが少し強めで、しかも鋭さを感じます。
それに、ちょいピリです。

甘みはやっぱりはっきりしています。
糖添三増酒にありがちなとろみのような舌触りも少し感じます。


苦渋ちょいすっぱちょいピリ甘口のお酒でした。
念のため申し添えますが、これはあくまでも私個人の主観に基づく感想であって、けっして公正で客観的な評価ではありません。
以上です、編集長。

(※1)酒蔵探訪 14 【2006年6月】(福島県南酒販株式会社Website)

【お酒】1193.白鶴 上撰 淡麗純米 お燗瓶 [28.兵庫県の酒]

5108.JPG5109.JPG
白鶴酒造株式会社
神戸市東灘区住吉南町四丁目五番五号

アルコール分 13度以上14度未満
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)
精米歩合 70%
国産米100%使用
180ml詰
(以上、瓶の印刷事項とフタとより転記)




あたしゃ意外だったのですが、このブログで白鶴さんのお酒を紹介するのは、今回が初めてでしたよ。


今更言及の必要はないかもしれませんが、灘五郷は御影郷に蔵を置き、「当社は創業を寛保三年(一七四三)とし、現当主は九代目となる。去る昭和四十八年(一九七三)十月十日をもって二百三十年の創業記念日を迎えることができた。」(※1)と今から40年ほど前に出版された書籍でもその歴史の深さを紹介されている蔵元さんです。

その白鶴酒造さんは、かつては“白嘉納家”と言われていたように、元々は菊正宗(本嘉納家)の分家筋に当たる蔵元さんでした。
このことについて、文献では以下のように紹介されておりました。

 六甲の山なみを背景に、どこまでも続く遠浅の浜辺。静かに打ち寄せる波を朝からじっと見つめている若者がいる。摂津・御影村の生魚屋(うおや)治郎太夫宗徳。後の嘉納家の始祖である。
(中略)
 宗徳が、酒造業に進出したのは万治二年(一六五九)。これが、菊正宗の創業である。
(中略)
 宗徳の商才は四男の治兵衛良清に受け継がれ、家業の回船業と網元は材木業に切り替えられるが、酒造りだけは副業として続く。そして、二代目治兵衛良西の時代になって、ついに酒造りがもっぱらの家業となった。さらに良西は、長男の治郎右衛門秀孟に家業を譲ったのち、寛保三年(一七四三)、末っ子の六男治兵衛を連れて分家。この二人が現代の白鶴酒造の創始者となるのである。時代は、伊丹酒全盛の元禄期が過ぎ去り、灘の黄金時代がまさに到来しようとしているころであった。」(※2)

本嘉納・白嘉納の両家はけっして対立していたわけではなく、それぞれが切磋琢磨しつつ、時には協力し合っていたようです。
その協力の一つと言えるのが、今日においては天下の名門校にまで発展した、灘中学の設立でしょう。
上記と同じ文献では、このことを以下のように紹介しておりました。

 不況で明けた昭和二年、物みな沈滞する中で、進学熱だけはなおいっそうの高まりを見せていた。大戦景気の後、阪神間に住宅ブームを呼んだ“新中流層”が、こぞって子弟教育に強い関心を持ち始めたのである。旧制中学への進学希望者がにわかに増え、塾通いの小学生が夕暮れの六甲山麓を足早に行き来する姿が目立つようになった。
 「なんとか門戸を広げられないものか」―御影師範教師の曽我豊吉はそう思った。地元のよしみで、教育問題に日ごろから関心を寄せていた「白鶴」の嘉納治兵衛、「菊正宗」の嘉納治郎右衛門、「桜正宗」の山邑太左衛門に相談を持ちかけた。三家の間でも、教育施設充実の声が上がり始めていた折でもあり、話はスムーズに進んだ。「灘育英会」が創設され、地元魚崎町から寄付を受けた広大な牧場を整地して、灘中学がスタートした。昭和三年四月のことである。」(※3)


今日は、そんな灘の名門である白鶴酒造さんが造ったこの純米酒をいただきます。
その純米酒ですが、品質表示を見るに、アルコール度数が13-14度とやや低めのようでした。
5110.JPG

純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、無色透明でした。
5111.JPG


うまみはかなり淡めです。
やわらかいうまみをかすかに感じる程度です。
苦みや雑味はなく、またキレもよいみたいです。

酸味ははっきりしています。
すっぱさが少し強めで、しかも鋭さを感じます。
それに、ちょっとだけピリッと感じます。

甘みはややひかえめです。
かなりさらっとした甘みをほんの少し感じる程度です。


酸味が味を引き締める、淡麗ちょいすっぱやや辛口のお酒でした。
苦みや雑みのないところは、大手蔵の真骨頂ではないでしょうか。
一方でアルコール度数が低めなのは、淡さを出すと同時に酸味を抑えるためだったのでしょうか?
私としては、この酸味にはもう少しうまみか甘みかがしっかりしていたほうが釣り合いがとれるのではないかと感じました。
これは私の予想ですが、もしかしたらこのお酒は、冷蔵庫で冷やしていただいたほうが酸味が和らいでいたかもしれません。

再びこのお酒に出会った際には、冷やしていただいてみたいと思います。


(※1)坂口謹一郎監修・加藤辨三郎編『日本の酒の歴史』p.646(清水敏雄執筆『酒造り雑想』p.646-650中 1977.8 研成社)
(※2)神戸新聞社会部編『生一本 灘五郷-人と酒と』p.77-78(1982.11 神戸新聞出版センター)
(※3)(※2)p.177-178

“夢心 ゆめごころカップ”をまた飲んでみました [また飲んでみました]

5104.JPG5105.JPG
夢心酒造株式会社
福島県喜多方市字北町2932

アルコール分 15度
原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
200ml詰
(以上、ラベルより転記)




《初回記事》
【お酒】18.夢心 ゆめごころカップ


今日は、さかのぼることおよそ3年半前の、このブログの草創期にいただいた、喜多方の夢心酒造さんのカップ酒をまた飲んでみました。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
5106.JPG

お酒の色は、あまり目立たない程度でした。
5107.JPG


うまみは淡めですが、淡いなりにしっかりしています。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみを少し感じます。
また、軽い苦みが少しはっきりしています。
キレはよいみたいです。

酸味はややひかえめです。
すっぱさはほとんど感じない程度です。
また、アルコール由来と思われるさわやかさを少し感じます。

甘みはややはっきりしています。
ちょっとですが、とろみのような舌触りを感じます。


淡麗ちょい苦やや甘口のお酒でした。
淡めではあるものの、酒臭い(←あくまでもほめ言葉です)うまみと軽い苦みとで飲み応えを感じました。
というか、淡いが故に苦みが少し気になるかもしれません。
私としては、ただ淡いだけのお酒よりも、このくらいしっかりしていたほうがよいのではないかと思いました。

今回も、初回記事とは感想の内容がかなり異なる結果となってしまいました。

【お酒】1192.金紋會津 300ml [07.福島県の酒]

5100.JPG5101.JPG
会津酒造株式会社
福島県南会津郡南会津町永田字穴沢603番地

原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分/15度
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




会津酒造さんのお酒は、このブログの草創期に金紋會津のカップ酒を、そして會津 あらばしり 吟醸生酒 300mlとをいただいております。
今日いただくこのお酒は普通酒ですが、おそらく金紋會津のカップ酒と同じ中身でしょう。
5102.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
5103.JPG


うまみはやや淡めではあるものの、淡いなりにしっかりしています。
やわらかいうまみが穏やかに効いています。
ですが、苦みが少しはっきりしていて、しかも苦み自体に角を感じます。
キレはよいとは思うものの、苦みだけがちょっと残るみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは少し強めで、しかも鋭さがあります。
それに、かすかにピリッと感じます。

甘みはややはっきりしています。
さらっとしてはおりますが、甘みに幅を感じます。


やわらかいうまみとさらっとした甘みとを、苦みと酸味とが引き締める、やや淡麗でちょい苦旨やや甘口のおいしいお酒でした。
苦みと酸味とが目立ちますが、それらがうまみを引き立てて味を引き締めるに十分なギリギリの程度に収まっているように感じました。
けっして飲みやすくはありませんが、濃い味の食べ物や魚料理に合うお酒だと思いました。

あれ?
金紋會津カップのときと、感想がかなりちがいますね。

【お酒】1191.國権 本醸造 300ml [07.福島県の酒]

5091.JPG5092.JPG5093.JPG
国権酒造株式会社
福島県南会津郡南会津町田島字上町甲4037

原材料名 米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
アルコール分 15度以上16度未満
精米歩合 65%
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




国権酒造さんのお酒は、これまでに国権 純米酒会津路カップと、國権 てふ 純米酒 300ml、そして会津尾瀬 本醸造 オゼカップとをいただいております。
今日いただくこのお酒は本醸造ですが、品質表示は会津尾瀬 本醸造 オゼカップと同じでした。
5094.JPG5095.JPG

ということは、同じ中身なのでしょうか?
それを確かめるべく、そろそろいただいてみたいと思います。
本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、透明でした。
5096.JPG


うまみはやや淡めです。
米のうまみが淡いなりにあって、それが舌の上をピンと突いてくる感じがいたします。
酒臭さ(←ほめ言葉です)は、最初は感じなかったものの、徐々に出てくるみたいです。
また、軽い苦みがちょっとだけあるみたいです。
キレはよく、スッと引きます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさが強くはなくて穏やかで、しかも深みをちょっと感じます。
かすかにピリッと感じますが、気にはなりません。

甘みはややはっきりしています。
さらっとしてはいるものの、幅を感じる甘みです。


うまみがピンと効いている、やや淡麗で旨やや甘口のおいしいお酒でした。
穏やかで酸味が強くなく、しかもやや甘口でした。
そしてそれを、軽い苦みとちょいピリとが引き締めているようでした。
しかもキレがよく、後味がすっきりしていましたが、薄っぺらさや透明感は感じませんでした。
なかなかいけると思います。

これはあくまでも私の感想ですが、品質表示の内容が同一だった会津尾瀬 本醸造 オゼカップとは味わいがちがうように感じました。
なんでかな?
お前の舌がいいかげんだからだろ!

【お酒】1190.鳳鸞純米与一くんカップ [09.栃木県の酒]

5086.JPG5087.JPG
鳳鸞酒造株式会社
栃木県大田原市住吉町1-1-28

アルコール分15度
精米歩合65%
原材料名 米(国産)・米麹(国産米)
180ml詰
(以上、フタに貼られたラベルより転記)




昨日いただいた鳳鸞(ほうらん) 寒仕込カップに引き続き、今日も鳳鸞酒造さんのお酒をいただきます。
今日いただくこのお酒は、純米酒です。
5089.JPG

カップに印刷されている絵は、大田原市観光協会のキャラクター“与一くん”でした。
言うまでもないことでしょうが、栃木の英雄たる那須与一を模したものでしょう。
5088.JPG


純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、きれいな金色をしておりました。
5090.JPG


おー!
こりゃすっぱいな。

最初に酸味を感じました。
強めで鋭い酸味が、耳の下辺りを突いてくるようです。
でも、ピリピリ感はありません。

うまみはちょっと濃いめといったところでしょうか。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみはひかえめで、香ばしさを少しはっきりと感じます。
苦みや雑味はないみたいです。

甘みはややひかえめです。
少しあることはわかるものの、酸味の鋭さに負けているようです。


すっぱやや辛口のお酒でしょうか。
このすっぱさには、那須与一が屋島で放った鏑矢の如く、目の覚めるような鋭さを感じました。
あたしゃうっかり酢の物をつまみにしてしまいましたが、むしろこれは佃煮や味噌合えなど、濃い味の料理と合うことでしょう。
私としては、もしこれがアル添本醸造だったら味わいがどう変わるのか、興味深いところでした。

なーんてエラそうなことばかり書いていい気になっていると、次は与一くんに射落とされてしまうかもしれません。

【お酒】1189.鳳鸞(ほうらん) 寒仕込カップ [09.栃木県の酒]

5082.JPG5083.JPG
鳳鸞酒造株式会社
栃木県大田原市住吉町1-1-28

原材料名:米・米麹・醸造アルコール・糖類
アルコール分14.0度以上15.0度未満
内容180ml
(以上、フタより転記)
(米の産地表示なし)




鳳鸞酒造さんのWebsiteによれば、「「鳳鸞」とは、「鳳」の字「鸞」の字共に至徳の瑞応として現れるといわれる架空の神鳥の意味」なのだとか。

そんな神々しい酒銘のこのお酒ですが、まことに残念ながら糖類添加の三増酒でした。
5084.JPG
アルコール度数がやや低めのようですが、これがいったい何を意味するのでしょうか?


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ややはっきりしておりました。
5085.JPG


アルコールの香りがすこしはっきりしています。

うまみは濃くはないですね。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)をちょっと感じますが、それよりも苦みがはっきりしていて、少し角を感じました。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは弱めですが、アルコール由来と思われるさわやかさがはっきりしています。
それに、けっこうピリッと感じます。

甘みはややはっきりしています。
三増酒にありがちなとろみのような舌触りも少しあるみたいです。


アルコール香がはっきりしていて、苦ピリやや甘口のお酒でした。
あー、だから度数がやや低めなのか。
以上です、編集長!

【お酒】1188.稲川 にごり酒 蔵出し原酒 カップ [07.福島県の酒]

5078.JPG
合資会社稲川酒造店
福島県耶麻郡猪苗代町字新町4916

アルコール分18度
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




稲川酒造店さんのお酒は、これまでに稲川 辛口地酒蔵 本醸造仕込 生貯蔵酒 300mlと、普通酒の稲川 イナガワカップとをいただいております。
今日いただくこのお酒は、普通酒で原酒のにごり酒です。


原酒だからでしょうか、アルコール度数は18度と高めでした。
5079.JPG

滓の割合は、范文雀、じゃなくて半分弱くらいでしょうか。
5080.JPG


にごり酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、ほぼ白色でした。
5081.JPG


口当たりにとろみを感じます。
オリのざらつきも少しあるみたいです。
また、普通酒の原酒だからでしょうか、アルコールの香りも少しはっきりしています。

うまみはやや濃いめです。
米のうまみそのものですが、しつこさがありません。
それに苦みや雑味がなく、キレもよいみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが強くはないものの、鋭さを感じます。
アルコール由来と思われるさわやかさも少しあるみたいです。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
その存在がちょっとわかる程度です。


米のうまみが穏やかに効いている、やや濃醇で旨やや辛口のおいしいお酒でした。
しっかりしているもののキレがよいので、しつこさがありません。
これもアル添の成せる業でしょうか?
また苦みや雑味がなく、甘ったるくもないので、飲みやすく感じました。
ただ、普通酒の原酒だからでしょうか、アルコールの香りが少しはっきりしているので、お酒を飲み慣れていない人にはそれがちょっと気になるかもしれません。
ですが私としては、それに飲み応えを感じ、かえってありがたいところでした。

【お酒】1187.津和野盛 上撰 カップ [32.島根県の酒]

5075.JPG
合資会社石州酒造
島根県鹿足郡津和野町後田口218

アルコール分 15.0度以上16.0度未満
原材料名 米(国産)・米麹(国産米)醸造アルコール
180ml詰
(以上、カップの印刷事項より転記)




カップに印刷されているこの絵は、おそらく津和野の伝統舞踊である“鷺舞”でしょう。
5076.JPG

tuwayama39.JPG
tuwayama40.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
5077.JPG


燗をつけると、酒臭い(←ほめ言葉です)香りが少し立ってまいりました。
また、アルコールの香りもすこしはっきりしているようです。

うまみは、どちらかというとちょっと濃いめといった感じです。
醸し出された酒臭い(←あくまでもほめ言葉です)を感じます。
また、香ばしさも少し感じます。
一方で、苦みや雑味はなく、キレはよいみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、鋭さを少し感じます。
ですが、酸味自体に深みを少しあるみたいです。
また、アルコール由来と思われるさわやかさも少しはっきりしています。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
さらっとしているものの、幅を感じます。
ですが穏やかで、前に出てこない感じがいたします。


しっかりしているものの、さわやかでキレのよい、ちょい濃醇で旨やや甘口のおいしいお酒でした。
アルコール香やさわやかさがはっきりしていることから、アル添量が多めではないかと推察いたします。
ですが、アル添多めのお酒にありがちな雑味やうすっぺらさがないことから、ごまかしのためのアル添ではけっしてないと感じました。
むしろ軽快さが出ていて、飲みやすくなっているのではないかと思いました。
純米至上主義(=アル添排斥主義)を信奉なさっている諸兄には論外の味わいかもしれませんが、私はこういう味わいのお酒、好きですね。

【お酒】1186.山頭火 特別本醸造 カップ [35.山口県の酒]

5070.JPG5071.JPG
金光酒造株式会社
山口市嘉川5031番地
(カップの印刷事項より転記)

原材料:米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
(裏に貼られたラベルより転記)

アルコール分15.0度以上16.0度未満
精米歩合60%
180ml詰
(フタより転記)




山口市に蔵を置く蔵元さんが造ったお酒です。
5072.JPG

山頭火という酒銘は、おそらく種田山頭火に由来するものでしょう。
カップには、種田山頭火のものと思われる日記が紹介されておりました。
5073.JPG

あれ?
そういえば、種田山頭火って、同じ山口県でも山口市ではなくて、たしか防府の出身ですよね。
あたしゃ防府で酒集めをした際に(成果はゼロでしたが。)、山頭火の生家跡を訪問しましたよ。
tuwayama100.JPG
tuwayama101.JPG

ボランティアガイドの方のお話では、山頭火はこの建物に住んでいたのだとか。
tuwayama102.JPG

一方、蔵元さんのWebsiteによれば、金光酒造さんは山口市のほかに防府市にかつて工場を持っていらしたようで、そのことが「山頭火は、明治39年(25才)から大正5年まで11年間、 種田正一(本名)の名義で酒造業を営んだことがあります。これが、現在の当社の防府工場跡となっています。」という一文とともに紹介されておりました。


金光酒造さんと種田山頭火とがつながったところで、そろそろいただいてみたいと思います。
特別本醸造ですが、おそらく香りはないものと(勝手に)推察し、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、濃くはないものの、金色をしておりました。
5074.JPG


やはり香りはないですね。
むしろ、アルコールの香りがすこしはっきりしているようです。

うまみは濃くはないみたいです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをほんのりと感じます。
また、香ばしさとともに、軽い苦みもかすかにあるみたいです。
キレはよく、スッと引きます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、鋭さを少し感じます。
また、アルコール由来と思われるさわやかさが少しはっきりしています。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
さらっとしていてそれほど目立たないものの、幅を感じます。


味のバランスがよい、旨口のおいしいお酒でした。
うまみや酸味、苦み、それに甘みがそれぞれ突出することなく穏やかに効いていて、しかもキレがよく感じました。
たしかにこれは特別本醸造、すなわち「香味及び色沢が特に良好」(※1)な本醸造だと思います。

(※1)清酒の製法品質表示基準(平成元年国税庁告示第8号)2(3)