So-net無料ブログ作成
検索選択

【お酒】1126.巌 イワオカップ [10.群馬県の酒]

4786.JPG
高井株式会社
群馬県藤岡市鮎川138

原材料名/米(国産)・米麹(国産米)醸造アルコール
アルコール分/15度以上16度未満
(以上、カップの印刷事項より転記)




群馬県酒造組合のWebsiteによれば、酒銘である「巖の由来は大山巖元師の巖からとったものです。」とのこと。
薩摩出身であるはずの大山巌とこの蔵元さんとの関係については、ごめんなさい、わかりませんでした。

どこかの幼稚園の先生みたいに、特定の政治家に気持ち悪いくらいまでに陶酔しきっていたわけではけっしてないと、そう信じたいものです。


そんなこのお酒ですが、群馬県藤岡市にある道の駅“ららん藤岡”で、他の蔵元さんのお酒と共に箱詰めされて三個セットの抱き合わせで販売されていたものです。
fo26.JPG
fo27.JPG
他の二個については比較的新しいものだったのですが、今日いただくこのお酒だけが去年の10月製造と古かったのです(←あくまでも、「特段の事情なき限り、当月または前月製造のもののみを入手する。」という当方独自の基準による評価です)。
あたしゃこういう箱に詰めた販売方法って、品質表示の公式ルールに確実に違反すると思うのですよ。
(その理由については、上記のリンク先をご参照下さい。)


話のネタがないことをなんとかごまかしたところで、そろそろいただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
4787.JPG

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
しかも、けっこう透き通っていますね。
こういうお酒って・・・。
4788.JPG


あーやっぱり。
うまみは濃くはないですが、しっかりしています。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをちょっとだけ感じます。
それよりも、強くはないものの鋭い苦みを少し感じます。
香ばしさもちょっとあるみたいです。
ですがキレがよく、透明感すら感じます。

酸味ははっきりしています。
すっぱさはほんの少しだけですが、それよりもさわやかさをはっきりと感じます。
このさわやかさは、おそらく添加されたアルコールに由来するのではないでしょうか。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
べとついた感じはないみたいです。


しっかりしているが透明感があってキレがよい、ちょい苦やや甘口のお酒でした。
これは完全に私の予想ですが、こういう透明感(敢えて悪く表現すれば、薄っぺらさ)があるお酒って、荒く造られた醪に醸造アルコールを多めに添加して味をのばして造られているのではないかと思うのです。
まあでも、このお酒には苦みや透明感こそあるものの、荒っぽさはそれほどでもないみたいでした。