So-net無料ブログ作成

【お酒】1143.男女川(みなのがわ) お燗瓶 180ml [08.茨城県の酒]

4856.JPG4857.JPG
稲葉酒造場
茨城県つくば市沼田1485

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール・糖類・酸味料
アルコール分 15.0度
正180ml詰
(以上、瓶の印刷事項より転記)




稲葉酒造場さんのお酒は、かつて男女川(みなのがわ)の純米吟醸をいただいております。
今日いただくこのお酒は、まことに残念ながら、糖類酸味料フル添加の三増酒でした。
4858.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほぼ無色透明でした。
4859.JPG


最初に酸味を感じました。
けっこうはっきりした酸味です。
すっぱさがやや強めで、鋭さを感じます。
でも刺激やピリピリ感はありません。

うまみはやや淡めです。
酒臭さ(←ほめ言葉です)をかすかに感じますが、それでも深みがなくて画一的なうまみです。
また、軽い苦みをちょっとだけ感じます。
キレはよいみたいです。

甘みはややはっきりしています。
三増酒にしてはそれほど強くはなく、べとついた感じもしませんが、それでもとろみのような舌触りは感じます。


すっぱやや甘口のお酒でした。
これはあくまでも私の感想ですが、糖類や酸味料を添加したことで生じたクセを加水で整えているように感じました。
雑味が比較的少ないことから、飲みやすいかもしれません。
でも、やっぱりすっぱいね。

そういえば、男女川は純米吟醸もすっぱいお酒でしたよ。

【お酒】1142.琵琶湖八景 カップ [25.滋賀県の酒]

4851.JPG
滋賀酒造株式会社
滋賀県甲賀市水口町三大寺39

アルコール分 15.0度以上16.0度未満
原材料名 米・米麹
国産米100%使用
NET 180ml
(以上、ラベルより転記)




滋賀酒造さんのお酒は、かつて貴生娘(きぶむすめ)の手造りにごり酒カップをいただいております。
今日いただくこのお酒もその貴生娘にごり酒と同じく、醸造アルコールが添加されてはいないものの精米歩合の表示がない普通酒でした。
(なぜ純米酒ではないのかについては、上記貴生娘のリンク先記事をご参照下さい。)
4852.JPG


なお、このお酒のラベルには、酒銘に用いられている“琵琶湖八景”がデザインされておりました。
4853.JPG4854.JPG
この記事を書いている今になって思えば、この琵琶湖八景の由来などについて文献を集めて詳しく調べておけばよかったと、後悔をしております。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かなり深い色でしたよ。
4855.JPG


うまみはかなり濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみがはっきりしています。
それに、熟成感もちょっとあるみたいです。
また、苦みがあって、鋭くはないものの、苦み自体に重みを感じますね。
それにキレはそれほどでもないみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさはあまり強くはないものの、鋭さを感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはほとんど感じないくらいです。


酒臭い(←あくまでもほめ言葉です)うまみに重い苦みと鋭い酸味とが効いている、濃醇辛口のおいしいお酒でした。
かなりズシリと来る味わいでした。
しかもそれでいて甘みがほとんどなく、ドライな口当たりでした。
私にとっては、これは好みの味わいでした。

ところで、琵琶湖八景をデザインしたラベルと、購入した場所が長浜の土産物店だったこととから推察するに、このお酒はきっと、土産物として販売されている商品なのでしょう。
もしそうであるならば、せめてアル添で口当たりをよくするなどして、飲みやすさを出したほうがよいのではないかと感じました。

【お酒】1141.三諸杉(みむろすぎ) 180ml [29.奈良県の酒]

4847.JPG4848.JPG
今西酒造株式会社
奈良県桜井市三輪510

原材料名 米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
アルコール分15度
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




大神神社のお膝元でお酒を造っていらっしゃる今西酒造さんのお酒は、かつて三諸杉のカップ酒(普通酒)と、三諸杉の菩提酛純米酒300mlとをいただいております。
今日いただくこのお酒は大神神社へのお供え物として卵とセットで販売されていたものですが(私は自分でいただくために購入したことから、卵は敬遠させていただきました)、普通酒ですから、中身はカップ酒と同じお酒でしょう。
4849.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほとんど目立たない程度でした。
4850.JPG


うまみは濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみと共に、ウィスキーのような香ばしさをちょっと感じます。
それに、軽い苦みもほんの少しあるみたいです。
それでいてキレはよいみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが少しあって、酸味自体に深みを感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
強くはないですが、存在ははっきりしています。


しっかりしたうまみと深みのある酸味との、濃醇旨口のおいしいお酒でした。
うまみと酸味とが、深い味わいを作り出していると感じました。
ちょっとクセのある味かもしれませんが、それでいてキレがよいので、クドさがありません。
信貴MYCUP(中身は升平か?)もそうでしたが、けっして飲みやすくはないものの、私としてはこういうしっかりした味わいこそが奈良の普通酒らしい味だと勝手に思っております。

【お酒】1140.初陣 上撰 カップ [32.島根県の酒]

4843.JPG
古橋酒造株式会社
島根県鹿足郡津和野町後田口196

原材料 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール・糖類
アルコール分 15度以上16度未満
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




昨日いただいた初陣佳撰カップに引きつづき、今日も古橋酒造さんのお酒をいただきます。

今日いただくこのお酒には上撰の小印が付けられておりましたが、残念ながら佳撰カップと同じく糖類添加の三増酒(酸味料添加の表示なし)でした。
4844.JPG

それにこのお酒も佳撰カップと同じく、運んでいる途中で中身が漏れ出してしまい、補修に補修を重ねた満身創痍の状態で持ち帰ってきたことから、早々にいただく必要があったのでした。
4845.JPG
同じ酒集めの旅で購入した紙カップのうち、五橋のほうは無傷だったのですが、なぜか初陣は2種類とも漏れ出してきたのでした。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、佳撰カップよりもちょっとだけ濃いめでしょうか。
4846.JPG


うまみは濃くはないですが、しっかりしています。
深みはないものの、醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみを一応感じます。
また、熟成感はちょっとだけあるものの、佳撰カップで感じた渋みはないみたいです。
それにキレがよく、透明感を少し感じます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが強くはなくて、やはり鋭さを少し感じますが、佳撰カップほど鋭くはないみたいです。
ですが燗が冷めるにつれて鋭さが増してくるようです。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
糖添三増酒にありがちなとろみのような舌触りは感じません。


ちょいすっぱやや甘口のお酒でした。
佳撰カップと同じくやはり酸味が効いていましたが、こっちのほうが鋭さが少ないように感じました。
また、渋みがなく、透明感を感じました。
糖添三増酒にしては、まあまあいけるほうではないかと思います。
でもやっぱり、味に深みがないですね。

【お酒】1139.初陣 佳撰 カップ [32.島根県の酒]

4838.JPG
古橋酒造株式会社
島根県鹿足郡津和野町後田口196

原材料 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール・糖類
アルコール分 15度以上16度未満
180ml詰




まずはじめにこのカップですが、これは既製品ですね。
4839.JPG
これまでにも、小浜の上撰わかさニューカップや、岩手県の廣喜カップで見たことがありましたよ。


実は拙宅にはこのお酒よりも古いカップ酒の在庫がまだあるのですが、先週末に津和野を訪問した際に入手したこのお酒を早々に飲まなければならなくなってしまいました。
なぜならば、このお酒は運んでいる最中にフタの部分から中身が漏れ出してしまい、補修に補修を重ねながらようやく持ち帰ってきたものだからです。
4840.JPG
このアルミフタの上にはプラスチックの外フタが付いていたのですが、それでも漏れてきてしまいました。
どうやら、アルミフタに寄ったシワの部分が裂けてしまったようでした。

津和野から苦労して持ち帰ってきたこのお酒ですが、まことに残念ながら、糖類添加の三増酒でした。
ですが、酸味料は添加されていないみたいです。
4841.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
4842.JPG


うまみは意外にもやや濃いめです。
深みはそれほどでもないものの、醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみを感じます。
また、うまみにクドさはないみたいです。
それに、熟成感と軽い渋みとをちょっとだけ感じます。
キレはよいみたいです。

酸味はけっこうはっきりしています。
すっぱさはそれほど強くはないものの、けっこう鋭いですね。
刺激やピリピリ感はないみたいです。

甘みはややはっきりしています。
ですが、糖添三増酒にありがちなとろみのような舌触りはないみたいです。


鋭い酸味が効いているものの甘みがそれを和らげている、やや濃醇ですっぱやや甘口のお酒でした。
これ多分ね、甘みがないと、酸味の鋭さが目立ち過ぎて飲みにくいと思います。
甘みがいい塩梅に効いていて、しかも三増酒にありがちなとろみのような舌触りやべとついた感じがしませんね。
それでも酸味に鋭さがありますが、肉料理、それも濃い味のものには合うのではないかと感じました。
糖添三増酒にしては、まあいけるほうではないでしょうか。
苦労して持ち帰ってきた甲斐がありましたよ。

【お酒】1138.朝日川 生酛なま酒 300ml [06.山形県の酒]

4834.JPG4835.JPG
朝日川酒造株式会社
山形県西村山郡河北町谷地乙93

アルコール分13.0度以上14.0度未満
原材料名 米(国産)米こうじ(国産米)醸造アルコール
精米歩合65%
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




朝日川酒造さんのお酒は、これまでに朝日川の上撰300ml瓶と、朝日川の本醸造カップとをいただいております。
今日いただくこのお酒は、生酛造り生酒です。
4836.JPG
精米歩合の表示はありますが、特定名称が表示されていないことから、普通酒なのでしょう。
アルコール度数がいささか低めのようですが、口当たりをよくするためでしょうか?


普通酒ですが生酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、ほぼ透明でした。
4837.JPG


一口含むと、フレッシュな風味があることがわかります。
そんなにクドくはないですね。、

淡いなりに、米のうまみを感じます。
軽い苦みをかすかに感じます。
キレはよいみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、鋭さを少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みははっきりしています。
口に含んですぐはわかりにくいようですが、その後だんだんはっきりしてきます。
ですが、べとついた感じはなく、さらっとしています。


淡麗軽快甘口のお酒でした。
アルコール度数から推察したとおり、口当たりが軽快でした。
でも、淡いなりにうまみや酸味がしっかりしているので、物足りなさはないと思います。
ただね、私にはちょっと甘いかな。
これは私の推測ですが、もしかしたらこれが甘ダレってやつなのでしょうか?

島根県から山口県への酒集め [旅]

3月18日(土)~20日(月祝)の三連休に、青春18きっぷと夜行バス、それに新幹線を利用して、酒集めの旅に出かけてまいりました。




☆★一日目(3月18日(土))☆★

まずは、東京駅から。
tuwayama02.JPG

東海道本線の5:46発沼津行電車に乗車。
tuwayama03.JPG
tuwayama04.JPG

終点の一つ手前、三島駅にて浜松行に乗りかえて、静岡地獄へと突入です。
tuwayama05.JPG

途中、三島・浜松・豊橋・大垣・米原と乗りかえて、大阪駅へ到着。
東京駅から10時間かけての行程でした。
でも、賃労働で拘束されている時間に比べたら、こっちのほうがはるかにあっという間だぜ。
tuwayama06.JPG
tuwayama07.JPG


大阪駅からは、大阪環状線に乗りかえ。
この新車、ものすごく静か!
乗ったのはモハ(モーター付車)でしたが、従来車のサハ(モーターなし車)よりも静かに感じました。
tuwayama08.JPG

天王寺駅で関西本線JR難波行201系電車に乗りかえ。
tuwayama09.JPG

天王寺から3駅乗って、JR難波駅で下車。
tuwayama10.JPG

なんばウォークを近鉄日本橋駅方面へ歩いて、
tuwayama11.JPG
tuwayama12.JPG

大阪へ来たら決して外せない、初かすみ酒房さんへ到着。
2ヵ月半ぶりのご無沙汰でした。
tuwayama13.JPG
tuwayama13-2.JPG


まずは生小。
座るとすぐに飲み物を訊かれるので、いつも条件反射的に生小と答えてしまいます。
tuwayama14.JPG

空腹をおでんで満たします。
tuwayama15.JPG

生小をさっさと空けて、初かすみの普通酒をいただきます。
味わい深さは相変わらずでしたが、なんか以前よりも甘みがちょっとだけ少なくなったような気がしましたよ。
tuwayama16.JPG

せっかく大阪へ立ち寄ったのですから、梅焼のおでんを食べなければなりませぬ。
軽めの伊達巻のような甘さとふわふわ感とが、深い味わいのお酒とよく合いますよ。
撮影を忘れて、箸で割いてしまいました。
tuwayama18.JPG

そしてこれは、“生酛のどぶ”なるにごり酒。
前回は冷酒でいただきましたが、ときどきさんから燗でもいけると教えていただいたことから、今日は燗にしてもらいましたよ。
tuwayama17.JPG
燗にすると、酸味がちょっと際立ってきました。
でも酸味に鋭さはありません。
甘みがかなり少ないことも相俟って、引き締まった感じの味わいになりましたよ。
それでいて雑味やえぐみはまったくありません。
これはにごり酒なのにキリッとしていて、燗でもおいしいですね!

調子に乗って、古酒も頼んでしまいましたよ。
熟成感があるものの、雑味や角がなくてきれいなお酒でした。
でも、ちょっとお高めですね。
tuwayama19.JPG
tuwayama20.JPG


この後、温泉で汗を流し、
tuwayama21.JPG

難波駅から大阪市営地下鉄四つ橋線に乗って梅田へ戻って、
tuwayama22.JPG

阪急三番街のバスターミナルから、つわのエクスプレス(22:30発)に乗車して、寝ながら目的地へと向かったのでした。
tuwayama23.JPG
tuwayama24.JPG





☆★二日目(3月19日(日))☆★

つわのエクスプレスは、朝7時過ぎに終点の津和野駅(島根県鹿足郡津和野町)に到着。
tuwayama26.JPG

バスから一歩外へ出ると、これがまた激寒だこと!
霜が降りるほどの冷え込みようでした。
tuwayama27.JPG

駅舎の隣には、D51が放置されて保存されておりました。
tuwayama29.JPG

駅舎の背後にも正面にも、山が迫っていていい景色だこと。
秋にはきっと、紅葉がきれいなのでしょうね。
tuwayama25.JPG
tuwayama28.JPG


観光客がまだ誰もいない津和野の街を散策します。
tuwayama30.JPG

立派な和風の建物がありました。
tuwayama31.JPG
tuwayama32.JPG

大正時代に建てられたこの建物は、なんと現役の町役場なのだとか。
tuwayama33.JPG

警察署の背後に、津和野城跡を発見。
ですが酒集めを優先すべく、登城は敬遠させていただきました。
tuwayama35.JPG
tuwayama36.JPG

洋風の建物もありましたよ。
津和野カトリック教会。
tuwayama34.JPG


紙漉き体験ができる(たぶん)建物の脇に、ジュディ・オングらしき顔ハメを発見!
tuwayama37.JPG

Wind is blowing from the Aegean♪
女は海~♪
(阿木燿子作詞 筒美京平作曲『魅せられて』より)
tuwayama38.JPG
そういえばこの顔ハメ、どなたかのブログで見たことがありましたよ。
デジカメさんだったかな?

ここで一つ、訂正がございます。
さきほどのジュディ・オングは、津和野の伝統舞踊である“鷺舞”の誤りでした。
読者の皆様および関係各位に深くお詫びしつつ、訂正させていただきます。
tuwayama39.JPG
tuwayama40.JPG


津和野の街中には、蔵元さんが3軒あります。
これは“高砂”を造る財間酒場(ざいまさかば)さん。
tuwayama41.JPG
tuwayama42.JPG

中を見学させていただきました。
tuwayama43.JPG

これは“初陣”の古橋酒造さん。
tuwayama44.JPG
tuwayama45.JPG

立派な鏝絵が飾られておりました。
tuwayama46.JPG

“華泉(かせん)”の華泉酒造さんでは、絶賛蔵開き中でした。
tuwayama47.JPG
tuwayama48.JPG

振る舞い酒をいただいたりなんかしちゃったりして。
tuwayama50.JPG


津和野での成果はこちら。
このカップ酒は、財間酒場さんで購入しました。
tuwayama51.JPG
tuwayama52.JPG

スーパーでは、カップ酒3種をGet!
tuwayama53.JPG

古橋酒造さんでは、初陣の佳撰カップを入手しました。
tuwayama54.JPG


津和野の街を3時間ほど徘徊して駅へと戻ろうとしていたところ、その途中で、はからずも石見神楽を拝見することができましたよ。
tuwayama55.JPG
tuwayama56.JPG
tuwayama57.JPG
tuwayama58.JPG
tuwayama59.JPG
tuwayama60.JPG
tuwayama61.JPG
tuwayama62.JPG
tuwayama63.JPG
tuwayama65.JPG

この演者は、小学校三年生なのだとか。
それでも堂々としたものでしたよ。
tuwayama64.JPG

石見神楽に興味津々のひろしとピョン吉。
tuwayama66.JPG


津和野の街は、見どころが満載でした。
それでいて静かで落ち着いた雰囲気だったことから、ゆったりした気分で回ることができましたよ。


津和野駅からJR山口線の山口行普通列車に乗車して、次の目的地を目指します。
来たのはキハ40の単行でした。
tuwayama67.JPG

津和野駅から一時間ちょっと乗って、終点の一つ手前、上山口駅(山口県山口市)で下車。
ここから山口市内にあるスーパーを潰していきます。
tuwayama68.JPG
tuwayama69.JPG
tuwayama70.JPG

上山口駅の周辺で、さっそく福娘のカップをGet!
萩市のお酒でした。
tuwayama73.JPG

仁保川にかかる橋の上からこんにちは。
tuwayama71.JPG
tuwayama72.JPG
津和野の朝の激寒がうそのように暖かくなってまいりました。
でも風が少しあったことから、気持ちよく歩き回ることができましたよ。

五橋の紙カップは新鮮だったことから入手してしまいましたが、このあとで辟易するほど頻繁に見ることになったのでした。
tuwayama74.JPG

長門峡のカップ2種。
途中で古めのものを見つけて敬遠していたのですが、最後に立ち寄ったスーパーで新鮮なものをGetすることができましたよ。
tuwayama75.JPG


上山口駅から7km弱を2時間半ほどかけて歩いたのち、大内中学校前バス停から中国JRバス防長線に乗って山口の市街地へと戻ります。
tuwayama76.JPG
tuwayama77.JPG
tuwayama78.JPG

バスに乗って着いたのは、JR山口線の山口駅。
tuwayama79.JPG
tuwayama79-2.JPG

その山口駅からは、JR山口線の新山口行普通列車に乗車。
今度はキハ47の2連でした。
tuwayama80.JPG

山口駅から7駅乗って、終点の新山口駅で下車。
かつて私が来たときは、たしか小郡駅って名前だったはず。
tuwayama81.JPG
tuwayama82.JPG

新山口駅の売店で、山頭火のカップ酒をGet!
tuwayama83.JPG


本日の酒集めはこれでおしまい。
一杯やろうと目論んでおりましたが、日曜日とのことで、気の利いていそうな居酒屋はどこもお休み。

そこで、ホテルのフロントで教えてもらった“口福至福”さんへやってまいりました。
tuwayama84.JPG

まずはビール。
tuwayama85.JPG

お通し三品。
tuwayama86.JPG

“シッタカは、楊子を刺して貝殻のほうを回す”という太田和彦さんの教え(“ふらり旅 いい酒いい肴”より)を忠実に守った結果、途中で切れることなく身を出すことができましたよ。
tuwayama87.JPG
身はやわらかく、あっさりしていて臭みがなくて、最後に磯の香りがちょっとだけ鼻へ抜けていきました。

この赤なまこはものすごくまいうー!
それに大きさといい量といい、ちょうどいい感じ。
tuwayama89.JPG

赤なまこには、そりゃお酒でしょう!
五橋の燗酒をいただきます。
tuwayama88.JPG

長州鶏のとり皮ポン酢や、肉厚の焼しいたけなどをつまみつつ、
tuwayama90.JPG
tuwayama91.JPG

しっかりした味のお酒を飲みたいとお願いしてみたところ、“原田”なるお酒を勧めていただきました。
tuwayama92.JPG
熟成感がちょっとあるしっかりした味わいでしたが、雑味なく辛口で、かつあと味すっきりしたおいしいお酒でした。
私はこの原田がどこのお酒なのか知らなかったことから、瓶を見せてもらおうかと思ったのですが、お店の人たちはみなお忙しそうでしたので遠慮いたしました。

これだけ飲み食いして、2,500円(ホテルのフロントでもらったビール一杯無料券を使用)。
大満足でした。




☆★三日目(3月20日(月祝))☆★

三日目の朝。
新山口駅から山陽本線岩国行普通電車に乗車。
115系3000番台の4連でした。
tuwayama93.JPG

新山口駅から約15分、3駅乗って、防府駅(山口県防府市)に到着。
tuwayama94.JPG
tuwayama95.JPG

この時点で、スーパーの開店時刻にはまだちょっと早め。
そこで駅周辺を徘徊してみたところ、山頭火の小径なるものを発見。
なんでも、種田山頭火の生家跡があるのだとか。
tuwayama96.JPG
tuwayama97.JPG

小径には、ところどころに山頭火の句が掲げられておりました。
tuwayama98.JPG

地図がけっこう簡略化されていたようで、この辺りで迷ってしまいました。
すると偶然にも地元の観光ボランティアの方に出会い、案内していただきました。
tuwayama99.JPG

これが山頭火の生家跡なのだとか。
tuwayama100.JPG
tuwayama101.JPG

案内していただいたボランティアの方は、生家跡の裏側まで連れていってくださいました。
この家の二階に、種田山頭火が実際に住んでいたのだとか。
tuwayama102.JPG

そしてこの縁石のある場所は、山頭火の母親が身投げした井戸の跡なのだそうです。
tuwayama103.JPG

最後に、山頭火も飲んだ(はず)という湧き水をいただいて、ボランティアの方と別れました。
口当たりのよい軟水でした。
tuwayama104.JPG

防府では、御大典記念の碑の脇に桜が咲いておりましたよ。
tuwayama105.JPG
tuwayama106.JPG

防府ではおよそ3時間歩いたのですが、なんと成果はゼロでした。
どのスーパーに入っても、酒コーナーに鎮座ましましていたカップ酒は五橋紙カップと金冠黒松、そして広島の千福Vパック白牡丹ばかりでしたよ。
人口10万人余を抱える防府には蔵元さんがないことから、山口県内の他地域で造られたお酒が入って来ているのではないかと予想していたのですが、カップ酒に関しては完全に見当が外れてしまいました。


失意のうちに防府駅へ戻って、再び山陽本線の岩国行普通電車に乗車。
115系(3扉車)の2連でした。
tuwayama107.JPG

防府駅からおよそ25分、5駅乗って、着いたのは徳山駅(山口県周南市)。
tuwayama108.JPG

駅舎は改築中でした。
tuwayama109.JPG

カバの口に吸い込まれたりしながら徳山の街を2時間半ほど徘徊してスーパーを潰したのですが、この時点でまたしても成果はゼロ!
tuwayama110.JPG
出会ったカップ酒は防府と同じで、五橋紙カップに金冠黒松、千福Vパック、白牡丹ばかりでしたよ。

ヤケのやんぱち日焼けのなすびの心境で買ってしまったのが、白牡丹の上撰300ml瓶
↑どんな心境だよ!
tuwayama111.JPG
これは広島の西条(広島県東広島市)に蔵を置く蔵元さんのお酒で、かつていただいた金紋白牡丹 広島上撰 ライトカップと同じ中身だと思います。
そのスッキリ甘口を久々に味わってみたくなって、買ってしまいました。


酒集めを終えて駅へと戻る途中で、そういえば徳山にも蔵元さんが一軒あったことを思い出しました。
こちらがその“はつもみぢ”さん。
tuwayama112.JPG
日曜祝日は休業日とのことでしたが、この日は偶然にもお店の人が入口(写真右奥の倉庫のようなところ)を開けていらっしゃったことから、購入させていただくことができました。

そのお酒がこちら。
この蔵元さんは全量純米蔵とのことで、はつもみぢのお燗瓶(左)は純米酒でした。
tuwayama113.JPG
それに、昨日いただいた“原田”は、なんとこのはつもみぢさんのお酒だったのです!
偶然に偶然が重なって、原田を入手することができましたよ。
スーパーを回ってみたものの見つけることができなかった旨をお話ししたところ、スーパーにはほとんど卸していないとのことでした。
そりゃ見つかりません罠。


今回の旅はこれですべておしまい。
徳山駅からのぞみに乗って帰ったとさ。
tuwayama114.JPG

以上、カップ酒12個、一合瓶1本、300ml瓶2本の旅でした。
二日間かけて歩き回ったにしては、ちょっと少ないね。
津和野と山口とではそこそこの成果があったものの、防府ではさんざん、そして徳山ではいまいちだったからでしょう。

三日日は岩国あたりまで足を延ばすか、あるいは逆に下関へ向かったほうがよかったかもしれません。
そうは言っても、実際に防府と徳山とで酒集めをしてみなければ両街を選んだことの当否はわからなかったことでしょうから、しかたがありませんね。
むしろ、これでまた岩国や下関辺りを攻めてみる楽しみができたことを喜び、また徳山ではからずも原田と再会できたことに感謝をして、前向きに捉えたいと思います。

【お酒】1137.黒松稲天 本醸造 カップ [29.奈良県の酒]

4831.JPG
稲田酒造合名会社
奈良県天理市三島町379

アルコール分 15度以上16度未満
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
精米歩合70%
容量180ml詰
(以上、ラベルより転記)




奈良県天理市、言わずと知れた天理教のお膝元。
今日いただくこのお酒は、その天理の街の中心地にある商店街沿いに蔵を構える蔵元さんのお酒です。
2016201733.JPG


稲田酒造さんのお酒について、文献には以下のような記述がありました。

確かに稲田酒造のお酒は、天理教の御神酒として深く天理と関わっており、信者さんの厚い信頼を得て日本全国への発送はもとより、今では遠く韓国や台湾でも引き合いがあるという。しかし、あくまでもそれは結果である。品質が伴わなければ、単に地元の酒というだけで、広く長く人に求め続けられることはない。また、徒に醸造所拡張して生産量を増やしたりせず、年間二百石という十分に目の届く範囲の石数で品質を守っているのも支持される理由だろう。つまり天理教関連の需要は、この蔵元が古くから天理の地の利を生かした誠実な酒造りをしてきたことのひとつの結果であり、純粋に優れた奈良の地酒の一つとして見ることも大事だろう。なによりもそれはひと度味わえばすぐに判ることでもある。」(※1)

今日いただくこのお酒は本醸造のカップ酒ですが、果たしてこのお酒にも蔵元さんが誠実な酒造りをしてきた結果が表現されているのでしょうか。
それを確かめるべく、そろそろいただいてみたいと思います。
本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。
4832.JPG


お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
4833.JPG


うまみはやや淡めです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)をかすかに感じる程度です。
香ばしさもちょっとだけあるみたいです。
それよりも、軽い苦みが少しはっきりしているようです。
キレはよく、透明感がありますね。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが強くはないものの、ちょっとだけ鋭さを感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
でも、けっしてべとつかない、さらっとした甘みです。


やや淡麗でちょい苦やや甘口のお酒でした。
淡めであるためか、軽い苦みや酸味が少しはっきりしていました。
でも、飲みにくさはなく、むしろそれらが料理の魚臭さや脂っぽさを流してくれそうでした。
本醸造の特定名称が付されておりますが、この透明感から推察するに、醸造アルコールの添加量が多めなのではないかと私は感じました。
もしかしたら、それも品質を守るための一手法なのでしょうか?

(※1)山田二良『奈良の銘酒』p.46(2011.2 京阪奈情報教育出版)

【お酒】1136.山桂(やまかつら) 清酒カップ [29.奈良県の酒]

4829.JPG
株式会社岡本本家
奈良県吉野郡大淀町下淵230

原材料名 米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
アルコール分15度以上16度未満
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




ある筋の情報によれば、岡本本家さんは、最近になって奈良県の酒造組合を退会なさったのだとか。
↑どんな筋だよ!
もしかしたら、お酒造りの規模を縮小するおつもりなのでしょうか?


ネタがないことをごまかしたところで、いただいてみたいと思います
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほとんど目立たない程度でした。
4830.JPG


うまみは淡めというか、むしろ薄めです。
ほとんど感じないくらいです。
香ばしさと苦みとをかすかに感じる程度です。

酸味はややひかえめです。
すっぱさを少しだけ感じます。
また、冷めるにつれてピリピリ感が出てくるようです。

甘みはひかえめです。
ほとんど感じないくらいです。


薄くてピリ辛口のお酒でした。
これほどうまみが少ないお酒はめずらしいのではないでしょうか?
苦みや酸味はありますが、薄いので気にはなりませんでした。
これは完全に私の予想ですが、醸造アルコールを多めに添加して度数を高めに上げたのちに、多めの加水量でそれを15-16度に下げているのではないでしょうか?

【お酒】1135.黒松翁 完全発酵辛口 特別純米酒(辛口秘蔵古酒) 伊勢神宮参拝記念 カップ [24.三重県の酒]

4824.JPG4825.JPG
合名会社森本仙右衛門商店
三重県伊賀市上野福居町3342

原材料:米(国産)米こうじ(国産米)
アルコール度数14度以上15度未満
精米歩合60%
200ml詰
(以上、ラベルより転記)




昨日いただいた黒松翁 金印 オキナカップ 伊勢神宮参拝記念に引き続き、今日も森本仙右衛門商店さんのお酒をいただきます。
今日いただくこのお酒は、完全発酵で辛口かつ秘蔵古酒の特別純米酒なのだとか。
4826.JPG
4827.JPG


特別純米酒ですし、古酒ですので、雑味が出ることを避けるべく、燗ではなくて冷や(常温)でいただきます。

お酒の色は、かなり深みのある金色をしておりました。
4828.JPG


こりゃ濃いね。
熟成感が豊かですが、お米のうまみも残っているようです。
軽い渋みがちょっとあるみたいですが、雑味のようなものはありません。

酸味はややはっきりしています。
強くはないものの、すっぱさに鋭さを少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはやっぱりひかえめです。
でもゼロではないみたいです。


熟成感が豊かであるもののすっきりしている、濃醇旨辛口のおいしいお酒でした。
このすっきりした味わいには、酸味がうまく効いているようです。
それに純米酒にしてはキレがよく、飲みやすく仕上がっておりました。
また、たしかに辛口ではありましたが、甘みがわずかにあってコクを感じました。