So-net無料ブログ作成
検索選択

【お酒】1018.酒銘不詳(長岡?) カップ [15.新潟県の酒]

4276.JPG
長谷川酒造株式会社
新潟県長岡市摂田屋2-7-28

原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15度
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




新潟県長岡市は、花火大会で有名な街ですね。
その様子は、山下清が描いた絵でも広く知られています。
今日は、その花火とともに駅名標のようなデザインが施されたラベルのお酒をいただきます。
4277.JPG
ですがこのラベルには、酒銘らしき表示は見当たりませんでした。


今年の花火大会は、8月1日から3日にかけて開催されたのだとか。
このお酒は8月下旬に長岡市内のスーパーで入手しましたが、花火大会が終わったためか、値下げして販売されておりました。
4278.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
4279.JPG

お酒の色は、すこしはっきりしておりました。
4280.JPG


燗をつけると、お酒の甘い香りが漂ってきました。

また一口含むと、アルコールの香りがはっきりしていることがわかります。

うまみはやや濃いめで、しっかりしています。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみがはっきりしています。
熟成感が少しあって、また軽い苦みもちょっとあるみたいです。
それでいてキレがよく、スッと引いていきます。

酸味はややひかえめです。
さわやかさとすっぱさとを少し感じる程度です。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
それでもべとつかない甘みを少し感じます。


しっかりしているもののキレのよい、やや濃醇で旨口のおいしいお酒でした。
酒臭くて(←あくまでもほめ言葉です)、熟成感や軽い苦みもちょっとあって、飲み応えを感じます。
でも、それらが口の中で広がったのち、スッと引いていきます。
アルコールの香りが少し気になるかもしれませんが、その添加されたアルコールがキレのよさをもたらしているのではないかと思います。

【お酒】1017.あたごのまつ(愛宕の松) 純米吟醸 300ml [04.宮城県の酒]

4272.JPG4273.JPG4274.JPG
株式会社新澤酒造店K
宮城県大崎市三本木字北町63番地

アルコール分/16度
原材料/米(国産)・米麹(国産米)
精米歩合/55%
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




新澤酒造店さんのお酒は、これまでに愛宕の松の本醸造カップと、愛宕の松の特別純米酒むすび丸カップとをいただいております。
今日いただくこのお酒は、純米吟醸酒です。


純米吟醸酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、透明でした。
4275.JPG


吟醸香がありますね。
フルーティーというよりも、花のような風味です。
大きく広がることはないものの、鼻腔を突いてくるようです。
それにちょっとだけですが、生貯蔵酒みたいなフレッシュな風味があるみたいです。

一口含むと、酸味がしっかりしていることがわかります。
すっぱさは決して強くはないものの、鋭さを感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

うまみはやや淡めです。
米のうまみが、広がらないものの、鋭さがあって舌を突いてきます。
苦みや雑味はありません。

甘みはややひかえめです。
ややドライな感じですが、ゼロではないみたいです。


弱めではあるものの鋭い酸味と、舌を突く米のうまみとの、やや淡麗でやや辛口のおいしいお酒でした。
酸味が程よく効いていますね。
それに、米のうまみに鋭さがあって、スッキリしています。
もしかしたら、美山錦を使用しているのでしょうか?
私としては吟醸香やフレッシュさは要らないと思いますが、まあそれらもまた、このお酒の個性なのでしょう。

【お酒】1016.東一(あづまいち) 山田錦純米酒 300ml [41.佐賀県の酒]

4265.JPG4266.JPG4267.JPG
五町田酒造株式会社
佐賀県嬉野市塩田町五町田甲2081

アルコール分 15度
原材料 米(国産)・米麹(国産米)
原料米 山田錦100%使用
精米歩合64%
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




東一(あづまいち)という酒銘について、以下のような記述が文献にありました。
4268.JPG

 五町田酒造は1922年、瀬頭本家から分家して創業。「日本一」という銘柄でしたが、その後東洋で一番になるという意味で「東一」を追加しました。」(※1)
この“瀬頭本家”というのは、もしかして“東長”の瀬頭酒造さんのことでしょうか?


ところで、五町田酒造さんの酒造りについて、上記と同じ文献にはこのような記述がありました。

 「米から育てる酒造りがモットー。」味のある米の旨みがのった酒を目指しています。「東一」が全国的に知られる五町田酒造の社長瀬頭一平さん。「米と酵母の相性が一番大事」と言います。本物の酒は良質の米から生まれるとして酒米の最高峰とされる山田錦を蔵周辺の田んぼで“自家栽培”するこだわりよう。」(※2)

今日いただくこのお酒は山田錦を使用した純米酒ですが、その産地については表示されておりませんでした。
4269.JPG
もしかしたら、蔵元さんが自家栽培なさった山田錦も使われているかもしれませんね。
なお、山田錦については、簡単にではありますがかつてこちらで触れておりますので、ご参照下さい。


このお酒ですが、ラベルには冷でもぬる燗でもOKと書いてありました。
4270.JPG
ですが、購入したスーパーでは冷やして販売されておりましたので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、無色でした。
4271.JPG


一口含むと、吟醸香のような香りをほんのりと感じます。

うまみはやや濃いというか、広がる感じがします。
これまでにいただいた山田錦のお酒で感じたように、お米のうまみが口の中でパッと広がります。
しかもそれが、雑味がまったくなくてきれいなのです。
キレはそれほどでもないみたいですが、うまみ自体にクドさがなくてきれいなので、ちょうどよい感じです。

酸味はややひかえめです。
角のないすっぱさをちょっとだけ感じます。
刺激やピリピリ感はまったくありません。

甘みはややはっきりしています。
べとついた感じはなく、さらっとしています。


お米のうまみを酸味と甘みとが引き立てる、旨やや甘口のおいしいお酒でした。
うまみと酸味、甘みとのバランスがとてもよいと思います。
香りも穏やかで、ケバケバしさを感じません。
しかも苦みや雑味がまったくなくて、きれいな味わいです。
山田錦を使ったお酒にもピンからキリまであるとは思いますが、私としては、このお酒はかなりいけるのではないかと思います。

今年のお歳暮の候補としておきます。
となると、こっちで取り扱っているお店を探さなきゃ。


(※1)平尾茂『佐賀酒ものがたり』p.63(2014.1 西日本新聞社)
(※2)(※1)p.62

【お酒】1015.雪鶴 精撰カップ [15.新潟県の酒]

4262.JPG
田原酒造株式会社
新潟県糸魚川市押上1-1-25

原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)醸造アルコール
アルコール分/15度以上16度未満
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




田原酒造さんの酒は、これまでに雪鶴の純米吟醸カップと、雪鶴のお燗純米酒180mlとをいただいております。
今日いただくこのお酒は、普通酒です。
4263.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
4264.JPG


一口含むと、酸味がはっきりしていることがわかります。
すっぱさは強くはないものの、鋭いですね。
さわやかさも少しあるみたいです。
それに、ちょっとピリッときますね。

うまみはやや淡めです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です。)うまみを淡いなりに感じます。
それに、軽い渋みを少し感じます。

甘みはややひかえめです。
べとつかない甘みを少しだけ感じます。


酸味と軽い渋みとが効いた、ちょいピリちょい渋すっぱ口のお酒でした。
これはきっと、地元の食べ物と合わせてこそのお酒だと思います。
糸魚川のお酒ですから、海のものでしょう。

【お酒】1014.竹の園 上撰 カップ [41.佐賀県の酒]

4257.JPG4258.JPG
矢野酒造株式会社
佐賀県鹿島市大字高津原3903-1

原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール・糖類
アルコール分15.0度以上16.0度未満
200ml詰
(以上、フタより転記)




佐賀県鹿島市の街中に蔵を置く蔵元さんのお酒です。
4259.JPG

上撰の小印が付けられておりますが、残念ながら糖類添加の三増酒でした。
ただし、酸味料は添加されていないみたいです。
4260.JPG

普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
4261.JPG


うまみはやや濃いめです。
ウィスキーみたいな風味を少し感じます。
それに渋みも少しありますね。
それでもキレがややよいことが、クドさを回避してくれているみたいです。

酸味はややひかえめです。
すっぱさをちょっとだけ感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはやっぱりはっきりしています。
糖添三増酒にありがちなとろみのような舌触りもありますし、ちょっとべとついた感じもします。


やや濃醇でちょい渋甘口のお酒でした。
この風味は、かつて扶桑鶴の佳撰カップで感じたことがありました。
酸味料由来の風味ではないと思いますが(酸味料の表示がないのでそう信じたい!)、ちょっとクセのようにも感じました。
でも、キレがよいことで、クドさは回避できていると思います。

【お酒】1013.Vセレクト 淡麗辛口 灘の鬼ころし カップ [28.兵庫県の酒]

4247.JPG4248.JPG
販売者:株式会社バロー
岐阜県多治見市大針町661-1
製造者:大関株式会社
兵庫県西宮市今津出在家町4-9

原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分13度以上14度未満
200ml
(以上、ラベルより転記)




このお酒ですが、岐阜県多治見市に本店を置くスーパーが企画し、兵庫県は灘五郷のうち今津郷にある大関さんが造ったお酒のようです。
4249.JPG
そういえば以前、広島県福山市に本店を置くスーパーが企画して、灘五郷のうち魚崎郷に蔵を置く櫻正宗さんが造ったカップ酒をいただいたことがありました。

なお、大関さんのお酒は、これまでに以下のものをいただいております。
266.オダキュー 天下の険 上撰 カップ
386.大関 超特撰 大坂屋長兵衛 大吟醸 180ml
695.本醸造 上撰 辛丹波 300ml
1000.ワンカップ大関 上撰


“鬼ころし”という酒銘が付けられております。
その意味については、かつてこちらでまとめておりますので、ご参照下さい。
4254.JPG


またこのカップ酒ですが、フタには“金鹿”という銘が記載されておりました。
4250.JPG

金鹿(きんしか)は、かつて大関さんと同じく灘五郷の今津郷にあった灘酒造さんが使用していた酒銘です。
4255.JPG
〔『灘の酒博物館』巻末折込図より(1983.10 講談社)〕

文献や確定的な情報に当たったわけではないので正確に記述することはできませんが、この灘酒造さんは21世紀に入ってから廃業し、それを大関さんが救済に乗り出して傘下に収めたようです。
きっとその際、大関さんが“金鹿”の酒銘も引き継いだのですね。

これは二年前に撮影した、西宮市にある金鹿さんの宮水井戸を示す看板の写真です。
廃業した後も、井戸は残っていたようですね。
4251.JPG
宮水の意味については、こちらをご参照下さい。


灘酒造さんは、灘での酒造りは昭和三十年代からと比較的新しかったようですが、その由来は戦前に朝鮮半島で酒造りをしていた蔵元さんにあったのだとか。
このことについては、手元の文献に以下のような記述がありました。

 朝鮮北部で「元山酒造」を経営していた植田(植田八郎・当時の灘酒造社長:ブログ筆者注記)にとって、敗戦はまさに青天の霹靂だった。内地の不況とは対照的に順風満帆だった酒造り業が烏有に帰した。工場設備などはすべて接収。財産どころか、家族五人が無事に引き揚げることが精いっぱいだった。
 揖保郡御津町出身の植田の父・伊之助は日露戦争後に朝鮮に渡り、大正五年から酒造業を始めた。業績は順調に伸び、昭和七年には、家督は植田に移った。昭和六年に勃発した満州事変後、清酒の需要が急増。元山酒造の石高は終戦の二十年には一万石近くにまで達した。もっとも軍需をはじめ日本人相手の商売がほとんど。当時朝鮮での清酒醸造会社は百社を超えたが、その多くは軍の力をバックにした日本からの進出企業だった。
 帰り着いた植田は、食うや食わずの生活を続けた。ようやく大阪で海産物の卸の仕事を細々と始めたものの、虚脱感はどうすることもできない。一日中釣り糸を垂れて過ごすこともあったが、酒造りへの熱い思いは断ち切ることができなかった。
  (中略)
 植田らは二十八年「朝鮮引き揚げ清酒製造業者連盟」を結成。全国に散らばっていた約八十人の元業者を探し出し、「われわれにも酒造免許を」と、国税庁酒税課へ連判で訴えた。
  (中略)
 引き揚げ者は、四つの地域に分散して“復活”することになった。岡山、山口、長野、そして兵庫。植田らは二十七人が集まり、苦しいなかから五百万円を捻出し、資本金とした。酒蔵は神戸・西郷にあった「忠勇」(若林酒造)の蔵を借りることができた。仕込みは三十年十二月に始まった。
 「灘酒造」。酒銘は「金鹿」。新しい灘酒の誕生である。
  (中略)
 灘酒造は三十五年、西宮に移り、灘五郷の中堅メーカーとして歩み続ける。初年度の石高はわずか九百九十石だった。植田は灘で初めて造った酒の味が、今も忘れられないという。」(※1)


そんな金鹿の酒銘を今に引き継ぐこのお酒ですが、糖類や酸味料は添加されていないものの、アルコール度数がやや低めに設定されておりました。
4252.JPG
醸造アルコールを添加して造ったお酒ですから、もろみを搾った際の度数は20度を超えていることでしょう。
それ故、おそらくこのお酒は加水を多めにして薄めて量を稼いでいるのだと淡麗さを出しているのだと思います。

たしかにね、お値段も118円と破格の安さでしたよ。
4253.JPG
もしかして大関さんでは、“金鹿”を安酒の銘柄としてお手軽なお値段のお酒の銘柄として使用しているのでしょうか?

でもね、別の文献によれば、在りし日の金鹿はなかなかの良酒だったそうですよ。
 金鹿は、一万石ほどの蔵です。100%灘の酒をキャッチフレーズにして、桶買いをしないで、自製酒のみを出荷しているところに、特色があります。特色のある製品としては、一、二級の辛口銘柄名の金鹿にちなんだ「バンビカップ」など。もちろん、こういう蔵の酒は、デラックスで、その特長を味わいたいものです。」(※2)
(桶買いについては、かつてこちらの末尾で触れております。)


大変お待たせいたしました。
そろそろいただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
4256.JPG


うまみはやっぱり淡めです。
でもね、淡いなりに醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみを感じますよ。
それに、熟成感もかすかにあるみたいです。
軽い苦みもちょっとだけあるみたいですが、まったく気にはならない程度です。

酸味はややひかえめです。
すっぱさは弱めですが、鋭さを少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
淡いせいかもしれませんが、べとついた感じはなく、さらっとしています。


淡めだが、淡いなりに味と飲み応えとを感じることができる、淡麗旨やや甘口のお酒でした。
度数の表示のみならず味わいの淡さからも、おそらく加水は多めだろうなと感じました。
でも、ワンカップ大関の上撰よりも、こちらのほうが酒臭さ(←あくまでもほめ言葉です)や飲み応えがあって、よりお酒らしい味わいでした。
私はワンカップ大関よりも、こっちのほうが好みですね。
それにこの値段でこの味わいでしたら、御の字だと思います。
もしかしてこれは、在りし日の金鹿の味わいを今に受け継いだ成果なのでしょうか?


(※1)神戸新聞社会部編『生一本 灘五郷-人と酒と』p.221-222(1982.11 神戸新聞出版センター)
(※2)中尾進彦『灘の酒』p.97(1979.7 神戸新聞出版センター)

【お酒】1012.妙高山 本醸造 カップ [15.新潟県の酒]

4243.JPG4244.JPG
妙高酒造株式会社
新潟県上越市南本町2-7-47

アルコール分15度以上16度未満
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
精米歩合65%
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




妙高酒造さんのお酒は、かつて普通酒の妙高山カップをいただいております。
今日いただくこのお酒は、本醸造のカップ酒です。
4245.JPG


本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、わずかに着いていることがわかる程度でした。
4246.JPG


アルコールの香りがややはっきりしているようです。

うまみは淡めです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみを淡いなりに感じます。
苦みや雑味はなく、それにキレもよいようです。

酸味はややはっきりしています。
やや鋭さのあるすっぱさを少し感じます。
それに、ちょっとピリッときますね。

甘みはややはっきりしています。
さらっとした甘みを少し感じます。


淡麗ちょいピリやや甘口のお酒でした。
普通酒のときもそうでしたが、やはりピリピリ感が目立ちますね。
これはあくまでも私の感想ですが、せっかくきれいな味わいなのに、ちょっともったいないように思いました。

【お酒】1011.天吹 上撰 カップ [41.佐賀県の酒]

4238.JPG4239.JPG
天吹酒造合資会社
佐賀県三養基郡みやき町大字東尾2894

アルコール分15.0度以上16.0度未満
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール・糖類
200ml
(以上、ラベルより転記)




花酵母の利用に熱心に取り組んでいらっしゃる天吹酒造さんのお酒は、かつて天吹の超辛口特別純米酒と吟乃紅衣との飲み比べと、三社祭の御神酒である“浅草三社権現社 御神酒300ml”とをいただいております。

今日いただくこのお酒ですが、上撰の小印が付けられているにもかかわらず、誠に残念ながら糖類添加の三増酒でした。
ただし、酸味料は添加されていないみたいです。
4240.JPG4241.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、けっこうはっきりしておりました。
4242.JPG


うまみは濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみも一応感じます。
クドさはないものの、このお酒、渋みがかなり強めです。
それに、キレのよさはないみたいです。

酸味ははっきりしています。
すっぱさに鋭さを感じます。
それに、ちょっとピリッと感じます。

甘みはややはっきりしています。
とろみのような舌触りはわずかに感じる程度ですが、ちょっとべとつくようです。


濃醇渋すっぱやや甘口のお酒でした。
かなりクセのある個性的な味わいのお酒でした。
これなぁ、かなり濃い味の料理や、磯の香が高い海産物などでないと、合わせるのが難しいんじゃないでしょうか。

【お酒】1010.澤乃泉 本醸造 300ml [04.宮城県の酒]

4234.JPG4235.JPG4236.JPG
石越醸造株式会社
宮城県登米市石越町北郷字中沢108の1

アルコール分 15.0度以上16.0度未満
原材料名 米(国産)米麹(国産米)醸造アルコール
精米歩合65%
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




昨日は澤乃泉本醸造の生貯蔵酒をいただきましたが、今日は貯蔵前と瓶詰め前と2回火入れされた本醸造をいただきます。
なお、石越醸造さんのお酒は、これらのほかに澤乃泉の上撰カップ伊豆沼白鳥(糖類添加)と、澤乃泉の特別純米酒カップとをこれまでにいただいております。

本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほぼ透明でした。
4237.JPG


うまみはやや淡めです。
お米のうまみをほんのりと感じます。
また、軽い苦みがちょっとだけあるみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは、強くはないものの少し際立っていて、ちょっとだけ鋭さを感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
かなりさらっとした甘みをほんのりと感じます。


やや淡麗でちょいすっぱやや甘口のおいしいお酒でした。
酸味と軽い苦みとがあることで味が引き締まって、食事と合わせやすくなっているのではないかと感じました。
私としては、生貯蔵酒よりもこちらのほうがおいしいと思います。
というか、糖添三増酒なんかよりも、これをカップ酒にしていただきたいところです。

【お酒】1009.澤乃泉 本醸造 生貯蔵酒 300ml [04.宮城県の酒]

4230.jpg4231.JPG
石越醸造株式会社
宮城県登米市石越町北郷字中沢108の1

アルコール分 15.0度以上16.0度未満
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
精米歩合 65%
内容量 300ml
(以上、瓶の印刷事項より転記)




石越醸造さんのお酒は、これまでに澤乃泉の上撰カップ伊豆沼白鳥(糖類添加)と、澤乃泉の特別純米酒カップとをいただいております。
今日いただくこのお酒は、本醸造生貯蔵酒です。
4232.JPG


生貯蔵酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、ほぼ無色でした。
4233.JPG


生貯蔵酒らしいフレッシュな風味を感じます。
ちょっとはっきりしていますね。

うまみはやや淡めです。
お米のうまみを感じます。
苦みもちょっとあるみたいですが、強くはなく、しかも軽い苦みです。
キレはそれほどでもないみたいです。

酸味はややひかえめです。
すっぱさは弱めですが、弱いなりに鋭さを感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
べとつかない、さらっとした甘みです。


軽い苦みと酸味、それに甘みのバランスがよい、やや淡麗でやや甘口のお酒でした。
苦みはあるものの、嫌味がなくて落ち着いていると思います。
その一方で、フレッシュさがちょっと目立つかもしれません。
まあでも、クドくはなくて飲みやすいでしょう。