So-net無料ブログ作成
検索選択

【お酒】1216.麓井 美酒ふもといカップ [06.山形県の酒]

5218.JPG5220.JPG
麓井酒造株式会社
山形県酒田市麓字横道32

原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分16度
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




鳥海山の南側で蔵を構える麓井酒造さんのお酒は、かつて麓井 生酛純米本辛 圓(まどか) 300mlをいただいております。


kime040.JPG
kime041.JPG

今日いただくこのお酒は、どうやら生酛仕込(生酛造り)の普通酒のようでした。
5219.JPG
生酛造りの意味についてはこちらで、そして生酛造りの味わいについてはこちらで、それぞれまとめております。
要するに、“生酛で育った酵母は力強いので、発酵がよく進み、その結果きれいな酒質になる”ということのようです。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
5221.JPG


うまみはやや濃いめです。
米のうまみがしっかりしていて、厚みを感じます。
酒臭さ(←ほめ言葉です)も少し感じます。
軽い苦みがちょっとだけあるものの、角や嫌味を感じません。
それでいてキレがよく、透明感を少し感じます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、鋭さをがちょっとあるみたいです。
でも、酸味自体に深みを感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
飲んでいる間はほとんど感じないのですが、後味でちょっと出てくるようです。


やや濃醇でやや辛口のおいしいお酒でした。
うまみに厚みがあって、酸味に深みを感じました。
それでいて雑味がなく、しかもやや辛口に仕上がっていました。
これは生酛仕込の成果でしょうか。
また、少し透明感を感じたことからアル添量がやや多めかと思いますが、それでも薄っぺらさや物足りなさは感じませんでした。

アル添普通酒でこの味わいでしたら、大満足でしょう。
普通酒でもこういう味のお酒を造ることが出来るのですから、よその蔵元さんたちは三増酒なんか止めたらいいのにと思った次第でしたとさ。
nice!(39)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 39

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0