So-net無料ブログ作成
検索選択

【お酒】1193.白鶴 上撰 淡麗純米 お燗瓶 [28.兵庫県の酒]

5108.JPG5109.JPG
白鶴酒造株式会社
神戸市東灘区住吉南町四丁目五番五号

アルコール分 13度以上14度未満
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)
精米歩合 70%
国産米100%使用
180ml詰
(以上、瓶の印刷事項とフタとより転記)




あたしゃ意外だったのですが、このブログで白鶴さんのお酒を紹介するのは、今回が初めてでしたよ。


今更言及の必要はないかもしれませんが、灘五郷は御影郷に蔵を置き、「当社は創業を寛保三年(一七四三)とし、現当主は九代目となる。去る昭和四十八年(一九七三)十月十日をもって二百三十年の創業記念日を迎えることができた。」(※1)と今から40年ほど前に出版された書籍でもその歴史の深さを紹介されている蔵元さんです。

その白鶴酒造さんは、かつては“白嘉納家”と言われていたように、元々は菊正宗(本嘉納家)の分家筋に当たる蔵元さんでした。
このことについて、文献では以下のように紹介されておりました。

 六甲の山なみを背景に、どこまでも続く遠浅の浜辺。静かに打ち寄せる波を朝からじっと見つめている若者がいる。摂津・御影村の生魚屋(うおや)治郎太夫宗徳。後の嘉納家の始祖である。
(中略)
 宗徳が、酒造業に進出したのは万治二年(一六五九)。これが、菊正宗の創業である。
(中略)
 宗徳の商才は四男の治兵衛良清に受け継がれ、家業の回船業と網元は材木業に切り替えられるが、酒造りだけは副業として続く。そして、二代目治兵衛良西の時代になって、ついに酒造りがもっぱらの家業となった。さらに良西は、長男の治郎右衛門秀孟に家業を譲ったのち、寛保三年(一七四三)、末っ子の六男治兵衛を連れて分家。この二人が現代の白鶴酒造の創始者となるのである。時代は、伊丹酒全盛の元禄期が過ぎ去り、灘の黄金時代がまさに到来しようとしているころであった。」(※2)

本嘉納・白嘉納の両家はけっして対立していたわけではなく、それぞれが切磋琢磨しつつ、時には協力し合っていたようです。
その協力の一つと言えるのが、今日においては天下の名門校にまで発展した、灘中学の設立でしょう。
上記と同じ文献では、このことを以下のように紹介しておりました。

 不況で明けた昭和二年、物みな沈滞する中で、進学熱だけはなおいっそうの高まりを見せていた。大戦景気の後、阪神間に住宅ブームを呼んだ“新中流層”が、こぞって子弟教育に強い関心を持ち始めたのである。旧制中学への進学希望者がにわかに増え、塾通いの小学生が夕暮れの六甲山麓を足早に行き来する姿が目立つようになった。
 「なんとか門戸を広げられないものか」―御影師範教師の曽我豊吉はそう思った。地元のよしみで、教育問題に日ごろから関心を寄せていた「白鶴」の嘉納治兵衛、「菊正宗」の嘉納治郎右衛門、「桜正宗」の山邑太左衛門に相談を持ちかけた。三家の間でも、教育施設充実の声が上がり始めていた折でもあり、話はスムーズに進んだ。「灘育英会」が創設され、地元魚崎町から寄付を受けた広大な牧場を整地して、灘中学がスタートした。昭和三年四月のことである。」(※3)


今日は、そんな灘の名門である白鶴酒造さんが造ったこの純米酒をいただきます。
その純米酒ですが、品質表示を見るに、アルコール度数が13-14度とやや低めのようでした。
5110.JPG

純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、無色透明でした。
5111.JPG


うまみはかなり淡めです。
やわらかいうまみをかすかに感じる程度です。
苦みや雑味はなく、またキレもよいみたいです。

酸味ははっきりしています。
すっぱさが少し強めで、しかも鋭さを感じます。
それに、ちょっとだけピリッと感じます。

甘みはややひかえめです。
かなりさらっとした甘みをほんの少し感じる程度です。


酸味が味を引き締める、淡麗ちょいすっぱやや辛口のお酒でした。
苦みや雑みのないところは、大手蔵の真骨頂ではないでしょうか。
一方でアルコール度数が低めなのは、淡さを出すと同時に酸味を抑えるためだったのでしょうか?
私としては、この酸味にはもう少しうまみか甘みかがしっかりしていたほうが釣り合いがとれるのではないかと感じました。
これは私の予想ですが、もしかしたらこのお酒は、冷蔵庫で冷やしていただいたほうが酸味が和らいでいたかもしれません。

再びこのお酒に出会った際には、冷やしていただいてみたいと思います。


(※1)坂口謹一郎監修・加藤辨三郎編『日本の酒の歴史』p.646(清水敏雄執筆『酒造り雑想』p.646-650中 1977.8 研成社)
(※2)神戸新聞社会部編『生一本 灘五郷-人と酒と』p.77-78(1982.11 神戸新聞出版センター)
(※3)(※2)p.177-178
nice!(42)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 42

コメント 2

caveruna

ぬる燗じゃなく熱燗だとどうかなぁ?
by caveruna (2017-05-31 14:48) 

skekhtehuacso

caverunaさん、きっと余計に酸味に角が立ってしまうのではないかと予想しております。

by skekhtehuacso (2017-05-31 21:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。