So-net無料ブログ作成
検索選択

【お酒】1158.聖徳 別撰 ホーオーセイトク カップ [10.群馬県の酒]

4938.JPG
聖徳銘醸株式会社
群馬県甘楽郡甘楽町大字白倉686-1

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15度
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




群馬県酒造組合のWebsiteでは、このお酒の酒銘について以下のように紹介されておりました。
昭和34年、西上州の蔵元四社が合併して創業。社名・製品名の「聖徳」(せいとく)は聖徳太子の「以和為貴」(和を以って貴しと為す)の教えにあやかり、富岡・貫前神社の宮司によって名付けられました。「企業の発展には人の和が大切」と酒造りにかける新たな思いが込められ、今もその伝統を引き継いでいます。

あー耳が痛い耳が痛い!
あたしゃ何事も、一人でやりたい性質(タチ)なもので。
酒だってさ、大勢で騒ぎながら飲むよりも、一人で静かにいただいたほうが絶対にうまいと思っているものでしてね。


私の趣味趣向なんて、どうでもいいことです。
ネタがないことをごまかしたところで、そろそろいただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
4939.JPG

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
4940.JPG


一口含むと、アルコールの香りが強めであることがわかります。

うまみはやや濃いめです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)はしっかりしています。
また、一応軽めではあるものの、苦みがはっきりしています。
ですが、キレはよいみたいです。

酸味はややひかえめです。
アルコール由来かと思われるさわやかさを少しだけ感じます。
また、すっぱさは弱めですが、弱いなりに鋭さがあるみたいです。

甘みははっきりしています。
けっこう甘めで、とろみのような舌触りも少し感じます。


濃いめでしっかりしていて、甘みがはっきりしているもののキレのよい、やや濃醇でちょい苦甘口のお酒でした。
苦みや甘みを、アルコールで抑えているような感じがしました。
逆に言えば、アルコール香が気にはなるものの、それがしつこさを和らげているようでした。
それでもしつこさを完全に払拭できているわけではなく、私としてはしつこさもアルコール香も気になりました。
nice!(40)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 40

コメント 2

川鮎くん

本ブログの影響でしょうか?
純米酒か醸造アルコールを加えた普通酒を呑んでいます。
パック酒ですが糖類や酸味料添加は買いませんね~!!
by 川鮎くん (2017-04-22 06:41) 

skekhtehuacso

川鮎くん様、こんないいかげんなことばかり書いているブログの影響をうけてはなりませぬぞ。
でも、お酒を買う際に品質表示を確認なさることはおすすめいたします。
by skekhtehuacso (2017-04-22 20:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。