So-net無料ブログ作成
検索選択

【お酒】1117.御慶事 ミニカップゴケイジ [08.茨城県の酒]

4741.JPG4742.JPG
青木酒造株式会社
茨城県古河市本町二丁目15-11

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分 16度
180ml詰
(以上、フタとカップとの印刷事項より転記)




dancyuの今月号(2017年3月号)を読んでいたところ、青木酒造さんが紹介されていることを見つけました。
4743.JPG
sck64.JPG
それによれば、会津若松で修行した杜氏さんを含む3名(4名?)で酒造りをしているものの、全国新酒鑑評会では3年連続で金賞を射止めるなど、他にも数々の栄誉を獲得しているという実力派なのだとか。

そういえば、昨年末に青木酒造さんを訪れてお酒を入手していたことを思い出し、今回いただいてみることにいたしました。


このお酒の酒銘ですが、“御慶事”と書いて、“ごけいじ”と読むのだとか。
4744.JPG
なんでも、「主銘柄の「御慶事(ごけいじ)」は、3代目が大正天皇ご成婚の折、皇室の繁栄と日本の国のますますの隆盛の願いを込めて、「最高のよろこびこと」という意味で命名し、商標登録している。」(※1)のだとか。
戦前から続く銘柄なのですね。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほぼ透明でした。
4745.JPG


うまみは淡めです。
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをかすかに感じる程度です。
香ばしさもあるみたいですが、これもほんのかすかです。
切れはよく、しかも透明感を感じます。
苦みや雑味はありません。

酸味はややひかえめです。
すっぱさは弱めですが、弱いなりに鋭さがちょっとだけあるみたいです。
さわやかさも少しありますが、これはアルコール由来でしょうか。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
かなりさらっとした甘みをほんのりと感じます。


キレよく透明感のある、淡麗やや甘口のお酒でした。
これは私の推測ですが、この透明感は、アルコールの添加量が多めであることに由来するのではないでしょうか?
こういう透明感があるお酒にはもとの味が雑なもの(のように思われるもの)が少なからずありましたが、このお酒に関してはそういった感じはなく、むしろ丁寧に造ってあるのではないかと思いました。

冒頭で言及したdancyuでは、青木酒造さんの杜氏さんが目指すお酒の味について「「飲んでいる人がやわらかい表情になる酒ですね」という、禅問答のような答えが返ってきた。味で表現するなら、穏やかで、澄んだ明るさがあって、さらりと力みのない酒ということになるだろうか。」(※2)と書かれておりましたが、さもありなんといったところでしょうか。

(※1)『茨城の酒と蔵』p.163(2002.10 茨城新聞社)
(※2)dancyu 2017年3月号 p.78(堀越典子『杜氏として生きる。』p.76-79中)(プレジデント社)
nice!(44)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 44

コメント 4

エクスプロイダー

確かにダンチュウに掲載されてて知りましたね。あっ、プレゼント応募しないと。
by エクスプロイダー (2017-02-27 22:08) 

green_blue_sky

春になってくると、日本酒から徐々にビールに切り替わってきました(^_^;)
毎日記事を見ていると、お酒の色が変わりますね。
日本酒、みな違うですね。
by green_blue_sky (2017-02-28 06:38) 

skekhtehuacso

エクスプロイダーさん、華鳩の貴醸酒は、penとかぶっていましたね。
by skekhtehuacso (2017-02-28 22:37) 

skekhtehuacso

green_blue_skyさん、みなちがうでアルよ。
(あげ足をとるな!)

あたしゃビールも酒も、両方とも年中いただいておりまっせ。
両方とも、生活必需品ですから。
by skekhtehuacso (2017-02-28 22:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。