So-net無料ブログ作成

【お酒】1115.男女川(みなのがわ) 純米吟醸 300ml [08.茨城県の酒]

4732.JPG4733.JPG
稲葉酒造場
茨城県つくば市沼田1485番地

原材料…米(国産)・米麹(国産米)・筑波山の湧き水
精米歩合50%(酒造好適米100%使用)
アルコール分…15度
容量…300ml
(以上、ラベルより転記)




筑波山の麓に蔵を置く蔵元さんのお酒です。
sck44.JPG
sck45.JPG


このお酒ですが、“男女川“と書いて、“みなのがわ”と読むそうです。
4734.JPG
この酒銘について、文献には以下のような記述がありました。
 「つくばねの 峰より落つる男女川 恋ぞつもりて 淵となりぬる」(万葉集・陽成院作)。男女川(みなのがわ)は筑波山中を流れる小さな川だが、古歌の枕詞としてたびたび引用されてきた。そんな由緒ある川の名を主銘柄とする老舗蔵(中略)伝統の造り「袋づり」で手間を掛けて醸された純米吟醸酒の評判は上々という。」(※1)

袋吊りは造りではなくて搾りだろ!というツッコミは止めておきまして(やってんじゃないか!)、きょういただくこのお酒も純米吟醸酒ですが、はたしてこれも上々のお味なのでしょうか?

純米吟醸酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
4735.JPG


こりゃすっぱいな!
最初に酸味を感じました。
すっぱさがはっきりしていて、耳の下辺りを突いてくるようです。
でも、酸味自体に深みもあるみたいです。
刺激やピリピリ感はありません。

吟醸香はかすかにあるみたいです。
フルーティーな香りをほんの少しだけ感じます。
それよりも、酒臭い(←ほめ言葉です)香りのほうがはっきりしているようです。

うまみはやや淡めです。
米のうまみのようですが、添加されたような(あくまでも感想です)均一感もちょっとだけあるみたいです。
また、吟醸酒らしい軽い苦みも少しだけ感じます。

甘みはひかえめです。
かなりさらっとした甘みをほんのちょっとだけ感じます。


酸味が効いた、すっぱ辛口のお酒でした。
吟醸造りのお酒にしては香りが酒臭くて(←あくまでもほめ言葉です)、しかもけっこうすっぱく感じました。
それに、うまみがこの酸味に隠されているように思いました。
これはあっさりした食べ物よりも、むしろ脂っぽい食べ物のほうが合うのではないでしょうか。

そういえば、私が大学生だった頃、大学の近くにあった食堂に“豚筑波焼”なる濃いめに味付けされた肉野菜炒めのような料理があったのですが、そういう食べ物には合うのではないかと思いました。

(※1)『茨城の酒と蔵』p.140(2002.10 茨城新聞社)
nice!(39)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 39

コメント 4

toshi

男女川と書いて「みなのがわ」なのですね。
由緒正しいお酒、私も味わってみたいです。
by toshi (2017-02-25 21:35) 

hatumi30331

面白い読み方〜
みなのがわ・・・・納得です。^^
by hatumi30331 (2017-02-26 00:37) 

skekhtehuacso

toshiさん、筑波山の麓に蔵元さんがあって、そこで販売しています。
筑波山を訪れた際にはお立ち寄り下さい。
by skekhtehuacso (2017-02-26 20:55) 

skekhtehuacso

hatumi30331さん、知らないと読めませんね。
それにしても、トランスジェンダーの人たちのことは・・・、

やめておきましょう。
by skekhtehuacso (2017-02-26 20:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0