So-net無料ブログ作成
検索選択

【お酒】423.惣誉 辛口特醸酒 300ml [09.栃木県の酒]

1186.JPG1187.JPG1188.JPG
惣誉酒造株式会社
栃木県芳賀郡市貝町上根539

原材料名 米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール
アルコール分15度
内容量300ml詰
(以上、ラベルより転記)


惣誉酒造さんのお酒は、かつて惣誉の純米吟醸酒をいただいております。
今日いただくこのお酒は、“辛口特醸酒”と銘打たれた普通酒です。
1189.JPG
そういえば、かつてこのお酒と同じ特醸酒という名称が付けられたお酒をいただいたことがありました。

表示のルールでは、“特醸酒”という特定名称は定められてはおりません(※1)。
一方、蔵元さんのWebsiteでは「麹米のすべてに山田錦を使用し、掛米にも酒造好適米をふんだんに使用するという、贅沢な造りをした辛口特醸酒」と紹介されています。
要するに“法的な規格は普通酒だけれども、こだわって造っています”という、蔵元さんの意気込みを表現した名称なのでしょうか。


このお酒のラベルには「辛口にして辛からず」と書かれています。
1190.JPG
私は、お酒についての“辛口”という言葉の意味は、“辛い”ではなくて“甘くない”という意味だと勝手に思っています。
オマエのウンチクはどうでもいいよ!
辛口にして辛からずという表示をしてあるということは、もしかして惣誉酒造さんも、私が考えているのと同じ意味で、“辛口”という言葉を使用していらっしゃるのでしょうか。

そんな辛口特醸酒を名乗る普通酒を、そろそろいただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。


うまみは淡めですが、ピンと筋が通っている感じがします。
酒臭さはなくて、お米のやわらかいうまみがします。
それに、苦みや雑味がまったくありません。
もしかしてこれは、山田錦をはじめとする酒造好適米を使用した成果でしょうか?

酸味は強くはないですが、ややはっきりしています。
さわやかさが特徴の酸味です。
すっぱさはわずかに感じる程度です。
刺激やピリピリ感はまったくありません。

辛口を名乗っているだけあって、甘味はひかえめです。


雑味がなくてさわやかな酸味と、やわらかいうまみとの、淡麗やや辛口のおいしいお酒でした。
酸味のさわやかさが持ち味のお酒だと思います。
たしかに甘みがひかえめで甘くないですが、酸味が強くないので、辛くは感じません。
それに、うまみにまろやかさがあるので、ドライな感じや物足りなさもありません。
どちらかというと、料理の味を引き立ててくれるお酒でしょう。
普通酒でここまできれいで爽快な味わいでしたら、満足です。


(※1)清酒の製法品質表示基準(平成元年国税庁告示第8号)1.
nice!(26)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 26

コメント 6

hanamura

ほぼ毎日のように惣誉を飲んでいます。
栃木県に住んで、幸せです。
by hanamura (2014-12-20 23:01) 

あおたけ

惣誉は宇都宮在住のhanamuraさんに
勧められましたが、
米の旨味が感じられる柔らかい感じのお酒で、
とても飲みやすかったです(^^)
私が連れて行っていただいたのは焼き鳥屋さんでしたが
このお酒はいろいろな料理に合いそうですね。
by あおたけ (2014-12-21 08:29) 

tarou

日本酒は奥が深いですね・・・
地域・料理に合わせて、お勧めのものを呑むことが多いです。

by tarou (2014-12-21 08:35) 

skekhtehuacso

hanamuraさんはブログで、惣誉を何度か紹介されていますね。
栃木を代表するお酒なのかもしれません。
私の手元には、ちょっと変な名前をつけられた惣誉のカップ酒があります。
いずれ紹介するつもりです。
by skekhtehuacso (2014-12-21 22:18) 

skekhtehuacso

あおたけさん、コメントありがとうございます。
お店でいただけば、もっとおいしい惣誉をいただけるのだと思います。
普通酒ですらこんなにおいしいのですから、きっともっとおいしかったのではないでしょうか。
まあ、左党ひきこもり派の私にとっては、それを味わうことは到底ムリな話ですが。
by skekhtehuacso (2014-12-21 22:22) 

skekhtehuacso

tarouさん、コメントありがとうございます。
お酒に詳しい人や、お店の人のおすすめをいただいておけば、まず味にまちがいはないでしょうね。
私は左党ひきこもり派なので、そういったこともできず、ひたすら自分で好みの酒を探すという修行の路をたどるしかないのです。
by skekhtehuacso (2014-12-21 22:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1