So-net無料ブログ作成

【お酒】91.加茂五葉 上撰 [33.岡山県の酒]

先日、私の、岡山のポット酒への想いを書きました。

しかし、関東から岡山へはそう簡単には出かけることができません。
それに、ポット酒は多人数でお店へ入ったときに供されるものらしいので、たとえ岡山で出かけたとしても、私一人でお店へ入ったのでは、ポット酒を出してもらえないのです。

それでも、いつか必ず成田家さんへお伺いして、ポット酒をいただこうと思っています。
ですが、その日がいつになるのか、まったく見通しが立ちません。
そうやってポット酒への想いをつのらせていたところ、とうとうポット酒が夢に出てくるようになってしまいました。

そのことをある知人に話したら、

そんなに飲みたいんだったら、家でやればいいじゃん!

とのこと。

そうか!
加茂五葉を買って、それをポットに入れて、自分の家でドボドボやればいいんだ!。

というわけで、蔵元から通販でこの酒を取り寄せました。


191.JPG192.JPG
加茂五葉 上撰
合資会社多胡本家酒造場
岡山県津山市楢69

原材料名:米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分:15度以上16度未満
720ml
(以上、ラベルより転記)

実は、成田家さんで供される加茂五葉は、この上撰ではないようなのです。
確認はしていませんが、ラベルのデザインからして、どうやらもう一つ下のランクのお酒のようです。
しかし、そのお酒を通販で購入するためには、一升瓶か一升パック酒、あるいはカップ酒6個セットのものを選ぶ必要がありました。
そこで、四合瓶でも購入できるこのお酒を選びました。


193.JPG
このポットは、この日のためにポット酒専用のポットとして購入したものです。
先日の記事に対してS様がくださった「そのポットは、お酒のにおいがついちゃうでしょうから、他のものを入れることはできないでしょうね。」というコメントを参考にさせていただきました。

購入直後は、新しいポット特有のケミカルなニオイがしていました。
そこで、毎日朝晩に、熱湯をポットに注いで、それを捨てて洗浄するという作業を10日ほど繰り返しました。
その結果、完全は除去できませんでしたが、ほぼ問題ないレベルにまでニオイを抑えることができました。


では、お酒を熱燗にして、このポットに入れます。
そして、これをポットからドボドボと注ぎます。


162-3.JPG194.JPG
雑誌で見たポット酒と比べると、私が買ったポットから出るお酒の量は、かなり少なめでした。
ドボドボではなくて、むしろジャーッといった感じでした。
あーあ、ドボドボを期待していたのに、ちょっと残念でした…。

それでも、ポットからお酒を注ぐと、お酒の甘い香りがふわーっと伝わってきます。
たまりませんなぁ。
それでは、いただいてみたいと思います。


グラスに口を近づけて、ズズーッと音を立てて空気と一緒にお酒を吸います。
そして、空気だけを鼻からスーッと抜くと、お酒の甘い香りを味わうことができます。
雑誌には、「飲む時に鼻に「くん」と来る香りがたまりません。」と書いてありました(※1)。
この「くん」は、ズバリこの甘い香りのことでしょう!!。

うまみはけっこう濃厚です。
酒臭いうまみではありません。
お米本来のうまみでしょうか。
広島の吟醸酒のような、まろやかなうまみです。

このお酒、甘みがけっこうあります。
しかし、けっしてくどい甘みではありません。
口の中に広がった後で、スーッと消えていくような甘みです。

酸味もちょっとだけあるようです。
この酸味が、うまみと甘みとを際立たせているような気がします。


まろやかなうまみと、やさしい甘みとで仕上げられた、濃醇やや甘口のおいしいお酒でした。
私はこれまで、甘口のお酒は苦手でした。
しかし、このお酒は、私が知っていた甘口のお酒とは違いました。
むしろ、こういうやさしい甘さのお酒こそが、本当の甘口のお酒なのかもしれません。

おいしかった。


それにしても、ポット酒は、最後まであたたかいお酒をいただけることがわかりました。
これは、寒い日にゆっくりとお酒をいただく際には最適だと思います。

そういえば、私の先日の記事に対して、H様が「ポット酒ステキです!大人数で、外で飲む時に重宝ですね。 」というコメントをしてくださっていました。
大人数はさておき、こういうあったかいお酒を寒い日に外でいただくと、さらにおいしいかもしれません…。
やってみようかなぁ。

(※1)OSERA オセラ 晩秋号(2013年11-12月号)vol.66 p.29
nice!(27)  コメント(9)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 27

コメント 9

あとりえSAKANA

≪[寒い日に][ゆっくりと][外で]
・・・というお酒をいただくシチュエイションに
『休日の昼に』を入れるとさらに良いのでは
ないでしょうかっ☆(>▽<)b OK!!

by あとりえSAKANA (2013-12-08 11:00) 

ちゅんちゅんちゅん

こんにちは!
いろんな飲み方があるんですね~
年末・年始にポット酒 やってみます(^^)
by ちゅんちゅんちゅん (2013-12-08 16:32) 

hanamura

新酒飲みました!その様子は拙ブログで御確認ください。
by hanamura (2013-12-08 18:36) 

skekhtehuacso

あとりえSAKANAさん、コメントありがとうございます。
まあたしかに、平日の昼にいただくわけにはいきませんからね。
もうすぐ正月ですが、たぶん昼間から飲みまくりだと思います。
by skekhtehuacso (2013-12-08 22:14) 

skekhtehuacso

ちゅんちゅんちゅんさん、コメントありがとうございます。
ポットは小さめのものを使ったほうがよいと思います。
by skekhtehuacso (2013-12-08 22:19) 

skekhtehuacso

hanamuraさん、拙ブログを紹介していただきましてありがとうございます。
やっぱりコネだったのですね。
うらやましいコネです。
それに、あのカップ酒はいつか入手してみます。
by skekhtehuacso (2013-12-08 22:22) 

newton

家が居酒屋の雰囲気ですね。気分良く飲めそうですね。

by newton (2013-12-09 15:30) 

skekhtehuacso

newtonさん、コメントありがとうございます。
実は、私は職場と家との間に居酒屋が一軒もない生活をしていますので、家でお酒をいただくしかないのです。

by skekhtehuacso (2013-12-10 23:08) 

式守錦太夫

もっとくたびれたポットの方が哀愁漂い、旨味がなお増すのではないでしょうか。
でも「やってみる」ということは大切ですね。
でも寒風吹きすさぶお外で飲むときは、しっかり防寒対策をしてくださいね!
by 式守錦太夫 (2013-12-14 00:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2