So-net無料ブログ作成
検索選択

【お酒】84.85.八海山 普通酒&本醸造 飲み比べ【追記あり】 [15.新潟県の酒]

171.JPG
八海醸造株式会社
新潟県南魚沼市長森1051


言わずと知れた八海山です。
日本がバブル経済で盛り上がっていた頃は、越乃寒梅や久保田などとともにもてはやされました。

新潟のお酒の味を“淡麗辛口”と表現することがよくあります。
これについて、ある文献では、「厳しい寒さの中、ミネラル分の少ない軟水で仕込まれる新潟の酒はゆっくりと、穏やかに発酵が進むため、さっぱりとした味わいになる。」と説明しています。
また、「昭和32年に誕生した酒造好適米「五百万石」の登場で、やわらかい含みと雑味のないすっきりさが際立ち、またキレのあるきれいで品格のある飲み口の酒が出来上がった。」ことも、淡麗辛口になったことの一因であると紹介しています(※1)。

そんな新潟の淡麗辛口を代表するお酒と言っても過言ではないくらい有名な八海山から、今日は普通酒と本醸造とを飲み比べてみたいと思います。


その前に、本醸造とはいったいどういうお酒なのかということを確認しておく必要があります。

本醸造とは「精米歩合70%以下の白米、米こうじ、醸造アルコール及び水を原料として製造した清酒で、香味及び色沢が良好なもの」と定義されています(※2)。
つまり、本醸造を名乗るのであれば、上記のもの以外の副原料(糖類・酸味料など)を使うことはできないのです。

また、本醸造にはこの定義以外にも、以下のような制約があります(※3)。
★農産物検査法により格付けされた3等米以上の米を使うこと
(→くず米を使うことができない。)
麹米を白米全体の15%以上使用すること
(→麹を使わずに糖化酵素を投入するやり方をとることができない。)
アルコールの添加量が、白米重量の10%以下であること
(→アルコールを増量目的で添加することができない。)

本醸造を名乗るお酒は、これらの制約を遵守することによって、アルコール添加はしているものの一応ちゃんとした製法で造ったお酒ですよということを消費者にアピールしているのだと思います。
逆に、これらの制約をひとつでも守れないお酒は、普通酒に分類されることになります。


☆★☆★【2017/02/26追記】☆★☆★

この「アルコール添加はしているものの一応ちゃんとした製法で造ったお酒ですよということを消費者にアピールしている」ということを裏付けると思われる記述を、文献から見つけ出しました。

 「本造り黄桜」の発売は昭和四六年であった。製造方法に革新の意気が込められていた。いま(平成一三年)の常識で考えればだれても気づくであろうが、それに気づかぬ世界から見れば大革新であった。  それは、いまでいう「糖類無添加」である。純米づくりの仕込みにアルコールのみを添加した製品である。
(中略)
 黄桜酒造が所属していた中堅酒蔵グループ「伸進会」(昭和四二年六月八日発足、代表竹内昭二・坂倉又吉、課税移出六〇〇~六〇〇〇キロリットルの中堅メーカーグループ一八六社)は、この「黄桜」の行き方を取り上げ、会のなかに別に全国本醸造協会(昭和五〇年四月一日発足、代表幹事高橋篤、一〇六社)を組織して、「本造り」規格をさらに品質向上させてアルコール添加量を「一二〇リットル/白米トン」とし、これを「本醸造」規格とした。
 この本醸造規格は、清酒業界全体へ、さらに酒税法にまで広がっていく。
 昭和五〇年の日本酒造組合中央会の「原材料と製造方法の自主基準」のなかの「本醸造酒」規格に引き継がれ、平成元年の酒税法による「特定名称」のなかの「本醸造酒」規格へ進んでいった。(※4)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



それでは、いただきます。

八海山 普通酒
174.JPG
原材料名  米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15.5度
180ml詰


まずは、冷や(常温)でいただいてみます。

ハァ?
なんだこりゃ!
味もそっけもないじゃないの!!。

うまみも酸味も、感じることができません。
ただのアルコール水溶液といった感じです。
これが新潟の淡麗辛口なのでしょうか。


これでは物足りないので、ここでぬる燗にしてみます。

少し酸味が出てきました。
やわらかい、スッキリした酸味です。

うまみや甘みは、やっぱりわかりません。
それでも、全神経を舌に集中させていただくと、ほんのわずかに感じます。

その一方で、このお酒、燗にしてもまったく雑味が出ません。
これはやはりていねいに造ってある証しなのかもしれません。


やわらかい酸味は感じるものの、雑味のない、淡麗薄口のお酒でした。
お刺身のような繊細な味の料理には合うかもしれません。


八海山 本醸造
172.JPG173.JPG
原材料名  米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15.5度
精米歩合55%
300ml詰


これもまずは冷や(常温)でいただきます。

これもやはり、うまみも酸味も、それにアルコールの香りも感じることができません。
ただ、かすかに甘みだけは感じることができます。


やはりここでぬる燗にしてみます。

私には、普通酒とのちがいを理解することができません。
やわらかい酸味はするものの、うまみや甘みはよくわかりません。
冷やで感じた甘みは、どこかへ飛んでしまったようです。
しかし、やはり普通酒と同じく、雑味のなさは優れています。


普通酒と同じく、やわらかい酸味は感じるものの、雑味のない、淡麗薄口のお酒でした。



これまでに、新潟のお酒をいくつかいただきましたが、八海山ほど味が薄いお酒は初めてでした。
その一方で、雑味はまったく感じませんでした。
その雑味のなさももまた、八海山のよいところなのかもしれません。

しかし、私にとっては、物足りないお酒でした。

★☆★【追記】☆★☆
本醸造を全部飲みきることができなかったので、しばらく置いてからいただきました。
するとどうでしょう、うまみが出てきたではありませんか。
けっこうしっかりしたうまみです。
こういうことは、かつて両関の冷用をいただいたときにも生じていました。


(※1)佐々木ゆみ子+恒文社編集部『八海山 魚沼 雪の中の酒蔵』p.56(2009.7 恒文社)
(※2)清酒の製法品質表示基準(平成元年国税庁告示第8号)1
(※3)同1(2)(3)(5)
(※4)篠田次郎『吟醸酒の光と影』p.107-108(2001.9 技報堂出版)
nice!(24)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 24

コメント 10

hypo

詮を開けてから味が変わってくるのも日本酒の楽しみの一つですね!
by hypo (2013-12-01 06:41) 

hanamura

最近の私は新潟の酒は「景虎」です。
他のお客さんの評判も良いですね。
by hanamura (2013-12-01 07:08) 

ちゅんちゅんちゅん

こんにちは!
先日 八海山いただきました。
冷やで・・・
スッキリ~♪と感動しましたが
次回は是非 ぬる燗で・・・と決めました(^^)
by ちゅんちゅんちゅん (2013-12-01 10:12) 

skekhtehuacso

hypoさん、コメントありがとうございます。
ほんの2,3時間のあいだに味が変わるのですよ。
面白いものです。
by skekhtehuacso (2013-12-01 21:20) 

skekhtehuacso

hanamuraさん、コメントありがとうございます。
実は、すでに景虎の龍を入手してあるのです。
近いうちにいただきます。
by skekhtehuacso (2013-12-01 21:22) 

skekhtehuacso

ちゅんちゅんちゅんさん、コメントありがとうございます。
私は、今度いただくときは、冷やで、栓を開けてしばらくおいてからいただいてみようと思っています。
by skekhtehuacso (2013-12-01 21:23) 

とんちゃん

しばらく置いたらうまみが出てきた、というのはすばらしい発見ですね。

by とんちゃん (2013-12-02 06:02) 

skekhtehuacso

とんちゃん様、コメントありがとうございます。
そうなんですよ。
2,3時間でうまみが出てくるので驚きました。
by skekhtehuacso (2013-12-02 22:34) 

お酒好き

八海山の旨さがわからないなら批評はやめたほうが良い。
なぜなら、一握りの旨味が分かる人間の批評なんて、大多数であるその一握り以外の人間には響かないから。
万人ウケして久しい八海山をわからない時点で少数意見でしかない。
味なんてそんなモン。
by お酒好き (2015-11-04 21:06) 

skekhtehuacso

酔っぱらっているせいか私には「なぜなら―」以下の意味がまったくわかりませんが、お酒好きさんはきっと、他の誰よりも八海山を愛し、八海山のことを知り尽くしていらっしゃるのでしょうね。
そんな御仁でしたら、願わくは、いろいろな人のお酒に対する多様な意見を受容し、尊重していただきたいものです。

ですがお酒好きさん、ご安心なされませ。
私のような酔っぱらいが何を書こうが、酒を愛する諸兄の嗜好には全く影響はないでしょうし、八海山の味が変わることも絶対にないでしょうから。
by skekhtehuacso (2015-11-04 23:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。