So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

【お酒】1342.大関 上撰 お燗瓶 180ml [28.兵庫県の酒]

6341.JPG6342.JPG
大関株式会社
兵庫県西宮市今津出在家町4-9

原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール
アルコール分:15度以上16度未満
内容量:180ml
(以上、ラベルより転記)




大関さんのお酒は、これまでに以下のものをいただいております。
266.オダキュー 天下の険 上撰 カップ
386.大関 超特撰 大坂屋長兵衛 大吟醸 180ml
695.本醸造 上撰 辛丹波 300ml
1000.ワンカップ大関 上撰
1013.Vセレクト 淡麗辛口 灘の鬼ころし カップ
1303.上撰 ワンカップ大関 千葉仕立て
1336.ワンカップ大関 上撰 新米新酒

今日いただくこのお燗瓶ですが、品質表示はかつていただいたワンカップ大関と同じ内容で、かつ上撰の小印も同一でした。
6343.JPG
ということは、ワンカップ大関と同じ中身なのでしょうか?
それを確かめるべく、早速いただいてみたいと思います。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほぼ透明でした。
6344.JPG


ワンカップ大関で感じたようなラムネのような独特の風味はありませんね。

うまみは淡めですが、淡いなりにはっきりしています。
やわらかいうまみをほんのりと感じる程度ですが、ほんのりながらも厚みを少し感じます。
苦みや雑味はゼロですね。
キレはよく、スッと引いていきます。

酸味は意外にもはっきりしています。
すっぱさがやや強めで、鋭さを少し感じます。
それに、かすかにピリッと感じます。

甘みはややはっきりです。
べとつかない甘みが強くはないものの、厚みを少し感じます。


淡麗ちょいすっぱちょいピリやや甘口のおいしいお酒でした。
雑味がゼロできれいなのは、大手蔵ならではの成せる業でしょうか、それとももしかしたら液化仕込みなのでしょうか?
淡めではあるものの、うまみに厚みが少しあって、しかも酸味が効いていることから、物足りなさはないですね。

これは私の予想ですが、同じ上撰でも、このお燗瓶の中身はワンカップ大関とは異なると思います。
というのも、このお酒にはワンカップ大関で感じた独特の風味や飲みやすさは感じませんでした。
むしろこちらのほうが、食事と合わせやすいのではないでしょうか。
それ故のお燗瓶、なのかもしれませんね。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆

それにしても、この瓶にはちょっとした小粋な美しさを感じますよ。
6345.JPG

ラベルをはがした上で、手元にあったコルクを軽く削ってフタにしてみました。
なかなか面白いかも。
6346.JPG6347.JPG
nice!(8)  コメント(0) 

【お酒】1341.菊正宗 スーパーカップ 上撰 生酛・本醸造 [28.兵庫県の酒]

6336.JPG6337.JPG
菊正宗酒造株式会社
神戸市東灘区御影本町一丁目7番15号

原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
精米歩合70%
アルコール分14%以上15%未満
180ml詰
(以上、ラベルより転記)



今日は、月曜日のイヤな気持ちをこれに晴らしてもらおうという算段で、菊正宗を選びましたよ。

菊正宗酒造さんのお酒は、これまでに以下のものをいただいております。
菊正宗 生貯蔵酒 300ml(普通酒)
菊正宗 上撰 生酛・本醸造 ハイグラス
菊正宗 特別純米酒 超特撰嘉宝蔵 雅(みやび)
菊正宗 生酛純米酒 特撰 嘉宝蔵 灘の生一本
菊正宗 超特撰 嘉宝蔵 生酛吟醸
菊正宗 超特撰 生酛大吟醸 300ml
菊正宗 樽酒 純金箔入カップ
菊正宗 上撰 本醸造 お燗瓶
菊正宗 上撰 普通酒 紙カップ
菊正宗 純金箔入 しぼりたてカップ

今日いただくこのお酒ですが、上撰の小印が付けられた生酛造り本醸造でした。
6338.JPG

アル添本醸造ですが、アルコール度数が14-15度台とやや低めでした。
ということは、加水量がやや多めなのでしょうか?
6340.JPG


ところで、キクマサの本醸造上撰のカップ酒には、かつてはこのスーパーカップのほかに、上撰本醸造のハイグラスと、同じく本醸造の樽酒とがありました。
ところが、数年前にハイグラスが消え、樽酒も純米化されて容量が135mlに減らされてしまい、今となってはこのスーパーカップのみになってしまったようです。
(普通酒については、一合紙カップや270mlのものが販売されているようです。)

やっぱり、カップ酒ってのはなかなか売れないのでしょうかね?
ワンカップ大関が広く支持されている理由の一つには、おそらくカップ酒に特化した飲みやすいお酒を詰めていることがあると思います(もちろん大関さんの販売努力も大きいことでしょう)。
逆に言えば、レギュラー商品と同じお酒をカップに詰めても、飲みやすさの観点からはなかなか支持されないのかもしれませんね。

でも、私に酒のおいしさを教えてくれたのは、この菊正宗でした。
かつて東海道線(神戸線)の住吉駅前にあった立ち飲みで菊正宗をいただいた際に、こんなに香り高くて、こんなにまろやかで深みがあって、それにこんなにきれいなお酒があるのかと感動したものですよ。
それ以来、私は菊正宗に完全に惚れてしまいましたね。
というか、菊正宗の味わいを正確に理解するためにいろいろなお酒の味わいを経験したいと思ったことが、このブログを始めた動機の一つでした。


申し訳ございません。
ついつい、長々と書いてしまいました。
そんな菊正宗に月曜日のイヤな気持ちを晴らしてもらうべく、そろそろいただいてみたいと思います。
本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
6339.JPG


かすかではあるものの、キクマサらしい香りはありますね。

14-15度だからでしょうか、うまみはやや淡めのようです。
かもし出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみをほんのりと感じますが、淡めなりに厚みを感じます。
苦みや雑味はまったくありませn。
もちろんキレはよいですね。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさがやや強めで鋭さを少し感じますが、深みもありますね。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
でもゼロではないようで、かなりさらっとした甘みをほんの少し感じます。


やや淡めで雑味がないものの、うまみと酸味とがピンと効いている、やや淡麗で旨やや辛口のおいしいお酒で
雑味がないのは、灘の大手蔵らしさでしょうか、それとも生酛造りの成果でしょうか?
やや淡めなのはアル添なのに14-15度台だからかもしれませんが、うまみの厚みと酸味とが効いていて、けっして薄っぺらさは感じませんでした。

ただ、キクマサらしい香りは弱めでした。
というか、これはあくまでも私の感想ですが、菊正宗は上撰本醸造が全量生酛化した辺りから香りとまろやかさとが弱まったのではないでしょうか?

吟香はなく、熟成感もなく、米のうまみもほとんど感じません。
でも、キレイで厚みと深みとを感じる、おいしいお酒でした。
あたしゃこういうお酒をいただくと、ホッとするんですよ。


あ、昼間のイヤなこと、忘れていたわ。
やっぱりオレは、菊正宗。
nice!(33)  コメント(2) 

【お酒】1340.東白菊 本醸造 深谷の地酒 300ml [11.埼玉県の酒]

6331.JPG6332.JPG
有限会社藤橋藤三郎商店
埼玉県深谷市仲町4-10

アルコール分15度
精米歩合65%
原材料名 米(国産)米こうじ(国産米)醸造アルコール
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




東白菊という銘柄のようです。
どうやら深谷の中心地に蔵を構える蔵元さんのようですね。
6333.JPG


深谷のお酒はこれまでに菊泉やら織星やらといったものをいただきましたが、この蔵元さんで三軒目です。
深谷って、ちょっとした銘醸地のようですね。


本醸造ですので、今日もぬる燗をいただきます。
6334.JPG

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
6335.JPG


燗をつけると、酒臭い(←ほめ言葉です)香りがふわっと漂ってきましたよ。

最初に酸味がきますね。
すっぱさがやや強めですが、鋭さはそれほどでもないみたいです。
それに酸味自体に深みを少し感じます。
かすかにピリッとくるみたいです。

うまみはどちらかというとやや淡めでしょうか。
醸し出された酒臭い(←あくまでもほめ言葉です)うまみをかすかに、そして米のうまみもかすかに感じて、それらが舌の上にうっすらと乗っかるようです。
熟成感と軽い苦みともごくかすかにですが存在するみたいです。
キレはよく、スッと引きます。

甘みはややひかえめです。
弱めでかなりさらっとした甘みを少しだけ感じますが、弱いながらも厚みを感じます。
ですが、燗が冷めるにつれて引いていくみたいです。


酸味が効いている、ややすっぱやや辛口のお酒でした。
すっぱめですが、鋭さがそれほどでもなく、むしろ深みを少し感じます。
うまみはやや淡めのようですが、酸味が効いているせいか薄っぺらさを感じません。
これは食中酒でしょうね。
魚の臭みや脂っぽさをサッと流してくれそうです。
nice!(36)  コメント(4) 

【お酒】1339.笠置鶴 本醸造 生 辛口 300ml [21.岐阜県の酒]

6326.JPG6327.JPG6328.JPG
有限会社大橋酒造
岐阜県中津川市蛭川1119

アルコール分15度
原材料名 米・米麹・醸造アルコール(国産米100%)
精米歩合 65%
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




大橋酒造さんのお酒は、かつて普通酒の笠置鶴カップをいただいております。
今日いただくこのお酒は、本醸造生酒です。

辛口と書かれておりますね。
甘ダレ防止の管理は徹底されているのでしょうか?
6329.JPG


生酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
6330.JPG


生酒らしいフレッシュさはあるものの、ひかえめです。

最初に酸味を感じました。
すっぱさがやや強めで、鋭さを感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

うまみは淡めですが、淡いなりにしっかりしています。
米のうまみをほんのりと感じる程度ですが、そのほんのりに幅を感じます。
苦みや雑味はまったくありません。
それにキレがよく、スッと引きます。

辛口と表示されているだけあって、甘みはひかえめです。
でもゼロではなく、かなり弱めではあるものの厚みのある甘みをちょっとだけ感じます。


淡めだが、米のうまみと酸味とが効いている、淡麗爽快ちょいすっぱ旨辛口のおいしいお酒でした。
酸味が前に出てきて、ちょっと鋭いものの清々しい口当たりでした。
きれいで雑味がないためか、淡めながらも米のうまみをしっかりと感じるとことができました。
それにこのキレのよさは、アル添の効果でしょうね。

キリッと引き締まっているものの決して薄っぺらさがなくて、飲み応えを感じました。
これはむしろ、食事と合わせることで映える味わいではないでしょうか。
nice!(28)  コメント(2) 

【お酒】1338.織星(おりほし) 純米 無濾過生原酒 かすみざけ 180ml [11.埼玉県の酒]

6319.JPG6320.JPG
丸山酒造株式会社
埼玉県深谷市横瀬1323

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)
精米歩合 60%
アルコール分 17%
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




埼玉県は深谷市に蔵を置く蔵元さんが造ったお酒です。
この蔵元さんのこと、あたしゃまったく知りませんでしたよ。
6321.JPG

このお酒は、無濾過の生原酒なのだとか。
濾過についてはこちらを、生酒についてはこちら、そして原酒についてはこちらをそれぞれご参照くださいな。
6322.JPG

無濾過だからでしょうか、滓が少しありましたよ。
6324.JPG

純米の原酒ですから、アルコール度数は17度とやや高めでした。
アル添の原酒だと20度くらいになるでしょうけれど、純米だとこのくらいでしょうか。
6323.JPG


生酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は少しにごっていて、かすかに茶色がかっておりました。
6325.JPG


生酒らしいフレッシュさはありますが、しつこくはないですね。
滓があるものの、ざらつきは感じません。

うまみはやや濃いめです。
米のうまみがしっかりしていますね。
苦みや雑味はまったくありません。
軽い熟成感がごくかすかにあるみたいですが、もしかしたらこれは瓶の中で生じたものでしょうか?
純米ですが、キレはよいみたいですよ。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはなく、わずかに感じるていどです。
でもそのわずかな酸味に深みを感じます。
刺激やピリピリ感はゼロですね。

甘みはややはっきりかな。
でもかなり穏やかで、とてもさらっとした甘みをほんのりと感じる程度です。


米のうまみが豊かでさわやかではあるものの、深みも感じる、やや濃醇で爽快旨口のおいしいお酒でした。
しっかりしているのに、しつこさがまったくありませんでした。
フレッシュさもクドくなくてちょうどいい感じでした。
それでいて、やや濃いめの米のうまみとともに酸味由来と思われる深みとがあって、飲み応えを感じました。

なかなかいけるのではないでしょうか。
nice!(32)  コメント(6) 
前の5件 | -