So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

千代寿カップをまた飲んでみましたよ~だ! [また飲んでみました]

5923.JPG
千代寿虎屋株式会社
山形県寒河江市南町二丁目1番16号

アルコール分15度
原材料名 米(山形県産)米麹(山形県産米)醸造アルコール
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




《初回記事はこちら》
【お酒】221.千代寿 カップ


今日は、山形県寒河江市に蔵を置く千代寿虎屋さんが造った普通酒の千代寿カップをまた飲んでみました。
というのも、明日いただく予定にしているお酒を味わう前提として、ぜひともこのお酒の味をあらかじめ確認しておきたかったものですから。

かつていただいた際にはフタに絵が書かれておりましたが、今日いただくこのお酒のフタは無地でした。
5924.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少し着いていることがわかりましたが、透き通った感じもしますね。
5925.JPG


燗にすると、お酒の甘い香りが少しだけ漂ってまいりました。
アルコールの香りも少しあるみたいです。

うまみは濃くはないものの、しっかりしています。
熟成感が少しはっきりしています。
米のうまみらしきものもかすかに感じます。
苦みは弱めではあるものの、弱いなりに鋭さを少し感じます。
キレはよく、透明感を少し感じます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさは弱めではあるものの、これも弱いなりに鋭さを少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
とろみが少しあって、少しべとつくようですわ。


熟成感や苦み、酸味が少しはっきりしていて、キレのよさや甘みが味わいを和らげているような、旨やや甘口のお酒でした。
味わいの要素が少しずつ満載でしっかりしておりましたが、キレのよさのおかげか口当たりはよいと思います。
また甘めではあるものの、それも味わいを和らげているのではないでしょうか。

ただ、私としては、味わいにもう少し深みがほしいところでした。
nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1310.八鹿 笑門(お地蔵さん)カップ [44.大分県の酒]

5918.JPG5919.JPG5920.JPG
八鹿酒造株式会社
大分県玖珠郡九重町大字右田3364

原材料名 米、米麹、醸造アルコール
原材料米はすべて国産
アルコール分 15度
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




八鹿酒造さんのお酒は、八鹿の生貯蔵酒300mlと、焼酎のなしか!20度 200mlとをいただいております。
今日いただくこのお酒は、普通酒のカップ酒です。
5921.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色はかすかに着いていることがわかる程度ですが、透き通った感じがありますね。
5922.JPG


うまみはやや濃いめです。
ウィスキーのような独特の風味を少し感じます。
軽い酸味も少しあるみたいです。
キレはよく、透明感を感じます。

酸味はひかえめです。
すっぱさはほとんどなく、アルコール由来と思われるさわやかさをちょっとだけ感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みははっきりしています。
とろみのような舌触りはちょっとあるみたいですが、べとついた感じはしませんね。


独特の風味があって甘めではあるものの、キレのよい、やや濃醇で甘口のお酒でした。
透明感があってキレがよいことから推察するに、醸造アルコールの添加量が多めなのではないでしょうか。
でもそれが、独特の風味のしつこさを消してくれているようでした。

このウィスキーのような風味は、かつて島根県や九州で入手した普通酒で何度か経験したことがありましたよ。
これはあくまでも私の感想ですが、この風味を活かすには、やはりアル添によってもたらされるキレのよさを必要とするのではないでしょうか。
nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1309.白牡丹 純米酒 300ml [34.広島県の酒]

5914.JPG5915.JPG
白牡丹酒造株式会社K
広島県東広島市西条本町15番5号

アルコール分14度
原材料名 米・米麹
国産米100%
精米歩合 70%
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




白牡丹酒造さんのお酒は、これまでに金紋白牡丹 広島上撰 ライトカップと、白牡丹 広島の酒 ライトカップ、そして金紋白牡丹 広島上撰 300mlをいただいております。
5916.JPG
いずれも普通酒でしたが、今日いただくこのお酒は純米酒です。


純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
5917.JPG


うまみは濃くはなく、むしろやや淡めかもしれません。
米のうまみが少しあって、酒臭さ(←ほめ言葉です)も少し感じます。
また、軽い渋みがほんのかすかにあるみたいです。
純米酒ですがキレはよく、スッと引きます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさがちょっとだけありますが、ちょっとだけなりに鋭さを感じます
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
厚みを少し感じるものの、かなりさらっとしています。


やや淡麗で旨やや甘口のおいしいお酒でした。
純米なのに角がなく、さらっとしていて飲みやすい味わいでした。
それに甘めですけれど、べとついた感じはありませんでした。
酸味もいい具合に効いていると思います。

これまでにいただいた普通酒よりも甘くないですね。
これはもしかしたら、冷酒でもいけるような気がいたしました。
nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1308.霧降 純米大吟醸 無ろ過生原酒 300ml [09.栃木県の酒]

5908.JPG5909.JPG
株式会社せんきん
栃木県さくら市馬場106

原材料名 米(国産) 米こうじ(国産米)
精米歩合 50%
アルコール分 15度(原酒)
300ml
(以上、ラベルより転記)




せんきんさんのお酒は、かつて仙禽 霧降 吟醸生酒 300mlをいただいております。
今日いただくこのお酒は、無ろ過生原酒の純米大吟醸です。
5910.JPG5911.JPG
それにしても、加水をしていない原酒なのに15度ってのはめずらしいですね。
たしか齋彌酒造店さんの雪の茅舎がそうでしたが、この霧降もアルコール発酵のピークが15度になるように設計して造られているのでしょうか?


純米大吟醸ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

栃木のお酒ですからね、宇都宮にある二荒山神社にて拝領した盃でいただきますよ。
5912.JPG

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
5913.JPG


吟醸香ありますね。
華やかですが、しつこくなくてちょうどよい感じです。
生酒らしいフレッシュさもありますが、これもクドさがなくていい感じです。

うまみはやや淡めですが、淡いなりにしっかりしています。
一口含むと、米のうまみが口の中にパッと広がります。
それでいてキレがよいので、パッと広がると同時にスッとキレていきます。
しかも苦みや雑味がゼロで、まったく感じません。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、少し鋭いみたいです。
でも、酸味自体に深みを少し感じますよ。
刺激やピリピリ感はまったくありません。

甘みは、どちらかというとややひかえめでしょうか。
幅を感じる甘みではあるものの、かなりさらっとしていてべとついた感じがまったくありません。


米のうまみに酸味が飲み応えと深みとをもたらし、そして甘みがコクを添える、やや淡麗で旨口のおいしいお酒でした。
香りがあるもの、しつこさがなくて奥ゆかしい感じがいたしました。
甘みもコクを添える程度にあって、ちょうどよい感じでしたよ。
そんな中で酸味がやや突出しておりましたが、これもいい感じに引き締めて、しかも深みを出しているようでした。

原酒なのに、やや淡麗の口当たりでしたよ。
しかも苦みや雑味、ピリピリ感はまったく感じませんでした。
それにキレがよくて、しつこさもゼロでした。
きっと、ものすごく手間をかけて丁寧に造られているのでしょうね。
こういうお酒こそ、大吟醸を名乗るにふさわしいと思います。

これまでにいただいたせんきんさんのお酒はいずれも生酒でしたが、いつかきっと火入れされた仙禽シリーズも試してみたいと思う、吉宗であった。(※1)

(※1)“暴れん坊将軍”のエンディングテーマ曲に入る直前の台詞より
nice!(29)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》33.熟香抜群 105ml [43.熊本県の酒]

5903.JPG5904.JPG
抜群酒造合資会社
熊本県球磨郡多良木町黒肥地1662

本格焼酎
原材料 米、米こうじ
アルコール分 25%
内容量105ml
(以上、ラベルより転記)




抜群酒造さんの焼酎は、おとといに黒麹抜群 105mlをいただきました。
今日いただくこの焼酎のラベルには、“特別貯蔵”と書かれておりましたよ。
5905.JPG
蔵元さんのWebsiteによれば、「すっきりタイプの長期貯蔵酒です。」とことでした。


まずは生(き)、すなわちストレートでちょっとだけいただきます。
5906.JPG

ピリピリ感はほとんどないですね。
やはり熟成感はありますが、穏やかで角のない感じです。
米の風味も少しわかります。
香ばしさはわかりませんでした。
酸味は感じません。
甘みはほんのりと感じますよ。


次に、残りをお湯割りで。
5907.JPG

ありゃ!
スースー感が出てきちゃいました。
そういえばこのスースー感は、かつて経験したことがありましたよ。
熟成感や風味がさらに穏やかで飲みやすくなりましたが、その反面、薄まってしまったようにも感じますね。


おいしいものの、生(き)のほうが風味がしっかりして好みでした。
もしかしたら、長期熟成させた焼酎はロックでいただいたほうがよいのでしょうか?
また、このスースー感は、長期熟成させた焼酎をお湯割りにすると出るのでしょうか?

焼酎の味わいを正確に理解するためには、どうやらもっといろいろな種類の焼酎をたくさんいただいて、それらの味わいを実際に経験してみなければならないみたいです。
あー大変だ大変だ♪
nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -