So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

【お酒】1110.醉心 サケカップ 軟水仕込み [34.広島県の酒]

4712.JPG
株式会社醉心山根本店
広島県三原市東町1-5-58

アルコール分15度
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
180ml
(以上、カップの印刷事項より転記)




醉心山根本店さんのお酒は、これまでに普通酒の上撰醉心カップと、醉心の純米吟醸醉心稲穂180ml、そして醉心の純吟カップとをいただいております。
今日いただくこのお酒は、上撰醉心カップと同じ普通酒です。
4713.JPG
4714.JPG
こちらのお酒には小印がつけられていないことから推察するに、もしかしたら佳撰クラス(級別制度下における二級酒相当)のお酒でしょうか?


このお酒は、“軟水仕込み”なのだとか。
4715.JPG
かつて紹介したことがありましたが、水に含まれるミネラル分は酵母のえさとなるので、それが少ない軟水でお酒を仕込むと酵母の働きが弱くなり、甘口のお酒に仕上がるそうです。

そして、「ところが広島の水はおおむね3-6度の軟水である。酵母がなかなか元気にならない。そこで工夫されたのが「しっかりした麹」である。これは軟水の弱点をカバーして、なおかつ灘とは違う広島酒の特徴、つまりキメの細かさを生んだ。この軟水醸造法を開発したのは、明治年間の安芸津の醸造家、三浦仙三郎である。」(※1)
しっかり作った麹は、かぐわしい香りを出し、世に「女酒」と呼ばれるようなふくらみやキメの細かさをもたらす。」(※2)
とのこと。

このお酒をいただいてから軟水仕込みの小さい表示に気がついたのですが、三浦仙三郎さんが発明したという軟水醸造法について、もう少し詳しく調べておけばよかったと後悔しております。


今日いただくこの広島のお酒も、はたしてキメの細かい味わいなのでしょうか?
それを確かめるべく、そろそろいただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、無色透明でした。
4716.JPG


うまみはやや淡めです。
それでも、やわらかいうまみが淡いなりにしっかりしています。
ほんのかすかに軽い苦みがあるみたいですが、まったく気にはなりません。
それに、雑味はまったくないみたいです。
それでいてキレがよく、スッと引いていきます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが少ししっかりしていますが、鋭くはないみたいです。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
でもけっしてべとつかない、さらっとした甘みです。


やわらかいうまみと甘みとを、酸味が引き締める、やや淡麗でやや甘口のおいしいお酒でした。
たしかに雑味がなくてきれいな、キメの細かいお酒だと思いました。
でも、酸味がいい塩梅に効いているようでした。
酸味がないと、薄っぺらく感じてしまうかもしれません。
なかなかいける普通酒だと思います。

(※1)中国新聞社メディア開発局出版部編『広島の酒蔵』p.6(1995.2 中国新聞社)
(※2)(※1)p.7

【お酒】1109.雪小町 大吟醸 美山錦造り 300ml [07.福島県の酒]

4707.JPG4708.JPG
有限会社渡辺酒造本店
福島県郡山市西田町三町目字桜内10

アルコール分 15度
原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
精米歩合 50%
原料米 美山錦【使用割合100%】
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




渡辺酒造本店さんのお酒は、かつて雪小町の純米酒と、雪小町の純米吟醸原酒とをいただいております。
(郡山の食堂では、雪小町の普通酒をいただきました。)
今日いただくこのお酒は、美山錦を100%使用したという、満を持しての大吟醸です。
4709.JPG4710.JPG


大吟醸ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、ほぼ透明でした。
4711.JPG


吟醸香はありますね。
花っぽい香りです。
でもね、大吟醸にしてはそれほど強くはないみたいです。

最初に酸味を感じました。
大吟醸にしてははっきりしているほうだと思います。
すっぱさが強くはないものの、鋭さがありますね。
刺激やピリピリ感はありません。

うまみは淡めです。
でも、淡いなりに米のうまみがしっかりしています。
広がりはないものの、うまみが舌をピンと突いてくる感じです。

甘みはひかえめです。
かすかに感じる程度です。


酸味が効いていてさっぱりした、淡麗辛口のお酒でした。
苦みや雑味がなくてきれいな味わいなところが、吟味して製造した成果でしょうか。
でも、大吟醸にしては酸味がしっかりしているところが意外でした。
そういえば、程度の差こそあれ、この酸味は雪小町の純米酒をいただいた際に感じたものに似ていました。
この酸味と、美山錦らしいスッキリしたうまみとで、かなりさっぱりした味わいに仕上がっているようでした。

でも私としては、しっかりした味わいの雪小町純米吟醸原酒のほうが好みですわ。

お別れ [雑感]

あーあ、
とうとう今生の別れの日がやってくるのか。

583系電車、4月で引退だって。

T0010006.jpg
(2008年8月:会津若松駅にて)

この固定クロスシート、シートピッチが広くて座りやすかったな。
T0010007.jpg
T0010008.jpg


いろいろと書こうと思ったのですが、やめておきます。
さようなら。

【お酒】1108.純米原酒 千曲錦 300ml [20.長野県の酒]

4701.JPG
千曲錦酒造株式会社
長野県佐久市長土呂1110番地

原材料名:米(長野県産)米こうじ(長野県産米)
精米歩合:65%
アルコール分:17度
容量:180ml詰
(以上、包装フィルムの印刷事項より転記)




千曲錦酒造さんのお酒は、かつて千曲錦の純米藤村のにごり酒カップと、普通酒の千曲錦カップちくまとをいただいております。
今日いただくこのお酒は、松本駅の売店で見つけた、“冷涼な信州の地で醸す香りと味わいへのこだわりを詰めた遮光・密封ボトル純米原酒千曲錦 一回火入れ限定品”という、なんとも長い名前の純米原酒でした。
4702.JPG4703.JPG
4704.JPG
ただし、蔵元さんのWebsiteでは“純米原酒 千曲錦”とのみ紹介されておりましたので、この記事のタイトルはそれに従うことにいたしました。


このお酒ですが、アルミ製のボトルに詰められておりました。
4705.JPG
このボトルは、八重垣の純米酒 姫路城本丸で使用されていたものと同じですね。


原酒ですし、“一回火入れ”とのことでおそらく生貯蔵酒か生詰か(それとも、もしかして瓶燗火入れか?)と思いますので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、少し着いていることがわかる程度でした。
4706.JPG


ああ、やっぱり。
一回火入れとのことだけあって、フレッシュな風味がありますね。
でもそれほどしつこくはないみたいです。
また、原酒だけあって、アルコールの香りが少しするみたいです。

うまみはやや濃いめです。
これはお米のうまみそのものでしょう。
熟成感もなければ、苦みや雑味もまったくありません。
キレはそれほどでもないみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが少しあるみたいですが、すっぱさ自体に角がなく、しかも深みを感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
べとついた感じやとろみのような舌触りはありませんが、幅のある甘みだと思います。


フレッシュな風味とともにお米のうまみが豊かな、やや濃醇で旨やや甘口のおいしいお酒でした。
アルコールの香りは少しあるものの、味に雑味や角がなくて、お米由来のうまみだけが抽出されているようでした。
またフレッシュな風味が軽快さを、それに深みのある酸味がコクを、それぞれ添えているようでした。
これ、うまいじゃん!
スイスイとやってしまって、気がついたらなくなっていましたよ。

でもやはり17度の原酒。
飲み終わって立ち上がろうとしたところ、少しふらついてしまいました。

【お酒】1107.純米吟醸 倉敷遊歩 カップ [33.岡山県の酒]

4696.JPG
ヨイキゲン株式会社
岡山県総社市清音上中島372-1

・原材料 米・米こうじ(米の産地表示なし)
・使用米 あけぼの米
・精米歩合 60%
・日本酒度 +4
・アルコール度 15度以上16度未満
180ml
(以上、ラベルより転記)




倉敷の美観地区で入手したお酒です。
このラベルのデザインからして、どうやら倉敷のみやげ物として買ってもらうことを狙っているようですね。
4697.JPG4698.JPG

しかし、造っているのは倉敷の蔵元さんではなく、倉敷市の北隣に位置する総社市に蔵を置く蔵元さんでした。
4699.JPG

特に披露できるようなネタもないことですので、さっそくいただいてみたいと思います。
純米吟醸酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、ちょっと着いていることがわかる程度でした。
4700.JPG


吟醸香はありますが、弱めですね。
フルーティな風味をほんの少しだけ感じます。

うまみはやや淡めですが、淡いなりにしっかりしています。
米のうまみが、広がりはないものの、舌をピンと突いてくるようです。
苦みや雑味はまったくなく、しかもキレもよいみたいです。

酸味はややひかえめです。
すっぱさに鋭さが少しあるみたいですが、かなり弱めです。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
かなりさらっとした甘みをほんの少しだけ感じます。


米のうまみがピンと効いている、やや淡麗で旨やや辛口のおいしいお酒でした。
苦みや雑味がないのは、吟味して造った成果でしょうか。
うまみにコクはないものの、淡いなりにしっかりしておりました。
それに、酸味や甘みがひかえめながらもうまく効いているようでした。
みやげ物にしてはなかなかいけるのではないかと思いました。

【お酒】1106.越後 杜氏の里 磨き65% カップ [15.新潟県の酒]

4689.JPG4690.JPG
総発売元
株式会社イズミック
名古屋市中区栄一丁目7番34号

製造元
頚城酒造株式会社
新潟県上越市柿崎区柿崎5765番地

●アルコール分/15度
●精米歩合/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
●精米歩合/65%
内容量180ml




このお酒のカップには、“磨き65%”である旨が表示されておりました。
4691.JPG
4692.JPG

一方で、このお酒には醸造アルコールが添加されてはいるものの、糖類や酸味料が添加されている旨の表示はありませんでした。
4693.JPG

これらのことにだけを見れば、本醸造の規格に該当するようにも思えます。
ですが、このお酒のカップには、どこにも本醸造の特定名称は表示されておりませんでした。

本醸造を名乗るために満たすべき条件は、上記の事項だけではありません。
それに、たとえ条件を満たしていたとしても、本醸造の特定名称を名乗るかどうかはあくまでも蔵元さんの任意です。


ところで、このお酒は新潟県上越市に蔵を置く蔵元さんが造り、名古屋の会社が販売しているのだとか。
4694.JPG
ネット上でちょっと検索して取得しただけの情報による判断ではありますが、この蔵元さんも総発売元の会社も、いずれも盛田さんと関係があるようでした。
とくに総発売元のほうは、所在地が盛田さんと同じ場所でした。


盛田さんと言えば、江戸時代には灘酒に続いて江戸でのシェア第2位を誇った中国酒(隣国製いう意味ではありません。)の流れを汲む蔵元さんですよ。


どうやらこのお酒が世に出されるまでには、いろいろな人たちが関与しているようですね。
“船頭多くして・・・”
あ、いや、なんでもありません。
なんでもなけりゃ書かなければいいじゃないか!


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほぼ透明でした。
4695.JPG


うまみは淡めですが、淡いなりにしっかりしています。
なんかね、これは醸されたというよりも、画一的で、ちょっとクドさを感じます。
しかし、キレはよいみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、鋭さを少し感じます。
それに、かすかにピリッと感じます。

甘みはややはっきりしています。
かすかではあるものの、とろみのような舌触りを感じます。


やや淡麗でやや甘口のお酒でした。

【おことわり】
これ以下の記述は、あくまでも客観的根拠のない、単なる私の感想です。
これまでの私の経験から判断するに、このうまみは醸し出されたものというよりも、むしろ添加された味に近いのではないかと感じました。
また、かすかではあるものの、甘みにとろみのような舌触りも感じました。
それでいてキレがよく、かつ淡めの味わいでした。
けっして断定するわけではありませんが、糖類や酸味料を添加して造った醪にアルコールを多めに添加して度数を上げ、かつ搾ったあとで加水量を増やすと、こういう味わいになるような気がします。

でもこのお酒には、糖類や酸味料を添加している旨の表示はありませんでしたので、きっと私の邪推でしょう。

【お酒】1105.十八盛 山廃純米雄町 青螺姫(せいらひめ) 180ml [33.岡山県の酒]

4684.JPG4685.JPG
十八盛酒造株式会社
岡山県倉敷市児島田の口五丁目6番14号

アルコール分 15度
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)
原料米 岡山県産雄町米100%使用
精米歩合 58%
内容量 180ml詰
(以上、ラベルより転記)




おとといいただいた十八盛 ええなあ・・・カップ(三増酒)、そして昨日いただいた十八盛 雄町純米 備前蒼海(びせんそうかい) 180mlに引き続き、今日も十八盛酒造さんのお酒をいただきます。
今日いただくこのお酒は、岡山県産の雄町米を100%使用し、山廃仕込で造られたという純米酒です。
4686.JPG
山廃仕込(山廃造り)の意味については、かつてこちらで触れております。


また、このお酒のラベルには、山廃仕込が“昔ながらの酒母”である旨が紹介されております。
4687.JPG
酒母の造りにおいて「酛すりの操作を「山卸(やまおろし)ともいい、この操作が、なかなかの重労働なので、明治になってから、これをやめたのが山卸廃止酛(山廃酛)である。」(※1)わけですが、この山廃酛は「明治四二年に嘉儀金一郎氏は、この山卸は麹の酵素と蒸米との接触をはかる操作だから、麹を仕込み水に浸しておいて、麹の酵素を浸出させておき、そこへ蒸米を仕込めば、山卸をしたのと同一の効果を得られることを明らかにした。」(※2)ことによって発明されたわけです。

江戸時代から続く生酛の流れを汲んではいるものの、国の醸造試験所の技師が明治の末期に発明した山廃酛をもって“昔ながらの酒母”と評することは、果たして適切なのでしょうか?


また、これはあくまでも私の感想ですが、これまでにいただいた山廃造り(山廃仕込)のお酒には、うま味や酸味がしっかりしているものが多いように思いました。
一方で、雄町を使用して造られたお酒は、雑身が少なくてキレがよく、すっきりした味わいのものが少なからずあるように感じました。

それでは、雄町を使用しつつ、かつ山廃造りを取り入れてお酒を造ると、いったいどんな味わいになるのでしょうか?

そのことを確かめるべく、そろそろいただいてみたいと思います。
純米酒ですし、上記のラベルではぬる燗でいただくことを勧めておりましたので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、なかなかよい色をしておりましたよ。
4688.JPG


うまみはやや濃いめです。
これは醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみでしょう。
熟成感らしき風味も少しあるみたいです。
それでいて苦みや雑味はまったくありません。
しかもキレがとてもよく、スッと引いていきます。

酸味はややはっきりしています。
強くはないものの、鋭さを感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはひかえめです。
かなりさらっとしたあまみをほんの少しだけ感じます。


うまみや酸味がしっかりしているものの、キレがとてもよくて雑味のない、やや濃醇で旨辛口のおいしいお酒でした。
うまみや酸味の広がりはまさに山廃そのものなのですが、それが口の中で広がった後で、スッときれていくのです。
しかも濃いめなのに、雑味がありませんでした。
雄町を使って山廃で仕込むと、こういう味わいになるのですね。
恐れ入りました。

(※1)坂口謹一郎『日本の酒』p.164(2007.8第1刷 2011.11第5刷 岩波文庫)
(※2)秋山裕一『日本酒』p.68(1994.4 岩波新書)

【お酒】1104.十八盛 雄町純米 備前蒼海(びせんそうかい) 180ml [33.岡山県の酒]

4678.JPG4679.JPG
十八盛酒造株式会社
岡山県倉敷市児島田の口五丁目6番14号

アルコール分 15度
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)
原料米 岡山県産雄町米100%使用
精米歩合 68%
内容量180ml詰
(以上、ラベルより転記)




昨日いただいた十八盛 ええなあ・・・カップ(三増酒)にひきつづき、今日も十八盛酒造さんのお酒をいただきます。
今日いただくこのお酒は、岡山県産の雄町を100%使用した純米酒です。
4680.JPG4681.JPG
4682.JPG
雄町発見の経緯についてはこちらで、そして雄町と他の酒米とのちがいについてはこちらの末尾で、それぞれ簡単にてはありますが触れております。


純米酒ではありますが、蔵元さんのWebsiteの商品紹介ページでは「■ お勧めの飲み方は、冷やして、常温」と紹介されておりましたので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、ちょっと着いていることがわかる程度でした。
4683.JPG


ああ、こりゃやっぱり冷やしたほうがいいわ!
だって、フルーティーな風味が少しありますもの。

うまみは濃くはないものの、けっして淡くもないですね。
米のうまみが豊かで、しかも山田錦ほどではないものの、口の中で広がります。
軽い苦みがかすかにあるみたいですが、まったく気にはなりません。
それでいてキレはよく、スッと引いていきます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、鋭さを少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
でも、かなりさらっとした甘みを少し感じます。


米のうまみが広がってスッときれる、芳醇爽快旨口のおいしいお酒でした。
フルーティーな風味と酸味とが、さわやかさを創出しているようでした。
また、このキレのよさは、これまでにいただいた雄町米使用のお酒でも感じたことがありました。
それでいてうまみがちゃんとある、おいしいお酒でした。

【お酒】1103.十八盛 ええなあ・・・ カップ [33.岡山県の酒]

4674.JPG
十八盛酒造株式会社
岡山県倉敷市児島田の口五丁目6番14号

アルコール分/14度
原材料名/米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール、糖類、酸味料
200ml詰




酒銘は文字通り、「娘十八、番茶も出花」のことわざに由来する。」(※1)という(ホンマかいな?)、“十八盛”(じゅうはちざかり:←濁るようです)。

また、“ええなあ・・・”の酒銘については、カップにその由来が書かれておりました。
4675.JPG

精進を重ねた成果というこのお酒ですが、まことに残念ながら、糖類酸味料フル添加の三増酒でした。
4676.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
4677.JPG


ああ、やっぱり。

うまみは濃くはないですが、しっかりしています。
これは添加された味のようで、クドさを少し感じます。
苦みや雑味はありません。

酸味ははっきりしています。
すっぱさに鋭さがあって、しかもけっこうピリッときます。

甘みはやっぱりはっきりしています。
やはりとろみのような舌触りを少し感じます。


ピリ甘口のお酒でした。
添加された味そのもので、しかもピリピリでした。
これはあくまでも私の感想ですが、アル添普通酒で14度という度数から判断するに、加水の多さがピリピリやクドさをなんとか抑えているのではないでしょうか?
まあでも、脂っぽい食べ物には、この酸味が合うのではないかと思います。

(※1)山陽新聞社出版局編集・岡山県酒造組合連合会協賛『岡山の酒』p.63(1997.5 山陽新聞社)

【お酒】1102.會津 あらばしり 吟醸生酒 300ml [07.福島県の酒]

4669.JPG4670.JPG
会津酒造株式会社
福島県南会津郡南会津町永田字穴沢603

原材料/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
精米歩合/50%
アルコール分/15度
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




会津酒造さんのお酒は、このブログの草創期に普通酒の金紋會津カップをいただいております。
今日いただくこのお酒は、“あらばしり”と銘打たれた吟醸生酒です。
4671.JPG4672.JPG


“あらばしり”の意味について、文献には以下のような記述がありました。

 「荒走り」とは、熟成を終えたもろみを搾り始めた時、最初に出てくる白く濁った酒のことである。「しぼりたて」などとも呼ぶ。
 まず、もろみを詰めた酒袋を槽に並べて積み重ねる。この時、槽の垂れ口から最初に出てくる酒は、袋詰めのときに漏れたりしたもろみの粒子が含まれていて白く濁っているが、これが「荒走り」である。荒走りは別の桶に取っておくが、これをそのまま製品化しない場合は、もう一度搾り直したりする。」(※1)

 そのほか「あらばしり」という表示もよく見かけますが、これは厳密に言えば搾り出てくる酒の順序を指す言葉です。しぼりたての酒でも最初の部分が「あらばしり」で、真中の部分は「中汲み」「中取り」と称し、最後のところは「責め」といっています。香りが華々しく味も荒々しいのが「あらばしり」の特徴で、しぼりたて特有の新鮮な香味が堪能できます。もっともしぼりたての酒を「あらばしり」として出荷しているメーカーもあり、(以下略)」(※2)


果たしてこのお酒は、上記の記述にあったようなあらばしりの特徴を備えたお酒なのでしょうか?
それを確かめるべく、そろそろいただいてみたいと思います。
吟醸酒ですし、生酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、少し着いていることがわかりました。
4673.JPG


吟醸香はほとんど感じませんね。
フレッシュな風味はやっぱり豊かですが、クドさはないですね。

うまみはやや濃いめです。
お米のうまみがしっかりしています。
軽い苦みがほんのわずかにありますが、気にはなりません。
キレはよいようで、これはアル添の効果でしょうか?

酸味はややひかえめです。
すっぱさに鋭さはないみたいですが、それでもその存在ははっきりしています。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
けっしてべとつかない、さらっとした甘みです。


フレッシュな風味と米のうまみとを、軽い苦みとややひかえめの酸味とが整えて、甘みがコクを添える、やや濃醇で爽快やや甘口のおいしいお酒でした。
フレッシュさにクドさがなくて、ちょうどよい感じでした。
それにうまみが豊かで、飲み応えもありました。
軽い苦みとひかえめの酸味とは、もしかしてあらばしりの荒々しさなのでしょうか?

あー、また会津へ行って一杯やりたくなってきましたよ。
来月から春の青春18きっぷシーズンが始まりますが、今回は会津を目指そうかな。


(※1)小泉武夫監修『日本酒百味百題』p.170-171(2000.4 柴田書店)
(※2)松崎晴雄『日本酒のテキスト 1 香りや味わいとその造り方』p.54(2001.8 同友館)
前の10件 | -