So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

【お酒】1385.笹の川 カップ [07.福島県の酒]

6622.JPG
笹の川酒造株式会社
福島県郡山市笹川1の178

◎原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール・糖類・酸味料
◎アルコール分 14度
内容量 180ml
(以上、ラベルより転記)




笹の川酒造さんのお酒は、これまでに笹の川 すべて山田錦 純米吟醸 カップと、山桜 吟醸酒 180mlとをいただいております。
きょういただくこのお酒は郡山駅の構内(在来線側)にあった売店で入手した普通酒のカップ酒ですが、残念ながら糖類酸味料添加の三増酒でした。
6623.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
6624.JPG


うまみは濃くはないものの、はっきりしています。
酒臭さ(←ほめ言葉です)もありますが、それよりも画一的な風味がやや強めです。
苦みが強くはないものの、鋭さを感じます。
アル添酒ですけれど、キレはそれほどでもないみたいです。

酸味はややひかえめかな。
すっぱさは少しだけですが、燗が冷めるにつれて少し鋭くなってくるようです。
アルコール由来と思われるさわやかさも少しだけ感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みは意外にもややひかえめです。
べとついた感じはしませんが、とろみのような舌触りはかすかに感じます。


ちょい苦中口のお酒でした。
三増酒にありがちな画一的な風味ではあったものの、甘ったるさやクドさは感じませんでした。
弱めながらも鋭さのある苦みが少し目立ちましたが、それもまたいい感じに引き締めておりました。
また、燗が冷めるにつれて酸味が鋭くなるとともに、口あたりがやや淡めになったように感じました。

もしかしたら、糖類も酸味料も添加量が少なめなのでしょうか?
だったらやめりゃいいのにと素人的には思うところですけれど、ずっと飲み続けてくれている地元の人たちのことを考えると、きっと昔からの味わいを変えるわけにはいかないのかもしれませんね。
nice!(12)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1384.奥播磨 山廃純米 猪カップ [28.兵庫県の酒]

6616.JPG
株式会社下村酒造店
兵庫県姫路市安富町安志957

原材料名 米(兵庫夢錦100%使用:兵庫県産)・米麹(兵庫夢錦100%使用:兵庫県産米)
精米歩合 55%
アルコール分 16度以上17度未満
180ml
(以上、ラベルより転記)




昨日いただいた奥播磨純米カップに引きつづき、今日も下村酒造店さんのお酒をいただきます。
今日いただくこのカップ酒も純米酒ですが、こちらは山廃造りのようでした。
6617.JPG

奥播磨純米カップよりもアルコール度数がちょっとだけ高めですね。
6618.JPG

このカップ酒は、“猪カップ”なのだとか。
6619.JPG

なんでもぼたん鍋に合うとのことでした。
6620.JPG


ぼたん鍋と合わせることはできませんが、じっくりと味わいたいと思います。
純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かなり深い金色でした。
6621.JPG


燗をつけると、お酒の甘い香りがちょっとだけ立ってきました。

うまみは濃いめですぞ!
醸し出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみとともに、ウィスキーのような風味も少し感じます。
熟成感もしっかりで、少し重めに感じます。
それでもやっぱりこのお酒も苦みや雑味はゼロですわ。
それにキレもよいですぞ。

酸味ははっきりしています。
すっぱさが強めで鋭いものの、酸味自体に深みを感じますよ。
アルコール由来と思われるさわやかさも少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
厚くはないものの、フワッと感じる甘みです。


濃くて深いものの、キレイでキレのよい、濃醇旨口のおいしいお酒でした。
うまみが濃いのに雑味がまったくないなんて、これは恐ろしいね。
酸味がしっかりしていて深みを感じるのは、山廃酛の影響でしょうか?
また甘みが前に出ず、うまみや酸味をうまく和らげているように感じました。

これはうまいね!
ガツンと来てスッと引く、重いけれど軽いお酒でしたよ。
これはあたかも、敵を深追いするなと教える孫子の兵法を具現化したかのような味わいでしたよ。
オマエたまたまそれを思いついただけだろ。
nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1383.奥播磨 純米 カップ [28.兵庫県の酒]

6612.JPG
株式会社下村酒造店
兵庫県姫路市安富町安志957

原材料名 米(兵庫夢錦100%使用:兵庫県産)・米麹(兵庫夢錦100%使用:兵庫県産米)
精米歩合 55%
アルコール分 15度以上16度未満
180ml
(以上、ラベルより転記)





昨日に引きつづき、今日も味ノマチダヤさんで入手したカップ酒をいただきます。

下村酒造店さんのお酒は、かつて奥播磨 純米 300mlをいただいております。
品質表示から判断するに、今日いただくこのカップ酒は上記300ml瓶と同じ中身でしょう。

あたしゃかつて、姫路を徘徊したことがありました。
その際、奥播磨シリーズをたくさんとり揃えていたとある酒屋さんに入って奥播磨のカップ酒があるかどうか伺ったことがあったのですが、奥播磨にカップ酒はないよ!ときっぱりと言い切られたことがありましたよ。
ということは、もしかしたらこのカップ酒は味ノマチダヤさんオリジナルの商品なのでしょうか?


このお酒は、“兵庫夢錦”なる酒米を用いて造られているのだとか。
6613.JPG

兵庫夢錦は1993年に育成された酒米で、「「山田錦」の早生・短稈化といもち病抵抗性の付与」(※1)を目的として「早生・短稈化の育種母本として、愛知県育成の「菊栄(きくざかえ)」を、いもち病抵抗性の育種母本(原文ママ;父本の誤りか?)に本県育成系統「兵系23号」を用い」(※1)て育成された酒米なのだそうです。
実際には、山田錦と菊栄とを掛け合わせたものを母本(種子親)とし、それに兵系23号を父本(花粉親)として掛け合わせて育成されたそうです。

下村酒造店さんが蔵をおく姫路などの兵庫県南西部では、かつては山田錦を母本とし、中国31号を父本として育成された“灘錦”という品種が広く栽培されていたそうです。
この灘錦は「山田錦の耐倒伏性を強化することを目標に育種」(※2)され、「早生の早、いもち病抵抗性は極強、耐倒伏性は中で収量がよい。」(※2)品種だったとのこと。
しかし、「「灘錦」は縞葉枯病抵抗性を持ち、いもち病にも強く、収量性、酒造適性の評価は高かったが、やや長稈で耐倒伏性が不十分であり、登熟むらによるみかけの品質が劣ること、また穂発芽しやすいことなど栽培上の問題点が指摘され、改善が求められていた。」(※1)そうです。

そして「「兵庫夢錦」はこうした「灘錦」の問題点を、ほぼ完全に克服する特性を持つことが確認されたので、平成5年度(1993)より「灘錦」に替えて奨励品種に採用」(※1)されたのだとか。

要するに、兵庫夢錦は当初は山田錦の早生・短稈化といもち病抵抗性の付与を目的として育成されたものの、結果として灘錦の品質および栽培上の問題点をも克服することができたわけですね。


私の気が済んだところで、そろそろいただいてみたいと思います。
その前に、ラベルにあった能書きを紹介しておきますよ。
6614.JPG

純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、きれいな金色をしておりました。
6615.JPG


おお!
うまみは濃いめで、けっこうしっかりしています。
かもし出された酒臭い(←ほめ言葉です)うまみがしっかりしています。
熟成感もはっきりしていますが、けっして重くはありません。
それでいて、苦みや雑味はまったくありませんよ!
それにキレもよいみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが強くはないものの、鋭さを少しだけ感じます。
それに、少しではあるものの、酸味自体に深みを感じますよ。
さわやかさもちょっとありますね。

甘みはひかえめです。
ほとんど感じませんが、ゼロではないみたいです。


しっかりしているものの雑味がなくてきれいな味わいの、濃醇旨辛口のおいしいお酒でした。
酒臭さ(←ほめ言葉です)や熟成感、それに酸味もあるものの、味わいに角がないですね。
しかも雑味がまったくなくて、きれいな味わいでしたよ。

これはうまいね!
下村酒造店さんはかつて剣菱によって鍛えられたそうですが、その薫陶は今でもこうして活きているわけですね。


(※1)前重道雅・小林信也編著『最新 日本の酒米と酒造り』p.122(2000.3 養賢堂)
(※2)副島顕子『酒米ハンドブック 改訂版』p.59(2017.7 文一総合出版)
nice!(30)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1382.墨廼江(すみのえ) 特別純米酒 カップ [04.宮城県の酒]

6607.JPG
墨廼江酒造株式会社
宮城県石巻市千石町8-43

アルコール分15度
原材料名/米(国産)・米麹(国産米)
精米歩合60%
内容量180ml
(以上、ラベルより転記)




石巻に蔵を置く墨廼江酒造さんのお酒は、かつて墨廼江の辛口本醸造 300ml瓶をいただいております。
6608.JPG

今日いただくこのお酒は、味ノマチダヤさんで入手した特別純米酒のカップ酒です。
6609.JPG

あたしゃかつて石巻の街を徘徊したことがあったのですが、こんなカップ酒なんて、影もかたちもまったく見かけませんでしたよ。


これまでの経験からして特別純米酒には香りを特徴とするお酒もありましたし、それに冷やして販売されておりましたので、まずは冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、薄めながらもきれいな金色でした。
6610.JPG


一口含むと、フルーティーな香りがかすかにあることがわかりますよ。

うまみはやや淡めです。
米のうまみが広がらずに、舌の上をピンと突くようです。
熟成感もありますが、重くはないですね。
軽い苦みもかすかにあるみたいです。
キレはそれほどでもないみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの。、鋭さがありますね。
でも、酸味自体に深みも感じますよ。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはひかえめです。
ほとんど感じないくらいです。


キリッと引き締まっているものの深みのある、やや淡麗でちょいすっぱ深辛口のおいしいお酒でした。
うまみは淡めであるものの、熟成感と酸味とで深みが出ているようでした。
甘みがひかえめでややドライですが、けっしてうすっぺらくはないですね。
なかなおいしいのではないでしょうか。



ここで、あらかじめ取り分けておいたものを燗にしてみましたよ。
6611.JPG

あーあ、狐狸庵閑話、
じゃなくてこりゃいかんわ。

熟成感と酸味が引いてしまいました。
そのせいか深みが消えて、シャープでドライな味わいになりましたよ。
軽くて飲みやすいかもしれませんが、そもそも冷やしたものも淡めでしたから、それと比べると薄っぺらくなってしまったように私は感じました。

このお酒は、冷やしていただいたほうがおいしいだろうと思いましたとさ。
nice!(33)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1381.澤姫 特別本醸造 生酒 300ml [09.栃木県の酒]

6603.JPG6604.JPG
株式会社井上清吉商店
栃木県宇都宮市白沢町1901-1

栃木県産五百万石100%使用
アルコール分 15度
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
精米歩合 60%
300ml詰
(以上、ラベルより転記)




井上清吉商店さんのお酒は、かつて澤姫 特別本醸造 アロマぼとる 180mlをいただいております。
今日いただくこのお酒も同じく栃木県産の五百万石を100%使用した特別本醸造ですが、こちらは“要冷蔵”の生酒でした。
6605.JPG
製造年月と出荷年月とが分けて記載されておりましたよ。
もしかしたら、瓶詰めしてから出荷するまで瓶貯蔵されていたのでしょうか?

でも特定名称酒の場合には、「特定名称の清酒であって、容器に充てんし冷蔵等特別な貯蔵をした上で販売するものについては、その貯蔵を終了し販売する目的をもって製品化した日製造時期として取り扱う。」とする公式ルール(酒税法及び酒類行政関係法令等解釈通達第86条の6 酒類の表示の基準 2(3)ロ(イ))がありますので、実際には出荷年月を製造年月として表示しても問題ないようですけれどね。


生酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
6606.JPG


フルーティーな香りが少しありますね。
フルーティーな風味は少しはっきりしています。

うまみはやや淡めですが、淡いなりにしっかりしています。
米のうまみが濃くはないものの、厚みを感じます。
苦みが軽めですが、少し鋭いですね。
キレはよいですよ。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが少しはっきりしていて、鋭さを少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややひかえめです。
ゼロではないものの、かなり弱めです。


フレッシュな風味に米のうまみがしっかりしていてキリッと引き締まった、やや淡麗で爽快ちょい苦ちょいすっぱ旨やや辛口のおいしいお酒でした。
五百万石らしいキリッとした風味がありましたが、それでもうまみに厚みがありました。
それに苦みや酸味がいい塩梅に効いていて、引き締めておりました。
甘みは、お酒が口の中に残っている間は弱めながらも感じましたが、喉を通ったあとは残らずにスッとひきました。
nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -